食材がカピカピ!冷蔵庫の中は乾燥しているの?

目次

冷蔵庫の乾燥

手動で霜取りをする必要がある冷蔵庫を使用している人だったら霜取りが必要な頃に「冷蔵庫の水分がここにまとまるのか…そりゃ乾燥するわな」とその原理はともかく視覚的にはわりと納得できるのでしょうが、一般的な冷蔵庫では経験的に庫内が乾燥することは分かっていても、その水分がどこへ行ったのか、何故乾燥するのかまでは意識をしないと思います。
 

本記事では冷蔵庫の中が乾燥する理由と、乾燥を抑えて食材を保存する方法を実例を交えながら紹介したいと思います。

冷蔵庫 乾燥

冷蔵庫の中は乾燥しているの?

食べ残しのおかずやご飯にラップなどを掛けずに冷蔵庫にしまった経験がある人なら、改めて説明するまでもないでしょう。半日程度なら水分の多いご飯や煮物程度でしたら外側が少し固くなる程度ですが、2~3日放置するとカピカピになってしまいます。特に野菜やお刺身、チーズなど食感が水分の大半を占めるものは特に顕著で、乾燥により固くなってしまうのはもちろん、香りがとんでしまうこともあるのでおいしさも損なってしまいます。
 

ですので水気が多い食べ物は、乾燥を防ぐためにラップを掛けたりジップ付きの密閉袋やプラスチック製の箱型密閉容器(通称タッパー)などにしまって保存し、使い切れなかった野菜などは冷蔵庫の中でも乾燥しにくい野菜室にしまうのが一般的です。

冷蔵庫の中が乾燥している理由

冷蔵庫の中が乾燥している理由① 飽和水蒸気量の低下

一番大きな理由は『空気の性質』によるものです。中学生の理科(科学)の時間に『飽和水蒸気量』という言葉を習っていたのを覚えていますか?空気はその温度が高ければ高いほど、同じ体積の中により多くの水蒸気(水が気体に変化した物)を保持することができ、その最大量のことを飽和水蒸気量といいます。
 

温度が20℃なら1㎥(1立方メートル)あたりに最大17.2g(グラム)の水蒸気を保持できますが、温度が40℃まで上昇すれば飽和水蒸気量は51.1gになり、逆に温度が下がると減少し一般的な冷蔵庫内温度である0~5度だと4.85~6.79gぐらいしか空気中の水分は溶け込めなくなってしまいます。
 

つまり空気の温度によって保持できる水分量が異なるので、冷たい冷蔵庫の中の空気は室温などに比べて水蒸気の絶対量が少なく乾いた状態になっている訳です。夏よりも冬の方が乾燥するのは空気が冷たくなって飽和水蒸気量が下がるためで、冷蔵庫の中でもこれと同じことが起こっているのが理由の一つです。
 
 

冷蔵庫の中が乾燥している理由② 冷却器付近で更に温度が下がって氷になっているから

お風呂のお湯が熱すぎた場合は冷水(10~20℃)で薄め、ぬるくなった場合には熱めのお湯(40~50℃)を足しますよね?適温が38℃だとしても38℃にするにはそれよりはるかに低い温度の水か高い温度の水を足した方が効率が良い訳です。
 

エアコンや冷蔵庫も同様で設定された温度を維持するには、設定された温度より低い温度の冷風が作れないと庫内の温度を維持できません。冷蔵室の適温は2~5℃程度なので実際に庫内の空気を冷やす冷却器付近では0℃を下回る温度となっており飽和水蒸気量が低下して結露が発生、そのまま氷になってしまい冷却器や冷風口の周りに付着します。これがいわゆる『冷蔵庫にできる霜』の正体です。意図的に霜を溶かさないと霜は大きくなり0℃(凝固点)に達する面積が霜の肥大で増えるため、庫内の乾燥もそれに合わせるように進んでしまう訳です。
 

冒頭で自動霜取り機能のない冷蔵庫なら一目で分かるといったのはこのことで、大量の水分が霜となって冷却器や冷却口付近に固まるので乾燥に伴って減った水分が目に見えるので実感しやすかったという訳です。ちなみに自動霜取り機能のある一般的な冷蔵庫は定期的にこの霜を溶かして水に戻し、冷蔵庫背面の排熱口の上部や最下段にある蒸発皿(水受け皿)まで移動させ排熱を利用し少しずつ蒸発させることで水を捨てる仕組みになっているので、同じ仕組みで冷却しているエアコンのように目に見える形では排水していません。
 

冷蔵庫 乾燥
 

冷蔵庫が乾燥しているから食材がカピカピになるの?

もちろんそれも一因ですが、乾いた冷風が食材に当たることで乾燥を促進させたり、陶器の食器ごと冷蔵庫にしまった場合食材の温度より陶器の食器の方が冷えやすいため温度差で結露が食器に発生し、食材や食材周りの空気の水分が減ることでも食材がカピカピになってしまいます。
 

ラップを掛けたりプラスチック製など熱伝導率の低い密閉容器にしまうことでそれらを低減することができます。それでも乾燥する場合は、器や食器をビニール袋で覆うことによって冷風が容器に直接あたらなくなり結露を抑えられるので幾分かはマシになるでしょう。
  

冷蔵庫の乾燥を防ぐ方法とは?

冷蔵庫の乾燥を防ぐ方法① 野菜室にしまう

葉物野菜などは総じて乾燥に弱いため、冷蔵室にそのまましまうとあっという間に水分が失われしなびてしまいます。現在の冷蔵庫で3ドア以上の物は大抵『野菜室』を備えており、野菜室は冷蔵室に比べて温度が高く乾燥に弱い野菜類を保存できるように特化されています。その名の通り一般的には野菜をしまうためのスペースですが、野菜以外でも乾燥に弱く冷蔵室ほどの低温を必要としない物を保存するのに向いています。
 

また乾燥に弱いキャベツなどは野菜室にしまう際に、新聞紙にくるみ更にビニール袋に入れることで乾燥を防げるのでより長く保存することができるでしょう。逆にキュウリは水分が多く、乾燥しやすい冷蔵室だと萎びるのが早く、水分が多すぎるとそこから腐り始めてしまうやっかいな食材です。キャベツのように新聞紙の上にビニール袋で覆うと水分過多で腐ってしまうことがあるため、表面の水分を拭き取った後で立てて保存することが推奨されています。
 

とはいえキュウリ自体があまり長期保存できる食材ではないので早めに食べるに越したことはありません。長期間保存したい場合は塩分強めで漬物などにしてしまいましょう。健康志向で減塩するとあっというまに酸っぱくなりますので、塩を少なくしたい場合は酢や鷹の爪を使ってピクルスなどの酢漬けにするのが良いでしょう。

冷蔵庫 乾燥
 

冷蔵庫の乾燥を防ぐ方法② ラップを掛けたりプラスチック製の密閉容器にいれる

乾燥から食材を守るには水分が逃げ切れない状態を作れば良い訳で、その為に有用なのはラップやジップ付き密閉袋、プラスチック製の密閉容器などです。
 

なぜプラスチック製と限定しているかというと、ガラスや金属や陶器製食器などの容器は前述の通り熱伝導率が良いため中にしまう食材よりも早く冷えてしまうことが多く、その温度差で容器内に結露が発生しやすいからです。容器内に結露が発生するということは容器内の空気が冷えそこから奪われた水分が容器につくということであり、容器内の空気の水分が奪われるということは容器内の空気が乾燥し食材も乾燥してしまうということに繋がるからです。

とは言えラップでフタをするだけでも結露した水分が食器内から逃げることを防げるので、それだけでも乾燥しにくくなります。それ以外にも食材に直接冷風があたることでの乾燥を抑える効果もあり、温めて食べるものであれば電子レンジでの温めの際、ラップや食器についた水滴が水蒸気に戻って食材を軽く蒸し直す効果が生まれるので、美味しく食べることができるでしょう。
 

余談ですが一般的に売られている『サランラップ』『クレラップ』などは耐熱温度が充分にあるので電子レンジを使用するときにも使うことができますが、100均(主にダイソー)のラップの中には耐熱温度が低く「電子レンジで使用しないで下さい」と注意書きされている物もあります。使うと破れて湿度を保つ役目を果たせず温めた食品が乾燥したりするので筆者はダイソーではラップを買いません。まぁそもそもスーパーやホームセンターの特売ならサランラップやクレラップでも100円以下で買えることも多いので、そもそも100均のラップに価格的なメリット自体があまりないのですよ。

冷蔵庫の乾燥を防ぐ方法③ 冷凍庫にしまう

パンなどを1枚ずつ袋に密閉し冷凍することで、水分が気体になって冷蔵庫の外へ逃げることがなくなるので乾燥させずに長期保存が可能になります。食べるときは解凍せずにそのままトースターで焼けるので特に手間も増えません。冷蔵庫にしまうとき1枚ずつアルミホイルに包んでしまうことでより早く冷凍し水分も抜けず、更に美味しく食べられるのですが、これをやるとアルミホイルの消費が激しいので筆者はそこまではしません。精々ジップロックにそのまましまう程度です。

野菜や肉など形状や種類によっては氷結時細胞膜などが壊れて食味が大きく落ちることがあったりするので、何でも冷凍すれば良いというものではなく向き不向きがあるのが冷凍の難点でしょう。たとえばジャガイモなどはそのまま冷凍した物を料理に使うとボソボソした食感になり美味しくなくなってしまいます。
 

ですが一旦茹でたり蒸したりした物をつぶしてマッシュポテト状態にして、袋に入れて平らにのばした状態で冷凍すれば、食感の劣化を抑えて長期保存ができます。解凍後はハッシュドポテトやコロッケ、少量のポテトサラダを作りたい場合などに重宝します。
 

冷蔵庫 乾燥

乾燥の有無に関係なく食材ごとに適した冷蔵庫での保存方法があるので、それらが掲載された料理雑誌を一冊持っておくか、下記に本記事の執筆で参考にしたサイトがありますので、ブックマークしておけば食材ごとの保存方法が分からなくなったときにさっと調べられて便利ですよ。
 

 

まとめ

2ドアの冷蔵庫では野菜室や野菜ケースがなかったりする冷蔵庫もあるので野菜類は乾燥を防ぐのが難しい場合もありますが、袋で覆ったり湿らせた新聞紙にくるむなどの工夫をすることで乾燥を防ぐことは十分可能です。3ドア以上の大型冷蔵庫なら冷蔵室、冷凍室、野菜室、チルド室のそれぞれの特性を把握して適した場所に入れれば乾燥を防げますし、逆に乾燥を料理の下準備などに役立てることもできます。
 
 
冷蔵庫内の乾燥は保存容器や適切な保存方法をとることで回避できる物も多いので、冷蔵庫を使った保存方法一覧が載っている料理雑誌を一冊持っておくと便利なのですが、スマートフォンが普及している現在本を買わなくても手軽に調べられるので、そういったサイトをブックマークしておくのも良いでしょう。本記事内でも参考にさせていただいた『料理のいろは』さんというサイトが、『食材そのまま』と『作り置き』の保存方法を丁寧に解説しているのでおすすめですよ。
 

余談ですが筆者は鳥肉の燻製とかをたまに作るのですが水分が多いと酸っぱくなってしまったりするので、塩漬けが終わった後冷蔵庫に裸で放置して乾燥させたりします。本来燻製を作る場合は冬の乾燥した屋外などで干すのが一般的ですが、冬以外だとその方法をとることが難しいので、冷蔵室の温度と乾燥具合が丁度良いのですよ。
 

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7cd9a8d2 4e76 42aa 9071 65a0696b6a53
Written By
HN: トゥルーデは俺の嫁
製品紹介はなるべく間違った情報を伝えないよう製品の説明書などで下調べをし、レビューはキッチリ使い込んだり比較してから書き始める派なので基本遅筆です。疲れたときの癒やしは飼い猫達をなでることです。
家電やガジェット好きの趣味が高じて、文章書き(パソコン関連ソフト&ハード、白黒家電、ガジェットなどの紹介記事、購入製品のレビュー etc...)をやっています。 広く浅くがモットーなので、それほど深い知識はありません。 なるべく正しい日本語で書けるようにIMEにATOKを使い、長い文章は少しでも誤字脱字が減るようにVOICEROIDに音読させて確認してから公開するようにしています。 違う目的の為に買ったVOICEROIDが思わぬ役に立っているので、もう一人買い足そうかと目論んでいます。 やっぱり弦巻マキの相棒といったら結月ゆかりですよね?

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧