androidのデフォルトブラウザを変更したい!変更する方法とは?

目次

andoroidのデフォルトブラウザを変更したい

android デフォルト ブラウザ

多くのスマートフォンに搭載されているandroidは、そのカスタマイズ性が魅力です。実は、誰もが利用するブラウザ(ウェブサイトを閲覧する際に使う)まわりも、様々に変更することができます。
私自身、Googleが開発するブラウザアプリ、chromeを愛用していますが、新しいスマホを購入した際に、LINEのメッセージ上のリンクをタップしたらchromeではないブラウザアプリが立ち上がってしまうことがありました。実は、これはandroid端末におけるデフォルトブラウザの問題が関係しているのです。この記事では、そんなデフォルトブラウザとは何か、またデフォルトブラウザを変更するにはどうすればいいのかご紹介します。

androidで設定されているデフォルトブラウザとは?chromeではないのはなぜ?

androidのデフォルトブラウザ

「デフォルト」のブラウザとは何でしょうか。まずはここから確認しましょう。「デフォルト」とは「既定の(既に決まった)」という意味ですが、具体的な操作を例に出すと分かりやすいでしょう。
LINEなどのメッセージアプリを使っている場面をご想像ください。やりとりをしていると、やり取りの相手方から、ウェブサイトのURL(アドレス)が送られてくることがあります。例えば、昼食の約束をしようとしている際に、どの飲食店にいくか考えてる際にその飲食店のウェブサイトのURLが送られてくるような場合が考えられるでしょう。このとき、URLをタップすると、当然、そのウェブサイトが表示されます。このとき立ち上がったアプリに注目しましょう。後述の設定変更などをしていない場合、それが「デフォルト」のブラウザになります。

Playストアで「ブラウザ」と検索をかけてみればすぐにわかりますが、ブラウザアプリは数多く存在しており、自分の好みのブラウザをインストールして使うことができます。ただ、このように好みのブラウザをインストールして使っている人でも「デフォルト」のブラウザということを意識している人は多くないのではないでしょうか。ブラウザを起動する場面はホーム画面からアイコンをタップする場合に限られないのです。

androidのデフォルトブラウザが最先端のchromeではない訳

android デフォルト ブラウザ

androidはGoogleが開発するOSです。ですので、順当に考えればGoogle chromeをデフォルトのブラウザとするのが自然だと考えられそうです。しかし、ここで注意しないといけないのはOS(ソフトウェア)とスマホ本体(ハードウェア)の設計元が異なるということです。androidのライバルであるiOSは、端末の物理的な製造こそ外部の企業に委託していますが、OSもスマホ本体(iPhoneシリーズの端末)もともにAppleが設計しています。
ところが、androidは、OSこそGoogleが開発していますが、Googleがスマホ本体の開発を独占していません。サムスンやファーウェイ、ASUSなどの有力な海外企業から、ソニー、シャープ、富士通などの国内企業にいたるまで、スマホからタブレットにいたるまで様々な端末がいろいろな企業から発売されています。
例えば、サムスンのGalaxyシリーズとソニーのXPERIAシリーズを考えてみましょう。まず外観が違います。どちらかというと丸みを帯びた印象のGalaxyシリーズに対して、XPERIAシリーズは角ばった印象を持っています。これは製造している企業が異なる持ち味を端末に持たせようとする以上、当然と言えるでしょう。

実は、端末の外観や物理的なパーツで個性を出すことはもちろん当然なのですが、端末に合わせた使い勝手を実現するため、OSや搭載アプリなどソフトウェアにも手を加えることがあるのです。

ブラウザといえば、ウェブサイト閲覧という日常的な操作に使われる、スマホのソフトウェア面でもかなり重要な要素。そこに手を加え、より魅力的な端末を開発しようという狙いから、独自のブラウザアプリを搭載し、それをデフォルトのブラウザとすることがあるのです。
また、場合によってはデフォルトブラウザと自社のサービスやウェブサイトを連携させる機能を搭載し、自社の端末やサービスに端末使用者を誘導するような役割を持っていることも考えられます。

古いandroidはデフォルトブラウザのサポートが終了している可能性がある

古いandroidでは【chrome】などを利用しよう

以上確認してきたように、多くのandroid端末では、端末開発を担当した企業が独自に開発したブラウザが搭載され、それがデフォルトのブラウザとして設定されています。
端末独自の強みでもあり、一見、それを使うことはメリットばかりのように思えますが、必ずしもそうとも言い切れません。
多くのデフォルトブラウザは、Playストアなどを通じた更新が提供されておらず、購入時から更新されることがありません。ここで問題が生じます。多くのソフトウェアには脆弱性(設計の際に生じた穴)が存在しており、これを利用した攻撃(スマホの乗っ取りや意図しないデータの送信など)も確認されています。
多くのデフォルトブラウザが更新されないということは、このような脆弱性が発見されても、それが修正されず、攻撃の対象となってしまうという状況が存在することを意味するのです。

それではどうすればよいのでしょうか。シンプルな解決策があります。それは、Playストアにて積極的な開発、サポートが行われているブラウザを利用することです。具体的には、Google自らが開発するブラウザのchromeや、Mozillaが開発するFirefox、その他にもOperaなど多様な選択肢があります。
ここで具体名をあげたブラウザはいずれも、現在も積極的に開発が行われており、脆弱性が見つかったとしても、比較的すぐに修正の更新がなされます。その意味で安心です。

androidでデフォルトブラウザを変更する方法とは?

androidでデフォルトブラウザを変更する手順①

次に、androidを搭載した端末で、デフォルトブラウザを変更する手順を具体的に確認していきましょう。androidを搭載する端末は、開発メーカーやOSのバージョンによって操作方法にバリエーションがあるため、すべての端末で完全に同じ操作手順を使うことはできませんが、ここでは、上で見たように脆弱性の問題から他のブラウザにデフォルトブラウザを変更する必要性が高いと考えられる、android 4.4を搭載したASUSのタブレットにおけるスクリーンショットを具体的に示すことで、変更手順の実際を確認していきます。

androidでデフォルトブラウザを変更する手順②

android デフォルト ブラウザ

アプリ一覧から「ブラウザ」と「chrome」を探す

まずは、アプリ一覧を開き「ブラウザ」(現時点でのデフォルトブラウザ)と「Chrome」が存在することを確認してください。「Chrome」がアプリ一覧にない場合は、Playストアを通じてchromeを入手しておいてください。
次にアプリ一覧から「設定」をタップして開き、設定項目の中から「アプリ」を選択します。最新のandroid搭載端末は、ここでメニューを表示することにより、簡単にデフォルトブラウザを変更できるのですが、古いandroid端末の場合や、端末メーカーによるカスタマイズが施されている場合などでは、メニューから簡単に変更することはできず、以下のような複雑な手順を踏んでいく必要があります。

android デフォルト ブラウザ

「デフォルトでの起動」項目の「設定を消去」をタップ

このASUSのタブレットの場合、アプリ一覧から「ブラウザ」の項目を表示し、いろいろと表示されている中から「デフォルトでの起動」という項目を探します。そして「設定を消去」と書かれたボタンがあるので、これを押して設定を消去する必要があります。
この操作によって、デフォルトブラウザの設定が消去されるので、次にURLをクリックした際にchromeなどを選択し「デフォルト」あるいは「既定」と書かれたチェックボックスにチェックを入れてデフォルトブラウザを設定しなおします。
若干複雑な手順ではありますが、手順通りに進めていけば問題なくデフォルトブラウザを変更できます。

androidのデフォルトブラウザが見当たらない!どこにあるの?

androidのデフォルトブラウザが見当たらない場合:無効化になっている

上のような手順でデフォルトブラウザを変更することができますが、自分の端末を調べてみて、デフォルトブラウザが見当たらないという方もおられるのではないかと思います。
最近の端末では、そもそもchrome以外のブラウザを搭載していない場合もあるのですが、古い端末などでは、デフォルトブラウザが無効化されていることも考えられます。利用している端末のブラウザなどのアプリが無効化されているかどうかは以下の手順で確認することができます。
まずは、アプリ一覧から「設定」をタップして開き、「アプリ」の項目を探して開きます。ここでの操作もバージョンや端末メーカーによって差異があるのですが、古いandroidでは、画面を右や左に引っ張ることで「ダウンロード済み」「すべて」「無効化」などの項目別にアプリを表示することが出来ます。
このなかから「無効化されたアプリ」を表示しましょう。上で例にあげたASUSのタブレットなど、一部の端末ではそもそもデフォルトブラウザの無効化ができないようになっているのですが、そうでない端末も多いため、この項目を確認する必要性は少なくありません。
この無効化されたアプリの一覧から(デフォルトの)「ブラウザ」を見つけ出し「有効化」ボタンをタップすると、アプリが有効化され、アプリ一覧にも表示されるようになります。

まとめ

以上で確認してきたように、一部のandroid搭載端末は独自のブラウザを搭載し、それがデフォルトブラウザになっていることがあります。独自機能などを備えているため、そのまま利用してもよいのですが、特に古い端末だとセキュリティ上の問題が考えられます。そこで、本記事では、デフォルトブラウザの変更手順なども具体的に確認しました。
ブラウザは日常的に使うアプリであるだけに、デフォルトブラウザとは何かを確認し、そしてお使いの端末のデフォルトブラウザの設定がどうなっているかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧