冷蔵庫に霜が!原因はなに?冷蔵庫の霜を徹底解説!

この記事を執筆するにあたって

冷蔵庫の冷凍室は、長く使っているとすぐに霜が出来てしまいやすくなります。それってなぜでしょうか?最初に考え付くのは故障ですが、そう簡単に霜はつきません。もしかすると、あなたの使い方から、霜が付きやすくなっているかもしれません。たとえばドアの開け閉めが頻回だったり、中にものが詰め込みすぎていて、ドアが開いていたりすると、湿気が入り霜がつきやすくなってしまいます。さらには、冷凍食品のパックの中や、真空パックがうまくしまってなくて空気があると、それも実は霜の原因になります。これらの原因をまずは試してみましょう。簡単なところから未定って、それでも冷凍室の霜が解決されない場合は最悪の場合故障も考えられます。そのときは、自分で直そうとはせずに、メーカーに問い合わせて、直してもらえるかどうか聞いてみましょう。

Written By アテ ワン

目次

冷蔵庫に霜が、、、

冷蔵庫の冷凍室はとても便利だけれど、古いタイプの冷蔵庫だと、なぜかすぐに霜がたまってきてしまって、放置していると硬くなって取れなくなってしまうので大変です。そんなときにアイスピックなどで冷蔵庫を突っつくと冷蔵庫の故障の原因にもなりますし、時には自分自身も怪我をしてしまうかも知れないので危険です。では、いったいどうすればよいでしょうか?今回は冷蔵庫の冷凍庫内の霜について解説していきます。故障じゃない場合と、故障の場合で対応も違ってきますので注意しましょう。

冷蔵庫に霜が!霜の原因は何?

冷凍庫 霜

冷蔵庫の霜は、基本的に食品から蒸発(性格には水分にならず直接気化する昇華と言う現象)した水分によって出来ています。食品パッケージの中の水分が昇華し、冷凍庫で冷やされたことで出来ています。また、冷凍庫の壁面にびっしりとついている下は冷凍庫内の水分が冷えて氷になったものだと考えられています。ですので冷凍庫のなかの霜が多いときは、冷凍庫の中が乾燥している証拠でもあります。

冷蔵庫に霜が付いてしまった場合はどうしたら良い?

冷凍庫の中に霜が出来てしまうことで、冷凍庫で保存している食品は冷凍焼けと呼ばれる現象をおこします。簡単にいえばパサパサになっておいしくなくなってしまいます。おまけに色も悪くなり、においも出てしまうことがあります。この冷凍焼けが起きてしまうと、せっかく冷凍保存したはずの食品が台無しになってしまうので、出来れば水分を蒸発させずに、冷凍やけを起こさないような工夫が必要となってきます。

冷蔵庫に霜が付いた場合の対処法①原因箇所をさがす

冷凍庫の食品の保存がしっかり出来ているのに霜がついてしまう場合はもしかすると冷蔵庫に問題があるかもしれません。ポイントは以下のような理由が考えられます。

  • パッキンが汚れている、
  • パッキンが変形している
  • パッキンが外れている

これらの理由の場合はすぐに対処ができます。パッキンが汚れている場合はそれを取り除きましょう。また、パッキンは40℃程度のお湯につけたタオルなどで温めると変形を直すことができます。外れかけているパッキンはしっかりとはめ込んで直すようにしましょう。隙間がなくなれば、湿気がなくなり、霜が解決されるでしょう。

冷蔵庫に霜が付いた場合の対処法②一旦、冷凍庫を止める

もし霜がひどくなってしまった場合、アイスピックなどで霜をとろうとすると大変危険ですのでやめましょう。基本的には、一旦食材をすべて出して、冷凍庫を止めます。そしてしばらく待ってから水分をふき取る方法を行いましょう。
参考:SHARP

冷蔵庫の故障が原因で霜が付いてしまっている場合はどうしたら良いの?

冷蔵庫の故障がどうやら霜の原因ではないか?と思った場合にはどうすればよいでしょうか。修理すべきか、修理を頼むべきでしょうか。早速解説していきましょう。

冷蔵庫の故障が原因で霜が付いてしまっている場合①メーカーや専門業者に修理依頼

ドアに隙間が多かったり、水分の多いものをずさんな方法で冷凍していたり、あるいはドアをあけたり閉めたりしていたりといったことがないにもかかわらず、冷蔵庫内に霜が出来てしまう場合は、冷蔵庫自体の故障の可能性が考えられます。そのときは冷蔵庫に書いてある、商品の番号を見て、業者の人に直してもらう必要があります。インターネットや、電話で問い合わせて冷蔵庫の修理の依頼をしてみましょう。

修理費用やかかる時間

では、仮に製品が故障していて修理をしなければならないときにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。SHARPの製品を例に見てみると、だいたい10,000円から15,000円くらい、三菱者だと9,000円~28,000円が相場のようです。かかるじかんは、製品の状況によってまちまちのようです。もし、長く使っているようだったら、あまり無理せずに新しいものを買ってもよいかもしれません。
参考:SARP
参考:三菱

自分で修理するのは危険

すこし、危険なのは自分で修理してしまう方法でしょう。簡単な修理ならよいですが、場合によっては製品には保障がついていたりしますが、自分でいじって失敗してしまった場合、それが適用できなくなってしまう場合もあります。どうしても霜が出来てしまって故障だと認められるときは、迷わず業者のひとや専門家に頼みましょう。

冷凍庫 霜

冷蔵庫に霜が付かないようにするには?

冷蔵庫の霜は厄介です。出来ることならば、霜が付いてから取るのではなく、初めから冷蔵庫に霜が付かないようにしたいものですよね。冷蔵庫の霜が付かない方法にはいくつかのポイントがあるので、ひとつずつ見ていきましょう。

冷蔵庫の霜防止方法①食品の袋から空気を抜く

冷凍庫ないで、水分の昇華を防ぐことで冷凍焼けを防ぐことが出来ます。ですのでなるべく、食材を空気に触れさせない方法が必要になってきます。そこで有効なのが、食品の袋のなかの空気を抜くという方法です。パックや、包装のなかに食うkが残っていると、昇華を起こしてしまうので注意しましょう。特にフリーザーパックも有効ですが、口の閉め忘れと、空気の残りに注意してしっかり閉めていきましょう。こうすることで、食材からの水分の昇華がおさえられるので、霜の量を減らすことが出来ます。

冷蔵庫の霜防止方法②冷凍庫のドアをあまり開けない

冷凍庫 霜
冷凍庫や、冷蔵庫内で湿気を発生させることも、冷凍庫内の霜が発生する原因になっています。業務用の冷凍庫レベルなら常にマイナス18℃以下という最適な状態を保つことが出来ますが、家庭用の冷蔵庫の冷凍室だど、その温度変化は激しいものになってしまいます。ですのでなるべく冷凍庫を開けている時間を短くするようにしたほうがよいでしょう。さらに、温かい食品などはしっかりと粗熱を取るように心掛けたいものです。蒸発した水分は、霜になってしまいます。

冷蔵庫の霜防止方法③冷凍食品のような急速冷凍の食品を冷凍する

食材の冷凍方法も大事な方法になってきます。普通の冷凍方法だと食品が凍る際に氷の結晶が大きくなってしまい、細胞を破壊してしまうといわれています。この細胞が破壊されたときに、うまみの成分が水分として流れ出てしまいます。ですので酸化や乾燥を引き起こします。市販の冷凍食品は、基本的に急速冷凍しているおかげで、これらの心配がないので、温めてもおいしく食べることができます。

冷蔵庫の霜防止方法④冷凍したら早めに食べる

冷凍保存は、1年間持つという意見もあるようですが、基本的には実験で数値に表してみると、8週間から12週間くらいから成分の変化が出始めているようです。実際に火に通してみたりすると味がわかりにくいかも知れませんが、徐々に食材は劣化しています。同様に冷凍焼けも起きているので、あまり長くは保存しないほうが、冷蔵庫にとってもよいでしょう。
参考:Panasonic

まとめ

いかがでしたでしょうか。冷蔵庫内の霜について解説してきましたので、最後にまとめとしておさらいをしていきましょう。

  • 冷蔵庫の冷凍室の霜は食品の水分が昇華して起こる
  • 食品の水分が昇華しないように密閉して保存するのが大切
  • 冷凍室内に湿気が入らないように注意する
  • ドアの開け閉め、パッキンなどをしっかり確認する
  • それでも霜が出来てしまうなら電源をオフにして溶かす
  • 霜が止まないようなら故障なので、あわてず業者の人に治してもらう

冷蔵庫内の湿気が基本的には霜の原因ですが、最近の冷蔵庫のほとんどは自分で霜を取る機能があります。ですので、霜が残ってしまう場合は上記のようなチェック項目を確認して、だめなら買い換えるか修理をしましょう。くれぐれも乱暴に扱わないように注意してくださいね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧