パソコンの画面を小さくする方法と縮小した画面を戻すを解説!

目次

パソコンの画面を小さくする方法を解説します

パソコンの画面は実はスマートフォンの画面のように拡大したり小さくすることも可能です。しかしながら設定がおかしくなったり、windowsの新しい機能を無意識に作動させてしまったりすると、もしかしたら戻せなくなって困ったことがあるひともいるかも知れません。今回はそんなパソコンの画面の大きさを調整する方法をポイントごとに解説していきましょう。

【キーを使って】パソコンの画面を小さくする方法を紹介

パソコンの画面は、キーボードを使って大きくしたり小さくすることが出来ます。そのショートカットキーの方法をご紹介いたしましょう。この方法がわかると大変操作しやすくなります。

【キーを使って】パソコンの画面を小さくする手順①ctrlキーを使う

基本的にパソコンの画面の大きさを合わせるのは「ctrl」キーが便利でしょう。一番よく使われる方法です。画面を小さくする方法で「ctrl」キーを使った場合には二通りが考えられます。

  • ひとつが「ctrl」キー+マウスのスクロールホイールを下に動かす
  • もうひとつが「ctrl」キー+↓矢印キーを押す

このどちらを行った場合も画面の倍率が縮小されます。ぜひ試してみてください。

【キーを使って】パソコンの画面を小さくする手順②windowsキーを使う

windowsキーを使うことでも画面お大きさを変えることができます。まず、windowsキー+↓矢印を押すと瞬時にウィンドウを小さくすることが出来るので大変便利です。キーボードを打つだけで、マウスを使う必要がありません。ですのでノートパソコンなどを使う場合にとても使いやすいでしょう。
さらに、ウィンドウズのロゴキーにあわせて「M」のキーを使うことで画面を最小化することも出来ます。ぜひ使いやすいので使ってみることをおすすめします。
また、windowsキー+「+」キーで拡大鏡を出すことも出来ます。これは画面の表示を自由に変えることの出来る機能ですので表示された拡大鏡のプラスとマイナスを使えば自由に表示画面をいじることが出来ます。

【キーを使って】パソコンの画面を縮小から戻す方法とは

【キーを使って】パソコンの画面を縮小から戻す手順①ctrlキーを使う

ctrlキーを使うことで、縮小した画面を自由に戻すことが出来ます。方法は以下2種類のようになります。

  • 「ctrl」キー+マウスのスクロールホイールを上に動かす
  • 「ctrl」キー+↑矢印キーを押す

この方法を使うことで画面の表示を大きくすることができますのでサイトの文字が小さくて見えにくいときには大変役に立つでしょう。

【キーを使って】パソコンの画面を縮小から戻す手順②windowsキーを使う

縮小した画面を戻す方法でwindowsキーを使う方法も紹介しておきましょう。

  • ①windowsキー+「Shift」+↑矢印ボタン
  • ②windowsキー+「+」キーで拡大鏡を出し倍率を増やす

①の場合は縮小されたウィンドウ画面を瞬時に拡大することが出来ます。②の場合は画面自体の倍率を大きくすることが出来ます。ですので、その時々使いたい機能を選んで使ったほうがよいでしょう。

パソコンの画面が縮小できない場合に考えられる原因

画面が大きくなってしまい縮小できなくなった経験はあるでしょうか。このような状態に陥るとパソコンの操作が出来なかったり難しくなってしまうのでとてもこまります。そんなパソコンの縮小操作の出来ない原因を考えていきましょう。

パソコンの画面が縮小できない場合に考えられる原因①タブレットモードになっている

Windows 10にはタブレッドモードという機能があります。このタブレッドモードというのはWindows 10から出来た機能で、パソコンをまるでタブレッドを使うように使える機能ですがタッチパネル対応のノートパソコンの場合や、キーボードを取り外して使えるようなノートパソコンのような場合以外は基本的に使いにくいと評判の機能です。しかしながら何かの拍子にこの設定が有効になってしまって、普通のノートパソコンのモードが切り替わってしまうと実に使いにくくて作業に困ります。
パソコンの縮小が出来なくなった場合、このタブレッドモードが有効になってしまった可能性を考えたほうがよいでしょう。
タブレッドモードを解除するにはアクションセンターというアイコンを選びましょう。日付と時間の横にある噴出しのマークです。これを選んだらタブレッドマークを選択肢、オフにしましょう。

参考:microsoft

パソコンの画面が縮小できない場合に考えられる原因②解像度の設定がおかしい

解像度の設定がおかしい場合、画面が大きいまま縮小できなくなる可能性もあります。しかし、この場合はパソコンのトップ画面から、設定を行えばある程度設定をいじってかいけつ出来ますので、その方法を後述しましょう。

参考:microsoft

パソコンの画面が突然大きくなる!原因や縮小方法は?

パソコンの画面が突然大きくなる原因と縮小方法①拡大鏡の起動

突然パソコンの画面が大きくなるという意味ではまずこれがあるでしょう。拡大鏡を起動するといきなり二倍くらいの大きさになります。意図的にやれば別にそこまで驚くようなことではないのですが、タイピングなどをしているときに間違えて拡大鏡を起動すると結構驚きます。しかし慌てずに以下のショートカットキーを用いれば簡単に戻すことが出来るのでやってみてください。

  • windowsキー+「Esc」キー

これで元の画面に戻るはずです。また拡大鏡が原因の場合は拡大鏡の虫眼鏡が画面のどこかに表示されているはずです。

パソコン 画面 小さく する

それがなく、かつ上記のコマンドをしても戻らない場合にはほかの方法を疑ったほうがよいでしょう。
参考:windows

パソコンの画面が突然大きくなる原因と縮小方法②解像度の設定

パソコンの操作をいくらか試してみても一向に画面の大きさが戻らない場合は、解像度をいじってしまったか、あるいは設定がなんらかの原因でおかしくなってしまった可能性があります。その確認をしてみましょう。この解像度はWindows10では、その画面にとってっもっともよい解像度になるようになっています。
デスクトップの何もない場所を右クリックしてみてください。するとメニューが開かれるのでディスプレイ設定を選択しましょう。その中に解像度という表示があるので「解像度」を選びます。
すると解像度のメーターが現れるのですが、このメーターのうち上に行けばより鮮明な画像が表示され、下に行けばぼやけるわけですが、Windows10では基本的に推奨という設定になっているはずなのです。
その設定がおかしい場合もありますので、いじってみて直るかどうかを見てみましょう。

パソコンの画面が突然大きくなる原因と縮小方法③ディスプレイドライバー

パソコンの画面がおかしい理由にはディスプレイドライバーが影響している場合もあります。このディスプレイドライバーはパソコンのディスプレイを制御するソフトですが、何らかの支障をきたしていると画面の調整がきかなくなる可能性もあります。
ですのでその場合は以下の手順で更新するとよいでしょう。

  • トップ画面のWindowsマークを右クリックする
  • デバイスマネージャーを起動
  • ディスプレイアダプターを選択
  • ディスプレイドライバーが表示されるので右クリックする
  • ドライバーの更新を選択
  • ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索をする

参考:microsoft

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はパソコンの画面をちいさくする方法をご紹介してきました。パソコンは大変使いやすいですがさまざまな機能があるので思わず違った操作をしてしまい、動かすのが難しい場合もあります。そんなときはパソコンの操作を調べてゆっくり慌てず操作すれば大丈夫です。今一度、操作の方法を確認していきましょう。

  • パソコンの画面の縮小方法は「Ctrl」キーと「windows」キーを使う方法がある
  • パソコンの画面を小さくする方法は「Ctrl」キーと「windows」キーを使う方法で逆に動かせばよい
  • パソコンの画面が突然大きくなってしまう理由は拡大鏡の起動、解像度設定、ディスプレイドライバーの影響が考えられる

これらのポイントでたいていの場合は解決できるでしょう。慌てずにじっくり取り組んでいけば大事にはならないのでゆっくりと対処しましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧