パソコンのマイクの音量設定の方法が知りたい!それとマイクを認識させるには?

この記事を執筆するにあたって

パソコンのマイクには3種類の接続方法があります。赤と緑の端子をパソコンにつなぐタイプと、ひとつのイヤホンジャックに差し込んでこの二つのジャックを差し込める変換アダプタのタイプ、そしてUSBのタイプです。基本的なパソコンではヘッドホンとマイクの差込口が記されていますが、ノートパソコンやMacの場合はイヤホンジャックと同じだったり、USBを使うので他のデバイスが使えなくなったりする違いがあります。

Written By アテ ワン

目次

パソコンのマイクの設定について解説します

パソコンにはイヤホンや、スピーカーなどさまざまなアクセサリがあります。そんな中にマイクやヘッドセットといった製品もあります。このマイクやヘッドセットは差し込んで設定をするだけで使えますが、場合によっては音が出なかったりします。また、使っているパソコンによってマイクの接続方法は変わってきます。その方法も含めてパソコンでのマイクの設定方法を解説していきましょう。

パソコン マイク 設定

どんなパソコンでもマイクをつなげれるように接続設定ができるのか

一般的に市販で売られている多くのwindowsのパソコンはコントロールパネルからマイクの設定をする事ができます。しかし、まれに、接続が出来ない場合があります。その場合さまざまな可能性が考えられますが、ひとつ考えられるのはサウンドドライバーというシステムが正しくインストールされていない可能性があります。これですといくら正しくマイクを接続してもマイクを認識することが出来ませんので、確認しましょう。Windos10のやり方を例に見ていきましょう。

  • スタートを右クリックする
  • クイック アクセス メニューをクリック、デバイス マネージャーを選択
  • 「サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー」を選択

もしもここで「サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー」を確認し、!や?といったマークがついていると正しくインストールされていない可能性がありますので、再度インストールする必要があります。やり方は簡単で
す。

  • 「サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー」をアンインストールする
  • アンインストールされたことを「サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー」を選択し確認
  • コンピューターを再起動する

こうすることで内臓されているデバイスと構成とドライバーの際を検知し自動的に再度インストールされますので試してみましょう。

Macやノートパソコンの場合

Macやノートパソコンの場合も設定が可能ですが、普通にイヤホンジャックにさしても認識されません。理由はイヤホンジャックが対応しておらずひとつしかないので、変換アダプタか、USB端子の製品を使う必要があるからです。

このアダプタを使えば通常通り、マイクを認識し音量設定等が可能になります。USBを使うタイプの製品を使った場合は接続した後に以下のような手順で設定が可能です。

  • 画面左上のアップルマークを選択
  • システム環境設定を選択
  • ハードウェア内のサウンドを選択
  • 出力タブを選択しUSBヘッドセットを選択

パソコンにマイクを差し込んだ場合の認識の確認場所

デバイス上で確認する

では実際にパソコンにマイクをつないで見ましょう。その場合にマイクが認識されていれば、音量設定は実に簡単です。マイクには緑と赤のジャックがついています。この緑の方をヘッドホン(出力)に差し込みましょう。そして赤の方をマイク(入力)の方に差し込みましょう。

パソコン マイク 設定

通常ですとこの段階で即座に認識され画面上にマイクの音量設定画面が表示されるはずです。しかし認識されない場合認識されているかどうかを確認する方法としてデバイス上で確認する方法を紹介しましょう。
最初にマイクをささない状態で見てみます。

  • まず、左下のスタートメニューを開き、コントロールパネルを開きましょう
  • その中にハードウェアとサウンドという欄がありますので選択しましょう
  • 開いたメニューからサウンドを選択しましょう
  • サウンドタブの中にある録音を見てます

開いた中を見てみるとマイクのアイコンがあり「接続されていません」とひょうじされているのがわかると思います。

パソコン マイク 設定

これがマイク(今回はヘッドセットをさしています)を差し込むと①マイクが接続されており、②音量の感知メーターも表示されているのがわかると思います。

パソコン マイク 設定

右下のインジゲータで確認する

またマイクの接続を確認する方法は右下のインジゲータでも行うことが可能です。右下にあるインジゲータの小さな三角と音量のマークがあります。この上を向いた三角をクリックすると、マイクが認識されていれば、マイクのマークが追加されているはずです。また、音量マークも右クリックすることでデバイス確認のメニューを開くことができます。

パソコンにマイクを接続した場合の音量設定

コントロールパネルデバイス上

パソコンのマイクの音量設定はしっかりとマイクが感知されれば、基本的にはコントロールパネル上で音量の設定をする事が可能です。コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→サウンド→と開いてマイクのアイコンが表示されるところまでもって行きましょう。

パソコン マイク 設定

そのマイクの画面にいったらマイクのアイコンをクリックしましょう。すると「MicroPhoneのプロパティ」というウィンドウが開きます。この画面で入力の音量設定を行うことが出来るようになります。

右下のインジゲータ上

コントロールパネルよりも手数が少なく簡単にマイクの音量設定をする事ができるのが右下のインジゲータから行う方法です。このインジゲータ内にある上を向いた三角形をクリックするとオレンジのマイクアイコンが追加されているのでクリックして開きます。

パソコン マイク 設定

すると再生デバイスと録音デバイスそれぞれの音量設定用の画面が表示されます。これでマイクの音量設定を簡単に行うことが出来ます。

他場所で設定する

インジゲータの中にある音量アイコンを右クリックすることでも簡単にマイクの音量設定が可能です。この音量アイコンを右クリックするとボリュームコントロールオプションが表示されます。

パソコン マイク 設定

録音デバイスをクリックすると、コントロールパネルから開いたマイクのアイコンにすぐたどりつくことができます。

参考:EPSON

マイクを接続しても音が出ない場合

マイクやヘッドセットをさしているのに音が出ない場合は接触不良の可能性があります。以下の手順にそって確認してみましょう。

  • 何度か挿入してみて認識するか確認する
  • 奥まできちっと差し込まれているか確認する
  • コントロールパネルから設定を確認する

以上の確認を行ったうえで尚認識されない場合は他のイヤホンなどでも試してみましょう。もしそれで他のイヤホンなどが使用できた場合はマイクの接触が悪くなっている可能性があります。

故障の場合

また、いずれのデバイスやイヤホンなどを試してみても反応しない場合はパソコン側の故障を疑う必要があります。ジャックにマイクを差し込んで認識はされるが音が出ない場合は、音量調整など行って尚改善が見られない場合はマイク側の故障の可能性があるので修理かメーカーへの問い合わせが必要になってきます。

MicBoostが有効になっていない場合

コントロールパネルからレベルを開くと音量調節を行える画面にいけることは既述しましたが、その画面の下にマイクブースとというゲージがあります。これが無効になっているとマイクが使えない場合があるので、有効を確認する必要があります。

まとめ

今回はマイクの接続方法と、設定方法を紹介してきました。マイクを使うにはいくつかのポイントがありますのでそのポイントを今一度おさらいしたいと思います。

  • 基本的に一般に市販されているパソコンはマイクをしようして設定することができる
  • しかしノートパソコンやMacの場合はUSBや変換アダプタが必要
  • 基本的にはマイクを接続すれば自動的に設定画面が表示される
  • 設定画面は表示されなくてもコントロールパネルやインジゲータで設定可能
  • 設定しても音が出ないときは接触不良や故障の可能性がある

以上のようなポイントをしっかりと抑えて、たのしくパソコンのマイクを使えるようにしましょう。

パソコン マイク 設定

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧