焼酎は冷蔵庫に保管して良いの?焼酎の保管方法をご紹介

この記事を執筆するにあたって

焼酎はとてもアルコール度数の高いお酒です。ですので基本的に賞味期限はないとされています。しかし同じようなお酒でウイスキーなどは諸説あり増すが、冷蔵庫で保管するのは好ましくないともいわれています。では焼酎の場合はどのように保管するのが一番よいのでしょうか。キーワードになるのは温度・湿度・光・空気です。これらの要因は焼酎の品質劣化の鍵を握っています。その視点から考えた場合に、冷蔵庫という環境はベストともいってよい環境です。しかしながら焼酎は香りが命のお酒でもあります。冷蔵庫のようなさまざまな食品が混在している場所での保管は、香りの管理には注意が必要です。また、温度によっては白い浮遊物も発生してきますのでそれらの要因から冷蔵庫で保管するにしても適している場所とそうでない場所が出てきます。

Written By アテ ワン

目次

冷蔵庫での焼酎の保管について解説します

焼酎を飲もうと思ったときに白い浮遊物が出てきて、もしかして悪くなってしまったのではないかと心配になった経験はないでしょうか。焼酎は保存方法を間違えると風味がとんで美味しくなくなってしまいます。今回は焼酎をよりよい方法で保管する方法を解説していきます。焼酎を保管するにはどのような環境で保管すればよいのか。また冷蔵庫での保管は可能なのか。焼酎のなかに浮いているもはなんなのか。そのような悩みを解消していきましょう。

焼酎 冷蔵庫

焼酎は冷蔵庫で保管して良いの?

焼酎を保存する方法はどうしたらよいでしょうか。同じような場面で、ウイスキーなどのお酒は冷蔵庫で保存をするのはあまり好ましくないといわれています。ですので、焼酎ももしかすると冷蔵庫での保存には適していないのではないかと心配してしまいます。しかし、安心してください。焼酎が冷蔵庫で保存をしてもよい理由を紹介いたします。

開封前の焼酎は冷蔵庫で保管して良いの?

焼酎は冷蔵庫で保管してもよいのでしょうか。結論から言うと大丈夫です。むしと適しているともいえます。
焼酎は基本的にアルコール度数が高く、雑菌などが増殖することのできない環境です。ですので冷蔵庫で保管しても基本的には問題がありません。
しかし、保管方法によってはすこし気にするべきポイントもありますので注意しましょう。

開封後の焼酎は冷蔵庫で保管して良いの?

たとえば封をあけたあとの焼酎は冷蔵庫保存でもすこし気にすべきポイントがあります。
開封後の焼酎を冷蔵庫で保存してはいけないということは基本的にありません。焼酎には開封前もあとも基本的には賞味期限がないので冷やして美味しく飲みましょう。ただし、しっかりと栓をしめて空気に触れさせないようにすることが大切です。焼酎は空気との接触に非常に弱いという特徴を持っています。ですからしっかりと栓をしないと空気と触れることで香りが飛んで本来のおいしさが味わえなくなってしまいます。さまざまな食材が混在している冷蔵庫内では特に注意が必要といえるでしょう。

焼酎を冷蔵庫で保管するとどうなるの?

焼酎を冷蔵庫で保存しても大丈夫だということはわかりましたが、焼酎を冷蔵庫で保存するといくつか問題も発生します。その焼酎を冷蔵庫で保存した場合におこる問題を解説していきたいと思います。ポイントをしっかりと抑えておきましょう。

焼酎を冷蔵庫で保管すると起こること①沈殿物や浮遊物が出てくる

焼酎には各種成分が含まれており、それがうまみとなって美味しくいただくことができます。高級脂肪酸エステルと呼ばれるそのうまみですが、保管している温度が10℃以下になると、その成分が固形化し目に見えるようになります。しかし実際にこの白い浮遊物が表れる現象は「焼酎の華」と呼ばれることもあり、品質や、健康被害はありません
日本にある家庭用冷蔵庫の場合、野菜室は野菜の品質を守るため、比較的温度の高い設定になっています。
「焼酎の華」と呼ばれる現象には健康被害や品質に問題ないとはされていますが、雑味や辛味が強くなるともいわれています。ですので長期に焼酎を保管する場合は野菜室で保管するのがよいでしょう。
また低い場所で保管するので焼酎の瓶を落として割ったりしてしまうといったリスクを減らせるという面もあります。

焼酎を冷蔵庫で保管すると起こること②香りの変化

焼酎 冷蔵庫

焼酎を開封した後に冷蔵庫で保存すると、周囲にある食品の匂いが移ってしまう場合があります。香りを楽しむお酒なだけに、できるだけ避けたい現象です。できるだけしっかりと栓をして早めに飲むようにしましょう。
参考:株式会社宮原薩摩酒造株式会社

焼酎を冷蔵庫で保管するメリット・デメリット

では焼酎を冷蔵庫で保存した場合に起こるメリットとデメリットにはどんなことが考えられるでしょうか。メリットとデメリットに分けて解説していきましょう。

焼酎を冷蔵庫で保管するメリット

焼酎を保管するには避けなければならない環境があります。それは以下のような環境です。

  • 高温・多湿
  • 直射日光
  • 周囲の香り

高温多湿、直射日光など、熱や光・湿度の変化に焼酎はとても弱く、空気に触れてしまうとその劣化を防ぐことはできません。もちろん賞味期限はありませんが、風味が徐々に飛んでいき、美味しくは飲めなくなってくるのです。ですのですでに既述しましたが、開封した焼酎はできるだけ早めに飲むことが推奨されています。
しかし、冷蔵庫の中であれば、日光や熱といった外刺激を抑えることができるので保存環境としては適しているといわれています。

焼酎を冷蔵庫で保管するデメリット

焼酎を冷蔵庫で保管した場合のデメリットは次の2つです。

  • 浮遊物の出現による味の変化
  • 周囲の食べ物の匂いが移ることでの香りの変化

冷蔵庫で保管するデメリットのひとつは「焼酎の華」と呼ばれる白い浮遊物が一応上げられます。これは10℃以下の環境に焼酎がさらされたときに生じる現象ではありますが、ゆっくりかき混ぜれば再び溶けていくのでそこまで大きなデメリットではないでしょう。
もうひとつあげられるデメリットとしては、一度開封した焼酎は匂いが移りやすくなっているので、匂いの強い食材と同じ場所で保管した場合に影響を受けてしまうリスクがあげられます。別の場所で保管するか、しっかりと栓をするように心がけましょう。

適切に冷蔵庫で焼酎を保管していこう!

焼酎を冷蔵庫で保存する場合は、当たり前ですがより適せつな方法で保存し、美味しく飲み続けられるようにしたいものです。どんな点に注意して保存すればよいか焼酎の保管方法のポイントを紹介しましょう。

焼酎を保管するのに適した温度

焼酎を保管するのに適した温度は10℃前後だといわれています。また、温度変化が起こると、焼酎は品質劣化を起こしますのでなるべく温度変化が起こらないように冷蔵庫での保管が適しているといえるでしょう。冷蔵庫以外だと次のような環境が適しています。

  • キッチンのシンク下
  • 押入れ
  • 床下収納
  • キッチンの棚

これら以外にも涼しくて、直射日光の当たらない場所で扉がついているところなら適切でしょう。しかし注意するのはキッチンは火を使う場所なので調理中に暖かくなる場所の近くは念のために回避しておくほうがよいでしょう。

瓶は立てて保存する

瓶は立てて保存しましょう。これは空気に触れる面積を減らすためです。焼酎の数少ない品質劣化の要因でもある、空気との接触を減らすことで品質の劣化を抑えることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は焼酎の保管方法について解説してきました。基本的には焼酎を保管する環境として冷蔵庫はベストといっても過言ではないでしょう。ですので今一度冷蔵庫における焼酎の保管方法をおさらいしていきましょう。

  • 焼酎は高温・多湿・直射日光・匂いに弱いという性質がある
  • 焼酎はアルコールの度数が高いので、品質が落ちてきても基本的に飲めないということはない
  • 時々焼酎に浮いている白いものは焼酎に含まれるうまみ成分が、低温になったことで固形化したもの
  • 白い浮遊物は「焼酎の華」ともいわれ健康・品質面には問題がないが、そのかわり雑味・苦味が強くなる
  • 「焼酎の華」はだいたい10℃以下になると出てくる
  • 冷蔵庫など高温・多湿・直射日光を防げる場所で保管するのがよい
  • 冷蔵庫の野菜室は10℃前後なので、特に適している

これらのポイントを抑えれば焼酎もきっと上手に冷蔵庫で保管をすることができるでしょう。ぜひしっかりとポイントを抑えて冷蔵庫で美味しく焼酎の保管をしてみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧