パソコンを起動したらビープ音が鳴り続ける⁉原因や対処法とは?

目次

パソコンのビープ音

パソコンを起動したときに「ピッ」や「ブーッ」ともとれる電子音を聞いたことはあるでしょうか?
これらはビープ音とよばれ、パソコンが起動する際にパソコン自身が自分の状態をユーザーに知らせるために鳴るのですが、最近はビープ音の代わりにLEDを使った数字表記のインジケーターが普及してきておりだんだん聞く機会は減ってきています。

とはいってもまだまだビープ音を利用するパソコンは多く、これからもしばらくは付き合い続けることになると思うのですが、ほとんどの場合、ビープ音は短くなるだけの、正常な状態を表わす電子音で終わるのですが、中には特定の組み合わせで鳴ったり、連続で鳴り続ける場合があります。

このような時はパソコン(ハードウェア)に異常があるということを表わしており、早急に対応しなければなりません。
このビープ音、鳴らすパターンによってパソコンにどんな障害が起きているかを知らせるようになっています。
基本的にBIOSについている機能であり、メーカーによっては鳴り方が微妙に違うため細かなパターンについては各自で調べる必要があります。

本記事では、異常なビープ音のよくあるパターンと、その原因と対処法について解説していきます。

パソコンのビープ音が鳴り続ける場合

ビープ音が設定されているBIOSは主にAWARD BIOSとAMI BIOSがあり、それぞれビープ音の意味が異なります。
そのため、同じようなビープ音でも不具合の原因が違う場合があるので、不具合が起きているパソコンがどのBIOSを採用しているか調べないといけません。それを踏まえて、以下に異常なビープ音とその音がなる原因を説明していきたいと思います。

パソコンのビープ音が鳴り続ける場合の原因①電源の不具合

ビープ音が鳴り続けて止まらないとしたら、恐らくAWARD BIOSを使用しているかと思われます。
AWAED BIOSで止まらないビープ音は主に2通りあり、ひとつは電源供給に関係する不具合で起きるパターンです。
この場合は短いビープ音が連続して鳴り続けます。

電源の不具合でビープ音が鳴り続ける場合の対処法

電源に関する不具合なので、まずはコンセントを抜いて完全に放電させます。
できればマザーボードにひっついているボタン電池(CMOS)も交換してあげるといいでしょう。
これでも治らない場合は、電源自体に何か問題が起きている可能性があり、電源ユニットを交換する必要があります。

パソコンのビープ音が鳴り続ける場合の原因②dramの接続エラー

長いビープ音が連続して鳴って止まらない時は、AWARD BIOSの場合dram(メモリ)の差し込み不良によるエラーが考えられます。

dramの接続エラーでパソコンのビープ音が鳴り続ける場合の対処法

メモリを接続し直してみます。
メモリを再接続してみて、直った場合は接続不良が原因です。
もしどれだけ接続し直しても治らない場合はメモリ事態になにか問題がある可能性があります。

パソコンのビープ音が4回なり起動しない場合

パソコン ビープ音 4回

パソコンのビープ音が4回なり起動しない場合の原因:グラフィックボードの不具合かマザーボードの不具合

AWARD BIOSの場合、4回ビープ音が鳴るときはグラフィックボードに関係する不具合を意味しています。この場合は長音1回と短音3回の組み合わせとなります。
グラフィックボードの接続不良や電源供給の不良、GPUに何かトラブルが起きている可能性はあります。

パソコンのビープ音が4回なり起動しない場合の対処法①グラフィックボードを接続しなおしてみる、電源ケーブルを挿し直してみる。

グラフィックボードの接触不良が原因でおきている場合は、きちんと接続し直すことで改善する可能性があります。
またグラフィックボードに電気を送り届けているケーブルも同時に入れなおすといいでしょう。
もしこの対策をしても解決しなかった時は、GPUに不具合があるか、マザーボードのコネクタ側に損傷があるかもしれません。
こうなるとグラフィックボードかマザーボードのどちらか、もしくは両方を交換しないといけないかもしれません。

パソコンのビープ音が4回なり起動しない場合の対処法②CMOSクリア

AMI BIOSの場合、ビープ音が4回なる不具合はシステムタイマーに何か不具合が起きていると考えられます。
マザーボード自体が壊れていたり、何かと接触してショートしている可能性があります。CMOSクリアと呼ばれる作業を行うことで改善するかもしれません。

pcのビープ音が3回なる場合

パソコン ビープ音 3回

pcのビープ音が3回なる場合の原因①:メモリに問題がある

AMI BIOSではビープ音が3回鳴るパターンはメモリ(dram)の不具合が考えられます。
接続不良やメモリ自体に問題があるときに鳴ります。

pcのビープ音が3回なる場合の対処法①:メモリが正しく取り付けられているかをチェック

マザーボードのメモリスロットにきちんとメモリが接続されているかチェックします。
メモリを接続しなおし、また適切な順番でメモリが取り付けられているかどうか確認します。意外と多いのが、複数メモリを取り付ける際の順番で、部品自体は正常なのに異常なビープ音がなってしまう時があるので要注意です。

もし適切に取り付けても治らない場合は、メモリ自体が故障している恐れがあります。交換して新しいメモリを接続する必要があります。

pcのビープ音が3回なる場合の原因➁:グラフィックボードもしくはモニターの接続エラー

AWARD BIOSでは長音1回、短音が2回合計3回でビープ音が鳴ります。
この場合は、グラフィックボードかモニターに接続不良が起きていると考えられます。

pcのビープ音が3回なる場合の対処法➁:グラフィックボードとモニターを接続しなおす

グラフィックボードかモニターの接続エラーなので、きちんと接続し直すと改善するかもしれません。
もし直らない場合は、マザーボード側のコネクタに異常があるか、ケーブルが断線しているといった不具合が起きていると考えられます。

その他の危険なビープ音

他にも、特に危ない状態を表わすビープ音があります。それは主にCPUに不具合が起きている事を知らせるビープ音で、いくつか種類があります。

参考URL:BIOS 警告音一覧

高いビープ音が鳴り続ける時。

AWARD BIOSの時に鳴ります。
この場合、CPUが異常に過熱していることを表わしており、すぐに冷やさなければCPUの故障や最悪の場合発火する可能性があります。
原因はCPUがきちんと冷やされていないか、またCPUに異常な電力が供給されていると起きます。
対処法としては、CPUクーラーにきちんとグリスを塗り直す、より性能の高いCPUクーラーに取り換える、オーバークロックをやめるなどがあげられます。

ビープ音が5回鳴る、または7回鳴る時。

両方ともAMI BIOSの場合です。このビープ音の時は、CPUに接続不良があるか、CPUの故障、CPUの異常加熱を意味しています。またマザーボードの故障やショートによってもこのビープ音がなるときがあります。
対処法はビープ音が4回なる時のようなCMOSクリアや、CPUの冷却を高める、CPUの交換があげられます。

またマザーボードが壊れている場合は交換も考えられます。

対処法を試してもパソコンのビープ音が直らない場合は?

接続し直したり、電源を完全に切るといった対処法を試してもビープ音が鳴り続ける場合は、部品そのものに不具合が起きている可能性があります。そうなると、対象になっている部品をのものを正常なものに交換しないと解決できなくなります。

対処法を試してもパソコンのビープ音が直らない場合①部品を交換する

パソコンに比較的明るい方や、自作パソコンを使用している人は故障している部品を交換すれば直るかもしれません。
メモリやグラフィックボードは比較的簡単に付けはずしできる部品なので、これらの部品に異常が起きているとしても割となんとかできます。

対処法を試してもパソコンのビープ音が直らない場合➁修理に出す

パソコンをいじるのが苦手だったり、簡単に修理ができない部位(たとえばマザーボードの各種コネクタなど)に異常があったり、またはノートパソコンのような部品交換自体がかなり難しい機種の場合は思い切って修理に出すのも手です。

金額は高くつきやすいですが、自分で修理する時とは違いより確実に、安心にパソコンを正常な状態に戻してくれるメリットがあります。
特に、パソコンを部品単位で把握して何とかできるのは自作パソコンでもない限り難しいので、修理に出すのがもっとも無難な解決方法と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。
ただの電子音だと思っていたビープ音には、実はちゃんとした意味があり、パソコンの状態を教えてくれる機能ということが分かりました。

また、音の鳴るパターンによって、具体的な症状も把握できるため、パソコンに何が起きているかを確かめるためにはビープ音はかなり重要であり、改善の手助けにもなっています。もしパソコンに不具合が起きたときは、まずはビープ音を確認してみてはどうでしょうか?

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
あずま ようへい
かゆい所に手が届くような記事を書いていきたいと思っています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧