ドラム式洗濯機のサイズは縦型とどう違う?大きめ/小さいコンパクトサイズも5つずつ紹介!

目次

ドラム式の洗濯機のサイズについて

今回の記事では、ドラム式洗濯機のサイズ全般に関しての記述がしてあります。

大きさや小さい物のコンパクトさの面で、縦型の物との違いを比較しながらの内容になっています。
このため、ドラム式のタイプのものの規模や大体の重量感などを掴む事が出来ますので、初心者の方などは必読の記事内容です。

もちろん、今までドラム式の物以外の洗濯機を使用してきた方にとっても、大いに参考になる内容ですので、大変お勧めな、話題性あふれる内容になっています。

ドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機のサイズはどのように違うの?

違い①:重量面での違い

大抵の通常の大きさであるドラム式洗濯機の場合、約75㎏から90㎏台くらいの重さがあります。
このため、大き目の縦型洗濯機の60㎏台のものよりも、その重量が如何に重いかが分かります。

これ自体は、ドラム式の物そのものの構造や仕様に理由がありますので、違い③のところで詳しく今から見ていくようにします。

違い②:大きさの違い

通常の大きさのドラム式洗濯機は、はるかに縦型洗濯機をはじめ、他の型式の仕様のものよりも大き目な傾向があります。

もちろんその分、違い①でも話したように重量も他の型式の洗濯機類よりも重い傾向があります。やはり、これにはドラム式ならではの、特殊な基本仕様に原点があります。

それではどのようなドラム式の物が持つその原点があるのか、次の違い③で明らかになります。

違い③:用いる水量の違い

基本的にドラム式洗濯機の場合、なるだけ少なめな水量の水のみで、洗濯から乾燥までの一連の洗濯作業全体を完了させるような仕様になっています。

そうした事情から、洗濯機本体が縦型や二槽式その他のドラム式の物以外の型式とは違う、洗濯槽をはじめとする固有の特殊性が要求されるといった実態があります。
そのため、このような大型の機器本体という特徴があります。

縦型や二槽式などのように、洗濯物の衣類同士をこすり合わせながらの人の手に近い洗い仕様ではなく、槽内の遠心力で汚れを落とす仕様になっています。
それ故に、違い①及び②のような重量・大型の造りになる傾向があります。

サイズが大きいドラム式洗濯機はどんな人におすすめ?

ドラム式洗濯機

サイズが大きめなドラム式洗濯機は、日立製のBD-NV110Aシリーズ若しくはBD-V9700シリーズ、BD-V5800シリーズの3系統に属する各機種が挙げられます。

これらは幅(横)735㎜、高さ1060㎜、奥行き(縦)660㎜、といった各辺の長さもあるだけに槽内の広さも広めです。
このため、大家族の世帯の方や衣類を仕事上頻繁に扱う方、汚れ作業などが毎日多い方などには、大変お勧めな仕様である洗濯機類です。

ドラム式ですので、洗濯・脱水時は10、11㎏、乾燥時は6、7㎏、という洗濯物の各重量面でのかなりな余裕があります。そうした面を考えても、先程挙げた各々の方々には最適な洗濯機と言えます。

ドラム式洗濯機

大きめサイズのおすすめドラム式洗濯機

① ドラム式洗濯機名:日立BD-NX120AR(2016年11月発売)

いわゆる『シャンパン』などと呼ばれているドラム式の類の製品になりますが、重量82㎏、幅735㎜、奥行き620㎜、高さ1060㎜という、中々な大き目な日立製のモデルの1つです。

値段も約25万円台前後といった価格相場であり、決して安い物とは言えませんが、洗濯物類が日常的に多いご家庭内などでは、間違いなく大いに活躍をしてくれる機種です。

また、汚れ作業などが日常的にも多いお仕事をされている方にも、一気に洗濯から乾燥まで短時間で完了をさせる事が可能な点から、大変お勧めな製品と言えます。

大きさが大型な分、消費電力量などもそれなりにあります。
それでもこの機種ならではの、ナイアガラ洗浄システムというものがあり、効果的な洗浄作業が可能になっていますので、効率よい洗濯作業を完了出来ます。

画像をクリックするとAmazonに移動します

② ドラム式洗濯機名:日立BD-NX120AL(2016年11月発売)

これも先程話したBD-NX120ARと同じ系統のモデルの1つであり、大きさや重量なども全く同じものですが、弱干、機能設定のされ方の違いがあります。
また、値段も約20万円前後といった安さも、BD-NX120ARとの違いと言えます。

洗濯と乾燥の作業を終えた際に、なんと、アイロンがけが不要な、洗濯槽内で行う『風アイロン』といった機能が備えられていて、それを終えた後にそのまま着用が出来るという、大変画期的なシステムがあります。
これなどは先程話したBD-NX120ARには無い、この機種独自のシステムと言えます。

また、温水ミスと機能で衣類の生地に染み付いた黄ばみを落とす効果がある『温水ナイアガラ洗浄』といった独自のシステムがもう1つあり、これも中々多くの購入者の方からの好評があります。

洗濯6㎏、乾燥3.6㎏といった各容量は他の同系統の機種とは変わりませんが、今話した各種の独自の諸機能のあり方が、このBD-NX120ALの特徴です。

③ ドラム式洗濯機名:日立SV-110AR(2016年9月発売)

これも日立製の大型のドラム式洗濯乾燥機の1つにあたります。重量81㎏、幅630㎜、奥行き715㎜、高さ1050㎜といったサイズになります。

そして何と言っても、この機種の大きな特徴は、洗濯槽内の大容積からなるビッグドラムで洗濯や脱水後に、洗濯物である衣類を舞い上げながら乾燥作業を完了させていく点です。

こうした槽内での衣類の乾燥作業を完了させていくといったシステムの仕様設定になっていますので、一度に多量の洗濯物類の洗濯作業が完了出来る点が、とてもありがたいと言えます。

洗濯11㎏、乾燥6㎏という具合に、中々な洗濯全般においての容量の大きさに設定がなされていますので、そうした面でも大家族の世帯の方には大いにお勧めな機種です。

購入価格自体も、約17万円台前後といった値段の相場ですので、大変お買い得な製品と言えます。

④ ドラム式洗濯機名:東芝TW-117X5R(2016年10月発売)

重量89㎏、幅645㎜、奥行き750㎜、高さ1060㎜という中々の大サイズであり、容量が洗濯11㎏、乾燥7㎏という大きさでの洗濯完了時までの余裕がある東芝製の機種になります。

値段も約16万円台前後といった価格相場であり、大型のドラム式洗濯乾燥機の中でも、今話した大きさや容量であるのにも関わらず、その安さにはとても驚きです。

そして何と言っても、この機種の一番の特徴としては、あくまでこれはオプションになりますが、スマート家電対応が可能な仕様になっているところです。
つまり、離れた場所に持ち主が居ながら、その場所からモバイル端末で遠隔操作を行えるシステムを設定する事が可能である点です。

そうした実に画期的な、モバイル端末との遠隔データ連携が可能であるといった点から、将来的にも汎用性が高い日立の製品でもあります。

それにも関わらず、16万円台程度で購入出来るといった点は、やはり、見逃せないこの製品ならではの特徴です。

画像をクリックするとAmazonに移動します

⑤ ドラム式洗濯機名:シャープZP1-NR(2016年8月発売)

重量78㎏、幅640㎜、奥行き730㎜、高さ1114㎜という大サイズな上に、洗濯10㎏、乾燥6㎏という洗濯作業全体面での容量の大きさが中々ある、シャープ製の大型製品の1つになります。

右開きでゴールドの色彩デザインという、大変珍しいドラム式洗濯乾燥機の機種ですが、そうした見た目の華やかさは決して伊達ではありません。

頭頂部前方に備えられている操作パネルの設置具合は、中々見やすい仕様になっている上に、縦長の造りなので、洗濯物の出し入れの際には正しい姿勢で作業がし易い点でも、とてもありがたい設計です。

購入価格も約16万円台前後の値段の相場ですので、大型タイプの割には購入もしやすくて、経済的コスト面でも大変助かるドラム式の製品と言えます。

画像をクリックするとAmazonに移動します

サイズが小さいコンパクトなドラム式洗濯機はどんな人におすすめ?

一人暮らしなどで日頃、それ程洗濯物などがそれ程出ない方、現在の洗濯機では一緒に洗う事が出来ない洗濯物がある方、あるいはそれだけでは足りないお宅の方などには、大変お勧めです。

ただ、メインとしてこの洗濯機を使用していきたいという方の場合、今話した一人暮らしで室内に洗濯物を干す余裕が住んでいるスペース内にある方が、やはりのぞましい感じがします。

それでも縦型洗濯機その他の、ドラム式以外の型式や機種の物よりもかなりのパワーがありますので、中々普段の日常で活躍をしてくれる事には間違いがありません。
そして大きさが通常のドラム式の物よりも小さい分、使用水量や消費電力も少なめな点も、中々好評があります。

コンパクトな大きさですので、購入後はまさに、一人暮らしをされている方にはぴったりな、洗濯作業面でのサポートをしてくれる心強い存在となります。

それでは次の段落で、5種類からなるメーカー各社が開発・販売をされている製品を挙げてみます。

おすすめのドラム式洗濯機

コンパクトサイズの小さいおすすめドラム式洗濯機

ここで紹介するコンパクトサイズのお勧めなドラム式洗濯機は、2016年以降に発売されたものだけを挙げています。

① ドラム式洗濯機名:大宇電子ジャパンDW-D30A-W(2017年5月発売)

値段も約5万3千円台程度という安さであり、大きさも幅500㎜、奥行き460㎜、高さ630㎜というコンパクトさがある、大宇電子が開発・生産している機種になります。

重量もわずか、3.0㎏という軽さでありながら、洗濯・脱水共に3.0㎏といった容量ですので、中々な洗濯作業面でのパワーがある仕様になっています。
年若い一人暮らしをされている方などには大変経済的であり、お勧めの製品です。

まだ今年の5月に発売されたばかりといった事情もあり、安いドラム式洗濯機の1つとしても、中々目が離せない物と言えます。


画像をクリックするとAmazonに移動します

② ドラム式洗濯機名:パナソニックNA-VG1200L-S(2017年11月発売)

重量74㎏、幅600㎜、奥行き665㎜、高さ998㎜という、やや、中型タイプとも言える、パナソニックが開発・生産をしている製品になります。

ドラム式洗濯機ならではの重量といった現状はありますが、それでも乾燥機能が付いている点でコンパクトな大きさというところは、中々要注目です。

容量も洗濯10㎏、乾燥3㎏という、大変充実をした仕様になっていますので、一人暮らしで部屋内などに洗濯物を中々干せないなどといった方にはお勧めの製品です。

値段も約27万円台から30万円台前後といった価格相場で、決して安い物とは言えません。
それでも最新式のシステムからなる仕様のものですので、購入後は大いに活躍してくれる存在になります。

画像をクリックするとAmazonに移動します

③ ドラム式洗濯機名:パナソニックNA-VG720R-N(2017年11月発売)

こちらも重量70㎏で、幅599㎜、奥行き600㎜、高さ998㎜、という、先程挙げたNA-VG1200L-Sと同じ、小型と中型の中間仕様の製品と言えます。

購入価格の相場も約14万円台前後といった値段になりますが、それでもまだ今年の今月に発売されたばかりという事情もあり、その能力は未知数です。

一番最新式のパナソニック製の商品という事情もあり、最新式である機械技術も採用されている製品なのは確実です。
そして洗濯7.5㎏・乾燥3.5㎏という容量のコンパクト性とは言え、これから多くの一人暮らしの方のために、活躍をしてくれる事には間違いがありません。

画像をクリックするとAmazonに移動します

④ ドラム式洗濯機名:シャープES-S7B-WR(2017年2月発売)

重量76㎏、幅640㎜、奥行き600㎜、高さ1039㎜、という、やや縦長で少しだけ中型タイプのものに近いコンパクトなシャープ製のドラム式洗濯乾燥機の類の1つです。

容量も洗濯7.0㎏、乾燥3.5㎏という設定がされていますが、それでもコンパクトな大きさでありながら、プラズマクラスター消臭システムが付いている仕様になっているところが、中々注目出来ます。

その上、消費電力も洗濯から乾燥まで全て、1600Whという範囲内ですので、通常のドラム式の物よりも大変経済的です。

値段も約13万円台前後といった税込みでの価格相場ですので、それ程高値では無い点が、経済的にもやはりメリットがあります。

画像をクリックするとAmazonに移動します

⑤ ドラム式洗濯機名:シャープES-S7B-WL(2017年2月発売)

こちらのモデルも、先程話したES-S7B-WRと同じ、シャープ製のES-S7Bシリーズの製品の1つになります。

重量やサイズは、ES-S7B-WRと全く同じ設定になっていますが、実はこれには無いこの機種固有の、水冷除湿システムからなるヒーターセンサー乾燥機能が付いています。

価格相場も約14万円台前後といった値段で、ES-S7B-WRよりも弱干、高値になりますが、それでもこれに引けを取らない性能の良さがありますので、十分に購入しておく価値はあります。

一人暮らしをしていて、中々湿度状態が高目な物件の環境下に入居をされている方には、この水冷除湿システム付きのES-S7B-WLの機種がお勧めです。

画像をクリックするとAmazonに移動します

まとめ

以上で、縦型洗濯機との比較から最初に入りつつ、ドラム式洗濯機の大き目な物とコンパクトな物との特徴やお勧めの製品類について、幾らか触れてきた内容になります。

ここではドラム式洗濯機の全てに関しての事を、隈なく記述をしていくにはやはり、字数や時間に限りがあります。
このため、どのような方でも無理なく、ドラム式洗濯機全般に関しての現状の理解が可能な内容の記述が、今回の記事ではしてあります。

この記事を読まれる方も、個々人毎による様々な違いもありますが、読まれた上で内容をしっかりと理解をしておくと、大変役に立つ内容ばかりが記述がしてあります。
そうした点からも、今回の記事はとても貴重な存在です。

ドラム式の洗濯機類に興味がある、購入したい、もう少し勉強してみたい、などといった方には、大変お勧めな今回の記事と言えます。

#ドラム式洗濯機

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small abf2d355 52c0 42ac a71e 233344473e4e
Written By
荒武 裕三
はじめまして!IT関連のライティングとプログラミング(こちらは停止中)の請負業をやっている、シンラ産業の荒武といいます。よろしくお願いいたします!

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事