gmailの容量の確認方法とは?残量不足の場合どうすれば良いの?

目次

gmailの容量の確認方法

誰でも無料でメールアドレスが持てて、無料のストレージによるバックアップサービスや、スマホで撮影した写真のバックアップなど、とても便利な各種機能がもらえる好評サービスが、Googleアカウント。

この中でも、最近インターフェースも新しくなり、さらに見やすく、使いやすくなったGmailは、15GBまで使えることもあり、MUSTで契約しておくべきサービスとして、すっかり有名ですよね。

ですが、使っているうちに、写真や動画を友達と、あるいは業務で送ったりなどしていれば気になってしまうのが、ストレージの残容量。

旅先やせっかくのイベント時、ハプニング時などに、メールのやり取りができなくなっては大変。

そこで今回は、Gmailの容量の確認方法や、容量不足の解消方法などをまとめてご紹介します!

Gmailの容量を確認する方法

Gmailの現在使用中の容量を確認する方法は非常に簡単。

インターネットのブラウザなどでアクセスした「メールの受信トレイ」画面上から確認できます。

Gmailの容量を確認する手順①

容量 Google Gmail 確認 ストレージ

まず、いつものGmailのメールチェック時と同じで、ブラウザ上で、Googleアカウントにログイン。そしてGmailの画面を表示させます。

Gmailの容量を確認する手順②

容量 Google Gmail 確認 ストレージ

表示された「受信トレイ」画面で、画面の一番下、中央部の左端を確認してみましょう。

かなり長くスクロールさせたした部分です。

容量 Google Gmail 確認 ストレージ

この画面では、「1.07 GB(7%) / 15 GB を使用中」と表示されており、現在メール自体は、あと残り「1.07GB」までは受信してためておくことができそうです。

ですが、ちょっと注意しなければならないことがあるのです!

アプリを使っている方は「メニューアイコン」から「ストレージ(保存容量)」で確認OK

ちなみに、スマホなどでは、Googleドライブのアプリ「G Suite」を利用している方もあるかと思います。

こちらのケースでは、ホーム画面から、「メニューアイコン」をクリック。

そして「ストレージ(保存容量)」をクリックすることで現在のGoogleストレージの容量が確認できます。

Gmailの容量を確認した場合、合算されて計算されているものがある!

容量 Google Gmail 確認 ストレージ

例えばGmailではテキストでのやり取りなどだけという方も多いかもしれません。

そんな方でも、確認するとなぜかかなり大きなストレージ容量を消費しているように表示されてしまいます。

契約した直後で、ほとんどメールのやり取りがない、メールの容量を手で計算確認した方などでも、その数字とはかけ離れて、かなりのストレージ使用率を示しているケースも。

いったいなぜなのでしょうか?

Gmailの容量は、Google フォト・Google ドライブと合算されている

Gmailを使うには、Googleアカウントが必要。

これによって割り当てられたストレージサービスの範囲内で、Gmailを利用することができます。

1つのGoogleアカウントに無料で割り当たるストレージ容量は15GB!!

かなりの大容量ですね。

この15GBを、今回ご紹介しているメールサービスの「Gmail」、アクセスしてアップロードするだけでなく、スマホやパソコン、カメラやSDカード間などとの連携でも自動的に写真や動画がバックアップされる「Googleフォト」、表計算やワープロなどのオフィスツール提供の他、様々なファイルをバックアップしたり、仲間や不特定多数の人と共有公開や共有作業を行う時にもすっかり定番の「Googleドライブ」などで使用する共通ストレージとして利用しています。

3つのサービス、写真や動画、ファイルとメールあわせて15GBがMAX。

となると、いつも動画や写真を数多く利用していて自動的に保存、同期させているという方ほど、確認してみたら知らないうちに、メールで使用できるストレージ容量も少なくなっている可能性があります。

ですが、次にご紹介する方法で、Gmail、 Google フォト、Google ドライブのそれぞれの容量を確認することができます。

Gmailだけの容量を確認する手順①

先ほどご紹介した方法で、まず画面の一番下、残り容量が表示されていた部分までスクロールさせます。

Gmailだけの容量を確認する手順②

容量 Google Gmail 確認 ストレージ

先ほどの表示、この画面では「1.07 GB(7%) / 15 GB を使用中」と表示された下に「管理」という文字が表示され、ここがリンクになっています。

クリックしてみると開いた画面で、正確な3サービスによるストレージの使用容量が確認できます。

容量 Google Gmail 確認 ストレージ

実は、この画面と、先ほどの受信トレイにある画面の表示では、使用容量の概算や、パーセンテージが異なっていることも!!

Gmailの容量を確認したら残量が少ない!どうすれば容量を増やせるの?

さて、Gmailの容量の確認方法はわかりました。

ですが、Gmailを確認して、メールで受信できる残容量が足りない時、いったいどうやってその容量不足を解決できるのでしょうか?

Gmailの容量を増やす方法① Gmail、 Google フォト、Google ドライブのデータを整理する

Gmailの魅力は、やはり大容量と、そして無料であるという点!

ということで、「無料なら使うけど、毎月お金をかけてまでは使いたくないなあ」という方も多いかもしれません。

そんな方にお勧めなのが、「Gmail」、「Google フォト」、「Google ドライブ」のデータを徹底的に整理する方法!

もちろん3つのサービスで同じストレージを使っているため、「Google フォト」、「Google ドライブ」で使用領域のデータを削除すれば、「Gmail」で使える容量が増えます。

とくに「Google フォト」を使っている方は、自動であらゆる写真や動画を同期させる設定のため、明らかに不要なミスショットや、うっかりカメラが起動していて自分の胸元や足元だけが映った映像などを保存していることも!

こんなファイルを中心に、定期的に中身を見直してまずはファイルの削除から始めてみましょう。

ちょっと注意したいのは、Googleの各種サービスは、通常同期型である点。

そのため、ストレージ側でファイルを削除したら、スマホなどの端末側でも記録メディア内からデータが削除されてしまうこともあります。

設定や保存方法については事前に十分確認してから作業を始めましょう。

基本的には、テキストメールよりは、大きく解像度の高い高画質の写真や、大きめの動画、画像をたくさん利用したPDFなどのほうが、1ファイルあたりのデータサイズはけた違いに大きなもの。

ファイル削除作業にあまり時間をかけられないときには、大きな動画や画像ファイルのバックアップをPCやその他のメディアにとったうえで、そのファイルをGoogleストレージ内から消せば、大きな空き領域が出来上がります。

保存容量が足りなくなった場合、Gmailはどうなるの?

現在保存されているファイルは先ほどご紹介した3つのサービス「Gmail」、「Google フォト」、「Google ドライブ」ともに安全に保護されます。

ですが「Gmail」では、新たに送られてきたメールは、相手に返送されてしまいます。

せっかくの大切なメール・・・非常に親しく頻繁にやり取りをしている方ならともかく、日頃やり取りのない方からの、めったにないビジネスチャンスや出会い、情報といったメールだったら・・・と考えれば、常に、保存容量は気にかけておきたいもの。

ちなみに、「Googleドライブ」で保存容量が足りなくなった場合、現在保存されているファイル自体は、安全に保護されますが、ファイルの動機やアップロードはできなくなります。「Googleドキュメント」自体は保存容量を使用しないため、作成は可能です。

また、Googleフォトでは高画質で保存する場合だけ、新しい写真をアップロードすることができます。

Gmailの容量を増やす方法②容量の購入

Googleアカウントのストレージ容量は、月額もしくは年額の課金設定で、有償ストレージプランにアップグレードすることができます。

Google One | 追加ストレージ容量購入とケアサービス等

パソコン、Android、iPhoneとiPadともに Google One からストレージを購入して使用することができます。

現在は、月額250~39000円で100GB~30TBまで(ただし無料の15GBを含む)の設定があります。

容量 Google Gmail 確認 ストレージ

支払いにはクレジットカードやGoogle Play ギフトカードなどを使用することができるため、未成年の方でも購入は簡単です。

プロの写真家などで、出先で撮影した写真を安全に社まで持ち帰るときなどにも便利に使えるだけでなく、移動中に社内で作業を引き継ぐスタッフに、リアルタイムにデータを送れる便利なサービス。

こういった利用方法を参考にして、便利に使っていきたいと思いませんか?

Gmailの容量を圧迫しないためのコツとは?

さて、容量を増やすコツや追加購入についてはご紹介しましたが、やはり無料で使えるからこそ便利というユーザーのほうが多いのではないでしょうか?

またこういった空き容量を増やすための作業時間や手間もなかなか大変です。

日頃から、データ容量を無駄にしないような、ポイントを押さえた使い方なら、いつでも無駄なく利用できます。

Gmail利用のための、容量を圧迫しない使い方のコツをご紹介します。

Gmailの容量を圧迫しないためのコツ①メールを定期的に削除する

やはり不要なメールはこまめに削除するのがコツ。
週に1回など決めておけば、忘れずに短時間で、作業できそうです。

メールにフィルタルールを設定しておけば、ある程度不要なメールや優先度の高いメールもふりわけておくことができ、その中で、メールを確認し、削除するものなどを分ければ良いため、スムーズに作業を行えます。

Gmailの容量を圧迫しないためのコツ② 迷惑メールで容量を圧迫している場合は受信拒否機能を使用

迷惑メールも1度送信に成功すれば、その後、そのアドレスにさまざまな関連アドレスなどから送られてくることもあり、非常に迷惑かつ容量を圧迫する存在。

Gmailのフィルタルール作成を使って、ある程度メールを分けた後は、その特定のメールアドレスの特徴や、そのアドレスそのものからのメールの受信ブロックを設定するとよいでしょう。

Gmail ヘルプ|メールをブロックする

Gmailの容量を圧迫しないためのコツ③カメラのサイズを変更し容量の圧迫を防ぐ

最近では、SNSでも送った画像を適切にトリミングしたり圧縮してアップロードしてくれるところも多く、写真や動画撮影では、一番大きくしておけば、あとからいくらでも調整可能だから・・・と最大サイズで撮影している方も少なくありません。

ですがこれがなかなか画像データサイズを大きくしてしまうもの。

Gmailで使うストレージ容量に関連する中でも、ふと確認したり気づけばすぐに大きくなっているカメラの「撮影時画像サイズ」を変更しておけば、かなりの容量削減につながります。

まとめ

いかがでしたか?

無料で使えてお得なうえ、TBサイズまで容量UPもできるGmail!

旅先で撮影した写真をすぐに、友人知人に送ることもできるほか、Gmailを活用するポイントは様々あります。

今回はそんなときの基本中の基本、ストレージ容量の確認方法や対応方法など使い方のコツをご紹介しました。

他にも、メール全般に言えることですが、送信済みのメールなどは定期的に、あるいは引用返信があった都度削除するなども欠かさず行っておけば、かなり余裕の容量で、Gmailを利用できそうです!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7d825f8d 03c5 4174 981e 9851bd78fd73
Written By
ミラーボール ツルピカハゲ丸
いつあの世に行ったのかわからない、そんな緑の紋付です
もともと、髪の毛が薄く、いつも地肌がほんのり光っている・・・なよ竹のミラーボール・ツルピカハゲ丸を勝手に襲名しようと思っていたら、本家がどこかに行ってしまいました。 ジジィ、はえーよ。 小さなころから家電豊富な家庭に育ち、今も現役のパソピアIQやカセットビジョンから新製品には縁のある環境。新製品も一通り押さえていますが、レトロ家電も捨てずに現役で使えるコンディションにあるのが自慢です。 製品選びのこだわりをお伝えできればと考えています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧