お米は冷蔵庫で保存していいの?保存方法や注意点は?

目次

お米を冷蔵庫で保存?

お米を購入した際、そのお米をどこに保存するのが一番いいのか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

買ってきた状態で保存していると、虫が湧いてきてしまうこともあるということはテレビなんかでもちょくちょくやっていますからね。

と、言うことで今回の記事ではお米の保存方法について

「お米は冷蔵庫で保存していいの?保存方法や注意点は?」

に注目してお届けしていきます!

お米を冷蔵庫に保存したいけど本当に保存してもいいのか気になる!という方はぜひこの記事を読んでみてください。

お米は冷蔵庫で保存していいの?

米 冷蔵庫 保存

お米は冷蔵庫に保存しても構いません。

と、いうよりもお米は冷蔵庫に保存した方が良いです。

これはお米を保存する環境は以下のような環境が適しているからです。

  • 保存場所には比較的涼しい場所(10℃~15℃程度)がいい
  • 温度はもちろんとして、湿度も低い場所
  • 直射日光には当たらない場所で、なおかつ暗い場所

これらが当てはまる場所で室内にある場所と言うと冷蔵庫ですよね。

よってお米の保存は常温での保存などではなく、冷蔵庫での保存が良いのです。

初めて一人暮らしをされた方は特に、買ってきたお米をそのまま台所などに放置しがちかと思います。

しかしそれは決してお米の保存環境として適しているとは言えません。

むしろ保存環境としては悪いとまで言えます。

なので、冷蔵庫のサイズによっては難しい場合もあるかもしれませんがお米はできるだけ冷蔵庫で保存するようにしましょう。

お米を冷蔵庫で保存する場合の注意点

米 冷蔵庫 保存

上記で紹介した通り、お米を保存する環境は湿度や温度、そして暗い等の環境である冷蔵庫が適していると言えます。

がしかし、適当にお米を冷蔵庫で保存すればいいという話でも無く、きちんとした注意点もありますので下記より紹介していきます。

お米を冷蔵庫で保存する場合の注意点①密閉された容器に移し替える

お米を冷蔵庫で保存する場合の注意点として一つ目に挙げられるのは「密閉された容器に移し替えること」です。

これはお米をたとえ冷蔵庫に保存していたとしても空気に触れているような状態で保存していると、お米がひび割れたりして味の劣化を招くこともあるからです。

買ってきたお米をそのまま冷蔵庫に入れれば良いというわけではなく、お米を入れる容器も必要になるということを覚えておきましょう。

お米を冷蔵庫で保存する場合の注意点②冷蔵庫内の冷気の吹き出し口は避ける

お米を冷蔵庫で保存する場合の注意点として二つ目に挙げられるのは「冷蔵庫内の冷気の吹き出し口は避けて保存すること」です。

これは冷気の吹き出し口付近にお米を保存してしまうと、それだけお米の冷え具合に偏りが出てしまうからです。

冷え具合に偏りが出てしまうとお米に決していい状態とは言えませんので、無駄に味を落とすことの無いように、お米を冷蔵庫内で保存する際には気を付けるようにしましょう。

ちなみにですが、冷蔵庫の冷気の吹き出し口は大抵冷蔵庫内の上部と下部にそれぞれあります。

お米を冷蔵庫で保存する場合の注意点③お米の保存容器はきちんと洗う

お米を冷蔵庫で保存する場合の注意点として三つ目に挙げられるのは「お米の保存容器はきちんと洗うこと」です。

お米を保存容器を使用し冷蔵庫内にすでに保存している方もいるかもしれませんが、お米をつぎ足しという形で随時容器に補充していくというスタイルはやめておきましょう。

これは保存容器が空になる度に容器を綺麗に洗わなければ、古い米ぬかや汚れがその容器内に蓄積することになるからです。

米ぬかが容器に溜まっている状態というのはお米の保存環境として決していいとは言えませんので、お米の保存容器はきちんと洗うようにしましょう。

お米を冷蔵庫で保存する場合の注意点④お米の保存期間

お米を冷蔵庫で保存する場合の注意点として四つ目に挙げられるのは「お米の保存期間」です。

いくらお米を保存場所として適している冷蔵庫に保存しているとはいえ、保存期間には気を使う必要があります。

それは冷蔵庫に保存していたとしても、月日がたつごとにお米の旨味は低下していってしまうからです。

なので、お米を美味しい状態で食べたいのであれば、長期間の保存は控えるようにしましょう。

ちなみに目安となっている保存期間は大体1か月半くらいです。

その期間を過ぎると食べられなくなるというわけではもちろんないですが、味が低下していってしまいます。

無駄に味を低下させたくないという方はこの目安期間を守るようにしてください。

お米を冷蔵庫で保存する場合の注意点⑤冷蔵庫は冷蔵庫でも野菜室に

お米を冷蔵庫で保存する場合の注意点として最後に挙げられるのは「冷蔵庫は冷蔵庫でも野菜室に保存すること」です。

なぜ野菜室に保存するのがいいのかと言うと、野菜室は温度、そして湿度が一定であるからです。

また、野菜室は基本野菜を保管することであるので、臭いの強い食品だったりを保管しないことからお米に余計な臭いなどを付かせません。

こういったメリットが冷蔵庫の野菜室にはありますので、注意点となるのです。

ただ、冷蔵庫の機種によっては野菜室が無いものもあるかと思います。

なので注意点というよりもおすすめの保管場所として覚えておいてくださいね。

お米を冷蔵庫で保存する方法

米 冷蔵庫 保存

さて、それでは次にお米を冷蔵庫で保存する方法について紹介していきます。

お米を冷蔵庫で保存する方法①一回米を炊く量ずつ小分けにする

お米を冷蔵庫で保存する方法としてまず紹介するのは「一回米を炊く量ずつ小分けにする」という方法です。

こちらであればわざわざお米の計量カップを用いる必要もありませんし、なおかつ小分けにして保存することから、今何合分のお米を入れた?ということにもなりません。

まぁ最初こそ小分けにする分手間がかかりますが...。

ちなみに小分けにして保存する場合は、ジップロックなどの密閉性の高い袋を使用するとそれほど場所を取らずにお米を冷蔵庫に保存することができるのでおすすめです。

お米を冷蔵庫で保存する方法②ペットボトルを保存容器にする

お米を冷蔵庫で保存する方法として次に紹介するのは「ペットボトルを保存容器にする」保存方法です。

実はペットボトルもお米を冷蔵庫で保存する際の容器として使用可能です。

ふたを閉めれば密閉性が凄く高くなりますからね。

ペットボトルは横に寝かせることも可能ですし、空いた隙間でお米を保存したいという方はぜひこちらの方法をお試しください。

ちなみにですが、500ml容器にお米を入れるとちょうど3合分です。

なので、2l容器にお米を入れると12合ということになります。

こちらについても把握しておけば、お米を計量カップで測る必要もなくなり、凄く便利なのでペットボトルを使用した冷蔵庫でのお米の保存を実施する方はぜひ覚えておいてください。

お米はどのような容器に入れて保存すれば良いの?

米 冷蔵庫 保存

お米はどのような容器に入れて保存すればいいのかと言うと、以下のような容器になります。

  • タッパー
  • ペットボトル
  • ジップロック

Etc…

上記で挙げたお米を冷蔵庫で保存するのに適した容器からもわかる通り、冷蔵庫でお米を保存する際に重要となるのは密閉性です。

これは密閉されていない容器を使用してしまうとお米が空気に触れてしまい、それにより少なからずお米の味が劣化してしまうからです。

基本的にどのような容器を使用しても構いませんが、空気からお米を守るためにも密閉性に関してだけは注意しつつ保存容器を選ぶようにしましょう。

冷蔵庫にお米を入れると虫食いや劣化を防げる?

米 冷蔵庫 保存

冷蔵庫にお米を入れると虫食いやお米の味の劣化などを防ぐことができます。

そもそもお米に虫がつくこと、そしてお米の味が劣化するのは、気温が高温かつ湿度が高い場所で空気に触れつつ保存していることが原因です。

要はキッチンなどの場所がお米の保存環境としては適していない場所であるということですね。

その点冷蔵庫は温度も低いですし、湿度も高くありません。

よって冷蔵庫であればお米に虫がつくことはもちろん劣化も防ぐことができるのです。

ただし、お米を保存する容器の掃除を怠れば冷蔵庫内で保存していたとしても虫がつくことがありますし、長期間冷蔵庫内に保存している場合はお米は劣化していきます。

お米を冷蔵庫に保存しているだけで虫や味の劣化から完全に守られるという認識は間違いなので、この機会にぜひ覚えておいて下さい。

まとめ

今回の記事ではお米は冷蔵庫で保存してもいいのか等について紹介してきました。

結論を再度言っておくとお米を保存するのは冷蔵庫、そして可能であれば野菜室をおすすめします。

冷蔵庫であれば温度も低いですし、冷気が循環していることからも湿度も高くありません。

そして野菜室の場合は冷蔵庫内よりも温度及び湿度が一定であること、他に匂いのキツイ食品を保存することもないことからおすすめとなっています。

ただし、冷蔵庫に保存する場合には以下のような注意点もあります。

  • 密閉された容器に移し替えること
  • 冷蔵庫内の冷気の吹き出し口は避けて保存すること
  • お米の保存容器はきちんと洗うこと
  • お米の保存期間には注意すること
  • 冷蔵庫は冷蔵庫でも野菜室にできるだけ保存すること

ただお米を冷蔵庫に保存すればいいというわけではなく、こういった注意点を守りつつ保存することがお米にとって最もいいということを覚えておきましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧