テレビにパソコンを接続するともモニターとして使える!接続方法を解説!

目次

テレビにパソコンを繋いで大画面で楽しむ方法

最近は小学生のなりたいランキングにYouTuberがランクインするような時代。TikTokなどの流行っているように、エンターテイメント中心はテレビからネットに移ったなんて声もあるほどです。

そうなると、家族でYouTubeのような動画サイトを見るなんて事も日常で良くある光景になりました。テレビそのものにブラウザが内蔵されているスマートテレビもありますが、そうではない場合、テレビにパソコンを繋いでモニターとして使う方法が考えられます。

そこでここでは、「テレビにパソコンを繋いでモニターとして使う方法」をテーマに、準備品や手順まで分かりやすく解説していきたいと思います。

テレビ パソコン モニター

テレビにパソコンを繋いでモニターとして使う方法

準備品

HDMIケーブル(パソコン側の出力端子とテレビ側の入力端子がともにHDMI端子の場合。※ほとんどの今のパソコン、テレビにはHDMI端子があります)

・端子変換ケーブル(※パソコン側の出力端子とテレビ側の入力端子が異なる場合)

(例)テレビ側が古いテレビでHDMI端子がなく、アナログ端子の場合、アナログ端子とHDMI端子の変換ケーブルが必要になります。ただし、HDMIはデジタル信号、アナログはその名の通りアナログ信号のため、この場合かなり画像は悪くなってしまいます。

テレビ パソコン モニター

テレビにパソコンを繋いでモニターとして使う手順①:パソコン側の出力端子とテレビ側の入力端子がともにHDMI端子の場合

HDMIは、映像や音声などを1本のケーブルにまとめて送ることのできる通信規格のため、パソコン側の出力端子とテレビ側の入力端子がともにHDMI端子がある場合は、HDMIケーブル1本でテレビにパソコンを繋いでモニターとして使う手順は完了です。

ちなみに自分のテレビにHDMI端子があるかないかは、テレビの裏面にHDMI端子があるかないか見る以外にも、リモコンなどで入力切替を行い、「HDMI1」「HDMI2」などに切り替わればあるという意味です。ちなみに「HDMI2」があれば、HDMI端子が2つあることです。

既に、ハードディスク機やゲーム機などでHDMI端子が埋まっている場合は、毎回使うたびに抜き差しを行うか、HDMI切り替え機を使用しましょう。

テレビにパソコンを繋いでモニターとして使う手順②:パソコン側の出力端子とテレビ側の入力端子が異なる場合

パソコン側の出力端子とテレビ側の入力端子が異なる場合は、端子を合わせる必要があります。パソコンとテレビ(モニター)を接続する際、最も考えられる変換が必要な端子は、古いテレビの場合は、テレビ側が黄色、白、赤のアナログ端子で、パソコン側がHDMI端子、他にも、パソコン側はノートパソコンやコンパクトパソコンで、HDMI端子がなくUSB端子しかない場合などが考えられます。

HDMI(PC)→アナログ(テレビ)の場合は、

USB(PC)→HDMI(テレビ)の場合は、

【液晶】テレビにパソコンを繋ぐ場合の注意点

【液晶】テレビにパソコンを繋ぐ場合の注意点①両方の端子があっているのか

まず、必ず確認しないといけないことが「両方の端子があっているのか」という点です。前述したとおり、端子があっていないと、別途で変換ケーブルを購入する必要が出てきて、すぐにパソコンとテレビをつなぐことができません。

【液晶】テレビにパソコンを繋ぐ場合の注意点②映像の見え方

パソコンのモニターも、液晶テレビも見た目は同じようなものですし、構造などもたいして変わらないのだろうから、繋いで使っても見え方に大差はないだろうと思うところですが、意外と見え方は変わってきます。

というのも、普通のパソコンモニターは、映像をできるだけ正確に再現することに力を入れています。たいして、液晶テレビの場合は、パソコンモニターが正確性重視なのに対して、「いかに美しく見えるか」という点を重視しているため、例えばテレビの機種によっては、黒をより記帳していたりなど見え方に違いが出てきます。

【液晶】テレビにパソコンを繋ぐ場合の注意点③遅延

PCゲームをパソコンとテレビをつなぐことで大画面で楽しもうと考えている人も多いでしょうが、遅延に注意です。PCゲームは、マウスなどですぐに反応することを前提に作られているので、テレビにつないでいる分、どうしても反応速度に遅延が出てしまいます。

自分が行った操作に対して、実際の反応が遅れてしまうのは、パソコンとテレビをつなぐうえで避けては通れないものですので、瞬時の反応が必要なアクションゲームなどは不向きと言わざるを得ません。

【液晶】テレビにパソコンを繋ぐ場合の注意点④マウスの反応が遅れる

PCゲームだけでなく、パソコンでネットサーフィン以外に、EXCELやWordなどビジネス等で使う場合も、マウスの反応が遅れることでストレスを感じる可能性が高いです。自分ではきちんとマウスを動かしたつもりでも、画面の中ではワンテンポ遅れてカーソルが動いたりしますので、なかなか直感的な操作をするには、慣れが必要となります。

テレビ パソコン モニター

テレビにパソコンを繋いでモニターにする場合のトラブルと対処法

テレビにパソコンを繋いでモニターにする場合のトラブルと対処法①:HDMIが反応しない

例えば、HDMI→HDMIの場合、HDMIコード1本で大丈夫ですが、たまに差し込んだHDMIが反応しない場合があります。まずは、ケーブルの緩みや接続不良が原因が考えられるので、再度一度抜いて再びしっかり入れてみましょう。これでも、HDMIが反応しない場合は、パソコン側、テレビ側どちらが反応できていないのかは分からないので、パソコンを再起動、テレビも一度電源を落として入れ直してみましょう。

テレビにパソコンを繋いでモニターにする場合のトラブルと対処法➁:あまりにも見えづらい

前述どおり、パソコンとテレビに変換させるので、多少見え方に違いは出てきますが、見え方が違うというほどの小さな問題ではなく、あまりにも見えづらい場合も考えられます。

これで考えられるのは、パソコン側とテレビ側の解像度があまりにも違うことです。まず、パソコン側は解像度設定で、デスクトップを右クリックして「ディスプレイ設定(D)」を選択してください(Windows10の場合)。

また、パソコン側の解像度は、ほとんどのモデルが1920×1080以上なので、テレビ側は普通の液晶テレビであれば解像度にほぼ違いがなく大丈夫ですが、例えばテレビが4K、8Kのような超高解像度テレビの場合、パソコン側と違いが大きく、あまりにも見えづらいとなってしまいます。

この場合は、テレビをより解像度が低い液晶テレビなどに切り替えれば大丈夫です。

テレビにパソコンを繋いでモニターにする場合のトラブルと対処法③:基本的な操作を再度確認

テレビに複数のHDMI端子がある場合、HDMI1の端子に入れていたら、HDMI2に切り替えていたらもちろん映りません。上記にあるHDMI端子にコードがしっかり入っているかなども含めて、再度基本的な接続操作をやり直してみましょう。

また、HDMIコード1本ではなく、変換器を使う場合は、USB給電など電源が必要な場合がほとんどです。この電源がしっかり通じているかなども確認事項です。

テレビにパソコンを繋いでモニターとして使うメリット・デメリットとは

テレビにパソコンを繋いでモニターとして使うメリット①大画面の迫力

やはりテレビにパソコンをつなぐ最大のメリットは、より大画面で楽しめるということでしょう。特にYouTubeのような動画サイトをリビングなどで見る場合、テレビクオリティの大画面で楽しむことができます。

テレビにパソコンを繋いでモニターとして使うメリット➁パソコンのモニター無しで省スペース化

ワンルームなどだと、パソコンのモニターとテレビと両方置くことで、スペースがかなり使ってしまう結果となります。これをパソコンをテレビに繋ぐことで省スペース化することができます。

また、手のひらサイズのコンパクトパソコンなど最近はモニターが別売りのパソコンも多く出回っており、この場合、テレビをモニター代わりすることができるメリットも考えられます。

テレビにパソコンを繋いでモニターとして使うデメリット①ゲーム酔い

ゲームに限ったことではなく、映画などでも動きを含んだ映像を見ているときに目の痛みや. 吐き気、めまいといった乗り物酔いとよく似た不快感を経験する、いわゆるゲーム酔いを起こすことがあります。パソコンモニター単体でもゲーム酔いをすることはありますが、テレビのより大画面になることで酔いやすい傾向があります。

テレビにパソコンを繋いでモニターとして使うデメリット➁反応速度が遅い

どうしても、パソコンのマウスなどの反応速度が、遅くなるデメリットは考えられます。そのため、動きの多いゲームや、EXCELなどマウス操作が多い作業には、テレビにパソコンをつないでもあまり上手く使えない可能性があります。

テレビ パソコン モニター

テレビにパソコンを繋いでモニターとして使う場合のおすすめのサイズや商品は?

テレビにパソコンを繋いでモニターとして使う場合のおすすめのサイズ

やはり24インチなど20インチ台だと、パソコンのモニターと比べて、そこまで大画面になった感覚は得られないので、わざわざテレビとパソコンを繋ぐメリットがあまりありません。

そこで、迫力あるゲームや映像を楽しみたい場合は、40インチ以上の大画面テレビがおすすめです。大型テレビの場合は、よりHDMI端子の数が多いモデルも多々あり、使い勝手が良いメリットもあります。

テレビにパソコンを繋いでモニターとして使う場合のおすすめの商品①:山善 キュリオム 49V型 液晶テレビ QRS-49U4K

49インチと大画面にもかかわらず、実売価格50,000円台とコストパフォーマンスに優れているテレビです。ゲームモードを搭載しており、テレビにパソコンを繋ぐデメリットである低遅延対応もできるので、特に大画面でゲームを楽しみたい人におすすめです。

テレビにパソコンを繋いでモニターとして使う場合のおすすめの商品➁:パナソニック 43V型 液晶テレビ VIERA TH-43EX600

高輝度・広色域でくっきりと鮮やかな映像を表現できる「IPSパネル」を搭載しており、斜めから見ても見えやすく、リビングで家族など複数でYouTubeなどを見るのにおすすめのモデルです。最大出力30Wの高出力アンプと大容量になったスピーカーボックス搭載で、迫力あるサウンドが楽しめるのも嬉しいところ。

まとめ

「テレビにパソコンを繋いで大画面で楽しむ方法」をお送りました。冒頭でも書いた通り、動画サイトは今やエンタメの主役。家族みんなで楽しむためにも、大画面テレビにパソコンをつないでとことん楽しみましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 4ce2400c 9694 4203 b90b 2302af60ea53
Written By
yt_united yt-united
サッカーとケツメイシ好きのアラフォーです
こんにちは! サッカーとケツメイシをこよなく愛するアラフォーです。 最近、腰が痛くて老化を感じる日々であります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧