xperiaが熱い!発熱する原因や対処法とは?

この記事を執筆するにあたって

Xperiaを使っていて、しばしば発熱が気になることがあります。今回は、自分の経験も反映させつつ、お役に立つ記事が書けていれば幸いです。

Written By 藤田 光

目次

xperiaが発熱する

Xperiaを使っていて、本体が熱くなってしまった経験はないでしょうか。なかには、本体をもっていられないほどの発熱で困ってしまった、という経験をお持ちの方もいるのではないかと思います。私も、本体が持てないほどの発熱を経験したことはありませんが、しばしばXperiaを使っていて、Xperia本体が熱くなるのを感じ、使っていて心配になることがあります。
この記事では、そんなXperiaの発熱の原因と対処法を確認していくことにより、発熱を感じて不安になっている方、困っている方に役立つ情報をご紹介します。

xperiaが発熱する原因とは?

xperiaが発熱する原因①外部気温

Xperiaが発熱する原因としてまず考えられるのは、外部気温が高いことです。特に夏の屋外などで使用する場合は、30℃を超える状況でXperiaを使用することになっていると考えられます。これは、動作する環境の気温が高いことを意味しており、それだけXperia本体の発熱にも悪影響を与えることになります。Xperiaを使っていて発熱を感じた場合、まずは、使用している環境が異常に高温だったりしないか、確認してみましょう。
Xperiaの特に国内販売モデルは、防水防塵などの機能に対応していることが多く、夏のレジャーなど屋外での使用も十分考慮されているとは言えますが、あまりに外部気温が高い状況での使用はできるだけ避けた方がよいと考えられるでしょう。

xperiaが発熱する原因②充電をしながら使用する

次にXperiaが発熱する原因として考えられるのは、充電をしながらXperiaを使用しているというものです。充電を行っている間は、バッテリーまわりを中心にスマホの温度があがります。これに、使用に伴う発熱が加わると、相乗効果で、Xperiaの温度はかなり高温になってしまいます。充電をしながらの使用はできるだけ避けましょう。
また、内臓バッテリーの性能は、高温状態になることによってさがってしまいます。長くXperiaを使っていくためにも、できるだけバッテリーの劣化を抑えるために、充電しながらの使用はさけましょう。特に、充電しながらゲームなど高負荷な作業をすると、バッテリーに大きな負担を与えることになります。

xperiaが発熱する原因③発熱しやすいモデルを使用している

最後に考える必要があるのは、自分の使っているXperiaのモデルが、発熱しやすいモデルかどうかということです。特に、Xperia Z4に搭載されているSoC(Snapdragon 810、スマホを動作させるためのチップセット)は、高い負荷をかけたときに発熱しやすいといわれています。自分の使っているモデルがZ4など発熱しやすいものではないかどうかも確認してみましょう。
ちなみに、Xperia Z5もX4と同じチップセットを使用していますが、Z4における発熱問題をうけ、本体の構造とチップセットの制御を見直したため、比較的発熱問題は少ないと言われています。
また、歴代Xperiaのラインナップにおける特徴である、コンパクトモデルも表面積が少ないところに大きなモデルと同じような高機能をつめこんでいるため、より発熱の問題が大きいと言えます。

xperiaが発熱した場合の対処法とは?

xperiaが発熱した場合の対処法①スマホの動作を止める

Xperiaが発熱した際に最もシンプルで効果的な対処法は、スマホを使うのを一時的にやめるということです。使っているアプリをタスク一覧画面からすべて終了してしばらくスマホに触らないでいるか、それでも発熱が収まらない場合は、スマホの電源をしばらく切っておいてみることにより、Xperia本体が発熱した状態から通常の温度へと戻すことができます。まずは、対処法として使用がやめられないかどうか確認しましょう。

xperiaが発熱した場合の対処法②xperia本体がどの程度の温度になっているか確認する

Battery Mix 画面

また、感覚的に熱いと感じた時には、Xperia本体がどのくらいの温度になっているか確認することも大事です。スマホ本体の温度を確認することが出来るアプリをインストールし、Xperiaの温度を確認してみましょう。
今回使うのは、BatteryMixというアプリです。このアプリは、バッテリーの状態を確認するためのものですが、様々な情報を得ることができ、スマホ本体の温度も確認することが出来ます。
Battery Mixをインストールし、起動すると、グラフが表示されますが、グラフ上にある広告とグラフの間のバッテリー残量が表示されている領域をタップすると、バッテリーを中心とした現在のスマホに関する情報を確認することが出来ます。この中に「温度」という項目がありますので、ここから本体の温度を確認することが出来ます。
感覚的に熱いと感じた時には、このようなアプリを使って、Xperia本体が、どの程度の発熱をしているかなども確認してみましょう。

xperiaが発熱しない為の対策法は?

xperiaが発熱しない為の対策法①スマホの負担を減らす

上ではXperiaが発熱してしまった際の対処法を確認しましたが、そもそもこのような発熱を避けるためにはどうすればいいのでしょうか。まず考慮しなければいけないのは、スマホに対する負担を減らすということです。
特に高度な3Dゲームや、高画質な動画の視聴などはスマホに負荷をかけることになるため、当然発熱につながることになります。これらの動作は、Xperiaに搭載されているCPUやGPU(処理装置)をフル回転させる必要があるため、特に長時間高度なゲームや、高画質な動画を見続けることは、本体の発熱の大きな原因となります。また、上で確認したように夏の屋外など外部気温が高い状況や、充電しながらなど、そもそも発熱しやすい状況にあるときは、特にこれらの操作は避けた方がよいと考えられるでしょう。

xperiaが発熱しない為の対策法②カメラは必要な時だけ使う

カメラの使用も、Xperiaの発熱の原因となります。連写や動画の撮影などは、それが高い負荷をかけるものであるだけ、発熱量も大きくなることが考えられます。ですので、連写や高画質な動画の撮影などは、よく考えて必要がある場合にのみ行うようにするのがよいと考えられるでしょう。
カメラ性能が高いことが特徴のひとつになっているXperiaではありますが、最も必要なときに使えるようにするためにも、どのようにカメラを使うかという事はよく考える必要があります。

xperiaが発熱しない為の対策法③熱がこもりやすいケースの使用はさける

また、フリップケース(手帳型のケース)は熱がこもりやすいため、特にゲームなどをする場合には避けた方がよいでしょう。画面と本体を保護するためにケースはかかせないと言えますが、保護フィルムの使用など、自分に合ったアクセサリーを使うようにする必要があります。

それでもxperiaが発熱する場合は?

Xperiaをリセットするには

それでもXperiaが発熱する場合はどうすればいいのでしょうか。上のような対策を講じても、Xperia本体の発熱が収まらない場合、まずすべきは本体の初期化です。これにより、不用意な設定や、問題のあるアプリなどによる不適切な動作が解消されるため、Xperia本体の発熱問題も解消される可能性があります。ですので、いろいろと試みても発熱が解消されない場合、Xperiaを初期化することを考えてみましょう。
初期化は「設定」アプリの「システム」項目から「リセット」を選択することにより行うことができます。
初期化を試みても発熱が解消しない場合は、キャリアショップに持ち込んで相談してみましょう。仕様に起因する不具合や故障も考えられます。故障などの際も、キャリアショップに持ち込むことにより、修理や機種変更などの手続きをスムーズに進めることができます。

まとめ

以上で確認してきたように、Xperiaの発熱は

  • ①外部気温が高いこと
  • ②充電しながら使用していること
  • ③スマホの機種の特性の問題

のどれかひとつかまたは組み合わせが原因になっていることが考えられ、それに対する対策や対処法もいくつか考えられます。特にスマホに高い負荷をかけるような操作はできるだけ避けた方がいいといえるでしょう。
スマホ本体が高温になると、故障の原因になるほか、そうでなくても内蔵のバッテリーの劣化を早めることになります。そういった意味でも、できるだけ発熱を避け、快適にXperiaを使っていく必要があるといえるでしょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small f3e9dd66 46f2 452e 8306 02ffc535c2a8
Written By
藤田 光
読みやすく、役に立つ記事の執筆をモットーに、日々頑張っています。
2018年10月より参加させていただいております。スマホ、タブレット、PCなどのガジェットが好きで、新商品、新技術関連のものなど常に様々な情報をチェックするほか、自ら多くのガジェットを保有しています。このような自分の持ち味を活かした記事の執筆を行っていきたいと考えておりますので、皆様、何卒よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧