冷蔵庫の買い替えの時期について解説!おすすめの買い替え時期を解説

この記事を執筆するにあたって

20年の小売業経験を活かして記事を書いてみました。

Written By IDE です

目次

冷蔵庫の買い替え時期の判断は難しい

冷蔵庫 買い替え 時期

大型家電の冷蔵庫を買い替える時期としては、非常に判断が難しい部分があり、詳しい知識などを持っている人でないと、壊れる前触れなどに気づくことも難しいです。

急に壊れてしまうと、日常生活に影響が出るほど重要な大型家電だからこそタイミングをしっかりと把握しておくことが大切です。

この記事では、寿命や故障で冷蔵庫を買い替えるタイミングや、小売業を経験していた時の知識をもとに、どういったタイミングで一般家庭用の冷蔵庫が値下がりするのかなどを説明していきたいと思います。

冷蔵庫の買い替え時期はいつなの?

掃除 機 頻度

はっきりとした明確な時期というのはなかなか見つかりませんが、目安としては、寿命が来た時や、使いづらくなったとき、故障に高額がかかる時、家庭の事情で冷蔵庫のサイズを変える時などがあります。

家電というものは当然コンピューター程は早くありませんが、日進月歩の世界なので、次から次に新商品が出てくるにしたがって機能も充実してきます。

新しく出た冷蔵庫ほど電気代が安くなって使い勝手が良くなるのは事実です。

そんな冷蔵庫の買い替え時期の寿命や、故障などのタイミングについて解説します。

時期以外の冷蔵庫の買い替えのタイミングとは?

時期以外の冷蔵庫の買い替えのタイミング①寿命

今の家電製品は、良く持って10年と言われています。

冷蔵庫の機能的なものが便利になり、冷蔵庫の中身の構造が精密になって、技術の進化により高性能化していったため、昔のように15年も20年も耐久性を持たない可能性が高くなっています。

各大手のメーカーにいつまで冷蔵庫の修理ができるのかを問い合わせたところ、修理する部品のことを補修用部品というのですが、どのメーカーも製造終了から8年~10年間という回答でした。

つまりメーカーが製造終了した冷蔵庫をセールなどで購入してしまった場合には10年後には修理用の中の部品が存在しないため、修理ができないという結果になります。

徐々に故障が増えていった時も、寿命の可能性が高く、そのあと急に冷蔵庫が冷えなくなったり、止まってしまうなどの致命的な故障になってしまう事もあります。

時期以外の冷蔵庫の買い替えのタイミング②故障

冷蔵庫が急に壊れる事も珍しくありません。

ここではそういった致命的な故障の前に起こる冷蔵庫の状態をいくつか紹介します。

  • 急に冷えなくなる

いつも使っている冷蔵庫の冷えが悪くなることがあります。

猛暑などの外気温が異常なほど高い場合や、開け閉めをしすぎるなどの例外もありますが通常時において、特に朝の状態で冷蔵庫の中身が冷えていない場合は故障の前触れの可能性があります。

冷凍庫に入れていたアイスクリームが少し溶けてしまっている事や、冷凍庫の氷ができにくくなったり、朝からずっと入れていたジュースが少ししか冷えていない状態などがあります。

日常的に使っているとだいたいわかりますが、通常夜中は冷蔵庫は開け閉めもせずに冷やし続けていますので、朝の状態を調べてみるといいでしょう。

  • 冷蔵庫の音が高くなる

いつも使っている冷蔵庫の音が異常に高いと感じたことはありませんか?

冷蔵庫のモーターの音になるのですが、いつもは何も音がしないのに、ブーンと高い騒音ととらえる事が出来るほどの音でなる事があったりします。

中に使われているコンプレッサーの音になるのですが、経年劣化により、機能が正常に働かなくなっても、正常に冷蔵庫の庫内の温度を維持しようと起こる音です。

  • 冷蔵庫の中で水漏れがする

冷蔵庫の下のほうからいきなり水が漏れていることがあります。

庫内に急に水滴などが付いている場合は温度以上のサインですので早急に調べる事が必要です。

冷蔵庫や冷凍庫は当然霜がつくので、その霜が溶けた時の水の抜け道が詰まっていたり、正常に排水ができない場合に起こります。

目詰まりの原因を特定することが必要になってきます。

  • 側面が熱くなったままで冷えない

冷蔵庫を使用していると、側面が熱くなることがあります。

これは熱くなるのは冷蔵庫の機能的な問題なので異常はないのですが、正常な冷蔵庫であれば、側面はまた冷えるようにできています。

※ちなみに冷蔵庫の側面に隙間を開けずに同じ高さの物をくっつけてしまうと、放熱ができない状態になってしまって、故障しやすくなりますので注意してください。

しかし、側面が冷えないようになってくると、正常に作動していない事ですので、故障の前触れの可能性があります。

冷蔵庫が安くなる時期は?最安値で買い替えたい方必見!

冷蔵庫 買い替え 時期

高額家電を購入するなら少しでも安く購入したいですよね。

そこで家電はどんな時に安く販売されるのかを、自分の過去の20年の小売業経験も踏まえて解説します。

冷蔵庫が安くなる時期①セール時期

一般的に小売業というのは、個人経営などでなければ、年に3~4回大きいチラシを出すこと、つまり大きいセールを開催する事が当たり前となっています。

特に値段が下がるセールというのは、チラシの大きさがB2サイズと呼ばれる新聞紙の大きさの広告が、オープンや閉店などを除けば、店側が1番商品の値段を下げるセールです。

決算時期やボーナス時期に集客目的で行う場合が多く、毎年3月と6月、9月と12月と、一概には言えませんが、年4回行う会社が多いです。

その他には、日替わりチラシで冷蔵庫が掲載される事も珍しくありませんが、B2チラシの日替わりが1番値下がりします。

あとはポイント還元祭りなどの、ポイントを通常より多くもらえる場合も見逃せません。

もらえるポイントを調べてみると、結果的には意外と安く冷蔵庫を買い替えることができるかもわかりません。

大事なのは、自分の使い勝手に合った、お気に入りのメーカーの冷蔵庫を購入する事だと思います。

冷蔵庫が安くなる時期②新商品の販売前

冷蔵庫の新商品や新型モデルが発売される前に、今店や問屋にある旧型モデルの在庫を一掃するためにが処分価格になることがよくあります。

旧型の冷蔵庫が展示品限りなどになっている場合は、販売員と交渉次第ではさらに値引きを期待することが出来ます。

現品や展示品の場合には、販売担当者の人と上手に値段を交渉して、さらにお買い得に冷蔵庫を手に入れましょう。

新型モデルの冷蔵庫が出る時期というのは、多くの企業は秋に発売開始というスタイルをとってはいますが、メーカーによって発売開始が様々なので、ここで詳しくは触れていません。

冷蔵庫が安くなる時期③閉店やオープン期間

住んでいる近くに家電を扱うショッピングセンターや、家電量販店などがオープンする時は、事前に日時や広告をチェックしておきましょう。

数年に1度しかないくらいのイベントなので、どんな売り出しよりも安く冷蔵庫を購入する事ができます。

また近くの家電を扱っている店舗の閉店セールも見逃せません。

在庫をすべて処分しようとして、半額や割引など破格の値段で冷蔵庫を買い替える事ができる場合があります。

しかし閉店というのはそうそうないですので、あまり期待はできませんが、もし閉店セールに行くチャンスがあれば、冷蔵庫を欲しい人にとっては、1番の冷蔵庫の買い替え時であることは間違いありません。

まとめ

冷蔵庫が壊れたら、日常生活においても影響がでるかもわかりませんので、事前に故障の前触れなどが出た場合は確認しておきましょう。

冷蔵庫の場合は急に壊れることはあまりなく、前触れがあってから少し時間が経って壊れることが非常に多いです。

どうせ買い替えるのであれば、お得に自分の気に入った冷蔵庫を買いたいものです。

冷蔵庫を買い替えるタイミングというのも、個人の考え方や状況によっても変わってきますが、最低でも急に壊れることだけは避けたいですよね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
IDE です
もともと店舗で家電の販売を行っていました。
家電に関してお客様から聞かれることは多々あります。こちらが準備していない質問もあります。 その際調べて自分の知識として蓄えられるようになりました。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧