洗濯機の掃除で使う洗剤は酸素系?塩素系?お掃除方法や日頃のお手入れも解説!

目次

洗濯機の掃除方法や使う洗剤

今回の記事では、洗濯機の掃除に使う洗剤の購入や実際に掃除する方法、酸素系や塩素系などの主成分からなる洗剤毎の種類やその他の違いについて、解説します!

初めて自分で洗濯機の掃除をする方や、新しい洗濯機などを購入されたりして、洗濯機の掃除にどのような洗剤を使えばよいのか不安がある方や知りたい方はぜひこちらの記事でどのような洗剤を掃除に使えば良いのか読んでみてください。

洗濯機 掃除 洗剤

洗濯機の掃除で使う洗剤の「酸素系」「塩素系」はどう違うの?

洗濯機 掃除 洗剤

まず洗濯機の掃除で洗剤を使用する際にぶつかる疑問がこれです。
それぞれ酵素系と塩素系では洗濯機の掃除をする際にどのような違いが出てくるのかみてみましょう

洗濯機を掃除する際に使う洗剤 : 酵素系洗剤

酵素系洗剤とは過炭酸ナトリウムを原材料とした洗剤です。過炭素ナトリウムとは炭酸ナトリウムと過酸化水素を合わせてできたもので、みずに溶けると炭酸ソーダと水、酸素に分解されます。
炭酸ソーダと水とソーダに分解されるだけなので、環境にも優しいとっても便利な洗剤ですね。
洗濯機を掃除する際にも気軽に利用できそうです。

石鹸百科

洗濯機を掃除する際に使う洗剤 : 塩素系洗剤

塩素系洗剤とは次亜塩素酸ナトリウムを主成分としている製品で、

塩素系の漂白剤や洗浄剤」と「酸性タイプの洗浄剤」が混ざると、危険な塩素ガスが発生するので注意してください

と販売元の花王が言っている通り、使い方を間違えると危険なガスが発生します。

危険なだけあって除菌、殺菌力は強いです。
こちらは洗濯機の掃除に使用する際にはしっかりと他の洗剤と混ざらないように注意してください。

花王公式ホームページ

洗濯機の掃除で使う洗剤の違い①:メリットとデメリットの違い

酸素系と塩素系、それぞれの掃除をするための洗剤の違いはそのメリットとデメリットにあります。

塩素系の場合は先ほども述べた通り強力な洗剤なので汚れが綺麗に落ちるというメリットがありますが、塩素系の匂いがついてしまうというデメリットもあります

一方酵素系の洗剤は先ほど説明した通り分解されたら水、ソーダ、酵素になるだけなので環境に優しく独特のにおいもありません。

汚れを強力に落とせるが匂いが気になる塩素系洗剤と、副作用は少ない酵素系洗剤と言ったところでしょうか?

洗濯機の掃除で使う洗剤の違い②:塩素系のものは、他の洗剤と混ぜて使用が出来ないものも多い

塩素系の洗剤類の場合、化学加工塩素類などが含有されていますので、先ほども記述しましたが迂闊に構成成分が異なる洗剤類を混ぜると、種類によっては危険があります。
このため、きちんとパッケージなどに表記をされている説明書きなどに従いながら使用していく事が大切です。

基本的に酸度が高い塩素系の成分から作られている洗剤類ですので、全体的にアルカリ性成分から構成されている洗剤類などと混ぜると、化学反応を起こす可能性がある点を忘れてはなりません。

洗濯機の掃除で使う洗剤の違い③:酸素系のものの、消臭・脱臭の効果が比較的弱い課題

汚れ落ちの効果はある程度あるものの、消臭・脱臭効果が弱い点が、酸素系の物のデメリットと言えます。
これには先程話した塩素系の物と同じく、その含有されている構成成分に理由があります。

過炭酸ナトリウムや有機酸アミドなどのような、いわゆる酸素系成分が使用されていますので、塩素系の物のように他の元素系からなる洗剤を混ぜても化学反応が起きない点では、安全かもしれません。

それでも混ぜて使用してもよい物とそうでは無い物とがありますので、洗剤の説明書きの内容にはきちんと従いながら洗濯機を掃除していく姿勢が大切です。

洗濯機 掃除 洗剤

洗濯機の掃除におすすめの洗剤

こちらの洗濯槽洗剤は安く手に入る酵素系の洗剤です

中の成分は

界面活性剤(10%直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム、アルカノイルオキシベンゼンスルホン酸ナトリウム)、漂白剤(過炭酸塩)、アルカリ剤(炭酸塩)、工程剤(硫酸塩)、再付着防止剤、酵素

とのことなので塩素系の成分は入っていません。よって日頃の手入れ用に使うと良いでしょう。
ただし先ほど述べたように塩素系ほどの洗浄力はありません。すでにカビ掃除をしていて、日頃の手入れとしての洗濯機掃除用の洗剤であれば問題ありませんが、今まで全く手入れしていなかった方には物足りないかもしれません。


クリックするとAmazonへ移動します

そのような方はこちらの日立洗濯槽クリーナーがおすすめです。
この洗濯機用洗剤は塩素系洗剤なので今まで全く洗濯機のカビを気にしていなかった方で一気に掃除をしたいという方に活用してほしい洗剤です。


画像をクリックするとAmazonへ移動します

洗濯機の掃除方法

方法①:洗濯機掃除専用の塩素系洗剤を、洗濯槽内の清掃に使う方法

現在、普通の洗剤類などよりはある程度高価な相場である値段になりますが、次亜塩素酸類を主成分にして加工製造をされた、塩素系の洗濯機掃除専用の洗剤があります。
僅かな量の洗剤を1キャップ分垂らして、ただ洗濯槽内を回して洗浄していくだけですので、中々お手軽な面がとても助かります。

これも種類にもよりますが、中には非常に水などで薄くした上で、洗濯あるいはすすぎの際に少量だけ入れて衣類の消臭・脱臭などに使用可能なものも存在します。

このように、洗濯機の状態や洗濯状況などに応じて、こうした塩素系の掃除用洗剤を使用していく事も、大変お勧めです。

洗濯機 掃除 洗剤

【コラム】洗濯機にカビを発生させない日頃のお手入れは?

そもそも洗剤を使って掃除をしなくても良い状態にしておくのが一番です。
洗濯機をわざわざ洗剤まで購入して掃除しなくても良いようにカビを発生させない方法をみてみましょう。

お手入れ方法①:常時、洗濯槽(及び脱水槽)内部の状態を乾燥させておく

大抵の場合、洗濯槽内や脱水槽内の湿気が原因でカビが生えて、これが悪臭などの温床になっている事が多い傾向があります。
これにはやはり、洗濯作業以後においても、それらの各槽内の状態が濡れたままになっている事にその要因がありますので、しっかりと日頃から、洗濯作業完了後は各層内を乾燥させておく事が必要です。

洗濯作業が完全に終った事を確認したら、電源を切った上で、乾いた布巾などで槽内をしっかりと拭いておく事が一番ベストです。

洗濯機を乾燥乾燥させることでカビが生えにくくなり洗濯機の掃除の手間を減らすことができます。

お手入れ方法②:掃除作業の際には必ず乾拭きをしておく

今度は洗濯機の掃除作業を終えたりした際の話になります。
やはり、洗濯機毎の本体の構造にもよりますが、ドラム式のものなど、全体の大きさが大き目な物である程、掃除完了後には注意が必要です。

大きさが大きい分、そのため槽内の容積が大きいので、湿気が溜まり易い傾向がドラム式の場合には少なくはありません。
そのため、槽内の洗い掃除などを終えたりした場合には、必ず槽内部分の乾拭きやエアーガンでの拭き掃除などをしておく事が無難です。

これらの各作業は両者共、槽内の余計な水分の除去という点で、カビが生えにくい環境作りが簡単に出来るというメリットがあります。

お手入れ方法③:カビ防止効果のある洗剤類を、なるだけ日頃から使用するようにしておく事

塩素系の衣類用洗剤や洗濯用洗剤の薄めたものを、なるだけ使用するようにしておけば、防カビ効果がある程度あります。

以前の段落部分で、塩素系の洗剤類が防臭・脱臭の効果がある事について記述をしていますが、実はその臭い自体もやはり、洗濯槽内に生えているカビ類がその一因になっています。
そこで、防臭等を兼ねて、防カビ対処法としてなるだけ日頃から、カビが生えないような洗剤類を使用する習慣を身に着けておく事も大変お勧めです。

またなんども述べている通り塩素系の方が強力です。
酸素系の物よりも弱干、値段も高目な価格相場ですので、大き目の物をセールなどの機会を見計らいながら低額で購入しておく事が、大変お得です。

またこちらの商品は洗濯槽まで除菌効果届くことを売りにしている洗剤です。
正直なところこの洗剤だけを使用してカビが生えるかどうかの実験をしていないのでなんとも言えません。
ただこのように日常の衣類用洗剤にも洗濯槽まで綺麗にするものがあるということを認識していただければと思います!

洗濯機 掃除 洗剤

まとめ

以上で、洗濯機の掃除に使用する酸素系・塩素系からなる各種洗剤類や、掃除の方法・コツ、防カビの方法などについて触れました。
そして、それらのあり方が洗濯機の種類や大きさ、型式などについての違いがある事についても見てきましたが、今回の記事にあるやり方や方法を基にしながら、各自での工夫をしていく事をお勧めします。

事実として、今回の記事を読まれている方も各自、家庭環境や生活状況、就労形態などの違いがあります。
このため、それなりの個々人毎による工夫がどうしても必要になる事が少なくありません。
今回話した洗濯機を掃除する際に使用する洗剤類のパッケージにある正しい説明書きにある使用法をベースにしながら、ご自分なりの効率よい掃除面でのやり方を見つけていく事がベストです。

関連リンク

こちらの記事では洗濯機の洗濯槽と排水口の掃除について解説しています。洗剤だけでなく掃除自体の方法についてもしっかりと理解してから掃除すると、より綺麗になりますよ!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/04/18酵素系洗剤と塩素系洗剤についての説明を追記、わかりにくい表現を修正、関連リンクの追加

この記事を書いた人

Small abf2d355 52c0 42ac a71e 233344473e4e
Written By
荒武 裕三
はじめまして!IT関連のライティングとプログラミング(こちらは停止中)の請負業をやっている、シンラ産業の荒武といいます。よろしくお願いいたします!

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事