パソコン画面でPS4のリモート機能を使用する方法を解説!

この記事を執筆するにあたって

今回のような記事の場合、紹介する機能やメリットをまとめ直す時点で思わぬ使用方法を発見できて、その後自分が使うときにも有用だったりすることもあるのが良いですね。記事内には当たり前すぎる話なのであえて書きませんでしたが、リモートプレイの為にはPS4をスタンバイ状態に維持する必要があるため、ほんの少しだけですが消費電力が上がります。エコと利便性とは大抵トレードオフなので仕方ないと割り切るべきでしょう。そもそも今時のゲーム機やパソコンでいちいち電源を切る人の方が少ないんですよね…。

Written By HN: トゥルーデは俺の嫁

目次

パソコン画面でPS4のリモート機能を使用する

かつてPS4のリモートプレイはSony製の端末XperiaやPS Vitaのみに限られていましたが、現在はPS4側ファームウェアのバージョンアップでパソコンからでも(Windows・MacOS問わず)リモートプレイが可能になっています。
 

今回はパソコン用のモニター画面にリモートプレイの様子を表示する方法、その為に必要な設定などを画像を交えながら解説してみようと思います。
 

なかには「自室にPS4があって遠隔操作の必要はないし、パソコン用モニターにパソコンとPS4を接続していて簡単に画面切替ができるから必要ないよ」という筆者と同じような環境の人も居るでしょう。
 

でもリモートプレイ出来れば作業やゲームプレイの内容によってはそれなりに便利な点もあるので、知っておいても損はないと思うのですよ?
 

1. パソコン画面でPS4のリモート機能を使用する方法とは?

まずパソコンと必要な周辺機器が揃っているか、必要なスペックに達しているかをチェックしてみましょう。

必要なもの

  • パソコン(Windows or Mac)
  • PS4(またはPS4 Pro)
  • ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK4)
  • USBケーブルまたはDUALSHOCK4 USBワイヤレスアダプター
    下で紹介しているワイヤレスアダプターを使うと、パソコンでもワイヤレスで操作可能です。

  • Sony Entertainment Network(SEN)アカウント
    旧PlayStation Network(PSN)アカウントと同じ物です。自身で移行手続きを終えていなければPSNアカウントがそのまま使用出来ます。

  • 高速なインターネット接続環境(上り下りとも15Mbps以上を推奨)
    使用する場所によってはこれが一番ハードルが高いかもしれません

(記事内の画像はAmazon商品の紹介を除いて、全て筆者が撮影し加工したものです)

ちなみに上記製品は『希望小売価格:3,218円(税込)』となっており、それ以上の値段が付いている(Amazonマーケットプレイスで売られている大半の)品はぼったくり価格となっていますのでご注意ください。
 

必要なパソコンのスペック Windows OS搭載機(AT互換機)

  • 対応OS:Windows 8.1/10(32・64ビット両対応)
  • 対応CPU:動作周波数2.67GHz Intel Core i5-560M以上 / CUH-7000(PS4 Pro)シリーズで[リモートプレイのビデオ品質]の[解像度]を[最高(1080p)] [フレームレート]を[高]に設定する場合は2.50GHz Intel Core i5-2450M以上

  • 100MB以上のストレージ空き容量

  • 2GB以上のRAM

  • ディスプレイ(画面解像度)1024 × 768以上

  • サウンドカードあるいはオンボードサウンド機能

  • USBポート

必要なパソコンのスペック OS XあるいはmacOS搭載機(Macintosh)

  • 対応OS:OS X Yosemite / El CapitanまたはmacOS Sierra / High Sierra / Mojave
  • 対応CPU:動作周波数2.40GHz Intel Core i5-520M以上のプロセッサ
  • 40MB以上のストレージ空き容量
  • 2GB以上のRAM
  • USBポート

 

Winの場合CPUがCore i5以上というのは少しハードルが高いのですが、それ以外は割と安価なパソコンでも満たせるようなスペックです。ゲーム画面のデコードにマルチスレッド処理が欲しいのですかねぇ?最新のモバイル向けCore i5は動作周波数が2.40GHzを下回る物もありますが『スレッドまたはコア数が4以上』『ブースト時の動作周波数が3.0GHz以上』あれば問題なさそうです。
 

Macは基本的に値段が高い分、基本スペックも高めなので現行より数世代前の機種でも問題ないでしょうがMacbook系はThunderbolt 3(USB-C)しかないモデルも多いので、コントローラー用のUSB<>Micro USBケーブルを繋げるためにUSB Type-C用ハブとかを介する必要があるのは覚えておくべきでしょう。
 

Macにも対応しているのは好評価ですが、筆者は「互換性何それ美味しいの?」という姿勢の(USBポートをType-C一つだけにしたりとか、接続端子をコロコロ変える)Appleが好きではなく、貧乏でMacを買えないという懐事情もあり説明は必然Windowsのみになり、記事で用いるアプリケーション画像もWindowsのものだけとなることは…筆者の記事を読んだことのある方でしたら分かっていただけるかと思います。
 

ちなみに最高画質の『1080p(フルハイビジョン解像度=1920×1080)』は、リモート元のPS4が『PlayStation 4 Pro(CUH-7000)』でないと利用することができません。
ps4 パソコン 画面

ただPS4がProであること以外にも、遠隔操作先の回線速度が解像度の高い映像を受信出来るぐらい高速で安定している必要もあるので「PS4 Proだからどんな場所でも最高画質でリモートプレイが出来る」という訳ではない点には注意が必要です。
 

記事参考:インテル Core i5-520M プロセッサー仕様

パソコン画面でPS4のリモート機能を使用する手順① PS4をネットに繋げてSEN(PSN)アカウントにサインインさせておく

LANケーブルを使った『有線LAN接続』でも、『無線LAN(Wi-Fi)接続』でもどちらでも良いのでPS4を自宅のLAN内に接続します。
 

無線接続より有線接続の方が通信が安定するので、可能であればパソコンもPS4もLANケーブルによる有線接続がおすすめです。ケーブルの長さが足りないとか賃貸だとか部屋の構造的にケーブルを敷くのが難しい場合は無線接続でも構いません。

ps4 パソコン 画面

ちなみに各環境において無線接続の設定方法は異なり、そこを細かく説明すると今回の記事から大きく脱線すると思ったので詳しい接続手順は割愛します。LANケーブルが届くのであればそれをPS4とルーターや光回線終端装置(ONU)やADSLモデムなどに繋ぐだけとHDMIケーブルをテレビに繋ぐのと同じくらいに簡単なので、そういう点でも有線接続がおすすめです。
 

あとはPS4側でPlayStation Network(≒SEN)にサインインするのも忘れないようにして下さい。PSN(SEN)に加入していてPS4に加入済みのアカウントがないとリモートプレイが出来ません。ちなみに有料の『PlayStation Plus』に加入する必要はないのでご安心下さい。
ps4 パソコン 画面

 

パソコン画面でPS4のリモート機能を使用する手順② PS4側でリモートプレイを行えるように設定を行う

初めてリモートプレイ機能を使うのであれば、以下の画像と説明を参考に設定をして下さい。もともとPS Vitaなどからリモートプレイが出来るように設定が済んでいる場合はこの手順は飛ばして構いません。

『設定』>『リモートプレイ接続設定』を開いて
ps4 パソコン 画面

ps4 パソコン 画面
 

[リモートプレイを有効にする]にチェックを入れます。
ps4 パソコン 画面

『設定』>『アカウント管理』>
ps4 パソコン 画面

 
『いつも使うPS4として登録する』を開いて
ps4 パソコン 画面
 

『登録する』を選択します。
ps4 パソコン 画面

 

PS4がスタンバイモード中にリモートプレイを始められる様に『設定』>『省電力設定』>『スタンバイモード中の機能を設定する』を選び

ps4 パソコン 画面

ps4 パソコン 画面
 

[インターネットに接続したままにする]と[ネットワーク経由でPS4の電源を入れられる]の両方にチェックを入れればPS4側の設定は完了です。
ps4 パソコン 画面

パソコン画面でPS4のリモート機能を使用する手順③ リモートプレイアプリをダウンロードしインストールする

以下PlayStation公式サイトからパソコン用のPS4のリモートプレイ用アプリケーションをダウンロードしインストールを行います。自分が使用しているパソコンの方をダウンロードしインストールして下さい。

参考:PlayStation公式 パソコン用PS4リモートプレイアプリケーション ダウンロードページ
 

パソコンのどこかに欠けたリンゴのマークがあればMac、なければ高確率でWindows OSを搭載しています。あとスタバでイケメンが開いているのがMac、マック(McDonald)でサラリーマンが開いているのがWindo…本気にしないように!冗談ですよ?
 

ちなみにWindowsとMac用を万が一間違っても、Winはexe、Macはpkgとファイル形式が異なるのでインストールできないだけで終わります。動かなかったらもう一度別の方をダウンロードしてインストールするだけなので心配する必要はありません。
 

パソコン画面でPS4のリモート機能を使用する手順④ PS4コントローラーをパソコンに繋いで、PS4リモートプレイアプリを起動する

PS4に付属しているUSB<>MicroUSBのケーブルを用いてパソコンとPS4コントローラーのDUALSHOCK4を接続し、アプリを起動すればあとはメッセージに従って進めるだけでOKです。USBケーブルは純正品でなくても構いません。筆者はテスト用にマグネット式のUSBケーブルを使用しましたが『パソコンとPS4コントローラーに接続できてデータ通信が可能なもの』であれば何でも良いようです。
 

初回のみSEN(PSN)のアカウント入力が必要になります。PS4でサインインしているユーザーのアカウントを一度入力すれば以降は入力の必要はありません。アプリ開始後は宅内にあるPS4に繋ぐのか、外出先から繋ぐのかによって必要な時間が違いますが、PS4の遠隔起動&接続に40秒以上は掛かるのでお茶やコーヒーなどを飲みながら心を落ち着かせて待ちましょう。
 

いつもの見慣れた画面が表示されたら成功です。リモートプレイアプリの右下のアイコンかalt+Enterキーでフルスクリーン表示<>ウィンドウ表示を切り替えることが出来ます。フルスクリーンプレイ時でも画面下部に(見えない)マウスカーソルを持っていく感じにマウスを操作すれば各PSボタン他の機能を呼び出すことが可能です。

ps4 パソコン 画面

2. パソコン画面にPS4をリモートさせるにはオンラインでなければならない

パソコンに限らずPS4のリモートプレイを行うには、PS4がオンライン状態で電源オンあるいはスタンバイ状態であること、操作側も回線状態が安定したオンライン状態である必要があります。
 

「家庭内のPS4ならオフライン状態でもLAN接続されていればいけるかな?」と思い実験してみましたがアプリ側がオンライン状態でないと起動出来ず、そこをすり抜けてもPS4をスタンバイから立ち上げることは出来ても操作可能な段階までは進めることが出来ませんでした。
 

ちなみにリモートプレイ中に他のPS4コントローラーからPS4へ直接ログインするとリモートプレイが途切れてしまいます。出先からPS4をプレイしたい場合で2つ以上PS4のコントローラーがあり、他の人がPS4で遊ぶ可能性がある環境ならば、リモートプレイしたい時間帯にPS4で遊ばないように伝えておいたり、もう片方のコントローラーを隠しておくなどの対策が必要でしょう。

3. パソコンの画面でPS4のリモート機能を使用するとどんなことができるの?

パソコンの画面でPS4のリモート機能を使用する事でできる事①PS4をパソコンでプレイできる

例えば、リビングの大画面テレビにPS4を接続しいつもはそちらでゲームをしているけれど、他の人がそこでテレビを見ているときなどは二画面表示が可能なテレビでない限り同時にゲームをすることはできません。
 

ですがリモートプレイ機能を使えば自室のパソコンからPS4を操作してプレイすることが可能です。WiiUのタブレットコントローラーみたいにテレビを見ている人がいるときでもゲームが出来る訳です。あちらは通信距離の関係でWiiUから一部屋以上離れると通信が途切れるので実用性の薄いものでしたが、PS4のリモートプレイ機能はインターネット回線を使って通信を行っているので、距離を気にせず離れた部屋からでもゲームをすることができるでしょう。
 

パソコンの画面でPS4のリモート機能を使用する事でできる事②外出先でもPS4をプレイ出来る

『待望のソフトを購入したは良いものの、翌日急な出張が入って2~3日遠出をしなければならない』なんてシチュエーションでも出張先のビジネスホテルのLAN設備やテザリングが出来るスマートフォンなどを使って、ノートパソコンをPS4用画面として離れた場所からもプレイすることが出来ます。
 

お気に入りのゲームの発売日に仕事の休みを取っておくなんてのはいつの時代でも変わりなく、ファミコンでドラゴンクエスト3が発売された頃からあるゲーム好きにとっては定番行事でもあります。発売直後に心ゆくまで遊び倒したいと思う人は今の世でも、海外でも変わりありません。近年ではFallout4の発売日用にFallout4制作者が休暇願用のサインをジョークとして用意したとか、同じく大作RPGである『The Witcher 3: Wild Hunt』を製作したCD Projekt RedにてFallout4の発売日に何故か開発者の多くが風邪で病欠をしたなどの件が話題になりました。
 

一人でじっくりプレイに集中できる書斎や外出先、どちらのパターンでも有効であるのはもちろん「PS4をリモートプレイをしたいけれどその為にだけにPS Vitaを買い足す余裕はない」という方で、ミドルスペックのパソコンを持っている人ならばパソコンでのリモートプレイがおすすめです。
 

4. パソコンの画面でPS4をリモートすると遅延は発生するの?

発生します。しかもPS4のネットへの接続方式(有線、無線)、ping応答速度、回線速度などで左右されます。宅内LANであれば認証時以外はLAN内でメインの通信がなされるのでインターネットを介さない分そこそこの速度が維持されますが、遅延が発生しない訳ではありません。
 

ですのでリズム系ゲームなどはかなり難しいでしょう。格闘ゲームなども遅延があると分かった上での先読みを含めた行動などが要求されます。シューティングやアクション等などその場のタイミングが非常に重要なゲームも向いていません。ターン制のRPGやシミュレーションRPG、長時間思考可能なADV他パズル系、密室脱出系、カードゲームや双六などのテーブル系など操作が少し遅れても問題なく遊べるジャンルでしょう。
 

と前置きをしましたが、それら遅延を気にするのはガチゲーマーの中でもほんの一部で、筆者個人としては実際のゲームプレイでことさらに不便を感じるほどの遅延ではないとも思っています。アクション系であるThe Last of Usとか普通に遊べますし…ただ外出先でインターネット速度が安定しない場所などでは「遅延がありすぎてまともに遊べない!」という可能性もあると思います。
 

遅延を全くなくすることは無理ですが、PS4リモートプレイアプリの設定から解像度やフレームレートを下げることで遅延を少なくすることは可能なので、回線速度が低く通信が安定しないようでしたらそれらの設定を下げてみるのも一つの方法でしょう。
ps4 パソコン 画面
 

5. パソコンの画面を使用してPS4をするリモート機能のメリット・デメリットとは?

パソコンの画面を使用してPS4をするリモート機能のメリット①:外出先でも据え置き機で遊べる

かつて外出先でゲームを遊ぶには3DSやPS Vita、現在ならNintendo Switchの様な持ち運び可能なポータブルゲーム機に限られていました。ですがパソコンやPS Vitaがあれば外出先でも据え置き機のゲームが遊べる訳ですから、便利な世の中になったものです。
 

ただ教育的に家に帰るまで我慢する必要がなくなったのは…良いことなのか悪いことなのか判断に困るところではありますがね?良い大人は節度を保ってゲームプレイするようにしましょう。
 

パソコンの画面を使用してPS4をするリモート機能のメリット②:パソコンのモニターに攻略情報とゲーム画面を同時に表示出来る

筆者的にはこれが一番便利だと感じました。スマートフォンやタブレットもセカンドモニターとして併用できますが、画面に表示出来る情報量は圧倒的にパソコン画面の方が多く見やすいので、攻略サイトなどを表示しながらやり残した要素などを埋めていく場合パソコンでリモート機能を使うとかなり便利です。
 

逆に攻略情報を作りながらゲームをする際にも重宝します。パソコンなら好みのエディタやwikiなどを使いながらプレイできますし、PS4の画面とパソコン画面の入力切替を行わなくて済むので手間が減るのですよ。
 

パソコンの画面を使用してPS4をするリモート機能のデメリット①:リモートで表示されないものもある

たとえばYouTube他、PS4で用意されている各動画サイトを視聴するためのアプリで動画を視聴しようとすると下記メッセージが出てリモートプレイが途切れてしまうことがあります。

ps4 パソコン 画面

これは著作権保護の観点から動画を簡単にキャプチャー出来るパソコン側からPS4を介して『動画を録画することを阻止するための機能』であるためどうしようもありません。まぁパソコンがある場合はパソコンで当該動画配信サービスを利用でき、わざわざPS4を使って見る必要はないのでそこまで大きなデメリットいう訳ではありませんね。
 

ちなみに全ての動画系アプリがリモートプレイで使用できないわけではないようで、YouTubeはダメでもTwitch(※)はOKだったりとアプリごとに使用の可否は異なるようです。
 

※Amazonが提供しているゲーム実況特化動画配信サイト

ps4 パソコン 画面画像はTwitchでのXenoblade2実況動画

 

アプリ以外ではリモートプレイ機能がネットワークを介して行っているので、ネットワーク関係の設定変更等がリモートプレイ中には出来ず、設定変更用の画面も表示することが出来ません。
 

パソコンの画面を使用してPS4をするリモート機能のデメリット②:キーボードやマウスは認識されない

折角パソコンから繋げるのであれば、マウスやキーボードも接続していると認識してくれれば最高だったのですが、残念ながら『PS4のブラウザのURL入力フォーム』『各アプリ内にある検索フォーム』『ゲーム中の名前入力画面での文字入力』など限定された状況でしかパソコン側のキーボードを使うことはできません。
 

ですのでキーボード&マウス操作に対応したオンラインゲームでもパッド操作のみ対応となっています。普段からパッドのみを使うのであれば何の問題もないですが、キーボード&マウスの操作に馴れていたりするゲームの場合は強制パッドプレイになるので、そういったタイトルをリモートプレイ機能で遊ぶのはあまり実用的ではありません。
 

パソコンの画面を使用してPS4をするリモート機能のデメリット③:PSボタンを押したときSteamのBig Picture画面が強制表示される

ps4 パソコン 画面

PS4のパッドは従来のものと違い、パソコンに繋げると普通のパソコン用ゲームパッドとしても認識されるので、Steamクライアントがインストールしてある環境限定ではありますが、PSボタンを押すと上記画像のようなBigPicture画面がしゃしゃり出てくることがあります。そういう場合は画面下へのマウス移動でポップアップされるGUI内PSボタンを使用しましょう。
 

ですがこのデメリットは解消方法も存在します。
ps4 パソコン 画面Steamクライアントのウィンドウ左上[Steam]という文字列アイコンから『設定』>『コントローラ』>『一般のコントローラ設定』をたどり[ガイドボタンがSteamにフォーカスします]のチェックを外すと無効化出来ます。こうすることでPSボタンを押してもBigPictureが出てこなくなるので、いつも通りにPSボタンを使用できるようになります。
 

まとめ

実はですね…筆者はこの記事を書くまでパソコンを使ってPS4のリモートプレイができるということをすっかり忘れていたのですよ。2016年のファームウェアver3.50からなので忘れていても仕方がないと思いません?
 

で今回複数PS4の記事を書くにあたってこの機能を使ってみた訳ですが、いちいちパソコンとPS4の画面を切り替えなくて済む分作業が捗るのです。キーボードは部分的にしか使えませんでしたがPS4のブラウザでURL入力とかソフトウェアキーボードを使うと面倒なことこの上ないのですが、パソコンからであればコピー&ペーストが使えたので非常に便利でした。それ以外でも戦場のヴァルキュリア4のクリア後オマケ要素を埋めるために攻略wikiなどを見ながら、便利にリモートプレイを使っています。
 

タブレットやスマートフォンを使えば似たようなことは出来るのですが、実際にパソコンでMinecraftのお手本動画を見ながら、トラップタワーを建築したり、Vtuberやニコニコ動画の面白動画を見ながらRPGの退屈なレベル上げをこなしたりしてみれば分かると思うのですが、一つのモニター画面内に必要な情報を表示させると視点移動が少なくて『ながら作業』が楽なんですよ。
 

それ以外にも、終わった作業にチェックを入れたり攻略法を自分なりにまとめたりなど何らかのインプットを行う場合キーボードに勝る入力デバイスがないので、パソコンで同じ画面上にゲームと情報入力のためのエディタを表示出来るところにパソコンを使うリモートプレイの利点があるのです。
 

「外出先でもPS4で遊べる!」というのがリモートプレイの最大のメリットなのですが、使い方によってはそれ以上の利便性も見いだせるのが『パソコンを使ったリモートプレイ機能』の特徴だと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7cd9a8d2 4e76 42aa 9071 65a0696b6a53
Written By
HN: トゥルーデは俺の嫁
製品紹介はなるべく間違った情報を伝えないよう製品の説明書などで下調べをし、レビューはキッチリ使い込んだり比較してから書き始める派なので基本遅筆です。疲れたときの癒やしは飼い猫達をなでることです。
家電やガジェット好きの趣味が高じて、文章書き(パソコン関連ソフト&ハード、白黒家電、ガジェットなどの紹介記事、購入製品のレビュー etc...)をやっています。 広く浅くがモットーなので、それほど深い知識はありません。 なるべく正しい日本語で書けるようにIMEにATOKを使い、長い文章は少しでも誤字脱字が減るようにVOICEROIDに音読させて確認してから公開するようにしています。 違う目的の為に買ったVOICEROIDが思わぬ役に立っているので、もう一人買い足そうかと目論んでいます。 やっぱり弦巻マキの相棒といったら結月ゆかりですよね?

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧