パソコンの画面が消えてしまう!どうしてなの?何が原因で消えるのか教えて!

目次

パソコンの画面が突然消える

パソコンを使っていて、いきなり画面が消える……一度は誰しも体験したことがあるのではないでしょうか。モニターが壊れたと思う方もあるかとおもいますが、実は必ずしもそうではないのです。今回は、どのような時にパソコンの画面が消えてしまうのかについて解説していきます。

パソコンの画面が勝手に消える場合はどんな場合があるか

しばらく操作なしで放置する

ノートパソコンなどで、省エネ設定などを行っている場合によくあるパターンです。デスクトップ型パソコンでも起こる可能性は十分あります。

スクリーンセーバーなど設定している場合でも、画面が消える事があります。これはモニターの電源が切れたことにより起こるものです。この場合は、マウスを動かすとモニターの電源がオンになる事が多いです。筆者の場合はマウスを動かして復帰させています。他に聞いた体験談では、シフトキーのみを押すという方もいました。

モニターの電源を切るかどうかは自分好みにカスタマイズできます。
Windows7の場合を例に取ると、コントロールパネルの個人設定の項目から、スクリーンセーバーの設定に進み、下部にある電源管理の項目から、 電源設定の変更に行き、ディスプレイの電源を切る時間の指定と、コンピューターがスリープ状態になる時間を変更しておくといいでしょう。

充電が切れる

ノートパソコンなどを持ち歩いている際は、バッテリーの残量に注意しましょう。残量がなくなればパソコンは電源がきれた状態になりますから、画面は消えてしまい、次に充電するまで使えません。データなども保存したときのものしか残りませんので、ご注意下さい。また、データはまめに保存しておくことを習慣づけておくと良いでしょう。

故障

パソコン トラブル

筆者の体験で一度だけあるのがモニターの故障です。まだ液晶ディスプレイがあまり出回ってない時代の頃の話ですが、埃が内部に落ちたらしくジュワッと音がし煙を一瞬出したので、これは壊れたなと分かりました。かなり焦げ臭かったです。
この時は急ぎの仕事があったので即座にモニターを買い換えに雪が降る中、秋葉原まで出かけて買ってきた覚えがあります。これは本当にレアケースかと思います。

モニターの故障なのか、PC本体の故障なのかを検証する為に、もう一台モニターがあった方が便利なので、筆者は小さい液晶モニターを買って保存してあります。
故障したと思われるモニターを、別の動いているモニターと繋ぎ直して画面が写れば、モニターの故障ですし、両方とも写らない場合はグラフィックボードか、運が悪いとマザーボードそのものの故障になるかもしれません。
グラフィックボードのみの故障ならパーツだけ買い換えればよいのですが、マザーボードやCPUでしたら丸ごと買い換える方が安いこともあります。
メーカー製PCなら修理に出す方が無難かと思います。自作PCの場合は全部取り替えするのか、故障した部分のみにするのかは、個人の好みによるかと思います。

アップデートしたWIN10でパソコンの画面が消える場合

パソコン todolist

モニターの電源がオンになっているかどうか、まず確認しましょう。モニターのランプが付いていない場合、PCが起動していない可能性が考えられます。どこかでケーブルが断線しているかもしれませんので、モニターとPCを繋ぐケーブルを新しいものに交換すると画面が付くことがあります。

また、コントロールキー+シフトキー+エスケープキーを同時に押してみて下さい。これはタスクマネージャーを起動するショートカットキーです。もし、タスクマネージャーが起動した場合は、Windowsがきちんと起動しておりモニターが正常に接続されている状態です。

Windows Updateの直後に消えた場合は、何分か待ってみましょう。何かPCが作業をしていてまだPCが使える状態ではないため、暗くなっている場合があります。
他のPCや、スマートフォンなどで検索ができる環境なら、月例更新のWindows Updateに何か問題が出ていないかGoogle検索をしてみるとよいでしょう。

特に注意してほしいのは、Windows10にアップデートした直後は、インターネットに接続した状態の場合、グラフィックボードのドライバーが更新されることがあります。筆者の友人のケースですが、画面が暗いままで、画面が点灯するまで20分位かかったとのことです。

修復方法は?

システムの復元で問題が解決する場合もありますので、試す価値はあるかと思います。予備のモニターを本体に繋ぐという手法も使ってみて下さい。

また、PC起動時は画面がついていたが、しばらくして突然画面が真っ黒になった場合、まずは五分間位、何もしないで待ってみましょう。グラフィックボードのドライバーが停止して、再起動している可能性があります。

Windows10で何をしてもうまくいかない場合は、ダウングレードして、Windows7あるいは8.1に戻すことが出来ます。但し、Windows10にアップグレードしてから 1ヵ月間のみの方法になりますのでご注意下さい。

スタートメニューの設定をクリックし、設定の中にある「更新とセキュリティ」の項目をクリックして下さい。ここで左メニューの「回復」をクリックします。「Windows 7 に戻す」というところの「開始する」をクリックします。あとは画面の指示に従い、操作していって下さい。
30日以上たったけれど、ダウングレードしたい場合は、必要なデータを全てバックアップして下さい。IMEに登録した単語などは忘れやすいので、こちらもしっかりバックアップしておきましょう。万一失敗したときのために、今のPCの中にあるバックアップではなく、USBメモリーやDVDなどにバックアップしておくと良いでしょう。

以前のOSに戻すので、Windows7(あるいはWindows8.1)のインストール用ディスクとプロダクトキーを準備しましょう。次にやっておくと楽なのは、今のPCのWindows7(あるいはWindows8.1)用の、デバイスのドライバーを全部ダウンロードし、USBメモリーにいれます。Windows10のデータを全て削除した後は、普通に新規インストールを行って下さい。その後、USBメモリーを差し込み、該当するWindowsのデバイスのドライバーをインストールします。この方法でダウングレードができます。

故障

モニター単体なら買い換え、PC本体なら修理に出すことをお勧めします。

パソコン タブレット

パソコンを普通に使っていて画面が消える場合

ノートPCやデスクトップPCの場合など、冒頭に書いていますが、省エネ設定をしているとか、モニターの電源を何分後に切るなどの設定になっていることが多いのでそちらを確認して下さい。デスクトップはモニターだけ買い換えられますし、グラフィックボードの故障ならパーツだけ買い換えて付け直しができます。しかしながらノートPCの場合は色々難しい事も多いので、まずは別のモニターに繋いでみて下さい。背面に他のモニターに出力できるようになっていますので、それで他のモニターに繋いでみて下さい。この時画面がうつるようなら必ずデータのバックアップを強くお勧めします。

タブレットPCの場合

とりあえず再起動させてみましょう。ACアダプターに繋いで充電が出来るような環境で再起動させて下さい。一時的な何かしらのエラーで真っ暗な画面になっていることが多いです。また1時間ほど、タブレットPCの電源をいれないで充電して下さい。バッテリーが空っぽになったため、この現象が起きている可能性が高いです。
このあたりまで試しても再起動しない場合は、修理をメーカーに依頼して下さい。この場合バックアップなど出来ない事が多いので、必要なデータなどは、普段から必ず保存しておきましょう。

ソフトウェアが原因の場合

これは極めてレアケースといえると思います。まだ筆者はそのような事態に遭遇したことはありませんが、最後にインストールしたものからアンインストールするというのは鉄則なので、試してみて下さい。ドライバーの場合も同様、最後にインストールしたものからアンインストールしてみて下さい。これでダメなら、システムの復元を試してみて下さい。

画面が真っ暗でWINDOWSが起動しない場合

修理もしくはOSの再インストール

精密機器 内部

画面が真っ暗でWindowsが起動しない場合、PCに慣れていない方は、メーカーに修理に出すことを筆者はお勧めします。へたにあちこちいじってどうにもならなくなるより、ストレートに修理の方がいいです。また初期不良という可能性もありますから、まずはメーカーに相談してみて下さい。

Windows10のOSを再度インストールするのも試す方法ではありますが、PCに慣れている人の方が無難です。自分のPCスキルと相談してから修理に出すか、再度インストールするかを決めて下さい。

まとめ

パソコンの画面が消え、真っ暗になるだけで、とても慌ててしまう方も凄く多いと思います。ですが昔よりはPCは丈夫になっていますし、バックアップの方法も色々あります。
普段からのこまめなバックアップがあなたの大事なデータを守ります。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧