イヤホンを洗濯してしまった!でも、復活の可能性は充分にある!

目次

イヤホンを洗濯...

イヤホン断線

洗濯を終えた洗濯物を取り出している時、イヤホンが一緒に混じっていてしまった…ということは、誰にでも起こりうる事ですよね。その、イヤホンを見た瞬間とても遣る瀬無い気持ちになってしまうでしょう。特に、そのイヤホンがお気に入りだったり、高価なモノの場合は一瞬時が止まってしまうほどの衝撃でしょう。
しかし、イヤホンが故障してしまったと決めつけるのはまだ早いです。実は、イヤホンは洗濯しても復活する可能性が充分に高いです。
そこで今回は、イヤホンを洗濯してしまった場合は、どうすれば良いのかやイヤホンは何故洗濯しても故障しにくいのかをご紹介していきます。
イヤホンを洗濯してしまった方も、諦めてしまわずにぜひ参考にされてくださいね。

イヤホンを洗濯してしまった!どうすれば良い?

イヤホンを洗濯してしまった…という時はまずはどのように対処をしていけば良いのでしょうか。見ていきましょう。

イヤホンを洗濯してしまった場合の対処法:乾かす

まず、イヤホンが使えるのか使えないのかではなくイヤホンを乾かす事を最優先に行いましょう。イヤホンをより早く乾かす事で、故障の有無が分かれて来ます。

イヤホンの乾かし方

イヤホンを乾かすと言ってもどのようにすれば良いの、と疑問に思うでしょう。まず、イヤホンの水が入り込みやすい所に注目しましょう。イヤホンのイヤー部分は、種類によって異なりますが、全て共通しているのが穴が数個空いている事です。イヤホンのスピーカー部分の事ですね。
ここのイヤー部分の穴から水がイヤホン内部に浸透してしまっている場合が多いのでここを中心的に乾かしていきましょう。
イヤー部分を開いて水を乾かして行くのが一番良いのですが、そのような技術は一般の方には無い事が多いですよね。その場合は、イヤーの外側から乾かして行くのと、内部に風を送り込む方法で乾かしていきましょう。

①まず、タオルなどで拭ける部分はしっかりと拭いていきましょう。

②ドライヤーを用意して「冷風」でイヤーの穴部分に風が当たってるかな、と思うくらい離して風を当てていきます。

③その後、イヤーの外側部分に「温風」で風を当てていきます。こちらも、当たっているかな、と感じるくらい離してください。あまり温めすぎると故障の原因となってしまいますので1分程にとどめて置いてください。

④ドライヤーでイヤー部分を乾かしやすくしたので後はイヤホンを掛けれる所に干して自然乾燥を行なっていきましょう。1日ほど乾燥させる事をおすすめします。

乾いた事を確認して、イヤホンを機器に繋いで動作を確かめていきましょう。

イヤホンを洗濯してしまったけど使える!ナゼ?

イヤホンを洗濯して乾かすとまた使えるのは一体何故なのでしょうか。見ていきましょう。

イヤホンを洗濯してしまったけど使える場合:バッテリーの有無

イヤホンには、Bluetoothのように充電式で使うコードレスイヤホンが存在します。そのようなイヤホンは、残念ながら復活する見込みは少ないです。
しかし、コード付きイヤホンはどうでしょう。充電する必要も無く機器に繋げば機器の電力で音楽を聴くことが出来ますよね。それは、コード付きイヤホンにバッテリーが搭載されていない事を意味します。
このバッテリーの有無がイヤホンを洗濯してしまった際に復活する分かれ目になります。バッテリーは、機器を動かすのに必要不可欠な心臓部分です。そんな心臓部分が水で侵されてしまえば、機器を動かす事が出来ませんよね。
そのため、Bluetoothイヤホンは復活の見込みが少ないですが、コード付きイヤホンは復活する可能性が高くなるのです。しかし、洗濯してしまったコード付きイヤホンが全てにおいて完全復活するわけではありません。
一番多い、トラブルが洗濯してしまったイヤホンは「音質」が悪くなってしまう事です。イヤホンが完全に乾ききっていない理由で音質が悪くなっている場合は再度時間を置けばもとに戻りますが、イヤホンの内部が水没により調子が悪くなってしまっている場合は、乾かすだけでは治らないケースが多いです。
動作確認の際に、音質がどうなったかも確認していくようにしましょう。

イヤホンを洗濯してしまった際の注意点

イヤホンを洗濯してしまった際の注意点を紹介していきます。

イヤホンを洗濯して使用するさいの注意点①完全に乾いてから使用する

まず、イヤホンを洗濯してしまった場合は壊れたか壊れてないかが一番気になる点ですよね。しかし、焦ってイヤホンを機器に繋いではなりません。
何故機器に直ぐ繋いではならないのかと言うと、機器がショートしてしまう可能性があるからです。ショートしてしまう原因はイヤホンが水没しているまま機器に繋ぐ事で機器へと水が流れ込んでしまう場合があります。
そのため、イヤホンを洗濯してしまっても慌てて故障の有無を確認しようとせずに充分に乾燥させてからイヤホンを機器に繋ぐようにしましょう。

イヤホンを洗濯して使用するさいの注意点②イヤホンを振らない

イヤホンを洗濯した時、水を出そうと降る事は絶対にやめて下さい。水を出そうと降ってしまったイヤホンは、水没していない箇所まで水が回ってしまう危険性があります。
イヤホンは、振っても水はそこまで出ません。イヤホンを振って水を出そうとせず乾かして行く事を心がけていきましょう。

イヤホンを洗濯した時の対処法を試してもイヤホンが復活しない場合

イヤホンの対処法を試してみたけど、イヤホンが復活しなかったり音質やノイズなどの問題が出た場合はどうすれば良いのでしょうか。見ていきましょう

イヤホンを洗濯した時イヤホンが復活しない場合①修理へ出す

イヤホンを洗濯してしまって、乾かしても復活しない場合や音質が悪くなる場合は、水がまだ中にあったり故障しているケースが多いです。洗濯機によりイヤホンのコードが引っ張られたりする事でコードが断線してしまってる場合もあります。安価なイヤホンだと諦めが付くのですが、高価なイヤホンや気に入っているイヤホンだと諦めがつかないでしょう。
そんな時は、メーカーや専門業者に修理を依頼すると良いでしょう。しかし、水没は保証が効かない為修理費用は全額負担となってしまう場合がありますので、気をつけましょう。

イヤホンを洗濯した時イヤホンが復活しない場合②買い替えると言う選択

イヤホンが対処法を試しても、機能しない場合は買い換えると言う選択もあります。修理費用の見積もりを出して、新しいイヤホンが購入できるような金額である場合は、新しいモノに買い換えてしまいましょう。

イヤホンを洗濯してしまわないように心がける事

イヤホンは、洋服のポケットに安易に入れている事が多いですよね。イヤホンの構造上、小さくて薄い為注意していても入れっぱなしにしてしまう事は多いです。
イヤホンを洗濯してしまわないように心がけるには、イヤホンを出来るだけポケットなどで保管せずにバッグなどに入れる習慣を付けたり、洗濯機に洋服を入れる時はポケットを全部裏返すように心がけましょう。洗濯する可能性の少ない、財布などと一緒に保管しておいたりイヤホン専用のケースを持つのも良いですね。
イヤホンを洗濯して壊してしまわないよう充分に対策を取っていきましょう。

【イヤホンケース】

まとめ

いかがでしたでしょうか。イヤホンを洗濯してしまっても、適切な対応を行う事でイヤホンが復活する可能性がある事が分かりました。イヤホンを洗濯してしまっても、諦めずに対処法をぜひ試してみて下さいね。
また、どうしてもイヤホンが治らない場合は修理に出したり、新しいイヤホンに買い換えるという選択も考えるようにしましょう。
イヤホンを洗濯してしまった皆様もぜひこちらの記事の対処法などをご参考にされて下さい。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧