スマホが発熱したら冷凍庫で冷やすと良い⁉本当なの?

目次

加熱してしまうスマホ、冷凍庫以外での正しい冷やし方は?

今老若男女誰でもスマホを使用している時代が来たといっても過言ではありません。そしてほとんどすべてのことをスマホで行えるようになってきました。

長時間スマホを使っていると、スマホが過熱し、とても熱くなってしまうことがありませんか?スマホの内部温度を測定してくれるアプリがありますが、スマホによっては、50度を超える場合もあります。スマホ内部は特に熱く、夏のように気温が高い場合、使用をしていない時でも、28度前後の温度を維持しており、長時間使用をした場合は35度、高くは40度以上を越える場合もあります。

スマホが熱くなった状態で、そのまま使用してしまうと故障の原因にもなります。だからと言ってスマホを冷凍庫で冷やしていませんか?確かに冷凍庫に入れたくなってしまう気持ちも分かりますが、スマホを冷凍庫に入れるのは故障の原因にもなります。今日はスマートフォンの過熱の原因と、冷凍庫で冷やした場合、正しい冷やし方についてご紹介します。

スマホを冷凍庫で冷やすとどうなる?

スマホ、もしくはスマホのバッテリーを冷凍庫に入れて冷やすとバッテリーの使用期限が増えて、スマホのバッテリーの持ちがよくなり、性能も回復するという噂が一時期ありました。また冷凍庫に入れることで発熱してしまったスマホを冷凍庫が冷やしてくれて、効率良くスマホが使えるという話もあります。実際に冷凍庫にスマホを入れるとどうでしょうか?

スマホ 冷凍庫

スマホを冷凍庫で冷やすのは危険

熱くなったスマホを冷やすにあたり、冷凍庫に入れるという方法が安易に思いつくかもしれません。スマホを冷凍庫に入れるというのは思いつきやすく簡単な行為ですが、スマホがあまりにも熱いからと言って冷凍庫に入れる行為は、本当に良くないです。冷凍庫にスマホを入れるよりも直射日光が当たらなく、風通しの良い場所に置く方が早く熱を冷やしてくれます。スマホを冷凍庫で冷やすと、急激な冷却による結露が生じます。スマホを冷凍庫に入れてしまった結果、スマホの内部に水滴が発生します。冷凍庫に保存してある牛乳パックの箱に水滴が付いていますが、そのような状態になり兼ねません。そのためスマホを冷凍庫に入れるという行為はなんとスマホが水に落ちた状態と同じ状態にさせるということになりますので注意が必要です。

実際にスマホを冷凍庫で冷やしたために故障したというケースも多いです。冷凍庫は大概のものを冷やしてはくれますが、冷凍庫内と外気との温度変化により結露してしまい、水滴も発生するということを覚えておく必要があります。そのためスマホ以外でも冷凍庫の中にパソコンを入れる行為も危険です。

スマホ 冷凍庫

冷凍庫ではなくアイスパックでは?

冷凍庫とは異なり、アイスパック上にスマホを置く程度であれば、いいんじゃないか?と思っている人も意外に多いるかと思います。しかしこれも間違った方法です。アイスパックを直接スマホに挟んで冷やすと、アイスパックが溶けて周辺に水滴が生じてしまい、故障の原因となることがあります。タオルなどで包んで水滴が出ないようにした場合、水滴の心配はないかもしれませんが、効果はあまり期待できません。

スマホが過熱されている理由、原因

スマホを冷凍庫に入れるという行為は危険だと分かりましたが、そもそもスマホが熱くなってしまう原因はなんでしょうか?

バッテリーによるもの

スマホが熱くなる最大の原因は、バッテリーが熱を持っているからです。バッテリーは充電を行う際に少し熱くなる場合があります。充電をしながらスマホを使用すると、バッテリーに負担が行きます。充電しながらスマホを使用をすると再び発熱が起こるので、スマホ全体に熱が伝わってしまいます。また、何度も充電を繰り返すことになるとバッテリーが徐々に老朽化し始めます。そして発熱しやすくなり、充電をしていない状態でも熱くなることがあります。

長時間の使用が原因

スマホを長時間使用すると、上記の通りバッテリーに負担が行きます。特に注意しなければならないのは、YouTubeなどの動画を見る時です。そのためドラマや映画など特に長い動画を見る時はスマホへの負担も気にしながら見るようにしましょう。

スマホの性能によるもの

古いスマホの場合、使用しているアプリによって、アプリそのものの性能にスマホに追いつかなく、スマホに負荷をかけることもあります。スマホを実行したら正しく終了させるというのも大切です。

 スマホ 冷凍庫

スマホを冷凍庫以外で冷やす方法は?

スマホが熱くなる原因や冷凍庫では冷やせないことが分かったところでスマホを冷凍庫以外で正しく冷やす方法をご紹介します。冷凍庫で冷やすのは故障の現位になってしまうため冷凍庫に入れるのは絶対に避けましょう。

スマホを冷凍庫以外で冷やす方法①しばらく電源をオフに

しばらく使用をしない時、一度電源を切っておくというのもスマホにとって良い行為です。長時間オフにするのに抵抗がある場合、たとえ10分程度オフにしておくだけでスマホへの発熱による負担はだいぶ軽減できます。

スマホを冷凍庫以外で冷やす方法②スマートフォンのカバーを取り外す

スマホの機種にも寄りますが、スマホのカバーは、熱を逃がすのに適していません。時折スマホのカバーを取り外すのもスマホの熱を冷やすのに役立ちます。

スマホを冷凍庫以外で冷やす方法③アプリを終了させる

上記で説明したようにスマホが熱くなる主な原因は、スマホを長時間使用する場合です。既に使用して用がないアプリはアプリを終了させることが重要です。iPhoneのアプリを終了させる場合は、ホームボタンを2回押し、画面を上にドラッグすると終了になります。アンドロイドの場合には、ホームボタンを押すと、現在使用しているアプリが出てくるのに、それらを順番に終了させます。常にこの方法を普段から利用し、アプリを終了させる癖をつければ、スマホをより長時間使用可能にします。

スマホを冷凍庫以外で冷やす方法④エアコンや扇風機で冷やす

熱くなったスマホは冷凍庫ではなく、エアコンや扇風機で風を当てたりして冷やしましょう。エアコンの冷たい風を直接当てるのは効果的な方法です。エアコンの風も冷凍庫と同じ急激に冷却のでは?と思うかもしれませんが、水気のあるものではないで、水に濡れてしまう心配はないお勧めの方法です。ちなみに風を当てるとき、液晶のほうではなく、バッテリーがある裏面側を当てることをオススメします。

スマホを冷凍庫以外で冷やす方法⑤スマホ冷却ファンを使う

頻繁にスマホが熱くなってしまう人は冷凍庫で冷やすのではなく、スマホ専用の冷却ファンが販売されていますので、そちらもオススメです。ファンを使い風を送り込み本体を効率的に冷やすことが可能です。特にゲームをする人にオススメでゲーミング用に持ちやすく使いやすいようにデザインされています。

スマホが発熱しないため

どうしても頻繁にスマホが充電してしまう人は下記の注意点に注意をしましょう。そこまで発熱をしないスマホの場合、気にしなくても大丈夫です。

硬い床での充電は注意

硬い床でスマホを充電する際、注意をしましょう。前述の通り、スマホは充電の際に熱を帯びます。 硬い床でスマホを充電すると、放出される熱が広がっていかずに、スマホが熱をすべて吸収するようになります。 そのためスマホの充電は熱が広がっていくことができるふわふわソファーやベッドの上でするのがオススメです。

暑いところでの使用は注意

当然の話ではありますが、スマホが直射日光に長時間さらされると、スマホがどんどんに発熱します スマホ内部から出る熱と、外の太陽光との熱で2倍の相乗効果が出ます。夏など太陽の日差しが強いところは、スマホの使用を注意しましょう。また直射日光でなくても炎天下の車内での使用、もしくは放置も危険です。

一晩中充電する

次の日の朝のためにスマホを充電器に差し込み、まま眠るという人は非常に多いです。しかしこのような行動は、寝ている間にスマホを加熱させ、長期的に見ると、バッテリーの性能にも悪影響を与えるので注意をしましょう。

まとめ

スマホが熱くなる原因は、なんと言っても長時間の使用です。長時間使用をすると、バッテリーに負荷を与え、老朽化してしまいます。あまりに発熱が酷い場合は買い替えも検討しましょう。スマホが発熱し爆発するというケースも増えています。

また熱くなってしまったスマホを冷凍庫で冷やしてしまったことで故障を悪化させるケースも多いため、冷凍庫に入れないよう注意をしましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7680df5a 5d79 4f3e a152 78e106f14001
Written By
コヌマ ヒカル
カメラマンです。デジタル製品について詳しいです。
PCやAV機器など様々なデジタル製品に興味があります!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧