スピーカーとヘッドホン音質がいいのは一体どっちなの?

目次

スピーカーとヘッドホンどちらが良いのか?

私達がデジタル音楽を聴くためには、スピーカーやイヤホン、ヘッドホンなどを使い音楽を聴きます。その中でも気になることと言えばヘッドホンとスピーカーどちらが音質が良いのだろう?ということです。スピーカーは部屋全体に音を響かせる装置に対し、そのスピーカーを人の耳に近くで聴かせて一人で音楽を楽しむことができるようにする装置がヘッドホンです。今回は同じ価格帯の商品を想定して比べてみます。

スピーカー ヘッドホン

スピーカーとヘッドホンどちらが音質が良いの?

ヘッドホンは音を鳴らす部分であるドライバーユニットがイヤホンよりも大きいため、イヤホンに比べたらはるかに優れた音質が期待できます。また密閉度が高いため原音に忠実な音も期待できます。

一方スピーカーはイヤホン、ヘッドホンなどオーディオの頂点にあると言えます。またスピーカーはほとんど2ウェイ以上のドライバーユニットを採用しています。2ウェイとは高音域のスピーカーであるツイーターと中低音域を担当するウーファーの2種類のスピーカーからなるものです。ある程度のスピーカーの場合、1ウェイスピーカー、つまり1つのドライバーユニットで全帯域をカバーするフルレンジスピーカーはほとんどありません。そのため音の解像度がヘッドホンより優れています。

スピーカーとヘッドホンの音質の違いは?

スピーカーとヘッドホン、比べて見ると音楽の表現方法が異なります。

スピーカーとヘッドホン音質の違い①音場感

スピーカーのように異なる音域を担当する複数のドライバーユニットが存在するというのはヘッドホンとは異なる部分で、大きな利点でもあります。スピーカーは高音部を担当するツイーター、そして低音部を担当するウーファーに音域を分けて再生します。そのため基本的に音の正確さや広がりはヘッドホンとは比べものにならないほど大きいです。

つまりトランペットの音はトランペットの音だけ存在し、ドラムの音はドラムの音、、ボーカルの音はボーカル音、ヴァイオリンの音はヴァイオリンらしく、それぞれの音を明確に区別してくれます。

そして何よりもスピーカーがヘッドホンよりも優れている点は音場感です。音場感とは音が出てくる時、それぞれの楽器やボーカルなどの音がどこから演奏されているかどうかを感じることです。例えばスピーカーの目の前に立って音を聴いているのに突然斜め後ろから音が聴こえることがありますが、このように音場感とはどこに音があるかを区別することができる感覚です。臨場感とも言えます。しかしながらこの音場感を感じるためには、スピーカーの種類を増やすなど費用や知識も必要な部分ではあります。圧倒的な音場感を味わうには​​5.1チャンネル以上を設定する必要があります。

ヘッドホンにおいてこの音場感は全くないとも言えないものの、そこまで広がりは感じません。

スピーカー

スピーカーとヘッドホンの音質のメリット・デメリット

スピーカーとヘッドホン、どちらかを選ぶとしたらそれぞれどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

スピーカーの音質のメリット・デメリット

音場感があり、臨場感のある音楽や映画を楽しめる

スピーカーは上記でも説明しましたが音場感が楽しめます。左右、もしくは後ろなどからいろいろな音が聴こえます。そのため臨場感を楽しむことができます。これは映画においても同じことが言えます。映画鑑賞においてもスピーカーを使用することによって迫力のある映画を楽しむことができます。

使用環境が制限される

スピーカーは音を部屋中に響かせるシステムです。そのため騒音が心配になります。たとえ良いスピーカーであっても、スピーカーはある程度以上の音量を出さないと性能の良さが分からない道具です。スピーカーで良い音楽を楽しむためには部屋の防音対策も合わせて考えましょう。

環境を揃えるには金銭的に大変

スピーカーで本格的な音楽環境を作ろうとすると金銭的にも場所的にも大変です。金銭的な問題だけでなく、場所、部屋自体にもこだわる必要があります。ある程度の専門知識も必要です。

ただし正しくセッティングされたシステムであればたとえ2chのスピーカーでも5.1chに劣らない空間の広がりが感じられます。しかし適切にセッティングするのが容易ではないため、余裕がない人の場合は気軽に音を楽しめるヘッドホンが適切な妥協点かもしれません。

スピーカー

ヘッドホンの音質のメリット・デメリット

遮音性が高く音楽が正確に聞き取れる

金銭的な面から見れば、ヘッドホンはあまり悪い選択ではありません。同じ価格帯であればスピーカーよりもヘッドホンの方が正確に音を楽しむことができるかもしれません。ヘッドホンは遮音性が高く、たとえ周りの環境がうるさくても静かに音を楽しむことができます。一般に音楽制作や動画制作に携わる場合、多くの人がスピーカーではなくヘッドホンを選択しています。どうしても専門的な吸音、遮音、防音されていない環境が多いため、環境に左右されないヘッドホンが選択肢にあがります。一般的にも家族と一緒に住んでいる場合や、集合住宅の場合はスピーカーよりもヘッドホンが良いでしょう。自分にとって良い音楽であっても、他人にはただの騒音になることもあります。

高いデザイン性

ヘッドホンは身体と直接触れるハードウェアのため、オシャレを楽しむためにデザイン性にこだわることも可能です。現在様々なオシャレなヘッドホンが販売されています。たとえ耳に装着せずに首にかけてもオシャレに見えますね。

遮音性が高いゆえの危険性

デメリットとしては耳との密閉度が高いゆえに外で使用すると周りの音が全く聞こえないという危険性も秘めています。自転車走行中のイヤホンやヘッドホンの装着は危険だと注意喚起がされていますが、道路上でのヘッドホンの装着は控え、公園の散歩中、もしくは電車や飛行機などでの移動中など安全な場所でのみ装着するようにしましょう。

高い密閉度による耳への負担

耳を圧迫するヘッドホンは外部の空気を遮断して外耳圧力を高めます。外耳圧力が高まった状態で大きな音が伝達されると、鼓膜に大きな衝撃を与えることがあります。そのため長時間音楽を聴くと耳に負担をかけ、難聴など耳のトラブルに気をつけなければいけません。

スピーカーとヘッドホンは好きな聞き心地の音質で選ぼう!

ヘッドホンが良いかスピーカーが良いかはあなたが好む音楽の種類にもよります。EDMなどのエレクトロニックな音楽を聴く場合、ヘッドホンの方が有利かもしれません。なぜならEDMのような電子的な音楽はステージ上の生音ではなく、ヘッドホンのための音楽でもあります。

例えばロックやオーケストラの場合、臨場感が大切で先ほどの音場感が活かせます。しかし、EDMなどPCだけで作ったような音楽(DTM)の場合は耳のそばで密閉して音を聴かせてくれるヘッドホンが有利であったりします。

まとめ

スピーカーとヘッドホンを比較しましたが、結論としてはどちらが優れているとも言えません。自分の好きな音楽、求める音の表現方法、そして自分の環境に合わせてスピーカーかヘッドホンを選び、併用もしながら音を楽しみましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7680df5a 5d79 4f3e a152 78e106f14001
Written By
コヌマ ヒカル
カメラマンです。デジタル製品について詳しいです。
PCやAV機器など様々なデジタル製品に興味があります!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧