冷蔵庫で桃を保存する方法とは?桃の冷蔵庫保存について解説!

この記事を執筆するにあたって

桃をはじめとした果物を冷蔵庫で保存すると、一見長持ちしそうですが実はそうではありません。一般的な冷蔵庫の冷蔵室の温度は果物にとっては低すぎるため、冷蔵庫で保存してしまうと、冷蔵障害を起こして果実が悪くなってしまいます。しかしながら、ある一定のポイントを抑えておけば、冷蔵庫をつかった方法でも保存ができるので、ひんやりとおいしい状態での桃を楽しむことが可能です。また、桃は自分自身のちからで、摘み取られた後も熟していくことができます。常温で保存することで食べごろまで熟させることも可能なので、やわらかめの桃が好きな人は冷蔵庫をあえて使わないなどの調整をすることもできます。冷蔵庫を上手に使って、おいしい桃を堪能しましょう。

Written By アテ ワン

目次

桃を冷蔵庫で保存したい!

桃は甘酸っぱくておいしいフルーツのひとつです。しかしながら、冷蔵庫に入れておくとすぐに悪くなって甘みもなくなっていくという欠点があります。そういった失敗の経験はないでしょうか。じつはそれは桃ではなくて、あなたの保存の仕方が悪かったのかもしれません。これらの欠点を抑えるには実はいくつかのポイントがあります。今回はそんな桃の冷蔵庫での保存について解説していこうと思いますので、ぜひポイントを抑えて、おいしく桃をご家庭で楽しんでください。

桃 冷蔵庫

冷蔵庫で桃を保存する事は可能?

冷蔵庫で桃を保存することは可能なのでしょうか?基本的には、あまり冷蔵庫での保存は好ましくないとされています。その理由としては以下のようなことが考えられます。

  • 果実が変色してします
  • 甘みがなくなってしまう
  • 果実が乾いてしまう

これらの要因は、それぞれ冷やしてしまうことで果実に起こる成分の変化が要因ともされています。実際に桃の最適な保存環境は常温といわれていますので、冷蔵保存は可能だが、好ましくないというのが正解かも知れません。

冷蔵庫で桃を保存する方法は?

桃 冷蔵庫

果物は基本的に、木から摘み取った後もある程度生きていて、成熟するために生理現象を繰り返しています。しかし、果物を冷やしすぎてしまうことで褐変と呼ばれる、現象(いわゆる痛んで黒くなってしまう現象)が起きたり、果実の質も悪くなってしまうということがわかっています。これは若い果実ほどおきやすいそうで冷蔵障害ともいわれています。ですので本来ならば冷蔵庫で保存するのはよろしくありません。これらを回避するための方法を紹介しましょう。

冷蔵庫で桃を保存する方法①新聞紙やビニール袋、ラップで包む

桃を冷蔵庫で桃を保存する場合、果実を過度に冷やして冷蔵障害を起こさないために、ある程度のコーティングが有効です。新聞紙やビニール袋、ラップで包むようにしましょう。こうすることで、桃同士のエチレンガスでの成熟(これを追熟という)を防ぐこともできます。また、冷蔵しているので桃の果実自体の活動が抑えられており、より追熟を抑える効果にもつながるので、冷蔵状況下で保存する場合はしっかりとコーティングするとよいでしょう。きっとおいしく桃を保存できるでしょう。
参考:モモの低温貯蔵障害に及ぼす温度と貯蔵前追熟処理の影響

冷蔵庫で桃を保存する方法②食べる直前に冷蔵する

冷蔵庫で貯蔵する最大のメリットはやはりなんといってもそのひんやりとした食感を味わえることにほかなりません。しかし、冷蔵することで果物の寿命が縮んでしまってはもともこうもありません。そこでおすすめの方法が、食べる直前に冷蔵庫に入れる方法です。桃の基本的な貯蔵方法は以下のような常温での保存です。

  • 場所:風通しのよい日陰や冷暗所など
  • 気温:涼しくて、比較的乾燥しているところ

これらの条件を満たした状態で常温保存し、そして食べる約2時間まえから冷蔵庫で保存することで、甘くおいしい桃を長期間保存することが出来、かつひんやりとした食感も楽しむことができます。

冷蔵庫で桃を保存する方法③野菜室で保存する

果物や、野菜全般的にいえるのは、冷やしすぎることでせっかくの鮮度を保つことが出来ないことです。一般的な冷蔵庫は基本的に3℃で保たれています。また、チルド室や冷凍庫は当然マイナス6℃から12℃の範囲で冷やされています。
※冷凍室は冷凍保存という選択肢の場合に使えます。
もし、冷蔵保存をしようと思っているとするならば、これらの環境は苛酷すぎるでしょう。そこで一番適しているのは野菜室です。野菜室は一般的に6℃程度に保たれており、野菜や果物を保存するには比較的温度も湿度もやさしい設定になっているのです。もし、桃を冷蔵庫で保存するなら野菜室で保存するよういしましょう。

冷蔵庫で桃を保存する場合の注意点

冷蔵庫で桃を保存する場合の注意点①冷気や風に当てすぎない

桃 冷蔵庫

桃は、冷気に弱いと書きました。また、適度な風のある場所がよいとも書きましたが、その一方で桃は強すぎる冷気や風にとても弱いというデリケートな面もあります。特に、夏場など、扇風機やエアコンのよく効いた場所で、強い冷気や風に当ててしまうと桃の水分が奪われて乾燥してしまう可能性があります。こうすることでせっかくの桃のおいしい魅力でもあるみずみずしさが無くなってしまうという問題があるので、出来る限りは、桃は常温の自然に保管できる場所においておくようにしましょう。

冷蔵庫で桃を保存する場合の注意点②皮は剥かない

どんな食材もそうですが、皮は剥いてしまうと、そこから劣化は始まっていきます。ですので、出来ることならば皮は剥かないで、剥いてしまったら食べてしまうのがベターです。しかし、裏技的な方法で、仮に皮を剥いてしまった場合の冷蔵庫の保存方法の打開策があります。

  • レモン汁を適度に加える
  • ジップロックなどの密閉したビニール袋に入れる
  • 冷蔵庫で保存する

こうすることで、そのまま保存するよりも褐変するのを抑えることが出来ます。しかし、どちらにしろ、そのまま冷蔵庫で保存するよりはやはり劣化が早いのでなるべく翌日までに食べてしまうほうがよいでしょう。

冷蔵庫で桃を保存する際の賞味期限は?

桃を冷蔵庫で保存した場合にはどれくらいの期間保存することが出来るのでしょうか。先ほど書いたようにきちんとラップで包むか、少し空気を含ませたビニール袋に入れて保存した場合、うまくいけばだいたい1週間は保存可能だそうです。しかし、これは保存が可能というだけで、食味は少しずつ落ちていくようです。

固い桃を冷蔵庫で保存する方法は?

桃は硬いほうがおいしい品種や、やわらかいほうがおいしい品種があるそうで、硬いまま食べる人や、やわらかい桃のほうが好きな人がいるそうですが、硬い桃をやわらかい桃に熟させて食べるという方法もあるようです。もし、桃を触ってみたときに、すこし硬いなと思ったら、2から3日間おいておくと、桃自らの力で少しずつ熟していきます。これをまってから2から3時間冷蔵庫で冷やして食べるということです。見極めのポイントは触った感じでよいそうですが、あまり強く押すと、当然桃は悪くなってしまうので注意しましょう。さらに桃の皮の見た目が少し透き通った感じになってくるので、その様子を見てもよいでしょう。

よく熟した桃を簡単に食べる方法

桃を食べるときは皮を剥こうとして手がベタベタになってしまうという人も多いことでしょう。しかし、ポイントを抑えれば、簡単に手を汚さず、桃を楽しむことも出来ます。どうすればよいかというと、まずよく熟した桃を冷蔵庫にいれます。こうすることでやわらかい桃がすこし引き締まり、食べやすくなるのだとか。そして皮を剥く時は、おしりのほうからへたの方向に向かって剥いていくと手でも簡単に剥くことができます。また、ナイフで皮を剥くときも同様に出来ます。もし、桃の皮が剥きにくい時はぜひ試してみてください。

まとめ

今回は桃のおいしい食べ方や、冷蔵庫での保存の仕方を解説してきました。最後に、そのポイントをおさえていこうとおもいます。桃の冷蔵庫で保存する方法のポイントはいかのようになります。

  • 桃は冷蔵庫での保存に向いてない
  • 桃を冷蔵庫で冷蔵するときは冷蔵障害を避けるために新聞紙などでくるむ
  • 桃を冷蔵庫で保存する場合は野菜室を使う
  • 桃は基本的に常温で保存して食べる直前に冷蔵するとよい
  • 桃は皮を剥くと劣化が早いので注意する
  • 桃は常温で保存するときも風や冷房に注意する

これらの方法で桃を保存すればきっとおいしく桃を冷蔵庫で保存できるでしょう。ぜひ試してみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧