アボカドは冷蔵庫で保存していいの⁉冷蔵庫で保存する方法は?

この記事を執筆するにあたって

ダイエットで全体的にさっぱりした食生活をしていると、どうしてもコッテリした味わいが恋しくなってきます。 そんな時にアボカドを食べてます。 鶏ささみと和えたりすると、それだけで結構コクが出ます。 ディップ状にしてパンに塗ると、マーガリンやマヨネーズがなくても、何とか食べられます。

Written By 八色 さかえ

目次

アボカドを冷蔵庫で保存

アボカドはそのままでも調理しても、おいしいです。
まとめて買うと少し安くなるので、私も多めに買うことがあります。
ですが、問題は保存方法です。
特にカットしたアボカドが残ってしまうと、悩ましいものがあります。
たとえ冷蔵庫に入れても、翌日には酸化して色が黒ずんでしまいます
味もなんとなくボヤけて、正直おいしくありません。
それでも翌日中に消費できれば何とかなりますが、忘れて放置してしまうと、もうどうにもなりません。
そんなもったいない事態は、なるべく避けたいものです。
ということで、今回は冷蔵庫でアボカドを保存する方法や注意点などについて紹介します
意外な方法で、カットしたアボカドでも長持ちできます。

アボカドは冷蔵庫で保存して良いの?

アボカド 冷蔵庫

冷蔵庫で保存OK!できれば野菜室で保存しよう

アボカドは冷蔵庫で保存できます。
熟成の進行を止めることができますので、すぐに食べない時に入れておくと便利です。
ただ、アボカドに適した保存温度は、8~12℃と言われています。
ですから、野菜室があるのなら、そちらで保存した方が良いでしょう。

完熟したアボカドの保存方法

完熟したアボカドは、果肉が柔らかいので、衝撃で傷みやすくなります
できれば、新聞紙で包んだり、プチプチのような緩衝材を敷いたりして、保護した方が良いです。
冷蔵庫で1週間程度は保存できますが、なるべく早く食べた方が良いでしょう。
ちなみに、完熟しているかどうかの判断は、色と固さでします。
色が全体的に真っ黒で、軽く握ってみて弾力があれば、完熟しています。
または、ヘタでも完熟の度合いをチェックすることができます。
完熟すると、力を入れなくてもヘタがポロっと簡単に取れます。
ヘタが付いていたところは窪んでおり、そこから果肉の色が見えます。
この色が明るい緑色をしていれば、完熟しています。
万一、切ってみてまだ完熟してなかったら、電子レンジで加熱すると、やわらかくなります

低温障害に注意

4.5℃以下の環境では、低温障害が起きてしまいます。
果肉に黒つぶつぶが入り、苦みが出てしまい、おいしさが損なわれます
さらに、未熟で追熟が必要な場合に、いくら放置しても完熟しなくなってしまう恐れがあります
後で追熟する予定がある未熟なアボカドを冷蔵庫に入れる際には、設定温度が低すぎないか確認しましょう。

未熟なアボカドを追熟するには

未熟なアボカドを追熟するには、常温で完熟するまで放置します。
早く追熟したい場合は、りんごやバナナと一緒に紙袋に入れて置くと良いでしょう。
りんごやバナナが発するエチレンガスの効果で、追熟が早くなります。
追熟する温度は、15~20℃程度が理想的です。
冬場は室温が低く追熟しにくいので、暖房のそばなど温かいところに置きましょう。
ちなみに私は、液晶テレビのスタンドの土台に置いて追熟しています。
テレビから出る熱で、意外に熟します。
寒すぎても追熟しませんが、逆に暑すぎても上手くいきません。
27℃以上になると、傷みやすくなります。
夏場は注意が必要です。

スーパーでのアボカドの選び方

冷蔵庫で保存する以前に、そもそもアボカドの状態が良好なことが大切です
買った時点で状態が悪くては、いくら手間をかけて管理しても持ちません。
すぐに食べたい時は、完熟しているアボカドを買いたいところです。
ただ、私個人としては、あまりおすすめしません。
過熟で傷んでいる確率が結構高いのです。
切ってみたら、果肉が傷んで真っ黒...なんて残念な結果はもったいなさすぎます。
できれば、まだ固い未熟なものを買い、家で追熟させた方が確実です
ただその一方で、しっかり管理が行き届いていて、完熟でも全く問題ないこともあります。
何度か買ってみて、一度も傷んでいるアボカドがなかったということであれば、完熟を買っても良いと思います。
それから、スーパーの売り場で冷蔵ショーケースに入っているアボカドを買う時は、少し注意が必要です。
ごく稀にですが、ケースの温度管理が適当なことがあります
ケースの温度設定が5℃以下ではないか、または冷気が当たりすぎていないか、チェックしましょう。
そういうアボカドは、低温障害になっている可能性が高いので、避けた方が良いでしょう。
判断に迷うのなら、常温で売られているものを選ぶのがベストです。

アボカドを冷蔵庫で保存する場合の注意点は?

アボカド 冷蔵庫

アボカドを冷蔵庫で保存する場合の注意点①

アボカドは、冷蔵庫よりも野菜室で保存するのがおすすめです
アボカドは冷たい冷蔵庫に入れることで、追熟が止まります。
ですので、完熟して食べごろになったアボカドや、後で追熟させたい未熟なアボカドを保存する時に入れておくと便利です。
ただし、アボカドは4.5℃以下では低温障害になることがあります
低温障害になると、味が悪くなったり、追熟させても完熟しなくなってしまったりします。
そうすると、たとえば追熟が足りなくて、もう少し追熟させようと室温に置いてもできなくなる恐れがあります。

アボカドを冷蔵庫で保存する場合の注意点②

カットしたアボカドを冷蔵庫で保存する場合は、酸化して黒ずんでしまわないようにする必要があります
レモン汁をかけるなどすれば、ある程度は酸化を防げますが、それでも持つのは最大で1週間程度です。
時間が経過するほど香りや味が落ちてきますので、なるべく早く食べた方が良いでしょう
もっと長く保存したいのなら、冷蔵よりも冷凍がおすすめです。
適当なサイズにカットしたアボカドを、チャック付きのフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて冷凍します。
これで最大2週間ぐらいは持ちます
食べる時は、自然解凍でも加熱しても構いません。
なお、アボカドの保存方法については、次項で詳しく紹介します。

アボカドを冷蔵庫で保存する方法

アボカド 冷蔵庫

丸ごと1個

方法①

アボカドをポリ袋に入れて、野菜室に入れます
新聞紙に包むと、保存力がよりアップします。
これで、1週間程度は持ちます。
アボカドは形が丸いので、特に引き出し型の冷蔵庫だと、開けた時の勢いで転がってしまうことがあります。
すると、転がって庫内にぶつかった衝撃で、果肉が傷んでしまうこともあり得ます。
これを防ぐ意味でも、ポリ袋に入れておいた方が良いでしょう。
この他、プチプチのような緩衝材を敷いて、その上にアボカドを置くのもおすすめです。

半分にカットした場合

方法①

レモン汁をかけて、ラップします。
カットしたアボカドの酸化防止策として、最も良く知られている方法です。
1日ぐらいなら、これで十分持ちます。
レモンがなければ、酢でも構いません。
米酢だと匂いが気になるという人は、リンゴ酢を使っても良いでしょう。

方法②

種を残して、皮をかぶせます。

具体的な方法としては、以下のとおりです。
まず、アボカドを半分に切ります。
このうち、種が付いていない方の果肉を使い、皮だけを残します
残り半分の種が付いている方に、残した皮をかぶせます。
これだけです。
ウソみたいに簡単ですが、これで最低でも3日は持ちます。
ちなみに、カットした果肉の中に種を入れておいても、持ちが良くなります

方法③

スライスした玉ねぎを敷き詰めた保存容器に入れます。

スライスした玉ねぎを、密閉保存容器に敷き詰めます。
その上に半分に切ったアボカドの皮を下にして置き、フタをします。
種付きの方が持ちが良くなりますので、なるべく種付きの方を残しましょう。
この方法だと、最大1週間持ちます
玉ねぎの匂いが、アボカドに移ることもありません。

アボカドは冷蔵庫で保存すると賞味期限が伸びるの?

アボカド 冷蔵庫

冷蔵庫の温度でアボカドの熟成を止めることができますので、賞味期限を伸ばせます
完熟してもすぐに食べられない時に、便利です。
前項でも紹介したように、丸ごと1個なら、1週間程度は保存できます
カットしたアボカドの場合も同様に、保存方法の工夫次第で最大1週間持たせることが可能です
いずれも、最低でも2~3日は保存できます
ただし、これも繰り返しになりますが、冷蔵庫では温度が低すぎて低温障害になってしまい、味が落ちる恐れがあります。
できれば、野菜室に入れた方が良いでしょう
もっと長期間保存したいなら、皮をむいてカットして冷凍すると、2週間程度は持ちます
さらに、冷凍食品のカットアボカドなら、開封しなければ1年は保存できます
いずれも、自然解凍でも加熱でも使えます。
食べる方法に合わせて使えるので、便利です。

アボカドを冷蔵庫で保存すると風味が落ちる?

アボカド 冷蔵庫

丸ごと1個を保存する場合は、それほど問題はありません。
完熟しているのを1週間以上も放置するなど、無理なことをしない限りは大丈夫です。
しかし、繰り返しで恐縮ですが、冷蔵庫の設定温度が4.5℃以下だと、アボカドが低温障害になってしまう恐れがありますので、注意が必要です。
風味も味も悪くなりますし、追熟できなくなることもあります。
特に未熟なアボカドを後で追熟するつもりなら、冷蔵庫に入れる場合は注意しましょう。
カットしたアボカドについては、時間が経過するほど風味が落ちます。
香りが弱くなりますし、味もぼやけてきます。
また、水分が飛びますので、みずみずしさが失われます。
様々な保存方法を駆使しても、時間が経過すれば酸化して黒ずんでくるのは避けられません
できるだけ早く食べた方が良いでしょう。

まとめ

アボカドの保存方法は、それほど難しくありません。
保存に伴うコストも、ほとんどかかりません。
1人暮らしで、一度に1個消費するのが難しい場合も、今回紹介した保存方法なら1週間は持ちます。
アボカドはビタミンEやカリウムなど、栄養がとても豊富です。
ギネスブックには、なんと「世界一栄養価が高い果実」として登録されています。
適度に食べれば、身体にプラスになります。
調理方法も和洋中どれでも使えますし、メインにもサブにもなれます。
安い時に買っておくと、何かと便利です。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 702855db bfdd 457f 95ec 31eabf8435fd
Written By
八色 さかえ
選んでいる時が一番楽しいかも。
家電選びの一助になればうれしいです。 よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧