スマホの電源ボタンが反応しない!対処法は?

この記事を執筆するにあたって

スマホの電源ボタンが効かなくなった時って、やっぱり焦りますよね。しかし結構、往生際悪くガチャガチャやってると直ることがあるのも事実なんですよね。スマホにはアプリというのもありますし。

Written By 猫俣 ミクスレート

目次

スマホの電源ボタンが反応しない場合の対処法について解説します

スマホの電源ボタンが反応しない、なんて状況があるかもしれません。特に電源を切っている状態やスリープ状態の時はスマホそのものが使えなくなってしまいますから、これは焦りますよね。

そんな時は修理に出す前に、やれるだけのことをやっておきましょう。ひょっとしたら、ちょっとした操作でスマホの電源ボタンが作動するようになるかもしれません。

またアプリを使うことで電源ボタンが必要な操作を別の手順で行うことができるものもあります。

スマホの電源ボタンが反応しない場合は「強制シャットダウン」を行ってみる

強制シャットダウン

スマホの電源ボタンが反応しなくなった時は、「強制シャットダウン」を行ってみるのも方法のひとつです。

「強制シャットダウン」を行うとどうなるのか

AndroidOSやiOSといったスマホの基本ソフトが、何らかの原因でフリーズしてしまったために電源ボタンが反応しないというケースもあります。

また重いアプリがスマホのスペックをオーバーしてしまったり、あるいはアプリ自体の不具合でフリーズすることもあるでしょう。

そんな時はスマホの電源を強制的にOFFにし、再度起動することでスマホが元の状態に戻ることもあります。それが「強制シャットダウン」というわけですね。

強制シャットダウンの方法:Android

メーカー別に「強制シャットダウン」の手順をお伝えしましょう。

  • Xperia:「電源ボタン」と「音量キーの上ボタン」を同時に8秒ほど押し続ける→3回振動したら指を離す→「電源ボタン」長押しして再起動
  • Galaxy:「電源/画面ロックキー」と「音量キーの下ボタン」を同時に7~8秒間押し続ける
  • HUAWEI:「電源ボタン」を10秒ほど長押し→再度「電源ボタン」を長押しして再起動
  • Nexus:「電源ボタン」を5秒ほど長押し
  • Disney Mobile on docomo:「電源ボタン」と「音量キーの下ボタン」を同時に9秒ほど長押し
  • Qua phone QZ:「電源ボタン」と「音量キーの上ボタン」を同時に11秒ほど長押し
  • AQUOS:「電源ボタン」を長押し→画面が消えて振動したら「電源ボタン」を長押しして再起動

強制シャットダウンの方法:iphone

  • iphone5以前・SE:「スリープボタン」と「ホームボタン」を同時に数秒間押し続ける→Appleのロゴが表示されたら手を離す
  • iphone6・6plus・6s・6splus:「スリープボタン」と「ホームボタン」を同時に数秒間押し続ける→Appleのロゴが表示されたら手を離す(スリープボタンの位置がiphone5までとは変わっているので注意)
  • iphone7・7plus:「スリープボタン」と「音量キーの下ボタン」を同時に長押し→Appleのロゴが表示されたら手を離す
  • iphone8・8plus・X:「音量キーの上ボタン」を1回押してすぐ離す→「音量キーの下ボタン」を1回押してすぐに離す→「スリープボタン」を長押し→Appleのロゴが表示されたら手を離す

スマホの電源ボタンが反応しない場合の対処法!android編

対処法Android

「強制シャットダウン」以外にも、スマホの電源ボタンが反応しない時に試してみるとよい方法がいくつかあります。

スリープモードを防止する

スリープ状態になったままスマホの電源ボタンが反応しなくなった時はなかなかやっかいですよね。そんな時に電源ボタンを使わなくてもスリープモードを解除できる方法があると便利です。

Always On Display(Galaxyのみ)

Galaxyシリーズのスマホには「Always On Display」という機能があり、これをONにしておくとスリープ中であっても時計やカレンダーを表示させておくことができます。

そしてこの状態で画面をタップするとスリープ状態が解除されるのです。

しかしこの機能は残念ながらGalaxyにしか搭載されておらず、他の機種では使うことができません。

Always On Display-AMOLED

Always On DisplayーAMOLED

……と思いきや、まったく同様の機能をもつ「Always On Display-AMOLED」というアプリがあるのです。

これを使うことで「Always On Display」のようにスリープモードをタップひとつで解除できるように。

ただ「AMOLED」ディスプレイ搭載機でない機種の場合はバッテリーの消耗が早くなるという欠点があります。

その他の対処法

それ以外にも、このような対処法を試してみてはいかがでしょうか。

充電する

バッテリーが切れていては、スマホが壊れていなくても電源ボタンは反応しません。まずは充電を試してみましょう。

電池パックをはずす

電池パックをはずすというのも有効な手段です。あわせて電池パックの接点部分が汚れていないか、綿棒や乾いた布で拭いて確認しておくとよいでしょう。

機種によっては電池パックをはずすことができないものもあります。

SIMカードやSDカードをはずす

意外に思えるかもしれませんが、SIMカードやSDカードをはずすことで正常に戻ることもあります。電池パックと同様、カード類が汚れていないか確認するとよいですね。

リセットボタンを押す

Xperiaなど、機種によってはリセットボタンがついているものがあります。リセットボタンを押して再起動させてしまうのも手段のひとつでしょう。

スマホの電源ボタンが反応しない場合の対処法!iPhone編

対処法iphone

iphoneの場合は、以下のような対処法があります。

DFUモードを使う

DFUモードとは、iTunesにiPhoneのデータをバックアップしたうえで、iPhoneを初期化するというもの。iphoneに入っているデータの破損や消失の心配なく、安全にiphoneを初期化できるというわけですね。

手順としては

  • USBケーブルでiTunesの入ったPCとiphoneを接続する
  • iphoneの「電源ボタン」と「ホームボタン」を同時に10秒以上長押し
  • 画面が消えたら「電源ボタン」だけ手を離す
  • そのまま「ホームボタン」の長押しを続ける
  • PCにダイアログが表示されたら「OK」→「復元とアップデート」→「OK」の順にクリックする
  • アクティベート画面が出たら「Apple ID」と「パスワード」を入力する
  • 再起動され「新しいiphoneへようこそ」という表示が出たら「このバックアップを復元」をクリックして「続ける」を選択する

あとはバックアップが終わるまで気長に待つだけです。データ量が多ければ30分以上かかることもありますから、焦らずに。

その他の対処法

充電する

まずは充電が切れていないか確認しましょう。

SIMカードやSDカードを外す

iphoneでもカード類の抜き差しで再起動がかかり、フリーズが解除されることはあります。ついでにカードや差込口にほこりがたまっていないか、確認しておきましょう。

放電する

iphoneは機能の進化とともに熱がこもりやすくなっています。またPCやゲーム機などと同様に、長時間使い続けることによってもどんどん熱がこもってiphoneが熱くなってしまうこともあるでしょう。熱がこもり続けると電源が落ちたりフリーズしてしまいます。

そんな時はiphoneを放電するのが効果的です。放電といってもバッテリー残量が完全にゼロになるまで使い切ればOK。ただ放置しておくだけだと時間がかかるので、画面を明るくしたり、音楽を流したり、ゲームを起動させたままにするなどしてバッテリーを使い切ってしまいます。

するとiphoneの充電を制御するICがリセットされます。ひょっとしたらiphoneが復活するかもしれませんよ。

スマホの電源ボタンが反応しない場合に備えられる事

備え

スマホの電源ボタンが反応しない時、電源ボタンに頼らず別の操作で代用することができるアプリが存在します。

Androidの場合:「Power Button to Volume Button」を使う

Power Button to Volume Button

「電源ボタン」のかわりに「音量キー」を押すことでスリープ状態を解除することができるアプリです。使い方は

  • 「Power Button to Volume Button」をインストールし、アプリを起動する
  • 「Enable/Disable Volome Power」をタップして機能を有効にする
  • 「音量キー(上・下どちらでもOK)」を押すとスリープ状態が解除される

またこのアプリは「電源ボタン」を使わずにスリープ状態にすることもできます。

  • 設定画面で「Screen Off」にチェックを入れる
  • 「端末管理アプリの有効化」を「有効」にする
  • スマホ本体を再起動する
  • 通知領域に「Turn Off Screen」というアイコンが表示されるので、タップするとスリープ状態となる

ただしこの方法でスリープ状態に入ると、解除する時にパスワード等が必要になるので、ちょっと面倒ですね。

また設定画面で「Boot」にチェックを入れておくと、スマホを再起動しても自動で「Power Button to Volume Button」」が立ち上がるようになります。

「Assistive Touch」をオンにしておく

iphoneには「Assistive Touch」という機能が標準装備されています。「Assistive Touch」は「電源ボタン」や「ホームボタン」を使う操作や、手順が多くて面倒な操作を簡単に行うことができるようになるという機能。

  • 「設定」をタップ
  • 「一般」をタップ
  • 「アクセシビリティ」をタップ
  • 「Assistive Touch」をタップ
  • 「Assistive Touch」をONにする
  • 画面右下に丸いボタンが出現するので、タップする
  • 「デバイス」をタップ

ここで「画面をロック」するとスリープ状態となり、さらに長押しするとiphoneの電源を切ることができます。また「その他」→「再起動」でiphoneを再起動することも可能です。

他にも音量調節やスクリーンショットの撮影など便利な機能もありますから、使ったことがないという方はいろいろと試してみてください。かなり便利ですよ。

参考元ソフトバンク公式

スマホの電源ボタンが反応しない場合の最終手段

最終手段

あらゆる手段をつくしてもスマホの電源ボタンが反応しない場合は、スマホが故障している可能性があります。この場合はスマホを初期化したり修理に出したりすることになるでしょう。

ただしその際に気を付けなければならないことがあります。

修理に出す前にやっておこう

スマホを修理に出して戻ってくる頃には、中のデータはたいてい消失しています。

  • データのバックアップ
  • SDカードを抜いておく
  • Googleアカウントを削除しておく
  • 各種アプリのIDやパスワードをメモしておく

戻ってきた時にいつでも元に戻せるよう、スマホのデータはあらかじめSDカードなどにバックアップをとっておきましょう。修理に出す時にSDカードを抜いておくのを忘れずに。

Googleアカウントを削除しておけば、戻ってきてから再ログインすることで簡単にデータを復旧させることができます。しかしIDやパスワードを忘れてしまうと再発行などの手間がかかりますから、忘れずにメモしておきましょう。

また「楽天Edy」や「iD」などのおサイフケータイを使っている場合は、残高などのデータを戻ってきたスマホに移行しなければなりません。こちらはそれぞれのサービスの公式サイトに移行手順が記載されていますので、そちらを参照してくださいね。

スマホを初期化する

スマホの機能がある程度生きている場合は、自分でスマホを初期化するという方法も。新品で購入した時の状態に強制的に戻すので、保存したデータなどはすべて消失してしまいます。

  • データのバックアップ
  • SDカードを抜いておく
  • Googleアカウントを削除しておく
  • 各種アプリのIDやパスワードをメモしておく

修理に出す時と同様、データのバックアップなどは必ずとっておきましょう。また初期化の時にSDカードの初期化を行う機種もありますから、忘れずに取り出しておいてください。

スマホを初期化する方法(Android)

Androidのスマホを初期化する手順です。

  • 「設定」をタップ
  • 「バックアップとリセット」をタップ
  • 「データの初期化」をタップ
  • 「デバイスをリセット」をタップ

これでAndroidのスマホは初期化に入ります。

スマホを初期化する方法(iphone)

iphoneのスマホを初期化する手順です。

  • 「設定」をタップ
  • 「一般」をタップ
  • 「リセット」をタップ
  • 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
  • iphoneのパスコードを入力
  • 「iphoneの消去」をタップ
  • もう一度「iphoneの消去」をタップ

これでiphoneのスマホは初期化に入ります。    

まとめ

さて、スマホの電源ボタンが反応しない時の対処法についてお伝えしてきました。

  • スマホを「強制シャットダウン」することで元に戻ることもある
  • スリープ状態のままスマホの電源ボタンが反応しなくなった場合は、別のボタンでスリープ状態を解除する方法がある
  • その他にも、ちょっとしたことで電源ボタンが反応するようになるかもしれない方法がある。
  • 電源ボタンを使わずに、電源ボタンが必要な操作をすることができるようになる機能やアプリを利用するのもよい。
  • 最終手段としてスマホの初期化や修理に出すことが考えられるが、データが消失するためバックアップをとるなどの準備が必要

スマホの電源ボタンが反応せず、画面がフリーズしたまま戻らなくなったら焦ってしまいますよね。しかし復旧する手段や、電源ボタンを使わなくても別のボタンで代替する手段はいくつも存在します。

いろいろな手段を試して、それでもダメな場合はバックアップをとるなど周到に準備してから初期化したり修理に出すなどしてくださいね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 5bee9065 e2c3 445d be72 4492401c6b94
Written By
猫俣 ミクスレート
見ていただける方のニーズにこたえられるよう、魅力的な情報をお伝えしていきます。
猫俣ミクスレートです。2018年9月より参加させていただいております。見ていただける方の「こんな情報を知りたい」「どの商品を購入しようか迷っている」といったニーズにおこたえしたいです。愛猫「ショートケーキ2号」とともに頑張ります♪

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧