XPERIAで写真を撮った時にどこに保存される?保存先はどこかを解説!

この記事を執筆するにあたって

パソコン、スマホの個人サポートを仕事に持っている、XPERIA愛用者の僕が解説します! ムダ知識も含め、皆さんのお役に立てれば幸いです。分かりにくかったらゴメンナサイ!

Written By PC ゆう太

目次

XPERIAで撮影した写真、どこに保存されているんでしょうか。

XPERIAじゃなくても場所が決まっています

ご覧になっている皆さんがお使いのXPERIA、写真がとっても綺麗に撮れていると思います。

綺麗だし、いつでも確認できる。共有の仕方もわかる。

けど、これ、どこに保存されているんでしょう?

SDカードに入ってるんだろうけど、いっぱいフォルダでてくるし、見当も付かない!

っていう人のために、解説します。

パソコンに取り込む時なんかは、ちょっとした事がわかれば余計な事を考える必要はありません。

知らなくていい事は、覚えなくていい。

これは僕のスマホ指導のポリシーです(笑)

小学校の時の先生もそう言ってたんです!(笑)

XPERIAで撮った写真の保存先はXPERIAシリーズ通して同じか

XPERIA XZ2の場合の写真の保存先

写真のファイルは、デジカメもXPERIAも基本的にDCIMフォルダです。

本体だろうが、SDカードだろうが、DCIMフォルダです。

DCIMが覚えにくいっていうなら、覚え方があります。

Digital Camera Image 頭文字を取ると、DCIM。

XPERIA XZ2以前の撮った写真の保存先

XPERIAだろうが、他のスマホだろうが、おそらく保存先は同じです。

とにかく、DCIMフォルダを探しましょう。

xperia、その他のスマホも写真の保存先はここって、決まっています。

パソコンに接続した時は、保存先であるDCIMフォルダを探しに行きます。

コンピュータが写真を取り込むために、保存先であるDCIMフォルダを探しに行きます。

XPEREIAで撮った写真の保存先の写真を確認する方法

XPERIA XZ2の場合の写真の保存先の写真を見る

フォトアプリを使う

写真を見るアプリを使えば、保存されている写真は簡単に確認できます。
写真閲覧アプリは、保存先であるDCIMの中のフォルダの中も確認しています。

XPERIA 保存先

DCIMフォルダに入っている写真は、フォトアプリで確認できます。

僕が利用しているGoogleフォトでは、わかりやすく「カメラ」って名前にしてしまいます。「カメラ」=「DCIMフォルダ」だと思ってください。

DCIMフォルダは名前が決まっているため、アプリが自動的に写真が保存されている場所として認識します。

xperiaには、アルバムアプリが初めからインストールされていますが、自分で好みのアプリを探しても結構です。

XPERIA 保存先

Xperia標準搭載のアルバムアプリの場合、「カメラロール」という名前になっています。

「カメラロール」=「DCIMフォルダ」だと思っていいと思います。

Xperiaとパソコンをケーブルで繋いで、手動でXperiaのDCIMフォルダの中身を削除すれば、カメラロールから消えるはずです。

ちなみに僕が日頃利用しているフォトアプリは、Googleフォトです。

Playストア googleフォト

クラウドにバックアップしてくれます。高画質設定なら、容量無制限。

その代わり、webで公開されます。撮影場所などを収集して、検索結果に反映されるようになります。

容量無制限の代わりに、Googleに協力してね?という事かと。

ファイルマネージャーアプリを使う

ファイルマネージャーアプリを使えば、DCIMフォルダを探せます。

Yahoo!ファイルマネージャーが使いやすくておすすめ。

playストア yahoo!ファイルマネージャー

XPERIA XZ2以前の場合の写真の保存先の写真を見る

基本的に、XZ2以前も手順は同じです。

xperia XZ2以前の機種をお使いの方も、参考になさって下さい。

xperia xz2以前の機種もXZ2も、撮影した写真の保存先は一緒です。

フォルダの場所は違っても、名前は同じになっています。

XPERIAで写真を撮った際に保存先に入っているかの確認をする

XPERIAで写真の保存先に保存されているかの確認手順①

googleフォトを開きます。

メニューから、「端末内の写真」を開いてみます。

「カメラ」の中が、撮影した写真です。

XPERIA 保存先

XPERIAで写真の保存先に保存されているかの確認手順②

xperia標準搭載の、アルバムアプリを開きます。

3本線メニューから、「XPERIAカメラ」をタップします。

XPERIA 保存先

「カメラロール」の中が、撮影した写真です。

XPERIA 保存先

XPERIAで写真の保存先に保存されているかの確認手順③

Yahoo!ファイルマネージャーを開きます。

XPERIA 保存先

SDカードまたは、本体の中の、DCIMフォルダを探して開きます。

100ANDROIDフォルダの中に、撮影した写真が入っています。

この100ANDROIDが、わかりにくいけど本当の名前となります。

XPERIA 保存先

XPERIAで写真を撮った際に保存先に入っているかパソコンで確認をする

パソコンでのXPERIAの写真の保存先の確認手順①

パソコンとデータ転送対応のケーブルをつなぎます。

XPERIA 保存先

xperiaの画面で、転送モードの選択を求められます。

転送モードを選択すると、パソコンが認識します。

ここで、「ファイルを転送する」を選択します。

エクスプローラに、xperiaとして開けるようになります。

xperia 写真の保存先

パソコンでのXPERIAの写真の保存先の確認手順②

エクスプローラでxperiaを開くと、中のフォルダが閲覧できるようになっています。

xperia 写真の保存先

写真の保存先をSDカードに設定している場合、「SD Card」を開きます。

DCIMフォルダを探します。DCIMフォルダの中に100ANDROIDフォルダがあります。
xperia 写真の保存先

わかりやすく表現します。

PC → Xperia XZ* → SD Card → DCIM → 100ANDROID

ここに、撮影した写真データが入っています。

xperia 写真の保存先

パソコンでのXPERIAの写真の保存先の確認手順③

写真の保存先を本体にしている場合、もしくは、以前はSDカードに入れていたけど、今は保存先を本体に変更した場合、「本体共有ストレージ」を開きます。

本体共有ストレージには、フォルダが多く入っています。探しにくいので、気をつけて探します。

わかりやすく表現します。

PC → Xperia XZ* → 本体共有ストレージ → DCIM → 100ANDROID

ここに、撮影した写真データが入っています。

xperia 写真の保存先

パソコンでDCIMを瞬時に探すテクニックがあります。

本体共有ストレージを開いたら、直接入力モードで、キーボードの「D」を押します。

xperia 写真 保存 先

これで、頭文字が半角のDから始まるフォルダを一瞬で探します。

100ANDROIDフォルダを開けば、写真がjpg形式で入っています。

xperia 写真の保存先

XPERIAで写真を撮った場合に写真の保存先を変える事はできるのか

写真の保存先は、本体かSDカードかの選択しかありません。
おかしな場所に保存してしまったとしたら、パソコンへの取り込みがとても面倒になります。

ていうか、取り込みができなくなります。

だから、保存先の変更はできなくなっています。

さらに、フォトアプリで写真が閲覧できなくなります。

何も良いことありません。

まとめ

撮影した写真は、XPERIAに限らず、他のスマホでも保存先は同じフォルダです。

デジカメも同じで、SDカードにDCIMフォルダが作成されています。
その中に、100canonや、100casioなどというフォルダがあります。

パソコンで認識されると、このDCIMフォルダを探しに行くようになっています。

DCIMフォルダに格納されている写真データを、取り込み対象とします。

この決まりがわかってしまえば、写真データがどこにあるか、ひと目で分かるようになります。

そして現在、スマホカメラの劇的進化で、今はデジカメが売れないそうです。

2万円そこそこのデジカメはまったく売れず、30万くらいするデジカメが売れているそうです。

どんな人が買うんでしょうかね(汗)

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small f12cbadf e81c 4c66 a35b d323ebd02377
Written By
PC ゆう太
本業はパソコン、スマホの出張サポート。スマホ教室、パソコン教室の講師もやっています。
2002年から出張パソコンサポートの仕事をしています。 パソコン、スマホのトラブル、設定サポート、操作指導など。 Wi-Fi機器、クロームキャストなど、関連機器のサポートもやってます。 お客様が主に年配層なので、わかりやすく教えるのはそれなりにできます。 記事がわかりにくかったらすみませんm(__)m

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧