テレビで録画したものをパソコンに取り込みたい!どうしたらいいのか教えて!

目次

テレビで録画したものをパソコンに取り込みたい!

録画機器もいつ壊れるかわからないからバックアップの意味でもパソコンに取り込みたい。

又はテレビよりパソコンの方が良く使用しているからパソコンに録画した映像を取り込みたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

テレビとは違ってパソコンであれば、作業しつつ映像を見ることも容易ですからね。

そこで今回の記事ではテレビで録画した映像をパソコンに取り込む方法についてご紹介していきます。

テレビで録画した映像をパソコンに取り込みたいけど違法な方法は嫌だ、という方にも安心な方法を紹介していきますので、気になる方は読んでみてください。

テレビで録画した映像をパソコンに取り込む方法

テレビで録画した映像をパソコンに取り込むだけであれば、基本的にそこまで難しいことではありません。

そこでバックアップとしてパソコンでも録画映像を置いておきたいという方のためにそのような方法について紹介します。

テレビで録画した映像をパソコンに取り込む方法①記録媒体を介して取り込む方法

テレビで録画した映像をパソコンに取り込むにはDVD-RやBD-R(それぞれREでも可)といった記録媒体を利用すれば簡単に取り込むことができます。

ちなみに取り込んだわけではありませんが、DVD-RやBD-Rをパソコンに挿入すると以下のような画面になります。

テレビ 録画 パソコン 取り込み

バックアップとして保存するだけでしたら、こちらの方法で十分にテレビで録画した映像をパソコンに取り込む方法として有効なのでお試しください。

テレビで録画した映像をパソコンに取り込む方法②通常はDVDーRに録画したものをパソコンで再生は不可能

テレビで録画した映像をパソコンにバックアップとして取り込む、保存するだけですと上記方法で十分に事足ります。

しかしテレビで録画した映像をパソコンに取り込んで、映像を見たいということであるなら、残念ながら上記の方法だけでは難しいです。

その理由は動画再生ソフトにはDVD-RやBD-Rの再生に対応していないものもあるからです。

テレビ 録画 パソコン 取り込み

それにより、通常はDVDーR等の記録媒体に映像をダビングしたとしても、パソコンで閲覧することができないことがあります。

ただし、有料で販売している動画再生ソフトを使用することで、DVD-RやBD-Rにダビングした映像をパソコンに取り込み、なおかつ再生することができるようになります。

これは有料ソフトの多くが、DVD-RやBD-Rといった記録媒体の再生にも対応しているからです。

例えばCyberLinkが開発元となっている「CyberLink PowerDVD BD」といった動画再生ソフトがそれに当てはまります。

テレビ 録画 パソコン 取り込み

有料ということなのでもちろん購入するにあたりそれなりの費用も掛かってしまいますが、30日間という期間限定であれば体験版を無料で使用することができます。

なので、体験版を使用し、使い勝手を確かめてから購入することを検討してもいいかもしれませんね。

ちなみにですが、使用するパソコンによって、もしくはパソコンを購入した場所によってはこういったソフトがプリインストールされていることがあります。

プリインストールされていれば改めて購入する必要もありませんので、自分のパソコンにどういったソフトがインストールされているのかを一度確認してみてはいかがでしょうか。

参考元:CyberLink ホーム

参考元:CyberLink 管理と取り組み

外付けHDDにテレビから録画した映像はパソコンに取り込める?

テレビ番組を録画しているという方の中には、録画機器を使用しているのではなく、外付けHDDを使用しているという方もいることでしょう。

となると気になるのが、使用している外付けHDDをパソコンに接続し、パソコン内に録画映像を取り込めるのかどうか、です。

そこで次にテレビ番組を外付けHDDにて録画した映像はパソコンに取り込めるのかについて紹介します。

暗号化されているためできない

結論から言って、テレビ番組を外付けHDDにて録画した映像はパソコンに取り込むことはできません。

これはDVD-RやBD-Rとは違い、HDDにて録画した映像には著作権の保護を目的とするコピー制限があるからです。

その制限により暗号化されているために外付けHDDであっても、録画を行ったテレビでしか基本的には見ることはできないのです。

ただ、こういったコピー制限に関してはネット上にあるソフトを用いることで解除することができ、それによりパソコンに取り込み、再生することが可能となります。

しかしコピー制限を解除する行為は違法行為となってしまっていますので、決して行わないようにしてください。

地上波で放送している番組に制限がかけられていることに対しては色々賛否両論がありますが、現状では違法行為である以上一度の行いにより取り返しのつかないことになる可能性もありますので。

専用ソフトを用いることで再生可能?

DVD-RやBD-Rとは違い、テレビ番組を外付けHDDで録画し、その録画した映像をパソコンに取り込みさせるということは再生ソフトを用いることでも不可能です。

その理由は上記と同様に、外付けHDDで録画した映像には著作権保護を目的とした暗号化が行われているからになります。

DVD-RやBD-Rでは少なくともパソコンに取り込みさせるということまでは可能でしたが、外付けHDDの場合ではそれすらもできません。

というのも、外付けHDDをパソコンに繋いで使用しようとすると、「フォーマットする必要があります」との表示が出るためです。

フォーマットするということは外付けHDDを初期化、つまりテレビ番組を録画したデータを全て削除するということですので外付けHDDの場合はパソコンへの取り込みも閲覧もできなくなっています。

フォーマットの意味を知らなければ、フォーマットすればテレビ番組を録画した外付けHDDをパソコンで見れるの?と思うかもしれませんがそうではありませんのでご注意を。

SeeQVaultにテレビから録画したものはパソコンに取り込める

上記ではテレビ番組を録画した外付けHDDの録画映像をパソコンで見ることはできない、と紹介しました。

が、実はSeeQVault対応の外付けHDDであれば、外付けHDDに録画したテレビ番組をパソコンにて再生することが可能です。

そこで最後にSeeQVaultとは一体何なのか等について紹介していきます。

SeeQVaultとは

SeeQVaultとは、今まで録画したテレビ番組は録画した機器でしか基本的に見ることができなかったことを、他の機種でも安全に見ることできるようにした技術のことです。

他の機器で見ることができるようになるという互換性、そして他の機器でも安全に見ることのできる保護技術が合わさったものがSeeQVaultになります。

このSeeQVaultに対応している外付けHDDを使用すれば、録画したテレビ番組をパソコンに取り込み、閲覧することが可能です。

ただその際、使用しているパソコンがSeeQVaultに対応しているということが必須となりますので、その確認だけは行うようにしてください。

参考元:TOSHIBA

再生用のソフトで再生する

テレビ番組をSeeQVault対応の外付けHDDに録画したのであれば、その外付けHDDをパソコンに接続することで録画番組を閲覧できます。

それでは具体的にどういった方法で外付けHDDに録画した番組を見るのか説明というと、パソコンに外付けHDDを接続し、専用のソフトを起動させるだけです。

従来まではフォーマットする必要があると言った表示がされましたが、SeeQVault対応外付けHDDであれば映像を見るにあたってもちろんそんな必要はありません。

上記で紹介した方法を見てもわかるように外付けHDDに録画したテレビ番組をパソコンで簡単に見ることができますのでぜひお試しください。

ちなみに専用の再生ソフトは、各メーカーの外付けHDDのページにてダウンロードができるようです。

おそらくSeeQVaultに対応した外付けHDDを購入した際に付属している説明書等に、ダウンロード場所については記載があるかと思いますので、そちらを確認の上専用のソフトをインストールしましょう。

まとめ

テレビ番組を録画し、パソコンに取り込み、そしてパソコンで映像を再生するには以下の二通りの方法があります。

  • DVD-RやBD-Rにダビングし、再生ソフトを使用する
  • SeeQVault対応の外付けHDDを使用して、専用のソフトをダウンロード及びインストールする

これ以外にもコピー制限を解除するという方法もあるにはあるのですがこちらは違法ですのでやらないようにしましょう。

ちなみにですがSeeQVault対応の機器同士であるなら、録画機器で録画した映像をスマホやタブレット、別のテレビなどでも再生が可能になります。

テレビの録画した番組をパソコンで取り込みするだけでなく、様々な機器でも楽しみたいという方にSeeQVaultは非常に有効なので、そういった方もぜひ使用してみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧