人参は冷蔵庫で保存して良いの?冷蔵庫で保存した場合の賞味期限は?

この記事を執筆するにあたって

実は、筆者は人参が苦手です。なので、人参は冷蔵庫に余りがち食材の一つです。でも子供たちにも食べてほしい食材でもあるので、冷蔵庫での保存を生かしながら毎日人参を使うようにしています。

Written By もり なつみ

目次

人参の冷蔵庫保存についてお話します。

万能野菜の人参。女性に嬉しい栄養素も多く含まれており、ご自宅に常備している方も少なくないと思います。その人参を皆さんはどのように保存していますか?冷蔵庫に保存されている方も多くいらっしゃるかと思いますが、お店に並んでいる時は常温です。果たしてそれが一番良い保管方法なのでしょうか?今回は、人参の保存方法についてお話していきたいと思います。

人参は冷蔵庫で保存していいの?

人参 冷蔵庫

人参の保存方法として、常温で保存している方と冷蔵庫の野菜室に入れている方がいらっしゃるかと思います。お店で売られている時は常温の人参を、冷蔵庫に入れて保存するのは間違いなのでしょうか?

基本的には冷蔵庫(野菜室)で保存するのが正解

人参は、暑い場所だと早く傷んでしまいます。近年夏の猛暑や、いつまでもダラダラ気温が高い日が続くため、冷蔵庫に入れて保存を基本にしていれば間違いないです。
「お店では常温」と先ほどお話しましたが、お店の中は涼しいですよね。人参が傷んでしまうような気温になる事がないので問題ないそうです。

では、常温で保存は全くの間違いなのでしょうか?以前は、常温で保存が普通でした。ご家庭の畑で取れた泥の付いた状態の人参は、常温で保存する方が良いそうです。しかし、泥のついたままの人参を手にする機会が減り、衛生上の問題でゴシゴシ洗われた人参は、水分の蒸発を防ぐことが出来ず、その水分が原因で人参が傷んでしまうわけです。

家庭菜園などで収穫した泥が付いた状態の人参や、冬の寒い時期は常温保存でも大丈夫です。

人参を冷蔵庫で保存する方法とは?

冷蔵庫 保存

人参を冷蔵庫で保存する際のポイントを確認していきましょう。ひと手間加えるだけで更に長持ちさせることも出来ます。

人参を冷蔵庫で保存する方法

人参の保存で大事なのは、乾燥・水分・体勢です。それでは一つ一つご説明させていただきます。

乾燥

人参が傷む状態の一つがシワシワに乾燥してしまう状態。人参の中の水分が蒸発してしまった状態です。先ほどもお話しした通り、スーパーで売られている人参は、衛生面の関係からゴシゴシと洗われて水分の蒸発を防ぐ皮が薄くなってしまっています。

それを防ぐためにぜひ実践していただきたいのは新聞紙です。人参を新聞紙で包みビニール袋に入れて冷蔵庫で保管するのがオススメです。

水分

次に注意したいのが水分です。先ほどは、人参から出ていってしまう水分を保つお話をしましたが、今度は出てしまった水分です。出てしまった水分はそのままにしてしまうと人参が黒ずんだり、カビが生えたり腐ってしまう原因となります。

洗った人参をしまう場合は、しっかり水分を取り除きましょう。また、人参から出てしまった水分は、新聞紙に包んでいればその新聞紙が吸い取ってくれます。

体勢

人参に限らずですが、保存する際に育っている時と同じ体勢で保管すると、長持ちします。人参は尖った方を下にして立てた体勢で育ちます。なので、オススメは野菜室に深めのカゴなどを置き、立てた体勢で保管すると良いです。

人参は冷蔵庫のどこで保存するの?

人参の保管は冷蔵庫の野菜室でします。野菜室は、普通の冷蔵室に比べて少し温度が高く設定されています。具体的には、冷蔵室は1℃~4℃野菜室は5℃~7℃となっており野菜の保管に適した温度になっているので、ほとんどの野菜は冷蔵庫の野菜室に入れるのが最適です。

切った人参を冷蔵庫で保存する方法とは?

人参

切った状態の人参を冷蔵庫で保管する時のポイントをご紹介します。

切った人参を冷蔵庫で保存する方法

切った人参は切り口からも水分が出てしまい、とても傷みやすいので長持ちはしません。保管をする時は、水分対策としてキッチンペーパーで包み、空気に触れないようラップに包むのがオススメです。たくさんの量を保管する際は、タッパにキッチンペーパーを敷き、人参を入れたら、上からもキッチンペーパーを被せて蓋をするようにします。

茹でた人参を冷凍保存すると時短にも

切った人参を茹でた状態で保存するには、冷凍室を使います。茹でた人参を冷蔵庫で保管すると日持ちしないのでオススメ出来ません。

火が通った状態なので、実際使う時には調理時間が短くなります。細かく切った人参を冷凍する場合には、冷凍室に入れてから30分置きにもみほぐしながら冷凍すると、使う時に使いたい分だけパラパラと取り出すことが出来るのでとても便利です。

人参を冷蔵庫で保存する際の賞味期限は?

人参

人参そのものの賞味期限は明確ではありませんが、冷蔵庫に入れた人参の賞味期限はどれぐらいなのか。こちらも具体的な日にちがあるわけではありませんが、目安をご紹介しますので参考にしてください。

そのままの人参

先ほどの保存方法で乾燥や水分に気を付けながら保管をすることで、最長3週間程度は保存が可能です。状態によって変わってきますので、時々新聞紙の中をチェックしてください。

切った人参

切った人参はあまり日持ちしません。2,3日のうちに使用するようにしてください。

茹でた人参

茹でた人参の保管を冷蔵庫でする際は5~7日。冷凍庫で保管する時は1か月程度保管出来ますが、途中で一度解凍してしまったなど、状況によってはもっと早く消化した方がようでしょう。

常温保管の人参

冬場に常温で保管している人参は3週間程度で痛むことが多いです。畑から収穫したままの状態であれば、もう少し日持ちすることもあります。購入した人参で、状態によってはもっと早く痛み始める場合がありますので、時々様子を見ましょう。

まとめ

今回は人参の冷蔵庫保存についてご紹介させていただきました。サラダや野菜ステックから、煮物や炒め物。栄養価も高くていろいろな料理に使えて、本当に便利な食材です。ご紹介させていただいた方法はどれも簡単なものですので、ぜひ上手に保存をして、日々の料理に生かしてくださいね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 849f3e28 b016 4fa1 9831 5af92b6ce53c
Written By
もり なつみ
主婦ならではの解釈で、わかりすくお伝えしていきます。
御覧頂き有難うございます! 量販店での販売経験を活かし、ご購入の不安を取り除けるよう わかりやすい文章を心掛けています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧