中華アンプの気になる特徴や音質は?中華アンプについて解説します!

目次

中華アンプ

アンプ

アンプとは、そもそもプレーヤーとスピーカーを繋ぎ音を増幅する為に使用します。そのアンプは音質が良いとされるモノであれば、10〜20万ほどし高価なモノが多く欲しくても手に入らない方も多いでしょう。
しかし、近年人気が急上昇している「中華アンプ」と言うアンプをご存知でしょうか。実は、この中華ですが、値段が安いのに高価な音質の良いアンプと同じくらいの高音質だという事でとても人気が向上しております。同じ音質のアンプであれば高価なモノを購入する必要が無くなりますよね。
しかし、中華アンプはその名の通り中国製で国内製造ではない為日本製にこだわりのある方は中々手を出しにくいのも現状です。
そこで今回は、中華アンプについて徹底解説していきたいと思います。中華アンプについて知りたいと言う方はぜひご参加にされてください。

中華アンプの特徴とは?

では、早速中華アンプの特徴を見ていきましょう。

中華アンプの特徴①数千円で購入が可能

先程述べた通り、中華アンプは従来のアンプと違いとても安価で購入する事が可能です。あまりにも安すぎるし、中国製だと言うことで中々手が出なかった方も多いでしょう。
しかし、中華アンプは充分過ぎるくらいアンプの役割を果たしてくれます。日本製の安価で安い構造のアンプを購入するぐらいなら断然中華アンプを購入した方が良いでしょう。
もちろん、音質が良いという事だけでは無くしっかりとした構造で出来ている為、すぐに壊れてしまう心配もありません。中国製だという先入観だけで中華アンプを嫌うのでは無く、中国製で安価だけど、充分過ぎる性能を持っているアンプと言っても過言ではありません。

中華アンプの特徴②デジタル方式で増幅していく

デジタル方式と言うことは、回路を簡略化することが出来ます。回路を簡略化する事によりアナログアンプよりも、部品を減らせシンプルな回路になります。
その為、減らされた部品により価格は下がり、音質は向上するという構造なっています。
従来のアナログ式アンプを使用していた方からすると、デジタル方式など大丈夫なのか、そもそも部品を減らしたら逆に音質は下がってしまうのでは無いかという声も多いですが、中華アンプの音を聞けばきっとデジタル式アンプの良さに気づく事が出来るでしょう。
今まで、高価で高音質なアンプを使用してきた方にとっては、信じられないような話かもしれませんが、今のアンプ業界ではズバ抜けて中華アンプが進出していっています。

中華アンプの音質は?

先程紹介したように、中華アンプは「デジタル方式」の回路を使用しております。アナログ形式と比べると回路の部品を減らして製造する事が出来る為、安価で高音質を実現する事が出来ます。

中華アンプの適切な選び方

次に、中華アンプの適切な選び方を見ていきましょう。

中華アンプの適切な選び方①価格とレビューで選ぶ

中華アンプとなると、実際に音質を聞いて選ぶ事が難しいです。いくら中華アンプといえ、ズバ抜けて安過ぎるアンプですと粗悪品の可能性が高いです。
日本製でも、あまりにも安過ぎるのはガラクタ同様のものが多いですよね。それと同じでいくら中華アンプでもズバ抜けて安過ぎるよりもある程度値段を出す事も大事でしょう。
また、アンプなどをネットなどで購入する場合は直接音質を聞いてみる事が難しいです。そんな時は、商品レビューをで評価を確認していきましょう。
商品レビューは、購入者の生の声が聞ける為とても優れた機能ですよね。そこで音質の評価や全体的な評価をみて商品の良し悪しを判断していく事が大切になります。

中華アンプのメリット・デメリット

それでは、中華アンプにはどのようなメリットとデメリットが存在するのかを確認していきましょう。

中華アンプのメリット

中華アンプの最大のメリットはなんと言っても低価格で高音質なところです。中華アンプの評価の高さは日本だけに留まらず、世界からも高評価を受けています。
これだけ評価が高いと安心して購入できると言えるでしょう。
また、中華アンプはデジタル方式を使用する事で高音質であり同時にノイズが出にくい所もメリットです。従来のアナログ式回路は、綺麗な音を出す事を重視していた為回路はとてもごちゃごちゃとしたもので、ノイズ対策まで行われて居なかったのが現実です。
しかし、デジタル式の回路ですと回路をシンプルにする事ができノイズが少なく快適に音楽を楽しむことができます。
それに、アナログ式は回路を増やすあまり大きく重かったのですが、中華アンプはデジタル式の為、小型で軽量なアンプを造る事ができました。

中華アンプのデメリット

中華アンプのデメリットは、ほぼネットでしか購入が出来ない事です。店頭で購入する事が出来ないという事は、音質のチェックをする事も出来ませんし、店員さんに相談する事もできません。
ですので、商品についてはレビューから評価を自分で調べる必要があります。全てがネット完結である為、不良品が届いてしまった場合の返品交換も時間を取られる事が多いです。
また、中華アンプはカスタマーサポートも中国の方などが多い為自分が疑問に思っている事が伝わらない可能性も充分にあります。
中華アンプは、世界的に人気が高い商品なのでネットで安易に情報を集めることは可能ですが自分で調べるという手間がかかるでしょう。

中華アンプはどこで購入できるの?

中華アンプは、ネットから購入する事が可能です。検索サーチで「中華アンプ」と調べると多数のおすすめの中華アンプが出てくるでしょう。
また、amazonや楽天などでも安価で多く取り扱いがあるので確認してみると良いでしょう。
欲しい商品が見つかったら、保証期間やレビューを必ず確認する事をおすすめいたします。

おすすめの中華アンプをご紹介!

おすすめの中華アンプ①Lepy LP-2024A+

中国のBukang Technologyというメーカーから販売されている中華アンプです。
この中華アンプの特徴は、他の中華アンプにはない、低音、高音の音質調節機能が搭載されています。
音が安定するまでは、3〜5時間のエージングが必要となります。
中華アンプの定番中の定番なのでご使用されている方も多いでしょう。中華アンプに悩んだらこちらの商品を使用してみてはいかがでしょうか。

おすすめの中華アンプ②SMSL SA-98E

こちらの中華アンプは、他の中華アンプに比べて高価だなと思われた方も多いのではないでしょうか。
中国のS.M.S.Lというメーカーから販売されている中華アンプになります。
こちらの中華アンプの特徴は、大出力な所です。80W+80W=160Wと言う他の中華アンプと比べ物にならないほど出力がとても大きいです。
発熱性もほぼなく、この大きさでここまでの出力が出せるのは他にないのではないでしょうか。
小型で大出力なアンプをお探しの方には、こちらが絶対的におすすめです。

おすすめの中華アンプ③FX-AUDIO- FX-98E

アンプにBluetoothが付いているという中華アンプにとっては珍しい商品です。高音質な上にBluetooth機能が付いていたらいう事無しですね。
Bluetooth搭載なので、面倒なコードの設置などを行わなくて済むためとても画期的な商品です。
Bluetooth搭載のアンプをお探しの方は、ぜひお試し下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、今人気の中華アンプについてまとめてみました。中華アンプは、中国製であったりネットでしか購入ができないため、購入する事を戸惑って居た方も、中華アンプが世界的人気と聞いて安心されたのではないでしょうか。
中華アンプは、音質が良く小型なため初心者さんでもとても扱いやすいアンプでしょう。中華アンプを選ぶ時はしっかりと自信で評価を確認した上でお買い求めください。
皆さんも中華アンプで素敵な音楽ライフを楽しんで下さいね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧