今人気の中華タブレットとは⁉中華タブレットについて徹底解説!

目次

中華タブレットが熱い!おすすめの中華タブレット機種を紹介

中国製と言うと、正直「安かろう悪かろう」のイメージを持っていませんか?しかし、タブレットPCなどガシェットの世界ではそうとは限らなくなっているのです。タブレットPCの場合、中に入るOSなどは一緒なので、安くて高性能な中国製のタブレット、中華タブレットが急速にシェアを伸ばしています

そこで、ここでは現在話題となっているおすすめの中華タブレットを紹介します。ビジネスの上でも、プライベートでも使い勝手が良いタブレットを手に入れて、ガシェットライフをより充実されましょう。

中華 タブレット

今人気の中華タブレットとは⁉特徴を解説!

そもそも中華タブレットとはどんなものを指すのでしょうか?簡単に言うと中国製のタブレットPCで、大手のメーカーだとHUAWEIやLENOVOが世界的シェアを伸ばしており、世界のシェア率でもAppleなどと並びトップクラスです。最近は、他にも中国メーカーが数多く台頭してきていて、CHUWIやTeclast、jumber、Ondaなど新興メーカーもシェアを伸ばしており、注目されています。

中華タブレットの特徴①リーズナブル

やはり最大の中華タブレットの特徴は、その安さ、リーズナブルさでしょう。タブレットPCの場合、パソコン同様、中に入っているOSやバッテリー、CPUなどは大手メーカーでも、中華タブレットの新興メーカーでも変わらない場合が多く、デザインなど細部の違いとなっているのが現状です。そのため、性能的にはハイスペックでも、大手メーカーより半額に違い程度で販売しているなど高いコストパフォーマンスは大きな特徴と言えます。また、ゲーミングや動画編集などでも使えるようなハイスペックマシンからスマホ変わりにネット検索などで使う初心者向けのエントリーモデルまで様々なユーザーが使えるタブレットのバリエーションの広さも中華タブレットの特徴と言えます。

中華タブレットの特徴②国内競争が激しい

中国と言うとイミテーション(偽物)のイメージが強いですが、最近では中国・深センなどハイテク機器が揃う街ができており、世界一ともいえる技術競争が行われている国なのです。そのため、技術革新やコストダウンなど各中華タブレットメーカーが凌ぐを削って競争しているため、安く・高性能な中華タブレットが出てきており、世界中で人気となっています。

中華タブレットの特徴③ユニークな機能やデザイン

新興メーカーならではとも言えますが、オリジナリティ溢れる他のメーカーにはない唯一無二とも言える個性的な機能やデザインがあるモデルが多いのも中華タブレットの特徴と言えます。例えば、OSが2つ入っていて切り替えて使えたり、2画面仕様ができたりなどユニークさ爆発しているものも見受けられます。

中華 タブレット

中華タブレットの適切な選び方

中華タブレットの適切な選び方①OSで選ぶ

タブレットPCのOSは、スマホと同様で「iOS(Apple)」「Android(Google)」「Windows(Microsoft)」の3つから基本的には選ぶ形になりますが、「iOS」は(タブレットPCでは)アメリカApple社のiPadのみの搭載となるので、中華タブレットでは「Android(Google)」「Windows(Microsoft)」の2つのどちらかから選ぶ形になります。基本的には、「Android(Google)」がスマホ変わりにアプリなどを楽しむエントリーモデル、「Windows(Microsoft)」がMicrosoftofficeを使うなどビジネス上で使用したりなどよりハイスペックなモデルを探している人向きとなります。

またオリジナリティが高いこともあり、なかには「Android(Google)」「Windows(Microsoft)」の両方が搭載していて使い分けて使用できるユニークなものも存在したりします。

中華タブレットの適切な選び方②使用用途で選ぶ

具体的に中華タブレットをどのように使うのか、使用用途で選ぶ方法もあります。ビジネスでの利用を考えている場合だったら、社内のPCとも簡単に同期ができるWindows搭載中華タブレットをはじめ、ストレージも64GB以上など保存もたくさんできるモデルが良いですし、ゲームを楽しんだり動画編集を行いたいならCPUがIntel Core-i7やIntel Core-i5のような高速回転ができるハイスペックモデルが良いなど使用用途でスペックの具合を選びましょう。

中華タブレットの適切な選び方③サイズで選ぶ

年々大型画面化が進んでいるスマホに対して、中華タブレットを始めとしたタブレットは、Microsoftのsurface GOやAppleのiPadのような10インチ前後のコンパクトサイズのタブレットが主流になっています。中華タブレットもその流れがあり、なかにはスマホと大して変わらないような7インチ、8インチ程度の小さなサイズも。逆に文字をよくタイピングするような人やあまり持ち歩かない人の場合は、ノートパソコンとも使えるような12インチ、13インチのような大画面タブレットがおすすめです。

中華タブレットの適切な選び方④通信方法で選ぶ

タブレットには「LET内蔵モデル」のものと「Wi-Fiモデル」があります。分かりやすく言うと、LTE内蔵モデルは、タブレットの中にスマホが入っているようなもので、単体でもネット通信などが可能なもの。Wi-Fiモデルは、Wi-FiがつながっているところでWi-Fiにつなげて使うものです。秒単位で働くビジネスマンのようないつでもどこでも即座に使いたい人はLTE内蔵モデルが良いですが、LTE内蔵モデルの場合、月々の使用料がかかるので、基本的にはWi-Fiモデルで十分だと思います。自宅にネット環境が整っている場合はもちろん、コンビニやカフェ、駅などで公衆Wi-Fiは広がっていますし、スマホが別にあればテザリングで通信することも可能なので、ほとんどの使い方でWi-Fiモデルで十分だと感じるでしょう。

中華タブレットの適切な選び方⑤価格で選ぶ

日本メーカーや欧米メーカーと比べて、その安さは中華タブレットの最大の魅力。スマホも2年、3年で買い替えする人が多いですが、タブレットもスマホのように持ち歩いて使うものなので、そこまで寿命は長くなく、平均3~4年程度。寿命でなくとも技術進歩で新しいタブレットが欲しくなるものですから、よりコストパフォーマンスを考えて価格重視で選ぶと言うのも一つの手です。

中華 タブレット

中華タブレットの購入方法は?

中華タブレットの購入方法①家電量販店で購入する

ファーウェイやレノボのような大手中華タブレットメーカーの場合、日本法人も設立していることもあり、他の家電を買うのと同じ感覚で家電量販店でも購入が可能です。家電量販店の場合は、店員さんに聞くこともできますし、お店独自のサポート体制があったりもするので初心者には特におすすめです。

中華タブレットの購入方法➁Amazonなどネットショッピングを利用する

Amazonなど日本で展開しているネットショッピングでも多くの中華タブレットが販売しています。大手はもちろん新興メーカーの中華タブレットも幅広く展開していることが特徴です。Amazonなどでは保証もしっかりしているので安心なところもあります。

中華タブレットの購入方法③個人輸入で購入する

中国に出向いて購入したり、中国の通販サイトなどを購入して個人輸入した中華タブレットを手に入れる方法もあります。日本では販売していないようなユニークな中華タブレットを手に入れたり、より安く手に入れる方法ではありますが、サポートが不安なところもあり、また偽物というリスクも伴います。

おすすめ!ハイスペックな中華タブレットをご紹介!

おすすめの中華タブレット①Huawei 2in1タブレット MateBook E

CPU=Intel Core i5、メモリ=8GB、ストレージ=SSD256GB、office内蔵と、ノートパソコンと比べてもハイスペックと言えるゲームや動画編集などでも耐えうるWindows中華タブレットです。IPSの綺麗な12インチディスプレイに加えて、キーボードは暗所で自動点灯するなど使用場所を選ばず、どこでも快適なタブレットライフを満喫できるハイスペックマシンです。

清潔感のあるシャンパンゴールドの本体カラーはラグジュアリーさがあり、老若男女誰でも合う王道デザインです。

おすすめの中華タブレット②レノボ・ジャパン ZA2R0158JP Lenovo Tab4 10 Plus

OSにWindows10とAndroid 5.1の両方が入っており、切り替えて使用ができるユニークなハイスペック中華タブレットです。キッズモードも搭載されており、閲覧制限や利用可能時間の設定ができるため、お子さんの使用にもおすすめです。

耐久性・傷耐性にすぐれた「Gorilla Glass 4」を本体背面に採用しており、厚さ7mmと薄型モデルに出来たことに加えて、軽量なのでどこでも持ち運んでネットなどを気軽に楽しめるハイスペックさ売りです。

おすすめの中華タブレット③Teclast Tbook 10S タブレット

Windows 10とAndroid 5.1のダブルOSを積んだ様々な使い方をできるおすすめハイスペック中華タブレットです。590gと軽量で、4500mAhリチウム電池を積んでいるので、外出先でも電源を気にすることなく長時間使い続けることができます。

ドッキングキーボードが付属しており、ノートパソコンのように2in1タブレットとしても使え、これだけのハイスペックにもかかわらず実売価格20,000円台と驚異的な高いコストパフォーマンスを誇っています。

android搭載のおすすめ!ハイスペックな中華タブレットをご紹介!

android搭載のおすすめの中華タブレット①Teclast P80H Android タブレット

実売価格7,000円台と驚異的なリーズナブルさを実現した高いコストパフォーマンスに優れている価格重視で選びたいandroid中華タブレットです。HDMI出力に対応しており、自宅やオフィスなどではテレビやパソコンなどの大型モニターに接続して使う事ができます。

8インチディスプレイでスマホ変わりで使う事も可能で、持ち運びもしやすいです。

android搭載のおすすめの中華タブレット②Huawei 10.1インチ MediaPad T5

LTEモデルなので、Wi-Fiポイントを探さずとも、どこでも通信可能なandroid中華タブレットです。現在、タブレットPCで主流と言える10.1インチディスプレイで、動画やゲームなども大画面で楽しめます。

デュアルスピーカーを搭載しており、音が360度に聞こえるため、音楽鑑賞にも最適なマシンです。

android搭載のおすすめの中華タブレット③レノボ・ジャパン ZA0J0034JP YOGA Tab 3 10

独立で立たせることもできるので、動画視聴や別売りのbluetoothキーボードと接続してタイピングなどでも使い勝手の良いandroid中華タブレットです。オリジナリティの高いデザインで、他の人とは違うものを持ちたい人にもおすすめです。

8400mAhの大容量バッテリー搭載で、連続使用時間18時間を誇るスタミナ抜群で、800万画素のカメラ搭載などビジネスからエンターテインメントまで幅広く活用できます。

windows10搭載のおすすめ!ハイスペックな中華タブレットをご紹介!

windows10搭載のおすすめの中華タブレット①HUAWEI 12.0型タブレットパソコン MateBook

12インチの大型ディスプレイに、CPUがCore m3 6Y30 デュアルコア、ストレージSSD128GB、メモリ4GBそしてoffice内蔵と、ノートパソコンとそん色ないスペックを誇り、ビジネスからエンターテインメントまで幅広く活用できる使い勝手の良いWindows10中華タブレットです。

バッテリー寿命が9時間とタフで、640gと軽量さも誇っているので、持ち運びが多い出先でよく使いたい人に抜群の威力を発揮しておすすめです。

windows10搭載のおすすめの中華タブレット②CHUWI SurBook Mini タブレット PC

268.87mmx183.95mmx8.7mmの薄型軽量モデルのWindows 10中華タブレットです。最新スマホなどでも搭載されているデュアルカメラを積んでおり、インスタなどSNSで使いたい人にも威力を発揮します。

ビジネスでも使い勝手の良いWindows搭載タブレットながら実売価格35,000円ほどと高いコストパフォーマンスを誇り、ハイスペックなのでスムーズにゲームやビデオを楽しめます。

windows10搭載のおすすめの中華タブレット③ALLDOCUBE KNote 2-in-1タブレットPC

11.6インチ大型ディスプレイを擁し、ノートパソコンとそん色なく使いこなせるWindows10搭載中華タブレットです。ディスプレイは高画質ブラックダイヤモンドスクリーンを採用しており、夜間など悪環境での使用でも綺麗に映しだします。

8000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、パワーのいるビデオ再生でも4時間可能のタフさがあります。

まとめ

おすすめできる中華タブレットを紹介しました。近年、世界中で大人気の中華タブレット。やはり目の肥えた人は、安さだけではなく高性能でもある中華タブレットに注目しますよね。同じことができるのであれば、より安いことにこしたことはなく、ガシェットライフを充実させるタブレットに中華タブレットも候補の一つとしてみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 4ce2400c 9694 4203 b90b 2302af60ea53
Written By
yt_united yt-united
サッカーとケツメイシ好きのアラフォーです
こんにちは! サッカーとケツメイシをこよなく愛するアラフォーです。 最近、腰が痛くて老化を感じる日々であります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧