gmailに既読機能はある?gmailで相手がメールを開封したか確認する方法を紹介

目次

メール 開封確認

大事なメールや急いでメールの回答がほしい場合は、gmailなどでメールを送信した上で相手にたいして電話をし、急いで開封して返信が欲しい旨を伝えることがありますが、なんらかの事情で電話ができない場合、メールに開封確認などをつけることによって相手がメールを読んだことの確認を取ることができます。

有料のメールソフトではこのような既読確認の設定を行うことができますが、フリーメールの代表格でもあるgmailでは既読確認の設定をする事はできるのでしょうか。

gmailで開封確認設定は可能か?

結論から申し上げますと通常のgmailでは開封の確認をすることはできません。ですが、2つの方法により既読確認の設定を追加することが可能です。そのため、相手が開封をしたかどうかをどうしても確認したいときは後述するふたつの方法のひとつを用いてgmailで既読確認の設定をつけるようにしましょう。開封の設定をつけることによって相手の進捗状況がわかるだけでなく、相手がgmailの確認設定がついていることを認識することで急いでメールの用件に対応するという効果があります。

以下ではgmailの既読確認設定の方法を紹介したいと思います。

gmailでの既読確認設定の方法①

メール 設定

まず、一つ目の設定ですが、googleのChrome拡張機能を用いるやり方です。
PCのgmailで相手にたいして送信することになりますが、この方法によりメールを開いて欲しい人にたいして開封の確認を行うことができます。

拡張機能の追加手順

それではgmailに既読確認設定をするための具体的な手順を解説します。少々長いですが、お付き合いください。

  • ①Chromeを開き、画面の右上にあるアプリボタンを選択します。

  • ②アプリのアイコン一覧が出てきますので、画面の下側にある"もっとみる”ボタンを押します。

  • ③画面の下側に再度スクロールさせて"さらにもっと"のボタンを押します。

  • ④”さらにもっと”ボタンを押しますと別の画面が起動します。画面内には様々な機能が表示されていますが、またしても画面を下側にスクロールさせて、”サービス一覧”を表示させます。
    ※スクロールが多くなっていますが、当該作業はこの箇所で落ち着きます

  • ⑤サービス一覧の中にある”Chromeウェブストア”を選択します。

  • ⑥また違う画面(Chromeウェブストア)が表示されますので、左上にある検索ボックスに"mailcastr"と入力し検索を実行します。

  • ⑦拡張機能として「mailcastr」が表示されますので、右上にある”CHROMEに追加”のボタンを押して下さい。

  • ⑧追加のボタンを押した後、確認画面が出てきますので"拡張機能を追加"ボタンを押して下さい。

ここからの作業はお持ちのgmailアドレスにログインした上で行う必要があります。

  • ①拡張機能追加のボタンを押した後、"Login now”をクリックします。

  • ②保有しているgmailアドレスを選択し、ログインを行います。

  • ③画面上でgmail開封確認機能の「mailcastr」がアカウントにたいしてアクセスをしてよいかを聞かれますので許可を選んで下さい。

  • ④今度は通知に関する質問を受けますので、ここでも許可を行って下さい。

  • ⑤その後は開発者のメッセージにたいしてNextボタンを繰り返し押してOkayボタンを押せばようやく作業は完了です。

お疲れ様でした!
これでgmail既読確認の機能追加は完了です。

既読確認をしてみましょう

上までの作業によってgmailに既読確認の機能が追加されています。
gmailから新規メッセージを作成すると今までと同じようにメッセージ画面が表示されます。
既読確認機能の設定前後で変わっているのは、送信ボタンの横にチェックボックスがついているところです。

緑色のチェックがついている場合は、既読確認機能がオンになっている状態です。
一方で赤色になっている場合は、既読確認の機能がオフの状態です。
このままメッセージを送信してもgmailでの開封確認は行えませんのできちんとチェックボックスが緑色になっているかを確認してからgmailを送信しましょう。

既読確認機能を設定してメールを送信した後にメールを送った相手が開封すると既読したか否かの確認ができます。
gmail上の「mailcastr」アイコンを選び、ダッシュボードを選択すると送ったメールにたいして相手が既読なのか未読なのかを確認することができます。
また、相手がメールを開いた場合はメールが開いた旨のポップアップが表示されます。
さらにgmail宛てに相手がメールを開いた旨のメールが届きます。
これらの機能によってgmailにて相手が既読したかどうかを確認する事ができます。

既読確認機能の制限

mailcastr 制限

ご紹介したようにgmailでの既読確認が行える便利な「mailcastr」ですが、制限が存在します。制限の内容ですが、1日5回まで、1月で150までという制限があります。gmailで開封確認を行うために無料版を導入しているのでこのような制限があります。日々の使用方法によると思いますが、一日に多くのメールを送受信される方で多くのメールにたいして開封確認を行いたい場合は無料版での回数では心もとないと思います。その際は有料版の導入を検討しても良いかもしれません。無料版から有料版へ変更することによって上記のような制限はなくなります。有料版を利用する場合は年間契約で月に1.9ドル程度かかるようです。
少額の費用で制限が外れるとはいえ、お金がかかってしまうために全部のメールに既読確認をつけるのではなく回答を急いでいるメールや確実に相手に見てほしいメールのみに開封確認をつけるだけにする等の対策を行うことによって有料版を使うことなく無料版のみで運用していくことも可能だと思います。

gmailでの既読確認設定の方法②

上記ではChromeの拡張機能を用いてgmailに開封確認設定をしてきましたが、ここではG suiteを利用した開封設定について記載したいと思います。ちなみにですがG suiteはGoogleが提供するツールでビジネスに使用する機能を兼ね備えています。初めは無料で使えますが、一定期間経過後は有料の扱いとなります。このG suiteにおいてG Suite Basicを選択することで開封確認のリクエスト送付することが可能となります。

引用元:開封確認メッセージの有効化(G Suite管理者ヘルプ)

gmailの既読返信をしないようにする

gmail 返信

いままでは、gmailにて送信をする際に相手の既読をどう確認するかを説明してまいりましたが、今回はメールを受信し、相手のメールに開封の確認が設定されている際にgmailにて開封した旨の返信するかどうかについて説明したいと思います。また、gmailでの開封確認した旨の通知をどうやって行わないようにするかについても解説していきたいと思います。

まずは開封確認が設定されているメールについてどのように返信するかを説明したいと思います。メールの送信者がgmailのアドレスにたいして開封確認を設定していた場合、基本的には開封した旨を相手にたいしてメールにて送り返します。受信者側での開封判断をすることはできないようです。

gmailに送られてきたメールに対して開封をした旨の通知を行うことで不利益を被ることは基本的にはないと思いますが、中にはさまざま事情により通知を行いたくないという方や勝手に通知をされるのが気持ち悪いという方もいるかもしれません。

開封をした旨の通知をしたくないという方は、先ほどgmailでの開封通知設定をした時と同様に今回もChromeの拡張機能を用いることによって通知をしないようにすることができます。

その拡張機能ですが2つの機能が存在しており、

「PixelBlock」、「Ugly」というものがあるようです。双方とも先ほどのgmail開封確認機能「mailcastr」と同じようにインストールを行う必要があります。「PixelBlock」では、メールを受信した際にどのサービスによって開封通知がなされたかを知ることができる機能やそもそも既読確認設定がされているかどうかを表示させる機能があるようです。
ここでは、それぞれの機能についての詳細は割愛させていただきますが、開封した旨の通知を行いたくない方は、拡張機能の導入を行うことで通知しないよう設定することが可能です。

まとめ

以上、この記事では送信メールに開封確認を設定する方法、特にgmailにおいて既読確認をするためにどんなことをすればgmailで開封確認が設定できるかについて説明をさせていただきました。
具体的にはChromeの拡張機能である「mailcastr」によってgmailで既読確認を行うことが可能になります。「mailcastr」では、各メールのステータスを参照することによって相手の既読状態を確認する方法やポップアップ表示によって開封が行われたことが確認できたりと比較的簡単にメールが開封されたかどうかの確認を行うこと可能でした。
急ぎのメールや必ず読んでほしいメールについては相手に対して確実に読んでほしい旨を電話などで伝えたいところではありますが、メールを送る相手によっては電話でそのようなことが行いにくいこともあります。そのような際は今回説明した「mailcastr」を用いることで相手の開封状態を確認することで用件を漏れなく完遂できるようにしておきましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
たなか かな
多くの方に役立てるよう頑張ります。
2018年よりお世話になります。 家電やソフトウェアについてそれなりに詳しいと思います。 情報を紹介するとともに自分も詳しくなろうと思います。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧