xperia xzが発熱してしまった場合の原因や対処法とは?

この記事を執筆するにあたって

筆者は家電量販店に勤めております。Xperiaが発熱してしまった時の原因や正しい対処法・間違った対処法について解説を行います。

Written By ブレンディ 0120

目次

Xperia XZが発熱してしまう原因と対処法について解説を行います

Xperia XZシリーズを使っていて、スマートフォンが熱くなったことはありませんか?

これまでXperiaシリーズでは熱暴走を起こす機種もあったものの、XZシリーズでは廃熱の為に機器の厚さを調整に熱を逃がしやすくしたり、端末に負荷がかかりすぎないように工夫がされてきました。

しかし、新型の機種には最新機能が搭載されていることが多く、XZシリーズにも4K対応ビデオ撮影や、3Dフォトなど様々な機能が搭載されている為、演算処理を行う為に熱くなるという現象が少なからず起きてしまいます。

では、実際にXperia XZシリーズを使っている方の中にはどのような使用方法でスマートフォンが熱くなってしまっているのでしょうか?

今回は、そんなXperia XZシリーズの発熱に繋がってしまう原因と、発熱してしまった時の正しい対処法について解説を行っていきます。

xperia xz 発熱

xperia xzが発熱した場合の原因とは?

Xperia XZシリーズが発熱する原因にはどのような事象があるのでしょうか?

以下の5つの項目が発熱時の報告が多く、皆さん共通のポイントと思われます。

ご自分の使用方法と似ている部分があれば改善を行うと良いでしょう。

xperia xzが発熱した場合の原因①充電しながらの操作

スマートフォンを充電しながらの操作は、リチウムイオン電池の劣化を早めるだけではなく、スマートフォン本体に負荷を与え続けます。

人で例えると全力疾走しながらご飯を食べているような、補給しながら消費するというイメージが近いでしょう。

そんなことを日常的にやっていては、体はおかしくなってしまいますし、スマートフォンも同様です。

充電と放電の動作を同時に行うことで、バッテリーに過剰な負荷がかかり、早く劣化します。

結果として、スマートフォンの熱暴走に繋がってしまっているわけです。

xperia xz 発熱

xperia xzが発熱した場合の原因②連続でのCPU稼働

最近は、4K撮影や3D写真の撮影など対応しているスマートフォンが多くなり、Xperiaも高画質動画に対応しています。

グラフィックの高いゲームやオンラインゲームを問題なく動作できる位の高性能なCPUを搭載していますが、こういった高度な処理を行い続けるとCPU稼働による発熱に繋がります。

PCと違ってスマートフォンには熱を外に逃がすための廃熱ファンなどは搭載されていませんので、CPUが稼働すると熱を持ち、その状態でスマートフォン内に熱がこもり続けるといった悪循環になります。

また、バックグランドアプリを複数起動している状態でもスマートフォンはCPUを稼働し続けているので、発熱に繋がることもあります。

どのくらいスマートフォンの処理を行っているのかによって発熱具合も違う所がポイントです。

xperia xzが発熱した場合の原因③アプリの長時間使用

スマートフォンを長時間使用していると、ディスプレイ点灯や音源を流す動作を常に行っているので、スマートフォンが熱を持つことがあります。

操作している内容によって異なりますが、Youtubeのような動画再生を長い時間行っていれば10分程度でほんのりXperiaは熱くなってくることでしょう。

ネットの閲覧においても、数時間の操作は熱を蓄えるには十分な時間です。

急激なバッテリーの消費や目の疲れに繋がってしまいますので、ある程度スマートフォンに熱を感じたときには、休憩する事も大事です。

楽しい時間にも適度に休憩を取るようにすると良いでしょう。

xperia xz 発熱

xperia xzが発熱した場合の原因④密閉性が高い(防水など)

Xperiaシリーズは、機種が新しくなるにつれて防水・防塵機能が向上しています。

XZシリーズも、防水・防塵規格(IPX5/IPX8)に対応しており、スマートフォンの規格では最高クラスです。

流水の中でも故障しない程度の防水であることから、どれ程精密に作られているのかお察しは付くと思いますが、逆を返すと熱も外に逃げにくい構造であるということです。

密閉性の高いスマートフォンは、内部にこもった熱は外に逃げにくく、常温に戻るまで時間を要します。

XZシリーズは高い密閉性を実現している反面、熱がこもった際の廃熱に時間がかかるというのは、使用者であればイメージがつきやすいかと思います。

xperia xz 発熱

xperia xzが発熱した場合の原因⑤外気温

夏場などでスマートフォンを使用した際には、スマートフォンの発熱に繋がってしまう場合があります。

特にXZシリーズは、背面とサイドが金属加工されており、外気温の影響を受けやすい素材を使用しています。

頑丈であることが魅力ですが、熱に対しては強くないというデメリットもあるので、使用する場所を選んで使うようにしましょう。

逆に冬場のスキー場などでも寒さに弱く、気付いたら強制シャットダウンされていた、という経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

筆者も毎年スノボに行きますが、スマートフォンが強制停止することはよくある事です。

Xperiaは他のメーカーのスマートフォンに比べても稼働温度は幅広く、信頼できる機種でもありますので、よっぽどでない限りは強制停止は起こしません。

xperia xz 発熱

xperia xzが発熱した場合の対処法とは?

xperia xzが発熱した場合の対処法①充電しながら操作をしない

充電しながらの操作をおこなっている場合は、一度充電器を外しましょう。

また、日常的にこういった操作をしている方がいればすぐに辞めましょう。

筆者は年に数回スマートフォンを取り替えるスマホマニアですが、こういった耐性テストを仕事とプライベートでそれぞれ実施することがたまにあります。

どれ程クオリティの高いスマートフォンであっても、充電しながらの操作を毎日続けていると早ければ3カ月ですぐ分かる程度にバッテリー持ちが悪くなります。

半年も続けていれば、1日スマートフォンが持たなくなることでしょう。

ただのアプリ更新の時にでさえ、スマートフォンが熱くなることもあります。

スマートフォンは2年契約で分割金も2年かそれ以上で組んでいる方も多いでしょうから長く使えるように使用方法を見直しましょう。

xperia xz 発熱

xperia xzが発熱した場合の対処法②使用していないアプリの削除

使用していないアプリがあった際はアプリの削除を行うことで、不要なアプリのアップデートや通知を行わずに済みます。

もし、スマートフォン内に使っていないアプリが多い場合は、これを期に整理してみるのも良いでしょう。

また、アンインストールを行わなくてもアプリの無効化を行うことで、通信を行わないように設定する事も出来ます。

ポイントとしては、不要な通信を行わないようにすることです。

xperia xz 発熱

xperia xz 発熱

xperia xzが発熱した場合の対処法③カバーやケースから外す

Xperiaにケースをつけている場合は、通信速度維持の為にケースを外しておくと良いでしょう。

ケースを外すことで、スマートフォン本体の温度上昇が防げますので、スマートフォンが自動で充電速度を緩める温度感知が起きにくくなります。

XZシリーズでは、いたわり充電に対応している為、こういったスマートフォンとバッテリーをいたわる機能が付いています。

充電速度を意図的に遅くしていまうことがある為、充電は放熱しやすい状態で行うと良いでしょう。

xperia xzが発熱した場合の対処法④電源を切る

スマートフォンの電源を切ることで、一切の通信とCPUの稼働を行わないようになります。

充電することだけに集中させると、電源を入れている状態で充電するよりも早く充電を完了させることができます。

こちらは最も、早く充電を行うことができ、スマートフォンの発熱防止に効果的ですが、電源を切っている間は一切の通信が行えないので、連絡を取る事ができません。

時間と余裕のある時に行うと良いでしょう。

xperia xz 発熱

xperia xzが発熱した場合の対処法⑤バッテリーを交換する

上記の方法を試しても、スマートフォンの温度上昇が上がり続けるという場合は本体のバッテリー劣化の可能性があります。

この場合、使用方法を変えても根本的に何も変わりませんので、修理を行うか補償サービスを使ってリニューアル品への取替をおこなうと良いでしょう。

機種交換も良いかも知れません。

デバイス側の問題になりますので、一度お使いの携帯ショップへご相談を行い。トラブルシューティングを行うと良いでしょう。

xperia xz 発熱

xperia xzが発熱した場合の対処法⑥外気温を下げる

スマートフォンの温度を上がりにくくするために、外気温を下げるという方法もあります。

室内限定になりますが、エアコンの冷房をつけたり外出先でも日陰で充電を行ったりと、スマートフォン本体にこもる熱を外気に逃がせるような温度差をつけると温度上昇を防ぐことができます。

この方法は気休め程度ですが、直射日光のあたる温度の高い部屋で充電するよりも効果的です。

xperia xzが発熱した場合の対処法でのNG方法

xperia xzが発熱した場合の対処法での注意点①冷蔵庫に入れる

スマートフォンが熱くなったからといって、スマートフォンを冷蔵庫に入れてはいけません。

スマートフォンは精密機器です。冷蔵庫内に入れることで一気に温度の低下が起こりスマートフォン内部に結露を起こしてしまうかも知れません。

また、冷蔵庫やスマートフォン本体の電磁気の接触により、故障の原因になる可能性も否定できません。

取り扱い上、このような扱いは避けるべきことなので、決して行わないようにしましょう。

xperia xz 発熱

xperia xzが発熱した場合の対処法での注意点②水で冷やす

スマートフォンを流水でさらすのも、してはいけない行為の一つです。

特にスマートフォンが発熱している時にこれを行うと、高い確率で結露を起こします。

カメラレンズ内や、スマートフォン本体内に結露を起こすことでカメラ撮影ができなくなったり、故障に繋がることがあります。

防水対応のスマートフォンであっても、急激な温度変化と防水は別物です。

意図的にスマートフォンを流水にさらすなどの行為はやめましょう。

最近は洗えるスマートフォンも発売されていますが、こういった機種でも細かな制約付きでの流水対応です。

おすすめできる方法ではありませんので、注意して下さい。

xperia xzが発熱した場合の対処法での注意点③保冷剤や冷えピタなどで冷やす

保冷材などを使ってスマートフォンを冷やす方法もありますが、冷水同様に結露が起きる原因になります。

また、保冷剤や冷えピタにはものを冷やす為の化学物質が入っています。

もし仮に冷やしている過程で中身が出てしまうことになれば、スマートフォンの故障に繋がります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Xperiaのスマートフォンが熱くなってしまった時の原因や対処法について解説を行いました。

高性能化に伴い、スマートフォンは熱くなるという問題は常に起きる現象の一つです。

PCのように冷却用ファンが導入されていない以上は仕方のないことだと思われますが、もしスマートフォンが熱くなってしまった時の原因と対処法をしっかり理解していれば慌てずに対処することができますね。

この記事を読んでご不明や疑問点があった場合は当サイトのお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
可能な限り対応させていただきます。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
ブレンディ 0120
家電量販店勤務の家電マニア!よろしくお願いします。
家電量販店勤務経験のある家電マニアです。 家電の記事の執筆を行っていきます、よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧