スマホの写真の最適なサイズをご紹介!

目次

スマホの写真の最適サイズ

スマホ カメラ サイズ 画像 SNS プリント 写真 画素 解像度

最近はスマホのハード面ではかなり余裕が増え、通話、SNS、ネットのブラウジング、音楽プレイヤー、カメラとして日常的にこれ1台で済ませる人も増えてきました。

カメラ機能の充実ぶりはとくに目覚ましいものがあり、これまでは、どれだけ撮影してもレンズや焦点といったハードの機能面で画質が悪かった部分まで、高級レンズやドライバソフトなどの各パートの向上で、ぐっと品質UP。

スマホによっては、本格カメラで撮影したのかスマホで撮影したのかの見分けがプロでもつかないほどの高品位画像が可能になりました。

全部カメラでOKとなると気になるのは、データサイズに直接かかわってくるスマホ写真の「最適画質」や「最適サイズ」。

今回は、スマホ写真の最適サイズについて、ご紹介します。

スマホの写真撮影での最適なサイズとは?

スマホ カメラ サイズ 画像 SNS プリント 写真 画素 解像度

スマホの写真撮影にも、実は「プロから習っておけば失敗しない」といったさまざまなコツがあります。

たとえば

  • 撮影時のサイズや画質設定
  • 保存時の画像ファイル規格設定
  • 撮影時の光などの違い

一般的なカメラに比べると、端末側のソフトウェアで調整される部分が多く、デジタルカメラ単機能の家電として販売されているものに深くしても比較的癖が強いため、最初に知っておかなければいけないことがかなりたくさんあるのです。

その中でも「写真の最適サイズ」に絞って、今回はみていきましょう。

スマホの写真撮影での最適なサイズ:撮影では一番大きいサイズを使用する

スマホの写真撮影では、まずどの画像ファイルタイプで保存するにしても、最も大きなサイズで保存します。それには「後から行うフィルターや切り取り処理などのためのベースとして」の理由があります。

スマホの写真撮影時のサイズが重要な理由とは?

そもそも、デジタルカメラやスマホ写真など、IT機器で使用する画像ファイルは、写真である画像全体を小さな四角形に区切って、その1つずつについて色や領域の連続性などを表す数字コードのデータに置換して保存しています。

画像ファイルの形式やタイプ(ファイルのオプション設定など)ごとに色空間と呼ばれる「カメラで認識された色を、どんな風に分類して調整し、その色に置き換えて保存するか」という規格が異なります。

さらに、各スマホメーカーや写真撮影ソフトなどの設計仕様によって「そもそもどのくらいの色範囲で認識させるか」「このファイルタイプに落とし込んでデータを作成するのに、色や境界などをどんなふうに検出してどう分類するか」についてはかなり個性的な違いがあります。

この変換や分類などを施すと、一般的には画質が劣化するといわれます。

劣化と一口に言っても、それは人が認識する部分で個人差があります。 具体的には単に色や境界が、自分が直接目で見た対象物と平面上で表現されるときには、置き換えた別の色による描画に置き換わっていることになります。

画像ファイルを見たり使用したりする人が、少しでも自然に、リアルに見えるように、あるいはセピアカラーなどでニュアンスを付けて表現したいときに、さまざまな補正をするのが各種のフィルター

明暗や、色などのほか、明暗や色などの幅から計算によって算出するエッヂ(境界などのソフト&シャープさ)などをフィルター処理によって変える際には、処理前の1画像ファイルの中の小さな四角形ができるだけ細かいほうが良いのです。

ちょっと例で見てみましょう。
たとえば1台の赤い自動車を側面から撮影すると、黒い窓と赤い自動車ボディ色、道路の灰色などが一番画像領域中では大きくなります。
全体を1600万に分割すればほぼそのまま表示されますが、8つに分割すれば全体はあいまいになり、自動車を撮影したとはわからないでしょう。1600程度に分割すれば、おぼろげながら自動車だと認識できるかもしれません。

例で見てみましょう。

画像サイズ575×340ピクセル/解像度96×96 dpi/ビットDepth(ビットの深さ)24のjpeg形式画像の場合

スマホ カメラ サイズ 画像 SNS プリント 写真 画素 解像度

画像サイズ575×340ピクセル/解像度3×3 dpi/ビットDepth(ビットの深さ)24のjpeg形式画像の場合
スマホ カメラ サイズ 画像 SNS プリント 写真 画素 解像度

画像サイズ575×340ピクセル/解像度1×1dpi/ビットDepth(ビットの深さ)24のjpeg形式画像の場合
スマホ カメラ サイズ 画像 SNS プリント 写真 画素 解像度

粗い画像で保存したものから拡大して処理して開きなおすと、非常に極端なところではちょうどこんな状態、それぞれこの程度大きく違ってきます。

画像サイズ575×340ピクセル/解像度96×96 dpi/ビットDepth(ビットの深さ)24のjpeg形式画像に処理を施した場合

スマホ カメラ サイズ 画像 SNS プリント 写真 画素 解像度

画像サイズ575×340ピクセル/解像度3×3 dpi/ビットDepth(ビットの深さ)24のjpeg形式画像に上と全く同じ設定の処理を施した場合

スマホ カメラ サイズ 画像 SNS プリント 写真 画素 解像度

撮影後、ここにファイルサイズ変更やフィルタ適用を行うので、できるだけ撮影時の画像サイズは大きく、はっきりとしていたほうが良いのです。

スマホの写真撮影時のサイズにはどんな種類があるって? どのサイズがおすすめ?

一般的には、画像のサイズだけで決定するわけではありませんが、サイズとしてはXGAもしくは3M以上で撮影し、ピクセル数は300dpi程度にしておけば、写真プリントした時も比較的画像もきれいです。

<大サイズ順 画像サイズ一覧 モニタ&スマホ>

  • QUXGA:3200×2400(A4判プリント 210×297mm)
  • QXGA:2048×1536
  • WUXGA:1920×1200
  • FULL HD:1920×1080
  • UXGA:1600×1200(2L判プリント 127×178mm)
  • SXGA:1280×960(L判プリント 89×127mm)
  • HD:1280×720
  • XGA:1024×768(L判プリント 89×127mm)
  • SVGA:800×600(SNS、メール、ホームページ用)
  • VGA:640×480(SNS、メール、ホームページ用)
  • QVGA:320×240(SNS、メール、ホームページ内のアイコン用)

<大サイズ順 画像サイズ一覧 デジカメなど>

  • 16M:4608×3456(約1600万画素)
  • 14M:4288×3216(約1400万画素)
  • 12M:3968×2976(約1200万画素)
  • 10M:3648×2736(約1000万画素)
  • 8M:3264×2448(約800万画素)
  • 5M:2560×1920(約500万画素)
  • 3M:2048×1536(約300万画素)
  • 2M:1600×1200(約200万画素)
  • 1M:1280×960(約130万画素)
  • VGA:640×480(約30万画素)

※このサイズの呼び名は、デフォルトで高い解像度で設定されている画素数とサイズから計算された、画像保存時の最大データサイズ(16Mなら16Mピクセルを略したもの)で呼ばれています。撮影時のオプション設定ができる機種で解像度などを落としてこのサイズで保存した場合、データサイズはこれよりも小さくなります。

スマホを大きいサイズで撮影すると容量が圧迫される?容量対策とは

スマホ カメラ サイズ 画像 SNS プリント 写真 画素 解像度

画像のデータの場合、比較的サイズが大きくなりがち。

イベントなどでたくさん写真撮影すると、それだけでスマホ内のメモリカードやストレージがいっぱいになってしまいます。

ですが、こんな風に利用すれば、本体内データ保存時のサイズをぐっと小さくできます。

スマホを大きいサイズで撮影する場合の容量対策①フォト用データ保存アプリを使用する

現在はクラウド型ストレージサービスにも無償で使えるものが非常にたくさんあります。

中でも、写真に特化したサービスでは、アプリを利用して写真をストックしておけば、容量無制限で何枚でも保存できるものなどもあります。

Dropbox

さまざまなファイルがすべてのデバイスで同期できるため人気のDropbox。
無料で使える最大サイズは2 GBですが、月額1200円で1TBまで利用できます。

App Store|Dropbox
Dropbox

Google Play|Dropbox
Dropbox

Pool

インストールするだけで写真と動画が保存し放題!さらにカメラロール機能や、QRコードでのデータ移行など簡単操作で人気なのが、Poolという写真保存アプリ。

容量無制限なのは非常にうれしいのですが、2018年現在でも、iOS端末にのみ対応のアルバムアプリです。
App Store|POOL
POOL

PlayMemories Online

写真と動画で利用できるクラウドサービスで、あのSonyが運営していることで安心感も高いサービスPlayMemories Online。

使用条件がちょっと特徴的。

アップロード可能なのは、写真と動画。

ですが、写真の場合、長い方の辺を1920ピクセル幅にリサイズされる設定であれば、アップロードできる写真の枚数は無制限。これ以外の写真と動画は、無料で提供される 5 GB のクラウドストレージに保存されます。

スマホやタブレットから利用するときも、PCから利用するときも専用アプリをつかってシームレスに使用できる点も便利です。

App Store|PlayMemories Onlineアプリ
PlayMemories Online

Google Play|PlayMemories Onlineアプリ
PlayMemories Online

このほかにも、さまざまなアプリとストレージサービスが豊富!

ここでご紹介したほかにも、さまざまなオンラインサービスやクラウドサービスと連携したアプリがあります。

アップロードに際しては、画質をおしなべて一定以下に落として保存させるサービスなどもあり、利用に際しては事前にチェックが必要です。

そのほか、端末内に保存するときも、画質などはそのままデータサイズをもっとも最適化してくれるアプリや、画質だけを落とすためのアプリなどもあり、併用して使うことで、ストレージサービスも、本体内ストレージも快適に利用できそうです。

スマホを大きいサイズで撮影する場合の容量対策②Googleフォトを使用する

上でもご紹介した各種の写真動画用ストレージサービスの中では、特に安定の人気とユーザーの安心感があるのがGoogleフォト。

Apple Store|Google フォト
Googleフォト

Google Play|Google フォト
Googleフォト

無料で使える写真と動画用クラウドサービスで、スマホからは自動アップロードによる保存も可能。
さらに実質的に容量無制限で、広く利用されているGoogleのサービスということもあって、非常に人気。ほかのデバイスからもアクセスできるため、使用時メリットも高い点など、写真をよく利用するプロたちからも好評です。

iPhone Androidいずれもアプリがあり、簡単な設定で使用できるため人気です。

スマホを大きいサイズで撮影する場合の容量対策③iOSのiCloudやGoogleアカウント、Microsoft Onedriveなどのストレージサービスを使う

先ほど写真専用のストレージサービス連動型のアプリやサービスをご紹介しましたが、これとは別、端末に対して汎用型で使えるストレージサービスの中にも便利なサービスがたくさんあります。

Apple端末の「iCloud」(無料分は5GB)
iCloud

Googleアカウントの「Google Drive」(無料分は15GB)
Google Drive

Microsoftアカウント の「OneDrive」(無料分は5GB)
OneDrive

・・・などが有名なところです。

特にApple端末の「iCloud」などは、自動的に機能してくれ、どこでもアクセス可能。誰にでも5GBのストレージが割当たり、まるで「スマホのストレージの延長」として使用することができるため好評です。

SNSにアップする場合の最適な写真サイズとは?大きいまま投稿していいの?

スマホ カメラ サイズ 画像 SNS プリント 写真 画素 解像度

SNSもたとえばアカウントを非公開にすれば、画像や動画保存用の外部ストレージとして使用できます。

それ以外、友人知人などと写真などを共有させる目的の時には、どの程度の写真サイズが望ましいのでしょうか?

【Twitter】

Twitterの場合、スマホで見る場合とPCで見る場合、画像サイズが異なります。
スマホの場合、タイムライン表示は幅が450ピクセルで縦横比率は16:9。そのため最適サイズは幅450×約縦253ピクセル。
PCの場合、タイムライン表示は幅が506ピクセルで縦横比率は2:1。そのため最適サイズは幅506×縦253ピクセル。
JPEG、PNG、GIFのファイル形式に対応しており、投稿時の横幅最大サイズは1024ピクセル。投稿時にリサイズされてしまうので、あらかじめ最適サイズでフィルタや切り抜きをかけてから投稿するのがおすすめです。
画像容量はGIFの3MB以外では、最大5MBです。
GIF画像では、ブラウザ版なら15MB以下、モバイル端末なら5MB以下が設定されています。

【Instagram】

人気のInstagramでは、幅の最大1080ピクセル。幅320~1080ピクセルの場合には、縦が566~1350ピクセルなら、元の写真の解像度のまま投稿できます。(※アスペクト比1.91:1~4.5)
元々は幅&縦ともに1080ピクセルでしたので、かなり表現領域が広がりました。

幅が320ピクセルより小さいときに320ピクセルになるまで画像を拡大するため、見た目かなり汚くなります。
またアップロードした時、JPEGに強制変換されてしまうとき汚くなりがち。そのため、変換されない透過PNG方式か、アルファチャンネル情報を持たせたファイルにするのがおすすめです。

【Facebook】

Facebookの場合、アップロードした際に変換されない条件がかなり細かく規定されており、それ以外では、自動的にファイル自体が変換されます。

アップロード時に変換されない条件は、
ファイルサイズ100KBより小さい画像でsRGBカラープロファイル設定がされたJPEGファイル。
かつ、画像幅は720、960、2048ピクセルのいずれかのものです。

メールなどで送る場合の最適な写真サイズとは?

スマホ カメラ サイズ 画像 SNS プリント 写真 画素 解像度

先ほどの一覧にあるように、メールで送る場合、あまり大量の写真を送るのはサーバ側にとってもかなりの負担。

1通あたりの最大サイズが設定されているメールサーバが多いのです。

メールなどで送る場合の最適な写真サイズ:できるだけ小さいサイズで送る

メールサーバでは、添付ファイルの中にウイルスなどが含まれていないかを、常に監視しているところが多いのです。

そのため、添付が大きなファイルだと、負担が増えがち。

小さなサイズの画像ファイルで送った後、必要な写真だけを、大きなファイルサイズのもので圧縮ファイル化して送る・・・あるいは先ほどまでにご紹介した各種ストレージサービスの共有機能などを使って、ファイル共有でダウンロードしてもらうのが良いでしょう。

先ほどの一覧表示中の、

  • SVGA:800×600(SNS、メール、ホームページ用)
  • VGA:640×480(SNS、メール、ホームページ用)
  • QVGA:320×240(SNS、メール、ホームページ内のアイコン用)

サイズでまずやり取りするのがおすすめです。

スマホで撮った写真を印刷する場合の適切なサイズとは?

スマホ カメラ サイズ 画像 SNS プリント 写真 画素 解像度

先ほどの一覧表示の中で、プリントする用紙サイズによって、比率が異なることはご紹介した通り。

写真店やプリントショップの出力サービスでも、コンビニプリントサービスでも、
<大サイズ順 画像サイズ一覧 モニタ&スマホ>
<大サイズ順 画像サイズ一覧 デジカメなど>
の双方に対応しているところが増えています。

引き延ばしたいサイズにあわせて、きもち大きめに撮影しておくのが良いでしょう。

まとめ

スマホ カメラ サイズ 画像 SNS プリント 写真 画素 解像度

いかがでしたか?
今回はスマホの写真の最適サイズについてご紹介しました。

スマホの写真も撮影方法や加工次第では、本当にプロが撮影した写真と同じようにきれいな画像で楽しめるものが増えています。

だからこそ、スマホを存分に活用して、たくさん写真を残したいところ。

お出かけ先や仕事でたくさんの写真を撮るときに、ストレージ不足で慌ててしまうより、前もってアプリやクラウドサービスを設定しておき、いざというときに備えておくほうがスマートです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7d825f8d 03c5 4174 981e 9851bd78fd73
Written By
ミラーボール ツルピカハゲ丸
いつあの世に行ったのかわからない、そんな緑の紋付です
もともと、髪の毛が薄く、いつも地肌がほんのり光っている・・・なよ竹のミラーボール・ツルピカハゲ丸を勝手に襲名しようと思っていたら、本家がどこかに行ってしまいました。 ジジィ、はえーよ。 小さなころから家電豊富な家庭に育ち、今も現役のパソピアIQやカセットビジョンから新製品には縁のある環境。新製品も一通り押さえていますが、レトロ家電も捨てずに現役で使えるコンディションにあるのが自慢です。 製品選びのこだわりをお伝えできればと考えています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧