「senmanga」を見ようとしている方へ!「senmanga」の危険性や違法性について解説

この記事を執筆するにあたって

最近はインターネットブラウザを使って無料で映像、音楽、漫画などの著作物を楽しむことができるようになりました。これらは基本的にダウンロードや複製をしなければ違法ではないという見解がつよいですが、昨今、無料で漫画を掲載していたサイトが刑事告発を受けるなど、実に危険なリスクをはらんでいます。無料のサイトをみるのはやめましょう。

Written By アテ ワン

目次

senmangaの危険性

インターネットが普及するにつれて、さまざまな情報の発信、共有をすることが容易になりました。しかしながらその一方で、正当な権利がいとも簡単に侵されてしまうというリスクが増えたのも事実でしょう。今回はそんな危険なリスクをはらんだsenmangaというサイトの利用について、その危険性を解説していきましょう。

senmanga

【違法】senmangaは違法な漫画サイトです!

senmangaは違法な漫画サイトとして有名なサイトです。そこで、すこしいいなと思ったあなたは注意しなければなりません。実は見る側にとってもあまりよくない理由があるからです。その理由を解説していきましょう。

senmangaが違法な漫画サイトな理由①著作権違反

senmangaはブラウザを使って、日本の漫画をはじめとしたコンテンツを無料で閲覧することができるサイトです。当然ながら、無料で著作物を閲覧することができるので、単純に製作者の著作物によるあらゆる権利を侵害していると考えられるので、違法性が十分にあると考えられます。これらを利用することで、多くのクリエイターの収入や活動に影響が生まれますので、無料だと知っていても知らなくても絶対に利用するのはやめましょう。

参考:政府広報

senmangaが違法な漫画サイトな理由②同じサービスの漫画村が刑事告訴を受けた

日本には漫画村という、漫画を読む人は結構知っているサイトがありますが、今年の2018年5月14日、福岡県警察が著作権法違反容疑で捜査を開始した、と複数メディアで伝えられました。この背景には、複数の出版社が、この海賊版サイトを著作権法違反容疑で訴えたことがあります。政府はその後、これに対して「2018年4月13日に「インターネット上の海賊版サイトに対する緊急対策案」を発表しています。なんと集英社などの推計からいうとその損失は約3000億円ともいわれており、緊急的な措置として、漫画村を含む悪質性の高い3サイトへのアクセスができないようにインターネット接続業者に国が要請しました。

そしてつい先日の2018年10月10日、この無料漫画のサイトの運営者がある程度特定されてこれから民事訴訟にはいるというニュースが発表されました。今後、この影響が強くなり、ますます法整備がすすむ傾向にあるといわれています。
実際に私も漫画村で検索して見ましたが、検索結果には違うサイトばかりが出てきます。

senmangaで漫画を読むだけでも違法?

senmanga

著作権法と呼ばれるクリエイターを守るための法律は実は見る側と製作者側、サイト運営側でかなり法解釈が変わってきます。実際に、このサイトを使うことでクリエイターの権利を奪う手助けをしていることは承知の上で、法律上はどのような扱いなのかを見ていきましょう。

読むだけだと違法になるのかどうか?

では実際に、漫画を無料で掲載しているsenmangaのようなサイトで私たちが漫画を読むと違法になるのでしょうか?これは理論上では違法になるが、違法になるかどうかはわからない、という実に曖昧な解説をせざるをえません。
と、いうのもそもそも著作権法における著作物の対象がなんと音楽や映像に限られており、それらの違法ダウンロードや複製を行った場合に、刑事罰の対象になるのですが漫画や小説などはこの対象にはいっていないとされます。さらに2009年に著作権法における違法著作物をダウンロードする行為が違法になったのですが、個人に対する違法性の追及をしても民事での損害賠償請求となり、極めて小額のため、この法律が活きることなく、2012年にようやく私的複製まで規制が定められましたがその法律が適用される例は極めて稀である現実があるのです。

senmangaで漫画を読むと刑罰が発生する?

senmanga
現状では上記のように無料で著作物をダウンロード・複製をする場合には刑事罰の対象になる可能性がありますが、それは音楽や映像に限られており漫画などは対象にならないうえ、基本的にただブラウザ上で閲覧する分には現状取り締まる法律はないため、読む分には大丈夫だとされます。これは法律と実態の性質上、ネットで見ているだけの人を摘発するのは無理があるからです。しかしながら法改正により、私的理由でも複製することは禁じられています。コピーして紙にだすのはもちろん、弁護士の中にはリンクでの複製もその性質上、私的理由でのコピーにあたり、訴えられる可能性はあるとのことですので、閲覧が大丈夫だとしても十分に気をつける必要はあるでしょう。

参考:公益社団法人著作権情報センター

senmangaをpcで読むと広告が多く出る!

senmangaを見ようとするとさまざまな広告が出ることが報告されています。それは何かしらの操作を行うたびに表示されるようです。私の場合は後述しますが、表紙まで表示して、その後開くのをやめてしまったので途中までしかわかりませんが、表紙を開く段階ではそのような広告は出ませんでした。しかし表示される広告はさまざまなものがあり、間違えて触ってしまうと、架空請求などの被害があるようなので、できる限り利用しないことをおすすめします。

senmangaは危険がいっぱい?どのような危険があるの?

ただより高いものはない、とはよく言ったもので、このような違法サイトは実に危険な要素をたくさんはらんでいます。大本が日本にないとも言われているsenmangaですから、何かあったときに対処の使用がないかもしれません。ですのでどのような危険があるのかをしっかりと知っておいたほうがよいでしょう。

senmangaの危険性①ウイルス感染

senmangaを使ったユーザーの口コミを見ると、どうやらウイルスがあるので注意が必要だという報告もあります。実際に開いて危険かどうか確認してみましょう。まずsenmangaのサイトに行ってみるとこのような画面が現れます。そこでURLが表示されているのでクリックしましょう。

senmanga

すると普通にsenmangaの画面が表示され、著作のタイトルもクリックして開くことができます。表紙も表示されました。しかし、本を読みすすめようとすると、実に怪しいポップアップが出ました。

senmanga

これはさすがに、ネットの口コミや報告を見る限りでは大丈夫だと思われるのですが、リスクが大きすぎるので撤退しました。これならば確かに小学生でも間単に見れますし、小学生や中学生など自力で商品を買う能力のない層からすると大変魅力的なサイトであるかのように見えます。しかし、これはリスクが必ずしもゼロではないので自己責任で見るしかありません。また、くれぐれも、その行為がクリエイターの権利を奪っているという自覚を持つようにし、利用しないようにしましょう。

senmangaの危険性②違法性をしらない子供が違反の対象になってしまうリスク

過去の法改正で、私的理由の複写までもが違反の対象になってしまった著作物の利用ですが学校での使用や、視覚障害者のための使用、非営利での使用など法律が細かく設定されている上に、弁護士によって見解が分かれるなど、閲覧や使用する側からすると実に複雑な問題になっています。これらのことから、法改正が行われるときはかなりの議論を呼んだといわれています。素人では到底、解決の難しい問題です。また、国としても取締りの難しさから、明確に閲覧側の処罰は定めていませんが、今後法律の動向は厳しくなると予想されているうえ、このようなサイトは使用しないように呼びかけています。くれぐれも、使わないようにしたほうがよいでしょう。

まとめ

今回はsenmangaというサイトについて解説してきました。インターネットが普及、進化するにつれて便利な一方で実にクリエイターにとってはその権利を守るのに大変な世の中にもなってきてしまっています。今回はそんな著作物の権利とsenmangaの危険性について解説してきました。最後におさらいをまとめましょう。

  • senmangaは無断でかつ無料で他人の著作物(主に漫画)を掲載している違法サイトである
  • 現在進行形で同じサービスを展開していた漫画村は刑事告発されている
  • senmangaはパソコンの環境によっては広告が大量にでる
  • その広告に間違えて触れると不当な請求が来ることもある
  • またウイルス感染のうわさもあるので、注意が必要
  • これらのサイトは今後規制が強まる可能性がある
  • 簡単にアクセスできるので罪の意識がない子供も危険にさらされる
  • 便利に使える一方で日本のクリエイターの権利を奪っている

以上のようなことが今回のポイントです。実際に私も少し使ってみたいという欲に駆られますが、決して悪徳な商売に協力してはいけないと思います。ぜひ皆さんも正しいサイトで漫画を読むようにしましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧