冷蔵庫を開けっ放しにすると電気代はどうなる?冷蔵庫の開けっ放しの危険性について解説

目次

冷蔵庫の開けっ放し

冷蔵庫のドアは閉めたつもりでも実は少し開いていた、ということは頻繁には無いもののたまにあります。

そんなときに心配になってしまうのが開けっ放しによる電気代です。

エアコン同様に冷風を使用するものでありますから意外と多くの電気代がかかってしまいそうですよね。

ということで今回の記事では冷蔵庫のドアについて

「冷蔵庫を開けっ放しにすると電気代はどうなる?冷蔵庫の開けっ放しの危険性について解説」

に注目してお届けしていきます!

冷蔵庫のドアを開けっ放しにしてしまったことで電気代がどれくらいかかるのかと心配な方はぜひこの記事を読んでみてください!

冷蔵庫を開けっ放しにすると電気代は上がってしまうの?

冷蔵庫 開けっ放し 電気 代

それでは冷蔵庫のドアを開けっ放しにした際にはどの程度の電気代がかかるのか、について時間と開け方別に紹介していきます!

冷蔵庫を開けっ放しにする場合の電気代:1時間 全開

冷蔵庫のドアを一時間全開状態のまま開けっ放しにしている時にかかる電気代は15円程です。

冷蔵庫を開けっ放しにする場合の電気代:1日 全開

冷蔵庫のドアを一日全開状態のまま開けっ放しにしている時にかかる電気代は15円×24なので360円です。

冷蔵庫を開けっ放しにする場合の電気代:1時間 半開

それでは冷蔵庫のドアが半開の時ではどうなるのかと言うと、こちらも15円です。

冷蔵庫を開けっ放しにする場合の電気代:1日 半開

こちらも想像できるかと思いますが冷蔵庫のドアを一日半開状態のまま開けっ放しにしている時にかかる電気代は360円です。

ちなみに上記電気代は冷蔵庫の消費電力を600Wとして、1kwあたりの電気料金が25円として計算しています。

以上を見てもわかる通り、冷蔵庫のドアを1時間だろうが24時間だろうが開けっ放しにしてしまっても実は電気代への影響はそれほどありません。

もちろん多少は上がってしまいますが、それほど気にする必要のない電気代になります。

というのも、これは現在販売されている冷蔵庫はドアが開いたことを感知すると冷却システムがストップするからです。

冷蔵庫のドアを開けるとブーンという音が止まりますよね。

これが冷蔵庫の冷却システムがストップしている証拠です。

よって冷蔵庫のドアを半開だろうが全開だろうが開けっ放しにしておいても電気代はそれ程大きくは変わりませんから電気代もそこまで高騰することが無いのです。

なので、もしお子さんが冷蔵庫のドアを開けっ放しにしてしまったとしても短時間であればそこまで怒らないであげてくださいね。

一見冷蔵庫のドアを開けっ放しにしてしまうと、電気代が凄く高くなりそうなイメージですが、実はそんなこともないということを覚えておきましょう。

冷蔵庫を開けっ放しにしたらどうして電気代が上がるの?

冷蔵庫 開けっ放し 電気 代

冷蔵庫のドアを開けっ放しにしてしまったとしても上記で紹介した通り、そこまで電気代が高くなることはありません。

しかしであれば安心だ、というわけではなく、結果的に冷蔵庫のドアの開けっ放しは電気代が上がることに少なからず影響してしまいます。

というのも、冷蔵庫のドアを開けっ放しにするということは内部の冷気が外に漏れだしていくということを意味するからです。

内部の冷気が外に漏れだすということは、冷蔵庫の内部の温度が下がることを意味し、そしてそのことは再度ドアを閉めた時に冷却システムがいつも以上に稼働することになります。

よって冷蔵庫のドアを開けっ放しにするということが直接的に電気代が上がることにつながるわけではありませんが間接的に影響を与えてしまうのです。

まぁとは言っても皆さん冷蔵庫の稼働しはじめた月の電気代があまりにも高かったと思いませんよね。

そのことからわかるように、電気代が高くなることは事実ですが冷蔵庫ですからそれほど過敏に気にする必要はありません。

ただ、冷蔵庫のドアを開けっ放しにすることよりも実は閉めた後の方が電気代は高くなるということは覚えておきましょう。

冷蔵庫の開けっ放しを防止するには?

冷蔵庫のドアを開けっ放しにすることが電気代が上がることにつながる以上は、ドアの開けっ放しはできる限り防止したいという方もいることでしょう。

ということで下記より開けっ放しを防止することのできる方法について紹介していきます。

冷蔵庫の開けっ放し防止法①ブザー付き冷蔵庫を使用する

冷蔵庫のドアの開けっ放しを防止する方法としてまず一つ目に紹介するのは「ブザー付き冷蔵庫を使用する」です。

冷蔵庫の中には機能の一つとして、ある程度ドアが開けっ放しになっているとアラームが鳴るようになっている機種もあります。

そういった冷蔵庫であれば後付けでグッズを用意する必要もなく、冷蔵庫のドアの開けっ放しを防ぐことができるので防止法の一つとして挙げられます。

ちなみにどういった商品がそういった機能がついているのかと言うと以下のような商品になります。

もちろんですが日立製の冷蔵庫にしかついていない機能と言うわけではなく、Panasonic製の冷蔵庫にもついています。

便利な機能であるためおそらく他メーカーもこの機能をつけているでしょうから、冷蔵庫の買い替えも検討しているという方はこの機会に選んでみてはいかがでしょう。

ただし、機種によってはアラーム機能がついていないということも考えられるので、アラーム機能付きの冷蔵庫が欲しいという方はきちんと確認したうえで購入しましょう。

参考元:HITACHI

参考元:Panasonic

冷蔵庫の開けっ放し防止法②開けっ放し防止グッズを使用する

冷蔵庫のドアの開けっ放しを防止する方法として次に紹介するのは「開けっ放し防止グッズを使用する」です。

冷蔵庫のドアの開けっ放しを防止するためのグッズとして、直接的なブザーというのは現在取り扱っていません。

しかし、以下の商品が冷蔵庫の開けっ放しを防止するグッズとして使用可能です。

ドアに取り付けて使用するものではなく、冷蔵庫の内部に置いて使用するものなので多少場所を取りますが、冷蔵庫のドアを開けた際に点灯するライトに反応し色々と話しだすので、ドアの開けっ放しを防止するには役立ちます。

冷蔵庫を買い替えることはタイミング的にできないが、どうしてもドアの開けっ放しを防止するグッズが欲しいという方はこちらを購入し使用してみてはいかがでしょうか。

ちなみにですがガリガリ君の他にも、ペンギンやシロクマといったものもあります。

可愛らしい外見なので、むしろ子供がいる家庭では冷蔵庫の機能より、こちらの方が良いかもしれませんね。

冷蔵庫を開けっ放しにした場合温度はどうなるの?中の食材は?

冷蔵庫 開けっ放し 電気 代

冷蔵庫のドアを開けっ放しにした場合、庫内の温度はどうなるのか、中の食材はどうなるのか。

おそらくこちらについて気になっている方もいるでしょうから下記より紹介していきます。

冷蔵庫を開けっ放しにした場合温度

冷蔵庫のドアを開けっ放しにした場合の温度は、もちろん開けっ放しにした時間にもよりますが、室温と同程度まで上がることになります。

冷蔵庫はドアを開けると同時に冷却システムがストップしますし、ドアを開けっ放しにしていると冷気が徐々に外に漏れだしていくのですから当然ですよね。

具体的に何度になるかは季節や環境にもよるため一概には言えませんが、少なくとも室内温度と同程度になると覚えておきましょう。

冷蔵庫を開けっ放しにした場合の中の食材

それでは冷蔵庫のドアを開けっ放しにした場合、中の食材はどうなるのか。

こちらについても当然ですが食材は劣化します。

どの程度の時間ドアを開けっ放しにした場合に食材が食べられなくなるのかと言うと、もちろん食材にもよりますが、大体1時間程度開けっ放しにしているだけで傷んで食べられなくなる可能性もあるでしょう。

そして夏場の場合では室内温度が凄く高くなることからもっと早くなることも考えられます。

冷蔵庫のドアの開けっ放しにすることというのは実は電気代以上に食品での出費が大きくなるということはよく言われています。

そんなことにならないように、一度やってしまった方は今回紹介したような防止グッズ等を利用してみてください。

冷蔵庫を開けっ放しにして再度冷えるまでどの程度時間が必要?

冷蔵庫 開けっ放し 電気 代

冷蔵庫を開けっ放しにしてしまった際に再度冷蔵庫の庫内が十分に冷えるまでの時間は以下の通りです。

  • 夏以外の場合:4時間から5時間程度
  • 夏の場合  :半日から一日程度

ちなみに上記時間は冷蔵庫を設置してから十分に冷えるまでの時間と同じです。

冷蔵庫のドアを開けっ放しにしてしまうということはおそらくその冷蔵庫が室温と同程度の温度になっていると考えられます。

それは冷蔵庫の設置した状況と似ているため、一般的に冷蔵庫の庫内が十分に冷えるまでの時間と同じくらいの時間がかかると予想できるのです。

ただ、当然ですがサイズが小さい冷蔵庫の場合はもっと素早く庫内が冷えるかと思いますので、参考程度に捉えておいてください。

参考元:Panasonic

冷蔵庫の開けっ放しは時に故障につながる場合もある

冷蔵庫 開けっ放し 電気 代

冷蔵庫のドアを開けっ放しにしていると、時には冷蔵庫の故障に繋がってしまうこともあります。

これは冷蔵庫のドアを開けっ放しにしていることで冷蔵庫の温度が上がり、内部にあるコンプレッサーや冷気の吹き出し口に等に温度が上がったことで発生した水滴が霜となる可能性があるからです。

たかが霜で冷蔵庫が故障するわけがないと思う方もいるかもしれません。

しかし冷気を循環させ続けている冷蔵庫にとって霜は、冷気の循環を阻害し冷却効率を低くしたり、最悪霜により内部パイプが破損したりと冷蔵庫の不具合を呼ぶ危険性の高いものなのです。

冷蔵庫のドアを長時間開けっ放しにしてしまったという方は時間のある際に、冷蔵庫についてしまったであろう霜を完全に取り除いておくことをおすすめします。

まとめ

冷蔵庫を開けっ放しにしてかかる電気代は以下の通りです。

  • 1時間開けっ放しにした場合:15円
  • 24時間開けっ放しにした場合:360円

※この数値は消費電力600Wで計算しているため、実際にはもっと安くなる可能性もあります

これ等の金額は半開か全開かでは変わりません。

なぜなら、半開だろうが全開だろう今の冷蔵庫はドアが少しでも開いていると冷却システムがストップするからです。

そのため、開け具合によっては電気代は前後しないのです。

そして上記電気代を見てわかるように、冷蔵庫を開けっ放しにしたとしてもさほど多くの電気代がかかるというわけではありません。

何となく開けっ放しにすると凄く電気代がかかるイメージがありますが実はそんなこともないということが今回の記事を通して分かっていただければ幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧