ハワイで日本製ドライヤーは使用できる?変圧器は必要?不要?

目次

ハワイでの日本製ドライヤーの使用について解説します

ハワイ ドライヤー

世界有数のビーチリゾートとして高い人気を誇るハワイ。

ハワイに旅行に行く際に、気になるのがハワイのドライヤー事情です。

日本からドライヤーを持っていった方がよいのか気になりますよね。

今回の記事では、ハワイで日本製のドライヤーは使用できるのか変圧器は必要なのかについて解説したいと思います。

また、ハワイで使用できる日本製ドライヤーのおすすめについてご紹介します。

ハワイで日本製のドライヤーを使用するのに変圧器は必要なの?

ハワイで日本製のドライヤーを使用するのに変圧器は不要な場合が多い

ハワイは、ハワイの中心部ホノルルがある「オアフ島」、ハワイで最も面積が大きい「ハワイ島」をはじめ、「マウイ島」、「カウアイ島」、「モロカイ島」、「ラナイ島」の6つの島からなります。

なお、6つの島はすべて電圧、周波数、コンセントプラグの形状が同じです。

ハワイの電圧は110V/120V(ボルト)で、日本の電圧は100Vです。ハワイの電圧は日本より10V〜20V高くなっています。

また、ハワイのコンセントプラグの形状は、日本と同じAタイプなので、そのままコンセントに差して使用できます。

スマホやパソコン、カメラ、デジカメの充電器などは100V〜240Vの電圧に対応する仕様になっているため、変圧器は不要です。

また、ハワイの電圧に対応している日本製のドライヤー(海外仕様または海外対応と記載されている製品)であれば、変圧器は不要で、そのままコンセントに差し込めば使用できます。

変圧器を使わずにハワイでドライヤーを使用するのは自己責任である

変圧器は、対応できる上限の容量「定格容量」があり、W(ワット)で表示されます。入力電圧・出力電圧・出力電流の値から算出されています。

ドライヤーなどのモーターを使用するの電化製品は、起動電流が高いため、変圧器の電力容量の30%(消費電力×3)を目安に、使用が推奨されています。

または、定格消費電力の約3倍という大容量の変圧器が必要になります。

一般的なドライヤーの消費電力は600W~1200Wといわれています。

変圧器を使用する場合は、ドライヤーの本体や取扱説明書に記載されている電圧(V)定格容量(W)の確認が必要です。

また、変圧器を使わずに、日本製のドライヤーをハワイで使用する場合は注意が必要です。

日本製のドライヤーは、ハワイのコンセントにそのまま差せること、電源も入ることから、変圧器が不要で問題なく使えると思われがちです。

しかし、筆者が以前ハワイに行った際、日本から持ち込んだドライヤーをコンセントに差して使用したところ、しばらくして焦げ臭くなったので怖くなって使用を中止した経験があります。

日本とハワイの電圧は異なり、消費電力も1000Wと大きかったので、ドライヤー本体に負荷がかかってしまったのでした。

個人のブログや一部のサイトでは「使用しても問題ない」という意見も見られますが、海外旅行先でのトラブルは避けたいものですよね。

あくまで、自己責任の範囲内で使用されてください。

ハワイで日本製のドライヤーを使っても壊れないの?

日本の製品は、国内で使用することを前提に製造されているため100V規格となっています。

つまり、ハワイの電圧には対応していません。

海外対応のドライヤーの本体には変圧器が内蔵されているので、自動で対応電圧に変換するため使用して問題はありません。

しかし、日本製のドライヤーをハワイで使った場合、電源が入るので動くことは動くのですが、電圧の違いがあるのでドライヤー本体に負荷がかかり、回路がショートして壊れてしまったり発火する危険性があります。

特に、長時間の使用には注意が必要です。

異音がしたり、臭くなったり、本体が熱くなったり、少しでも違和感を感じたら、ドライヤーの使用を中止することをおすすめします。

ハワイのホテルにはドライヤーが備わっている場合が多い

ハワイ ドライヤー

ハワイの中でも観光客が最も多いのがオアフ島のワイキキです。

ワイキキのホテルでは、ヘアドライヤーはほぼ完備されています。(ただしヘアアイロンはありません)

ホテルの予約サイト「Expedia」にて、星4つ以上のリゾートホテルを調べてみましたが、マウイ島のホテルでも、ヘアドライヤーはほぼ完備されていました。

ご自身でハワイのホテルのアメニティを確認したい場合、「Expedia」の「目的地」に島の名前を入力して検索するとホテルが一覧で表示されます。

次に、「宿泊施設クラス」を設定し、再度検索すると絞り込まれた一覧が表示されるので、宿泊予定のホテルをクリックし、「施設の設備とサービス」からドライヤーの有無が確認できるので便利ですよ!

ドライヤーはホテルに完備されたものを使用するとトラブルがなくて安心だと思います。

参考元:Ilikai Hotel & Luxury SuitesHAWAII PRINCE HOTEL WAIKIKIExpedia公式サイト

ハワイのホテルのドライヤーはどんなもの?

ハワイ ドライヤー

ハワイのホテルのドライヤーは、バスルームに備え付けのタイプだとパワーが弱くて髪を乾かすのに時間がかかることが多いです。

備え付けでないタイプは、日本の美容院で見かけるような大きいサイズでパワーがあるものが多くみられ、室内の目に付くところに置かれていたり、クローゼットの奥にあったり、袋に収納されていることがあります。

「ハイアット セントリック ワイキキ ビーチ」

ハイアットグループの新ブランドとして誕生したホテルです。

元々はオフィスだった建物をホテルに改装し、2017年1月に22階建てのデザイナーズホテルとして生まれ変わりました。

ホテルの室内には、ブランド「drybar((ドライバー)」のドライヤーが完備されています。

「drybar」は、出張ヘアスタイリストだった女性創業者アリ・ウェブが設立した企業で、2010年にLAで第1号店をオープンし、現在NYなどを中心に人気を博しているブロー専門美容室。

日本でお目にかかることがないため、使用できるのは楽しみの一つになりそうです。

また、ドライヤーが気に入った場合は買い取りも可能とのこと。

「ロイヤルハワイアン」

ロイヤルハワイアンの宿泊棟「マイラニタワー」では、ブランド「T3(ティー・スリー)」のドライヤーが完備されています。

T3のドライヤーは、本体にトルマリン原石を埋め込み、マイナスイオンと遠赤外線を含んだ風が髪の毛の手触りを良くすると評判です。

また、1400Wというハイパワーで、従来のドライヤーの60割の時間で乾かすことができるとあって、ハリウッドなどのセレブの間でも話題になっているドライヤーです。

高級感と高性能なブランドのドライヤーを使用できるとあって、旅の良い思い出になりそうですね。

ハワイにドライヤーを持ち込みたい場合は海外対応ドライヤーを購入しよう!

おすすめ!海外対応ドライヤー

ハワイにドライヤーを持ち込むなら、いざという時に1台あると安心なのが折りたたみ式のドライヤーです。

また、ヘアアレンジをしたい方はカールドライヤーを持ち込むことをおすすめします。

テスコム ヘアドライヤー 海外・国内両用 マイナスイオン ホワイト BID31-W

消費電力は800W(100/200V)、1200W(120/240V)で、440 gというコンパクトさ。マイナスイオン搭載で、キューティクルの傷みや剥がれを抑え、乾かしながら髪に潤いを与えます。Amazonのレビューでは、「コスパが良い」「折りたためてコンパクト」という良い評価が多く見られています。

シャープ ヘアドライヤー プラズマクラスター搭載 海外対応 ホワイト IB-HD16W

消費電力は最大で約1200W。折りたたむと新書サイズ503gという持ち運びに便利な、コンパクトでハイパワーなドライヤーです。プラズマクラスターを搭載し、カラーリングした髪の退色を防いでくれます。また、マイナスとプラスの静電気を抑制してサラリとしたツヤ髪にまとめ、「速乾エアロフォルム」により髪が速く乾きます。

テスコム(TESCOM) カールドライヤー 海外・国内両用 マイナスイオン BIC31-W ホワイト

ハワイのホテルには、髪を乾かす一般的なドライヤーは完備されていますが、毛先をアレンジするカールドライヤーは完備されていません。
消費電力は450W(100/200V)と650W(120/240V)。本体だけで230g、スタイリングブローブラシをつけても325gで持ち運びに便利です。マイナスイオン搭載で髪をいたわり、旅先でもおしゃれを楽しみたい方にピッタリです。

Ronne アゲツヤ ロールブラシ ヘアアイロン 海外対応 MAX220度 (32mm, レッド)

490gの軽さで、ブローしながらツヤふわカールが作れるドライヤーです。消費電力は35Wで、約140~220℃までの5段階に温度調節が可能です。セラミックヒーターを搭載し、電源を入れて約1分で使用可能なので忙しい朝にもピッタリです。毛先のカールからトップのボリューム出し、さらに癖の出やすい前髪のセットにも重宝します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハワイの電圧は110V/120V(ボルト)で、日本の電圧は100Vで、ハワイは日本より10V〜20V高くなっています。

海外対応の日本製のドライヤーであれば変圧器は不要で、コンセントにそのまま差して使用できます。

海外対応していない日本製のドライヤーを使用すると、動くことは動くのですが、電圧の違いによりドライヤー本体に負荷がかかり、焦げ臭くなったり、回路がショートして壊れたり、発火する危険性がありますので、自己責任の範囲内で使用されてください。

ハワイのホテルのドライヤーは、ワイキキやマウイ島のホテルではほぼ完備されていますので、手荷物を減らしたい方はホテルのドライヤーを使用するとよいでしょう。

乾かすだけでなくヘアアレンジをしたい方は、海外対応のカールドライヤーを持ち込むことをおすすめします。

ハワイで日本製のドライヤーは使用できるのか、変圧器は必要なのか知りたい人にとって、この記事が参考になればと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7284f282 5557 453e be91 d08202c80236
Written By
dosukoi s
モータースポーツと海外旅行が好き。
家電製品の魅力はもちろん、読者の皆様が疑問に感じることをわかりやすくお伝えできるような記事執筆を心がけて参ります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧