掃除機をかける頻度はどのくらい?こまめに掃除機をかける必要性とは?

この記事を執筆するにあたって

家にいる事が多いので掃除機をかける時間はありますが、キャニスタータイプの掃除機を使用している頃は掃除機をかけるのが億劫に感じていました。最近はロボット掃除機を購入して毎日使用。ホコリが気にならない生活はとても快適です。

Written By mutu mama

目次

みんなどのくらいの頻度で掃除機をかけているの?

皆さんは掃除機をどのくらいの頻度でかけていますか?
我が家はキャニスター型掃除機を使用していた時は週一回、その後コードレス掃除機に買い換えてからは3日に一度の頻度でした。そして先日ついにロボット掃除機を購入!現在はタイマーをセットして毎日同じ時間に掃除機をかけています。

このように、使っている掃除機のタイプや住まいの形態、赤ちゃんやペットがいる、主婦や一人暮らしなどの生活スタイルの違いでも頻度は大きく変わるかと思います。

マイボイスコムでのアンケート(2017年調べ)では頻度の他にも掃除機のタイプごとに細かく調査。結果こちらも掃除機をかける頻度は週2~3回・週1回が2~3割。週1回以上をあわせると全体の6割強と大体同じ結果となりました。その中でもロボット掃除機所有者は週4回以上という比率が高かったのは、やはり自動で掃除をしてくれる点が大きいのでしょう。

引用元:掃除機に関するアンケート調査(第5回)-My Voice

便利な家電が増えたとはいえ、まだまだ面倒と感じてしまう事が多い掃除機かけ。でも「定期的にかけないとお部屋が汚くなってしまうのでは?」と思うと、なかなか頻度を減らせない方も多いのではないでしょうか。

今回は掃除機をかける適切な頻度からその必要性、頻度を減らす方法などをご紹介していきます。

掃除機はどのくらいの頻度でかけるのが適切なの?

部屋を綺麗に保つには毎日掃除機をかけるのが理想的。でも、お仕事で毎日家をあける方、子育て真っ只中の方には毎日はちょっと厳しい頻度です。

最低限ホコリを溜めないようにするには4日に一度が最適ですが、軽い拭き掃除など併用していれば週に一回でも大丈夫。

畳はホコリが入り込むとなかなか取りにくくなってしまうので、出来たら3日に1回行えるとベストです。

掃除機の適切な頻度を守る必要性とは?

掃除機の適切な頻度を守る必要性①

あまり使用してない部屋でも不思議とゴミやホコリはどこからともなく溜まっていきます。家具やベットの下は使っているわけではないのに、気が付くとホコリが・・・。その出所は毎日着る衣類やカーテン、布団等からの出た繊維が床に落ちたり、自然と抜け落ちた髪の毛、外出先でついた砂や花粉など様々。人が生活する上でどうしても避けられないものです。

ですので定期的に掃除しないとお部屋はどんどん汚れていきます。放置すると掃除機などでは取りきれなかったり、必要以上に時間がかかって余計に面倒になってしまうことも。そうならない為にも、日頃から適切な頻度でお掃除することが大切です。

掃除機の適切な頻度を守る必要性②

ペットを飼っているご家庭はとくに掃除機を定期的にかけたほうが良いでしょう。とくに毛の生え代わり時期。この時期は頻度を上げないと床からソファーや敷物まで、あっという間に毛だらけに!ハウスダストや喘息持ちの方は症状が悪化してしまうおそれもあります。

掃除機の頻度を抑えたい...どのような対策がある?

掃除機の頻度を抑える方法①家具や棚の上を拭く

朝掃除機をかけたのに夕方にはもうゴミやホコリが落ちていて、仕方なくもう一度掃除機をかける・・・なんて経験はありませんか?もしかしたらそれは家具や棚などに溜まったホコリが原因かも!

せっかく掃除機で床を綺麗にお掃除しても、生活している以上どうしても部屋の空気は動くもの。家具についたホコリが舞ってしまい、また床を汚してしまうんです。
ですので掃除の手順は上の方から行うのが鉄則
日頃から床掃除の前に家具の上のホコリもこまめに拭き掃除をしましょう。しっかりと濡れ拭きを使って掃除するのが一番ですが、マイクロファイバークロスなどで軽く拭くだけでも十分効果あり。家具以外にもホコリを寄せ付けやすい家電、電気カバーの上も要注意です。

掃除機の頻度を抑える方法②床を拭く

毎日軽い床掃除を行うと、掃除機を使う頻度をそれだけ抑えることが出来ます。
でも、自分で雑巾がけをするのは掃除機をかける以上の労力。ここはフローリングワイパーやモップなど便利なお掃除道具を利用して簡単に拭き掃除をしましょう。とくに階段は掃除機をかけるのが面倒なポイント。なるべく掃除機の出番を減らす為に、ホコリを見つけたらすぐ拭く習慣をつけてしまうと良いですよ。

掃除機の頻度を抑える方法③家に入る前に衣類をブラシで綺麗に

我が家は小学生の子供が二人。夫は外での仕事が多いため、ホコリ以上に気になるのが砂!とくに洗面所は衣類を脱いだ時に砂が落ちて床がザラザラに。その度にハンディタイプの掃除機で吸い取っていました。
なんとか対策をと思い、家に入る前にブラシで衣類についた砂やホコリを取ることを習慣に。これを行うようになってから床が砂っぽいという事が減り、掃除機を使う頻度も随分減りました。花粉の時期などもおすすめです。

掃除機の頻度を上げすぎるのも良くない⁉

掃除 機 頻度

騒音

先述でもお話したように、お部屋の綺麗を保つという点では掃除機は何度かけてもOK
ですが、お隣との距離が近いアパートやマンション住まいの場合はあまりに頻度が高いと騒音トラブルにつながってしまうかもしれません。
なるべく迷惑のならない時間帯を選んだり配慮が必要です。

また、赤ちゃんがいるご家庭も大きな音のでる掃除機は控えたいもの。掃除機の排気も気になります。ホコリには人一倍気を使う時期ですので、そんな時は無理に掃除機をかけずに普段はフローリングワイパーなどを上手く利用しましょう。

電気代が上がる

掃除機を頻度を上げる事デメリットをしいてあげるならば電気代が上がってしまうという事でしょう。一般的な掃除機の消費電力は紙パック式掃除機で約1100W、サイクロン式で約800Wです。意外と高いですね。

1日10分間掃除機を使用し年間60時間掃除機をかけた場合、1kWhあたりの電気量を一般的な27円で電気代を計算すると・・・

  • 紙パック:(1100÷1000)kw×60時間×27円/kWh=1,782円
  • サイクロン式:(800÷1000)kW×60時間×27円/kWh=1,296円

いかがでしょうか?一年でこれ位なら毎日かけても良いと思うか、思ったより高いから頻度を下げようと思うかは個人の判断によりますが、ご参考になればと思います。

バッテリーの交換時期が早まる

サイクロンや紙パックタイプの掃除機と少し事情が変わってくるのがロボット掃除機。
こちらは充電をして掃除を自動で行う物なので、掃除機をかける時間での電気代ではなく、充電にかかる時間で電気代を算出します。平均的なロボット掃除機の一回の充電にかかる電気代は約2円。1日1回の稼働でも年間1000円未満なのは魅力的です。

ですが問題はバッテリー。使えば使う程消耗していくものですので、掃除機をかける頻度が高いほど交換時期は早まります。交換には約10000~15000円かかりますので安いとは言えない出費です。

適切な頻度を守り掃除機をかけていこう

環境により掃除機をかける適切な頻度は前後します。
最適な頻度がわからない場合は、一度思い切って掃除機をやめてみてください!だいたい4日~7日経過したころにゴミやホコリが視覚的に気になってくるはず。そう感じる少し前に掃除機をかけるのが、部屋を綺麗に保つ最適な頻度と考えると良いでしょう。

まとめ

掃除 機 頻度

いかがでしたか?掃除機は絶対に毎日かける必要があるわけではありません。忙しければ間が空いてしまうのは仕方のない事。大切なのは適切な頻度で掃除機かけを習慣づけし、部屋の清潔を保つ事です。

日頃「ちょっと掃除機をかける頻度が少ないかな?」と感じている方、逆に毎日行っているけど億劫に感じてしまっている方、自分の生活スタイルにあわせて負担にならない頻度を一度見直してみてはいかがでしょうか。

Ad sumaho sabusuku

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 17dd953f 8c8b 4e6c af2c b2da16f31f8d
Written By
mutu mama
小学生の子供を二人持つ主婦です。
2017年下旬からライターとして参加させていただいてます。 主婦目線・母親目線にたった生活感のある記事を書くように心がけています。 実際に使用している家電や、お手入れ方法などの生地はなるべく沢山の画像を付けてわかりやすくお伝えしていきます!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧