a-zmangaの安全性は?どのようなサイトなの?

この記事を執筆するにあたって

a-zmangaは雑誌を無料で掲載している海賊版サイトです。著作権違法にひっかかる可能性があり、またこれらのサイトでダウンロードすることで使用者も刑罰になる可能性があります。またダウンロード行為はなにがあるかわかりません。違法サイトでの無料ダウンロードは極めて危険が高いのでやめておくほうがよいでしょう。

Written By アテ ワン

目次

a-zmanga

a-zmangaという海賊版サイトをご存知でしょうか。無料で雑誌などを掲載し提供することでネット運営し利益を得ているサイトです。このようなサイトは実に危険なので出来れば利用しない方がよいでしょう。今回はこの
a-zmangaについて解説していきましょう。

a-zmangaとはどういうサイトなの?

a-zmangatの特徴

a-zmangatというサイトをご存知でしょうか。このサイトはいわゆる海賊版と呼ばれる作品をたくさん掲載しています。もちろんまったく公式ではないので、さまざまなジャンルの作品が一緒くたに掲載されています。
特徴としては、ダウンロードができる点が大きいです。
サイトに行ってみると、そこにはたくさんの作品がおいてあります。サムネイルがたくさん並んでいるのでその中から好きな作品をピックアップして選んでみましょう。
作品の名前をクリックすると画面が切り替わりました。

a zmanga
画像取得先:a-zmanga

uploadやsalefileなどならんでいます。
この中からuploadを選択してみましょう。すると、freedownloadとpremiamdownloadと並んでいます。

a zmanga
画像取得先:a-zmanga

これはダウンロードするときの通信速度で分かれていて、無料でダウンロードするときはとてつもなく遅い速度になり、いくらかお金を支払うと、早い速度でダウンロードできる仕組みになっているとのことです。
実際に検証しようと思いましたが、後述するようにウイルスの可能性も孕んでいるので怖気づいて引きました。
しかしながらダウンロード画面まではすんなり行くことができるのでどうやらダウンロードをすること自体は可能なサイトのようです。

a-zmangaにはどのような作品が置かれているの?

a-zmangaは、他の漫画村などの有名な無料漫画サイトと違い、青年誌や、小説など多くの作品が掲載されています。ジャンルで分けると雑誌、漫画、少女漫画、小説、小説(成年)、一般書籍、百合姫コミックスなどに至り、更には画集や、写真といったものまであるので視覚で楽しめる作品は一通りといった感じです。
また、印象的には超人気漫画、というよりは少しニッチなマニア向けの作品が多いように見受けられます。
ですので、このサイトが運営を続けていられるのはそういった事情もあるかもわかりません。
運営期間は2014年から更新を開始しており、すでに4年が経過しています。この手のサイトでは運営が長く続いているほうだとも言われています。

a-zmangaでファイルをダウンロードするとどのような危険があるの?

a-zmangaでファイルをダウンロードする危険性①ウイルス感染

a zmanga

a-zmangaの特徴のひとつとしてダウンロードができる点が大きいですが、このダウンロード形式が実に危険です。先ほどのアップロードされた先の画像を見てみましょう。

それぞれのファイル形式が.rarとなっているのがわかるでしょう。この.rarというのは圧縮ファイルの一形式です。つまり、このファイルをダウンロードすると、お目当ての画像がたくさん入っていることが想像できると思います。しかしながら同時に、そのファイルにさまざまな“おまけ”がついていることも想像できるのではないでしょうか。

もちろんうれしいおまけの可能性は少ないでしょう。絶対に期待しないほうがよいでしょう。
この手の無料で何かしらのファイルをダウンロードさせるサイトの目的はいくつかに分けられます。
例えば以下のような場合が多いでしょう。

  • 無料コンテンツを読みたい人を多く集め広告収入を稼ぐ
  • 訪問したひとに、ウイルスにかかったとダミーのポップを表示し、何らかのサイトに誘導する
  • 訪問したひとにファイルをダウンロードさせ、その中に本物のウイルスを仕込む

このうち、最初の広告収入を稼ぐ、というのは一旦安心してよいでしょう。もっと広い目で見れば、著作権違法の商売に加担しているので見逃すわけには行かない案件ですが、ユーザー自体に法的な罰則はないので一旦はおいておきます。

問題は残りのふたつです。

二つ目のウイルスにかかったとダミーのポップを見せる方法は、これもそれなりに危険です。それなりにと表現したのは、まだ被害が防げるからです。このパターンは言ってみればこちらがシカトしてしまえば何もおきません。黙って「ああ、そうですか」とタブを閉じてしまえばなにも起きないのです。
しかし、この手の脅しになれていない人が焦ってそのポップに誘導されると、危険なサイトへの誘導や、アプリのダウンロードをさせられてしまうこともありますので、くれぐれも、これらの誘いには乗らないようにしましょう。

そしてもっとも悪質なのが三つ目のダウンロードです。これは実に悪質です。コンテンツをダウンロードしたときに、知らぬ間にいらないお客まで引き込んでしまいます。
例えば最近はやっているウイルスではマイニングスクリプトと呼ばれる、ウイルスです。このウイルスをコンテンツと一緒にダウンロードすると、仮想通貨の取引チェックの用件であるマイニングと呼ばれる作業をあなたのパソコンが手伝わされてしまいます。
マイニングは仮想通貨の取引のチェックを行う作業で、これをする人はマイナーと呼ばれ、そのマイニングを行うことで謝礼をもらいます。しかし、当然謝礼なんて入ってきません。そのマイニングスクリプトを仕込んだ人がもらっていきます。あなたのパソコンはただ働きをさせられるわけです。
それでもお人よしならまあいいか、と思ってしまう人も一万人に一人くらいいるかもしれません。しかし、パソコンだって仕事をすると大変です。
このマイニングスクリプトを仕込まれたパソコンたちは以下のような症状を発症します。

  • 突然の冷却装置の発動
  • ネットが重くなる
  • 動作が遅くなる

これらの症状だけが残り、手元にお金は入ってきません。それでも無料で漫画を読みたいでしょうか?

a-zmangaでファイルをダウンロードする危険性②損害賠償を受ける可能性

a zmanga

仮に、それでも読みたかったあなたは、もっと深刻に物を考えるべきかも知れません。

というのも、あなたは違法行為に加担し、時には犯罪者として訴えられる可能性のある行為に足を踏み入れているという事実があります。

この記事を読むような人であれば、ある程度こんな話を聞いたことがあるかも知れません。

  • 著作権法で、音楽と動画をダウンロードすることは禁止されている。けれど私的理由でのダウンロードはOK。そして見るだけならば合法。漫画、小説は見ても、ダウンロードしても大丈夫。法律で規定しているのは録音・録画されたものだから。

上記に記した内容は、実は半分正解、半分間違いといった内容です。実際はどのような規定になっているのでしょうか。

  • 著作権法は2018年10月から改正されそれが違法配信されたものであると知りながらダウンロードすることが刑罰の対象になった
  • 平成21年の著作権法の改正により、平成22年1月1日から、個人的に利用する目的であっても、違法配信であることを知りながら、音楽や映像を録音または録画(ダウンロード)する行為が、刑罰はないものの違法である
  • 漫画・小説は刑罰の対象にはなっていないが、違法アップロードされたものは著作権を侵害していることに変わりなく著作者からの親告があれば、損害賠償など民法での取り締まりの対象になりえる

つまり、漫画や小説は刑罰の対象にはなっていないが、訴えられればしっかりと処罰を受ける可能性があるのです。それだけ危険な行為をしているということを知っておいたほうがよいでしょう。

a-zmangaは悪質性が高いので推奨できない

上記のような内容で、a-zmangaは決して推奨できるような内容ではありません。悪質性が高く、実際に危険でかつ、モラルにも反しています。このようなサイトを使うことで、危険なサイトや悪質なサイトを助長してしまう可能性があるのでお勧めできません。

a-zmangaは悪質性が高いのになぜ閉鎖されないの?

しかしながら、実際にはこの悪質性の高いサイトが野放しになっているといっても過言ではありません。その理由はいかのようなものが考えられています。

  • 運営の特定が極めて難しい
  • この手のサイトを取り締まるのには手間がかかる
  • 対策を立ててもいたちごっこになってしまう

まず、この手のサイトを個別に処罰していくのは大変難しいとされています。その理由にまず、被害者である著作者がこの手のサイトから著作権違反をしている旨の親告をする必要があります。更に、親告をした上で、運営を特定しなければなりませんが、この手のサイトはいくつもの国を経由して運営を行っているのが常だといわれています。
そのおかげで身元の特定が極めて困難なのです。
さらにこの手のサイトをひとつ、ひとつ取り締まっていってもまた新しいサイトができてしまうのは素人の私たちでも想像に容易いでしょう。
ですから、国が法整備をする必要が出てくるのです。しかし、この法整備が実に難しいのです。一律に、これらのサイトの法整備を行った場合、表現の自由や、通信の秘密といった憲法などで国民に約束している内容を侵害しかねないという問題が浮き上がってきたのです。
これに対し政府はそれでも、一時的な措置として2018年4月13日にインターネットプロバイダを扱う通信大手3社に一時的に海賊版サイトへのアクセスをブロックする措置としてブロッキングという措置を講じました。
これにより漫画村問題と呼ばれる大きな海賊版サイトの問題に発展していきましたが、現在も海賊版サイトを撲滅するための措置を検討している段階で、その答えを出せずにいる状態が続いています。

参考:政府広報

a-zmangaを利用することの弊害

漫画家に正当な対価が支払われない

しかし、内緒でこれらのサイトを使っていたユーザーも多いことでしょう。だからこそ、今年度における大きな問題に発展したわけですが、いったい、このa-zmangaを初めとするサイトを利用することでどのような弊害が起きると考えられるでしょうか。
ひとつは
正当な対価が製作者側に支払われないといわれている点にあります。最も甚大な被害をもたらしたとされる漫画村は、それ単体で約3000億円の損害を漫画界に与えたと政府は推計し、緊急措置に入りました。
これらの収益はもちろん、その違法サイトを運営する人たちの手に渡っていますが、単純計算で本来ならばそれは漫画の製作者側にわたらなければならない利益だったともいえます。

長い目で見れば漫画業界の衰退につながる

製作者の利益が別の違法サイト運営者に渡ることで困るのは、製作ができなくなることにあります。漫画も、漫画家が一人で書いているわけではなく、取材から製本までさまざまな人や機械が携わり、多くのお金が動いています。
漫画一冊にかかるコストはマイナビによると132円との事です。もちろん1冊だけつくることはないので1万部製本するときのコストから試算しているようです。以下がその内容です。

1万部の製作コスト
製版代:39,000円

刷版代:60,000円

印刷代:159,000円

用紙代:610,624円

製本代:275,000円

加工代:60,000円

合計:1,203,624円

引用:マイナビニュース

違法のサイトで無料で読むことで、これらの費用を奪い取ることになります。
結果、漫画業界の衰退の可能性も出てくるわけです。

a-zmangaは悪質性が高い!では代わりのサービスは?

a-zmangaの代わりになるサービス①マンガボックス

マンガボックスはモバゲーなどを運営する株式会社ディー・エヌ・エーが配信するサービスです。
青年誌や少年誌に掲載されているようなマンガが多く、利用者は男性が6から7割を占めるとのことです。
91作品が毎日更新され、ダウンロード、視聴が無料になっています。さまざまな漫画が掲載されているので以外に自分の知らなかった作品にも出会えるかもしれません。

マンガボックス

a-zmangaの代わりになるサービス②楽天マガジン

大手IT会社楽天が展開する楽天マガジンもとてもよいサイトです。200誌以上掲載していてなんと月額380円で読み放題というサイトです。年間プランにすると3600円とさらにお得なのでおすすめです。楽天ポイントも使えるのでぜひ使ってみたいサイトのひとつです。

楽天マガジン

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は海賊版サイトa-zmangaについて解説をしてきました。今一度ポイントをまとめていきましょう。

  • a-zmangaは無料で雑誌を掲載している危険なサイトである
  • a-zmangaはダウンロードをするときにリスクが伴う悪質なサイトなので推奨できない
  • a-zmangaのような海賊版サイトは運営の特定が厳しく規制が難しい
  • a-zmanga以外にもよいサイトがあるのでそちらを使うべき

以上のようなポイントになります。現在ではネットが発展しておりよりよいサービスにあふれています。出来るだけ安全で安心なサイトを使うようにしましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧