スマホの画面が暗い場合の調節方法とは?暗いと目に優しいの?

目次

スマホの画面が暗い場合の調節方法

iPhoneやandroidなどのスマホを使っていると画面が暗くなったりして困ったことがある方も多いと思います。この記事ではスマホの画面が暗くなった時の対処法や暗くならないようにする方法などを説明していますので参考にしてください。

スマホの画面が暗い!調節方法を教えて!

突如スマホ画面を見た時にいつもより画面が暗いという時ありますよね。私も使い始めた頃は知らないうちに画面が暗くなっていて焦ったことがあるのでお気持ちわかります。ほとんどの場合壊れたわけではなく知らないうちに設定を変更していたりするので調整方法を知って入ればすぐにでも対処することができます。メーカーにより調整方法が異なるのですが、今回はiPhoneとandroidの画面が暗い時の調整方法を紹介します。

【iPhone】スマホの画面が暗い場合の調節方法

iPhoneの場合は大きく分けて2通りの調整方法があります。
まずは1つ目です。上記の画像のようにiPhoneの右上に指を置いてそのまま矢印のように下に移動して見てください。そうすると別の画面がくっついてくると思います。
その真ん中あたりにある部分が画面調整できますのでそこで調整する方法です。

ホーム スクショ

赤枠で囲っているところが明るさを調整するところです。画像ではスマホ画面が暗い状態です。
ホーム スクショ
赤枠を下から上に指を動かすと明るさを調整できます。ちなみに画像は最大なのでお好きな明るさに調整して見てください。

ホーム スクショ

真ん中くらいに調整していくと見やすいかもしれないですね。このように画面右上から下に指を動かして明るさ調整できます。
2つ目は設定から画面調整する方法です。
設定というアプリから画面表示と明るさを洗濯してタップしてください。

そうすると下画像のような画面が出てきますので明るさ調整して行きましょう

設定 スクショ
ちなみにこの画像は暗い状態ですのでスライダーを調整して明るさ調整します。

設定 スクショ

この状態が明るさ最大です。お好きな明るさに調整しましょう。
どちらでも結果は同じなのでお持ちのiPhoneでお好きな方法で明るさを調整してください。

【android】スマホの画面が暗い場合の調節方法

続いてandroidですが、最初の画面で上から下に指を動かして設定を選びます。その後は画面設定を開き明るさのレベルを選択すると明るさを調整するスライダーが表示されるので調整して見てください。どちらも数分あれば明るさの調整が可能です。

スマホの画面が暗いと目に優しい?適切な明るさとは?

話は少し変わりますが、適切な明るさはどれくらいなのでしょうか。
昔は暗いところで本を読むと目が悪くなるとか言われていましたが、暗い画面を見続けた時はどうなのでしょうか。

スマホの画面が暗いと目に優しいのか:一概にそうとは言えない

東京学芸大学保健管理センターの情報によると目が疲れてしまう原因は長時間同じ距離で画面を見たり明るすぎる画面を見たりすると脳は目のピント調整をしないといけないため疲れてしまうとされています。

暗すぎても明るすぎても目にとっては負担になるので、適切な明るさを普段から心がける方がいいでしょう。

スマホの画面の適切な明るさとは?

ではどの程度の明るさが適切なのかというとこればかりは一概には言えないのですが、東京学芸大学保健管理センターの情報によると画面の明るさを紙の明るさに合わせるのがいいと言われています。

気がつかないうちに画面を暗くしすぎたり明るくしすぎたりするのではなく、白い紙を見ているかのような明るさに調整して見てはいかがでしょうか。

またブルーライトなど目が疲れる原因となる光もスマホから出ているのでアプリなどを使って疲れにくい環境を作っておくことをオススメします。

スマホの画面が暗い時はアプリで調節しよう!おすすめアプリをご紹介!

ではiPhoneにとってのオススメアプリとandroidにとってのオススメアプリを紹介します。

【Appleストア】明るさ調節 - 高性能な液晶輝度調整ツール&ウィジェット

明るさを調整してくれて液晶彩度調整をしてくれるアプリでオススメなのが「明るさ調節 - 高性能な液晶輝度調整ツール&ウィジェット」です。
シンプルかつ高性能で画面を素早く好みの彩度に調節できる優れものです。しかも好みの明るさをホームスクリーンに登録しておくこともできるので毎回の設定画面から操作するより楽です。
室内や野外、映画館など環境によって彩度を調整することもできます。

【Googl Play】 ブルーライト軽減フィルター

目が疲れてしまう原因の1つがこのブルーライトと言われていますが、これは波長が380nmから495nmの青色光のことを言います。この波長が380nmから495nmの青色光(ブルーライト)をカットすることができればスマホを見るのが少し楽になるかもしれないのでブルーライト軽減フィルターを使う事をオススメします。

こもアプリを使うとシンプル操作でブルーライトカット率を調整したり画面の明るさを変えずに青色光を抑えることもできるのでブルーライトブルーライト軽減メガネなどをかけるよりはるかに楽で無料なのでコストもかかりません。

このようにアプリを有効活用するだけで自分に合ったスマホにカスタマイズできるのです。

スマホの画面が勝手に暗くなる場合や対処法を試しても常に暗い場合は?

スマホを使っていて知らない間に画面の明るさが変わったりしたことあるのではないでしょうか?私も使い始めの頃は部屋の電気を消した途端スマホ画面の明るさが変わったりしたことがあるのですが、直し方もわからず困ったことがあります。

iPhone、android共に同じ機能がついているので暗くなった時の対処方法と勝手に暗くならないようにする方法をまとめていますので参考にして見てください。

【iPhone】スマホの画面が勝手に暗くなる場合の対処法

最初にスマホ画面が暗くなった際の対象法はお伝えしましたが、ここからは少し応用編になります。もともとスマホには明るさ自動調整機能が備わっているため、自動的に明るさ調整をしてくれます。この明るさ調整をオフにする方法を紹介します。

設定アプリから一般を選択してアクティビティを開いてください。

その後ディスプレイ調整を選択して軽さ自動調整というところがどうなっているのか確認して見ましょう。

オンになっている場合は自動調整されている状態ですので自動調整機能が不要の場合はオフにしておきましょう。逆に必要と感じた場合はオンにすれば自動調整をしてくれるようになります。

【iPhone】スマホの画面が暗いまま直らない場合の対処法

万が一画面が暗いまま治らない場合は故障や不具合による可能性があります。
上記の方法を試しても治らない場合は一これから説明する対処法をお試しください。

充電してみる
充電切れなんていうオチがあるかもしれないです。一応充電してみましょう

アプリを終了させる
ホームボタンがある場合はホームボタンを2押してマルチタスク画面を表示させます。
そこには今まで開いたアプリなどがずらっと並んでいる場合があるので全てアプリを終了させてください。
これは一時的にアプリを保存している状態なので不具合が起きる原因となる場合もありますのでこまめにアプリを終了させる癖をつけておきましょう

再起動させる
スマホ自体を再起動して不具合を直して見ましょう。ホームボタンと電源ボタンを両方押して少し経つとリンゴのマークが出てきます。出てきたらボタンを話して再起動終了するまで待ちましょう。

この2つの方法をまずは試して見てください。ほとんどの場合これで治りますが治らない場合は修理に出すか最悪強制リセットをするしかないのでこまめにバックアップをとっておくといいです。

【android】スマホの画面が勝手に暗くなる場合の対処法

androidの場合も同様で画面設定を選びます。その後は画面設定を開き、明るさのレベルを選択すると明るさを調整するスライダーが表示されるのですが、その画面に明るさ自動調整のチェックボックスが出てくるのでそこのチェックを外すと勝手に暗くならないようになります。

自動調整機能を使いたい場合は逆にチェックするようにしましょう。

【android】スマホの画面が暗いまま直らない場合の対処法

androidも画面が暗いまま治らないということが起きるかもしれませんが、その際にもいくつか試してもらいたいことがあります。

充電してみる
私の知り合いがスマホを修理する仕事をしているのですが、修理依頼で多いのが充電忘れでの画面がつかないということです。

何度も抜き差しする充電器が壊れていたり断線していたりすると十分な充電ができないので壊れてしまったと勘違いするそうです。

騙されたと思って一度充電して見てください。

アプリのキャッシュを削除
あまり聞きなれないかもしれませんが、スマホやパソコンには起動するだけで少しずつキャッシュが溜まっていきます。イメージでいうと埃みたいなものです。このキャッシュを定期的に削除しておくことが理想ですが、難しいと思いますのでもし画面が暗くなってしまった場合はこのキャ種削除をして見ましょう

設定からアプリアプリと通知を選びアプリ情報をタップします。そこでキャッシュ削除したいアプリを選択してストレージを開きキャッシュ削除を押せば完了です。

この方法で改善したという人も多いので是非やって見てください。

アップデートの確認
意外とあるのがアプリのアップデートしていなかった場合です。アプリも常に進化しており不定期でバージョンアップを繰り返します。このバージョンアップをしていない状態ではアプリを開いた際に不具合が起きる場合があるので、通知が来たらこまめにアップデートしておきましょう。

スマホの画面が暗いと感じる場合は早めに治そう!

画面が暗いと感じた場合上記の方法を使って早めに直して見てください。普段から使うスマホなので使いやすい状態で使う方が絶対いですよね。

まとめ

いかがだったでしょうか。スマホ画面が暗くなった時の対処方法について紹介していましたが、少しでも皆様の役に立てれれば幸いです。

iPhoneでもandroidでも難しく考えずに自分にとって使いやすいスマホにカスタマイズして見てください。

明るさ調整は日々使うものだからこそしっかり考えて見てもいいと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧