iPhoneでイヤホンマイクが使えない!原因や対処法を解説!

目次

iphoneでイヤホンマイクが使えない

iPhoneを使う上で欠かせないものは、イヤホンです。
付属イヤホンであれば、ただ単純に音楽を聴くだけでなく、音量調節などの細かい操作が画面をわざわざ開かずにできます。また、マイクが内蔵されているため、通話をハンズフリーで行うことができるとても便利な機能も付いています。

しかし、こうした便利な機能を普段から使いこなしていればいるほど、何らかのトラブルで使えなくなった時には不便に感じるでしょう。

ここでは、iPhoneでイヤホンマイクが使えなくなってしまった時の原因と対処法についてまとめました。

iphone イヤホン マイク 使え ない

iPhoneでイヤホンマイクが使えない原因は?

長時間の通話や移動しながらの通話で、イヤホンマイクが使えないと特別困るわけではないですが、やはり不便だと感じるものです。

また、イヤホンマイクの機能を普段全く使っていない方でも、どこかにトラブルが生じている状態でiPhoneとイヤホンを使い続けるのは少し不安かと思います。

正しい対処を行うためにも、まずは、イヤホンマイクが使えなくなる原因になりうるものを紹介します。

iPhoneでイヤホンマイクが使えない原因①接触不良

iPhoneと接続する部分、イヤホンジャックにほこりなどが詰まっていると接触不良が起こりやすいです。

iPhoneでイヤホンマイクが使えなくなった原因②iPhoneのソフトウェアに若干の不具合

iPhoneなどの電子通信機器は、使い続けていく間に不具合が生じる場合があります。

しかし、今すぐ修理が必要というわけではなく、ご自身で簡単に試せる対処法が多くあり、それらで解決することがほとんどです。

iPhoneでイヤホンマイクが使えない場合の対処法

イヤホンマイクが使えない場合、簡単に行える対処法は大きく分けて2つあります。片方がイヤホンジャックの掃除、もう片方がiPhoneソフトウェアの整理です。
 
また対処法はいくつかありますので、簡単な方法から順に紹介します。余計な手間をなくすには、対処法をひとつ試したあと、その都度治ったかイヤホンマイクを確認する方法がおすすめです。
 

確認方法としては、イヤホンマイクを利用し通話を行うか、ボイスメモというアプリが標準でインストールされているため、イヤホンマイクを使い録音できるか確認しましょう。

iPhoneでイヤホンマイクが使えない場合の対処法①イヤホンジャックの掃除

 

イヤホンジャックはiPhoneの唯一の開口部です。内部を傷つけないよう、できる限り丁寧に行ってください。
 

細めの綿棒や小さく柔らかいブラシを利用して、優しくなでるように掃除しましょう。
 
もしそれらが用意できない場合は、つまようじなどの先が細いものを用意し、ティッシュや乾いた布、コットンをかぶせても結構です。 

iPhoneでイヤホンマイクが使えない場合の対処法②iPhoneソフトウェアの整理

 
iPhoneソフトウェアも目には見えませんが、使いっぱなしだと散らかります。その状態で使い続けることで、ほかの機能にも悪影響が出る恐れがありますので、きれいに整理整頓しましょう。

①再起動
 
iPhoneの電源を一度落とし、再起動しましょう。

⓶ソフトウェア・アップデート
 
iPhoneホーム画面から、”設定App”>”一般”とタップし、”ソフトウェア・アップデート”を選択してください。最新でなければ、アップデートをしましょう。

③”すべての設定”をリセット
 
設定Appで設定できる壁紙や通知、画面の明るさなどがデフォルトに戻ることを指します。
 

操作方法は、”設定App”>”一般”>”リセット”の順にタップし、一番上の”すべての設定をリセット”を選択してください。

 

これらの操作以外に、初期化、パソコンを使ってソフトウェアの入れ替え、工場出荷時の状態に戻すといった方法が試すことができます。しかし、操作が複雑なものになってきますので、難易度は高いです。
 

誤った操作を行うと危険ですので、不慣れな方はこの項目を飛ばし、下の”それでもiPhoneでイヤホンマイクが使えない場合は?”を行ってください。

参考元:Apple / iPhone、iPad、iPod touch でヘッドフォンが機能しない場合
Apple / iPhone、iPad、iPod touch 消去する (初期化する) 方法
Apple / iPhone、iPad、iPod を工場出荷時の状態に戻す (初期化する)

iphone イヤホン マイク 使え ない

それでもiPhoneでイヤホンマイクが使えない場合は?

 
これでもイヤホンマイクがまだ使えないのであれば、イヤホンかiPhone本体にトラブルが起きていると判断できます。
 
まずは、どちらが原因でトラブルが起きたのか以下の方法で確認し、必要であれば修理を手配しましょう。

それでもiPhoneでイヤホンマイクが使えない場合①他のイヤホンマイクを使用してみる

 
ご家族、ご友人のもので構いません。他のイヤホンをiPhoneにつないだ時、使えるかどうか確認しましょう。
 

他のイヤホンで使えるのであれば、ご自身がお持ちのイヤホンマイクが故障したということになります。 

それでもiPhoneでイヤホンマイクが使えない場合②他の機器でイヤホンマイクが使用できるか確認する

 
もしくは他の機器でイヤホンマイクが使えるかどうか確認しましょう。iPhone付属イヤホンであれば、Apple製品で試すのが好ましいです。
 
こちら場合は、他の機器で使えるのであればiPhoneの故障、使えなければイヤホンマイクの故障ということになります。
 

iPhoneでイヤホンマイクが使えない!どちらが故障している?

 
”それでもiPhoneでイヤホンマイクが使えない場合は?”より、どちらが故障しているか確認できた場合は、修理の手配を行いましょう。

iPhoneが故障した場合はAppleストアへ!

 
原因がiPhoneだと判明した場合は、iPhoneの修理が必要です。お近くのAppleストア、Apple正規プロバイダにお持ち込みください。
 
また、近くに店舗がない場合は配送修理も可能です。
 
店舗持ち込み・配送修理問わず、Apple / iPhone についてどのような問題がありますか?より修理の手配ができます。

修理費用や時間

 
費用に関しては、iPhoneを購入してから一年間のみ自動的に加入する限定保証、AppleCareの2つの保証サービスがあり、これらに加入しているかどうかにより大きく変わってきます。
 
保証期間内であれば、11,800円。期間外であれば、約2万~7万円です。シリーズにより費用が変わり、古いものが安く、最新が高いです。
 
また、Apple正規プロバイダに持ち込んだ場合、店舗それぞれで料金設定をしているため、これより若干費用が高くなる場合がありますのでご注意ください。
 
時間は、AppleストアかApple正規プロバイダに持ち込む場合は、早くて即日対応が可能です。
 
しかし、配送修理は移動時間が必要なため、1週間から10日での対応になります。

イヤホンマイクが故障した場合は専門業者へ!

 
イヤホンを含めiPhoneアクセサリと呼ばれるものは、提供元がAppleか他社製かにより修理業者が変わってきます。
 
iPhone付属イヤホンであればApple対応、他社製であればその提供元、イヤホン専門業者での対応になります。

修理費用や時間

 
iPhone付属イヤホンの場合、iPhoneと同じくAppleストア・Apple正規プロバイダへの持ち込み、配送修理から選べます。
 
費用は保証サービス適応であれば無料交換、適応外であればイヤホン購入時とほぼ同じ約3000円での交換です。
 
他社製イヤホンであれば、保証期間内に有償で交換対応になります。この場合も、購入時の金額より若干低いことが多いです。
 
時間については、iPhone付属イヤホンの持ち込みは即日対応、配送修理は2~3営業日内です。
 

他社製イヤホンは、メーカーごとに変わってきますが大体2~3営業日。長くて1週間になります。
 
参考元:Apple / iPhone の修理サービス

まとめ

 
iPhoneに接続したイヤホンマイクが使えない時、すぐ修理が必要なわけではなく、ご自身で簡単に試すことができる対処法が意外と多いことを知っていただけたと思います。
 
最後まであきらめず、ひとつずつ対処法を試していきましょう!

iphone イヤホン マイク 使え ない

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 5fe7f5c5 8da4 48cb 8695 3a80d7764957
Written By
a minami
ガジェットを調べることが趣味。
ガジェット好きがこうじて、記事を書くことになりました。 今まで調べた知識を、わかりやすく伝えられるよう頑張ります!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧