パソコンのアンダーバーの打ち方がわからない!どうしたら入力できる?

この記事を執筆するにあたって

パソコンにおけるアンダーバーの出し方は難しいです。日本においてパソコンのキーボードの規格はJIS(日本工業規格)によって規定されているものが大半です。それ以外にもUSと呼ばれる英語のみのキーボードも存在しますが日本のJIS(日本工業規格)によるキーボードでの打ち方を覚えてしまえば大半のパソコンで使用可能です。また、キーボードにはファンクションキーと呼ばれるキーが存在します。そのキーの使い方を覚えることでタイピングの効率化をがかることも可能です。アンダーバーの打ち方と併せて覚えておきたいキーボード技術です。

Written By アテ ワン

目次

パソコンでアンダーバーを入力する方法について解説します

日本のパソコンのキーボードは基本的にJIS(日本工業規格)によって規定されているキーボードが一般的です。よく目にするキーボードで、最近ではほとんどの人が使い慣れて大抵の入力には困らないのではないでしょうか。しかし、記号ともなると、どこにあるのか思わず探してしまいがちです。また、ひとつのキーにいくつも記号があって、わからないうえに、自分の入力方式によって同じキーを押しても違う記号が表示されたりと、混乱してしまいます。とくにアンダーバーはその最たる例でしょう。アンダーバーは使うキーボードや、入力方式によってまったく入力方式が違ってきますので、注意が必要です。今回はそんなキーボードの入力方法を解説していきます。

パソコン アンダーバー

pcキーボードでアンダーバーはどこにあるのか

一般的なJISキーボードの場合は2つある

JIS(日本工業規格)において規定されている一般的なキーボードにおけるアンダーバーの場所は以下の2つです。

  • 右下のひらがなで「ろ」となっているキー
  • 右上の「ほ」となっているキー

後者はUS配列の場合で、JISのキーボードでもパソコン側のシステムの問題でUS(英語キーボード)と同じ状態になっておりその配置で打たねばならない場合のキーです。
また、macのパソコンでも基本的にはJIS規格のキーボードを使っていれば前者になります。英語キーボードのときは後者で打つことになります。
基本的にほとんどのパソコンでは「ろ」キーを使って打つ方法で問題ないでしょう。

パソコンのアンダーバーの出し方

ローマ字入力の場合のアンダーバー打ち方

ローマ字入力の場合は、Shiftを押した状態で「ろ」を押します。これがもっともメジャーなうち方でしょう。

パソコン アンダーバー

かな入力の場合のアンダーバー打ち方

かな入力でのアンダーバーの打ち方は以下の組み合わせでできます。

  • Shiftキー+「ろ」キーで「ろ」を入力
  • Enterを押さずにファンクションキーの「F9」or「F10」を押す

パソコン アンダーバー

この方法でアンダーバーに変更することができます。
「F9」と「F10」はもともとローマ字入力でもひらがなの部分をすべてアルファベットへ変換してくれるキーですので、アンダーバーに限らず、たとえば「た」キーなら「Q」、「て」キーなら「W」といった具合に変換ができます。
アンダーバーが特殊なのは「ろ」キーはそのまま「F9」or「F10」を使うと「¥」マークになるわけです。これと同様に「Enter」付近にある記号マークはそれぞれ「Shift」キーと使った場合と、そのまま使った場合で違う記号が表示されるので注意しましょう。

半角でのアンダーバー打ち方

半角でアンダーバーを打つのはとても簡単です。要は、半角入力に変換して打てばよいのです。手順を書くと以下のようになります。

  • キーボード左上の半角キーをおして半角入力に切り替え
  • 「Shift」+「ろ」を押す

パソコン アンダーバー

この方法で半角のアンダーバーを表示することができます。

ファンクションキーでアンダーバーを半角全角に変えることができる

アンダーバーには2種類あります。それが全角の「_」と、半角の「_」です。これらを使い分けるときに便利なのが先ほども少し紹介したファンクションキーです。
ファンクションキーの「F9」と「F10」はそれぞれ「F9」が全角、「F10」が半角への変換用のキーなのでアンダーバーを打ち、変換したいほうのファンクションキーを打ち込めば自在に変換することができます。
また、ファンクションキーはアンダーバー以外にもさまざまな使い方があるので代表的な使い方を乗せます。

  • 「F7」全角カタカナへの変換:あんだーばー→アンダーバー
  • 「F8」半角カタカナへの変換:あんだーばー→アンダーバー    半角記号への変換:@_+→@_+
  • 「F9」アルファベットへの変換:あんだーばー→anda-ba-    全角記号への変換:@_+→@_+
  • 「F10」半角英語への変換:あんだーばー→anda-ba-    半角記号への変換:@_+→@_+

パソコンがかな入力になっていてアンダーバーが入力できない場合

パソコンがかな入力になっているときにアンダーバーを打つ方法を解説します。

パソコンをローマ字に戻す操作方法

パソコンの入力をローマ字入力とかな入力を変える方法は以下のキーで行うことができます。

  • 「Alt」キー+すぐ横の「カタカナ・ひらがな・ローマ字」と書かれたキーの同時押し
  • 「Alt+ひらがなキーが押されました。文字入力方法を“かな入力”に変更しようとしています。変更しますか?」という選択が出る
  • 「はい」を選択すれば切り替わる

パソコン アンダーバー

この方法でかなとローマ字の入力方式を変更することができます。

まとめ

パソコン アンダーバー

今回はキーボードにおけるアンダーバーの出し方を解説してきました。アンダーバーを日本のキーボードでの出し方は以下のようなポイントになりますのでおさらいしましょう。

  • JIS規格のパソコンのキーボードでは2箇所キーがある
  • 基本的なキーボードではShiftキー+「ろ」キーで「ろ」を入力することでアンダーバーを出すことができる
  • アンダーバーは英語キーボードと呼ばれるキーボードでは出し方が違う場合がある
  • アンダーバーは半角と全角があり「F9」と「F10」を使うことで自在に変換できる

以上のようなポイントを抑えておけばもうアンダーバーで悩むことはありません。ぜひ活用してみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧