柿は冷蔵庫で保存して良いの?柿の保存方法をご紹介!

この記事を執筆するにあたって

柿は買ったばかりの固いシャキシャキが一番の基本の味わいですが、ある程度保存した柔らかくて甘みが増した感じの柿も美味しいと思います。日持ちのコツは冷蔵庫とは知っていましたが、今回の調査で科学的根拠も含めて「長持ち」させる方法は大した手間でもなく身近なものだけで簡単にできることを私自身学びました。同時に、昨今の冷蔵庫の野菜室、チルドルームは本当によくできていると感じます。

Written By 速水 雄一

目次

柿を冷やして食べたいがオススメの方法は?

買ってきたごく普通の柿

「柿」は秋の旬の果物の中でも代表格で、冷蔵庫で保存する方が多くいます。果物では、特定の「旬」以外でも生産され、値が張るにしても入手可能なものが増えました。マスクメロンや、あるいはスイカなどは、果実専門店に行けば年中入手できたりするものです。そうした中、「柿」というと、魚類の「さんま」と同時期の、秋の旬として、新物が食べられる季節が限定される感じが強いです。それゆえ、柿を冷蔵庫で保存する、というのは、常温よりも長く保存するための有効な手段です。常温だと3日程度で完熟して、実が柔らかくなる場合が多いですが、冷蔵庫ならもっと長く保存できることは体験的に皆さんご存じかと思います。実が柔らかくなってきたものが好きという人は暫く置いておけば望みは叶うのですが、一般的には「シャキシャキ」と固い感じのほうが好まれる柿を、いっぺんには食べられない個数いただいた、または買ったなどの時に非常に有効な方法をご存じでしょうか。冷蔵庫は言うまでもなく「必須」ですが、どのご家庭にも大体おいてある、「あるもの」を使うことで、柿を冷蔵庫で保存する際に、抜群の効果が見られる方法があるのです。

柿は冷蔵庫で保存していいの?

柿を長持ちさせる、シャキシャキを長持ちさせる、そのためには冷蔵庫は非常に有効です。問題なのは、一工夫するかしないかで、大きく保持期間が変わってくることです。柿だけでなく、野菜・果実全般に言えることですが、冷蔵庫内では「乾燥」が大敵です。ですからラップに包んだり、ジップロックで封入したりと、それだけでも持ち方はさらに長くできます。柿を冷蔵庫で保存する。これは大いに結構なことです。今回は「柿」が題材なので「追熟」タイプの果実ではないのため「冷蔵庫向き」ですが、これが「追熟」といって、収穫から販売した後においても、常温で「熟成が進む」タイプの果実には、冷蔵庫保存は適さないものも数多くあります。その果実の種別については後述いたします。柿は冷蔵庫保存OKです

柿を冷蔵庫で保存すると柔らかくなるのが遅くなる?

常温ですと、気が付いたらもう、柔らかくなりすぎて、皮をむくとき「実がグズグズに柔らかく」て大変だった、というようなことは、柿を食べる方ならどなたにも経験があると思います。あの柔らかさが好みだという方も実際おられますが、見た目の問題からすると、実が崩れていなくて、しっかりしている方が万人受けするようです。柿は冷蔵庫で保存すれば、確実に「実を柔らかくすることを遅く」できます。これは今ここでは、冷蔵庫内での保存に限ってのことで、「冷凍」にした場合には事情がまるで変ってくるので、冷蔵庫保存は「有効」な方法なのだと言っておきます。それは全ての生鮮食料品で同様ですが、低音保存によって、腐敗腐食カビなどが起きにくくなるという理由からです。但し「乾燥」の問題は残ります。柿をむき出しのままで冷蔵庫保存すれば、乾燥からは逃れられません。

柿を冷蔵庫で保存する方法は?

柿を冷蔵庫で保存する場合に、これと組み合わせるとずっと長く保存できる方法を2つ分けてご紹介します。先に結論から言ってしまうと、この2つの簡単な工夫で、3週間、あるいは1か月にも渡って、柿の「シャキシャキ」が持続した、という実例もあるようです。1カ月というのは、ちょっと驚きですよね。

柿を冷蔵庫で保存する方法①「へたの部分を常に湿らせておく(道具:ティッシュペーパー)」

湿らせたティッシュで

この画像のように、十分に水分を含ませたティッシュを「へた」の形沿いにあてて、へたの部分を常時湿らせておくことが最大のポイントです。柿を冷蔵庫で保存する場合、これをやるかやらないかで、非常に大きな「差」がつきます。柿は、へたの部分から自分自身の水分を失い、乾燥する性質があるので、まずここを濡らしたティッシュで塞ぐことが大事なんです。言い換えれば「へたを通して呼吸をしている」のを封印する、ということです。この際に、皮まで触れる大きさにせず、へた部分だけを覆うようにすること、そして数日単位で水分がなくなっていたら、ティッシュを取り換えること、それが大事です。

柿を冷蔵庫で保存する方法②「へたを湿らせてラップで包む(道具:ラップ)」

柿をラップで包む

①で、へたに水分が常に触れているようにしたら、次は「ラップ」で包みます。これは乾燥の防止でもあり、果実そのものを庫内の空気に触れないように断絶する働きが有効となります。仮に①の、へたを湿らすことが実現できなくても、ビニールの袋で互いが圧迫し合わない程度に袋詰めできれば、それだけでも保持させる効果はあります。個別に隙間なくラップするのも効果はあるでしょう。しかしながら、この①と②を同時に施せば、常温で3日程度しか持たないであろうところを、3週間以上に引き延ばすことが可能になります。一度に食べきれない柿が、冷蔵庫利用で3週間、もしくは1か月も瑞々しさを失うことなく保存できたら便利ですよね。これといって特別な道具を使うこともなく。

柿を冷蔵庫で保存した場合の賞味期限は?

「実験」:3日、常温で置いたものと、上記の保存法をしたものとを画像で比較する!

まずは、普通のスーパーで、同じ日に買った同じ種別でほぼ同じな状態の柿を、常温で72時間置いておいたものを先に画像で示します。

3日常温での柿

次に、①と②を併用して、今回紹介の「保存法」をした柿を、ラップをむいて出して映した画像がこれです。

保存法で3日の柿

まだ3日しか経過していないので、大差がついたわけではないのですが、画像から違いがおわかりになるでしょうか?現物で見ると一目瞭然で、表面の「質感」がまるで違います。3日でこうですから、常温保存と、今回の2種混合の保存法では、1週間以上の間隔が開けば、もっとわかりやすかったであろうと思います。但し、画像にはありませんが、「ただ野菜室に入れただけ」の柿でも、相当に瑞々しさは残っていました。筆者の家庭での冷蔵庫は、三菱電機の2016年製の大型の製品で、野菜室の「保湿性」が非常に高いという評判で決定しただけのことはあったようで、ただ入れておくだけでも効果は出ました。このことから考えて、敢えて「賞味期限」を設定するならば、常温での保存なら賞味期限3日、あたりを一応の目安としていいかと思います。それを超えると、明らかに含有水分量が減り「シャキシャキ」感は落ちます。そして一方、へたを湿らせてラップで包む方法で「冷蔵庫」保存すれば、その数倍の3週ぐらいまでは持ちそうに思います。ここまでの「違い」が出るのも柿だからこそであり、柿はへたから水分を失っていく、という特性を逆利用できたからだと思います。柿は「追熟」しない部類に入るようで、果実として収穫してから、「置いて熟成させる」果物と違います。つまり比較するなら「柿は冷蔵庫保存に向いている」と言えます。そうでない「追熟」が基本の、「バナナ」「りんご」「洋ナシ」、そして「メロン」や「マンゴー」などは、完熟されない状態で出荷し、販売されるので、食べごろまで常温で数日保管して、食べごろが来たら「食べる2~3時間前」に冷やして食べるとより美味しいとされています。果実種別ごとに「追熟」タイプの果実かそうでないかは、果実をおいしく食べるための基礎知識のと言えるでしょう。

「冷凍」したらどうなるか

まだ柿の実が固くてシャキシャキがある状態から「冷凍」にするのは向かないようです。その場合、解凍する際に、元の食感に復元せず、美味しさが落ちるそうです。しかし、自分が思っていたよりも「柔らかくなりすぎて」どうかな?、というような場合、「冷凍」して食べると、シャーベットのような食感と甘さになるようです。これは普通に食べる「柿」とは、また別な味わいということでしょう。冷凍庫で凍結状態にまでした柿ならば、ごく普通に1~2か月は持ちます。賞味期限としては、最大値になりますね。食べ方は、半解凍まで戻したら、へたの部分をカットして、そのままを「器」としてスプーンですくって食べれば簡単です。あるいは冷凍前に皮をむいて小分けにして冷凍すればもっと簡単に食べられます。思うに、柿は吊るして乾燥を促進させ、カビないよう配慮してできたものを「干し柿」として食べますからね。柿は、状態の変化に富む食べ方ができる果実のひとつであると言えます。

まとめ

「柿」は基本、買ってきたときに「甘さ」はほぼピークであり、常温では柔らかくなるだけです(追熟果実ではない)。それゆえ、お買い求め時の「固くてシャキシャキ」な状態を保つには、冷蔵庫は非常にマッチする家電ということになります。そして冷蔵庫保存をするなら、「へたを乾燥から守る」「外気から遮断して冷蔵庫で保管する」というこの2つを追加するだけで、劇的に日持ちがするようになります。一度にたくさんの柿を入手したら、ぜひ試してほしいと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 9f10cb4b b967 4443 a9d0 cb54cf78b7b9
Written By
速水 雄一
「読みやすい」を目標に記事を書いていきたいです
「ライター」としてはまだまだひよっこですが、その分「裏付け調査」をしっかりして、間違いのない情報をお伝えできればと思っています。 白物家電が好きで量販店に見に行ったりよくします。記事では、すでに自分が経験として持っている知識と、調べた結果をかみ砕いて、 それらをバランスよくまとめ、伝わりやすいものを書いていけるように頑張ります!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧