パソコンで文字を打つときに大文字になってしまう!どうやったら解決できる?

目次

パソコンで知らない間に大文字入力になっている

パソコン 大文字

パソコンやソフトの起動直後は、基本的にキーボード入力が半角英数になっています。ひらがなを打ちたい場合は全角に切り替えてローマ字を打ち込むことになり、この2つの入力方法を使い分けて作業することが多いでしょう。

半角でも全角でも、入力されるアルファベットは通常小文字ですが、知らない間に大文字入力になってしまっていることがありませんか?

結論としては、よほどまれなケースを除いては故障ではありません。今回はパソコンのキーボードが勝手に大文字入力になった場合の原因と対処方法を解説します。

パソコンで文字を打つときに大文字になってしまう場合

パソコンでローマ字が大文字入力になってしまう場合

パソコンを使ってローマ字入力で日本語をタイプしている場合は、アルファベットが大文字でも小文字でも正直どちらでも良く、あまり困ることはありません。しかし、大文字と小文字を使い分けて英語表記を入力したい時がやっかいです。

例えばWEBサイトのパスワード入力画面。自分が何を入力しているかは●で隠れて見えないことが多いので、知らずに打ち込むと、正確に入力しているのに誤入力として扱われるのは非常に困ります。

なぜこんなことが起きるのかというと、パソコンのキーボードの入力モードが切り替わっているからです。

どんな場合にキーボードが大文字入力になるのか

まず一つ目は、SHIFTキーを押しっぱなしにしている場合。キーボードの文字キーの左右両方の隅に配置されていて、ローマ字の大文字と小文字を切り替えたり、2つ以上の文字や記号が設定されているキーの入力を切り替える時に使うキーです。

基本的にSHIFTキーを押しっぱなしにしながら対象のキーを同時押しすることで切り替わるので、ユーザー自身が自覚していて「知らない間に大文字に変わった」ということはまずないでしょう。

もう一つが日本語入力と相性が悪いことで有名なCAPS LOCKキーの仕業です。何も操作した覚えがないのに大文字に切り替わってしまったら、たいていCAPS LOCKキーを誤って押してしまったことが原因です。

CAPS LOCKキーは単独で押すと半角/全角が切り替わる機能を持つキーです。ローマ字で日本語を入力している途中に誤入力した場合、即座に半角英数モードに切り替わり日本語が打てなくなります。

押しっぱなしではなく、一度押すと入力が切り替わってしまうのが曲者で、個人的になぜ頻繁に使うAキーやZキー、SHIFTキーやCTRLキーの隣に配置したのか理解に苦しみます。

さらに、すぐ下にあるSHIFTキーと同時押しすることで、小文字を大文字に切り替える機能を持っています。隣同士に配置されているため誤入力しやすいことと、一度切り替わると再度ユーザーが操作するまで入力が保持されるため、「何もしていないつもりなのに大文字に変わった」ということがよく起こります。

特定の文字だけをキーボードの大文字で打ちたい

パソコン 大文字

シフトキーを押しながら入力する

通常、パソコンのキーボードの入力は小文字になっており、特定の文字だけを大文字にしたい場合は一時的に入力を切り替えるSHIFTキーを同時押しします。

変換する

会社名を入力する場合など、大文字を連続で使いたい場合、SHIFTキーを押し続けるのは面倒です。こんな時におすすめなのが、F8キーで変換してしまう方法です。

全角入力限定ですが、SHIFTキーを一度押しながら文字を入力すると、ENTERキーを押さない限りは後ろに続く入力も全て半角英数の小文字で表示されます。この状態でF8キーを一度押せば、範囲内の英文字を全て大文字に変換することができます。

日本語を入力していて一部だけ英語表記したい、大文字に変えたい場合に非常に便利な機能です。

また、使い方としては限定的ですが、子音(AIUEOキー以外)が連続するスペルの場合は変換キーを押すことで全角半角、大文字小文字の表記が切り替え可能です。

パソコンで文字入力が大文字になる時の解決する方法

キャプスロックを解除する

入力が大文字で固定されてしまった場合、まずはキャプスロックがかかっているかを表示で確認することができます。キーボードによってはCAPS LOCKキーが点灯していたり、右上あたりにCの文字が明るく表示されている場合があり、この場合はキャプスロックがかかっているせいで大文字入力に固定されていることになります。

キーボードでは表示が確認できないタイプのものは、モニターの右下、タスクバーを見てください。

パソコン 大文字

真ん中あたりのCAPSの文字が青くなっています。この場合はキャプスロックがかかっています。

ちなみにこの状態でSHIFTキーを押しながら入力すると、小文字になります。

キャプスロックを解除するには、再度SHIFT+CAPS LOCKキーを同時に押します。タスクバーのCAPSの文字が白くなっていたら、キャプスロックは解除されています。

IMEツールバーとは

Windowsのパソコンでは、通常画面の下に細長いタスクバーが表示されています。その中でも入力や言語に関する機能をまとめたものをIMEツールバーと呼びます。

IMEツールバーからキャプスロックを解除する方法

SHIFT+CAPS LOCKキー同時押しする以外にも、IMEツールバーのCAPSの表示を直接クリックすることで大文字と小文字を切り替えることができます。

IMEオプションで全ての入力を小文字に設定する

少なくとも日本語をメインに入力するケースでは、CAPS LOCKキーの有用性が思いつきません。誤入力のたびにいちいち表示を確認し、キャプスロックを解除するのが面倒だ、という人はパソコンの設定で効かなくすることができます。

Windows 7を例に挙げて解説します。

1.まずタスクバー右下、IMEツールバーのAまたは「あ」にマウスのカーソルを合わせ、右クリックし、表示されたメニューから設定をクリックします。

パソコン 大文字

2.テキスト サービスと入力言語のウインドウが表示されるので中段左のMicrosoft IMEをダブルクリックします。

パソコン 大文字

3.Microsoft IMEのプロパティが別ウインドウで表示されるので、上段やや左の編集操作のタブをクリックします。

パソコン 大文字

4.編集操作のタブを開いたら、上段右にある変更ボタンをクリックします。

パソコン 大文字

5.するとMicrosoft IME 詳細プロパティが別ウインドウで起ち上がります。ここでは、現在設定されている機能の割り当てキー一覧が表示されています。画面左のキーと書かれた列から英数の表示を探し、クリックして選択したら中段右の削除(R)のボタンをクリックします。

パソコン 大文字

これで、CAPS LOCKキー(英数キー)に割り当てられていた「かなと英数を切り替える」という機能が削除されました。

あとは画面下段の適用(A)→OKと順番にクリックすれば設定が保存され、ウインドウが自動的に閉じて操作完了です。

ちなみにCAPS LOCKキーの設定を戻したい場合、Microsoft IMEのプロパティのウインドウ右にある標準に戻す(S)のボタンをクリックすれば初期設定に戻せます。

パソコン 大文字

この画面ではほかにもキーの割り当てをユーザーの使いやすいようにカスタムできて何かと便利です。

パソコンのキーボードの入力が大文字になってしまうことと直接関連はありませんが、有用な設定なのでぜひ活用してみてください。

まとめ

パソコン 大文字

今回はパソコンのキーボードの入力が大文字になる原因と対処方法を解説してきました。

パソコンはあまり知られていない便利な設定や効率的な操作方法がたくさんあります。理解を深めてより快適にパソコンを活用してください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アメ フラシ
初心者の方でも分かりやすいような記事の作成を心がけています。
家電を購入する際、私自身がインターネットで入念に情報を調べたいタイプです。ユーザー目線に立った時に欲しい情報、知りたいポイントなどを、なるべく多くの方にわかりやすく解説することを心がけていきますので、よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧