gmailのゴミ箱を空にする方法や復元方法とは?

目次

Gmailメールのゴミ箱をスッキリさせよう

スマホを使うようになってから、キャリアメール以外のフリーメールを取得する人が増えたかと思います。キャリアメールならキャリアの人に聞けば教えてくれるものの、フリーメールの多くは、店舗のなければ電話相談窓口もないことが多く、使用方法がわからないことって多いですよね。この記事では、Gmailのゴミ箱にあるメールを空にする方法やゴミ箱にあるメールの復元方法を紹介していきます。

ゴミ

gmailのゴミ箱を空にする方法

Androidスマホの方はGmailアプリで管理されている方が多いと思います。Gmailアプリ、iPhoneメールアプリ、ブラウザそれぞれで紹介していきます。

gmailのゴミ箱【全て】空にする手順"Gmailアプリ編"

まずはGmailのアプリを開きます。開いたら左上にメニューを表示するバーがあるので、ここをタップするとゴミ箱を選べるようになっています。ゴミ箱を開いたら、右上に"ゴミ箱を今すぐからにする"とタップするところが出てくるので、ここをタップすればゴミ箱の中が完全に消去され、ゴミ箱が空になります。
Gmailアプリ

gmailのゴミ箱を【全て】空にする手順"iPhoneメールアプリ編"

iPhoneメールアプリを開くとメールボックスが出てきます。いくつか登録をしている場合は、Gmailを選び、ゴミ箱を選択します。次に右上に"編集"のボタンが出てくるので、タップすると、右下に"すべて削除"とでてきます。ここをタップすればゴミ箱の中が完全に消去され、ゴミ箱を空にすることができます。
iPhoneメール

gmailのゴミ箱を【全て】空にする手順"ブラウザ編"

スマホブラウザでは、ゴミ箱を全て空にすることができません。PCブラウザの場合は、ページを開くと、Gmailのロゴにすぐ右下に、一括選択をできるチェックボックスがあります。こちらにチェックを入れすぐ右に完全に削除のボタンが出てきますので、クリックをすれば削除が可能になり、ゴミ箱を完全に空にすることができます。

ブラウザ

PCブラウザ

gmailのゴミ箱を【選んで】空にする手順"Gmailアプリ編"

Gmailアプリでの選んでゴミ箱を空にする方法はありません。どうしてもゴミ箱の中に残しておきたいメールがある場合は、一旦通常のメールボックスへ戻し、全て削除したのちにもう一度ゴミ箱へ戻しましょう。

gmailのゴミ箱を【選んで】空にする手順"iPhoneメールアプリ編"

iPhoneメールアプリの場合は、選択して削除は可能です。全て削除と同じように、右上の編集をタップします。すると各メールの左側にチェックできる○がでてきます。ここから完全に削除したいメールを選択して、右下の削除をタップします。そうすると、選択したメールのみがゴミ箱から削除されます。

gmailのゴミ箱を【選んで】空にする手順"ブラウザ編"

スマホでブラウザで選んでメールを削除する方法ですが、ブラウザからGmailを開き、左上のメニューバーからゴミ箱へ進みます。ゴミ箱フォルダに入ると、左側に□のチェックボックスがあるので、削除したいメールにチェックを入れると自動で"完全に削除"と押せるところが下に出てきます。ここを押せば削除完了です。PCブラウザでも同様にメールの左側に□のチェックボックスがあるので、チェックを入れ、PCブラウザの場合は、上に"完全に削除"が出てくるので、こちらをクリックすれば削除することができます。

gmailのゴミ箱内のメールを復元する方法

gmailのゴミ箱内のメールを復元する手順"Gmailアプリ編"

ゴミ箱フォルダを開きます。左側、アルファベットになっているところをタップすると、復元したいメールを選択できます。選択が終わったら、右上の"…"をタップすると"移動"という選択しが出てきます。あとは移動させたいフォルダを選べば移動完了です。

gmailのゴミ箱内のメールを復元する手順"iPhoneメールアプリ編"

こちらもゴミ箱フォルダを開きます。空にするときと同じように右上"編集"をタップします。選択して削除の時と同じように戻したいメールを選択します。こちらは一括選択はできませんので、一つずつ選択します。選択をすると下側中央に"移動"が出て切るので、移動をタップすると移動先のフォルダを選択できます。

gmailのゴミ箱内のメールを復元する手順"ブラウザ編"

ブラウザでゴミ箱フォルダを開きます。移動させたいメールを左側□のチェックボックスから選択します。そうすると、下側に完全に削除のすぐ右に▲が出てくるので、ここをタップします。そのあと、受信トレイに移動と出てくるので、ここをタップすればそのまま受信ボックスに移動してくれます。

gmailのゴミ箱内の保存期間とは?

Gmailのゴミ箱内の保存期間は30日です。GmailアプリもしくはPCブラウザでは表示がされていますが、iPhoneのメールアプリとスマホのブラウザでは表示されていません。ゴミ箱へ入れたメールなので必要ないものがほとんどかとは思いますが、大切なメールを見落として、一括でゴミ箱に入れてしまったメールでも30日の期限で完全に削除されますので、気をつけましょう。

【注意】gmailのゴミ箱内を全て空にすると復元は困難である

Gmailのゴミ箱から削除したメールに関しては、復元はできません。Gmailの仕組みを少し解説をすると、メール自体はGmailのサーバ上で管理されています。それをスマホやPCといったデバイスを使って見にいっている、というのが通常の仕組みです。ですので、GmailアプリやiPhoneのメールアプリをつかっているからといって、スマホにメールが直接保存されているわけではありません。ゴミ箱からメールを削除するという操作自体が、サーバから削除する手続きに連動しているので、ゴミ箱から削除したメールを復元することはできないということになっています。例えていうなら、家庭ゴミをごみ収集車が回収をして、ゴミ処理場で処理した後、自分の大切なものが入っていたからといってどうすることもできないのと同じことですね。どうしてもの場合は、一度Gmailに問い合わせしてみるのも一つの方法かとは思いますが、全世界何億人ものアカウントが存在していると思うので、個別に対応は難しいと思いますので、メールの取り扱いには気をつけましょう。

gmailのメールが勝手にゴミ箱へ⁉︎原因や対処法とは?

gmailのメールが勝手にゴミ箱へ入る原因

ゴミ箱ではなくて、迷惑メールに入ってしまうことは多少ありますが、基本的にはゴミ箱に勝手にメールが入ってしまうといったことはありません。ただ、設定によっては自動でゴミ箱に入ってしまうことがあるので気をつけましょう。設定については対処法で詳しく紹介しますが、自分で設定変更を行なっていなくても、悪質なサイトの誘導で設定を知らず知らずのうちに変更をしてしまったといったこともあります。

gmailのメールが勝手にゴミ箱へ入る場合の対処法

勝手にゴミ箱に入ってしまう場合、まずはフィルタリングの見直しをしましょう。フィルタがかかっていることによって、自動でゴミ箱にと考えられます。一度全て設定を解除し、その後再設定をしてみましょう。これでも改善がない場合は、IMAPサービスを無効にしましょう。それでも、改善がない場合は、使用しているアプリからアカウントを削除し、再登録してみましょう。先ほども紹介しましたが、アプリでもかならずサーバへのアクセスをします。ネットで繋ぐ際に何かしらのエラーでこういった症状を引き起こしていることも考えられます。削除できるアプリなら削除して、再度インストールをし直すことも症状改善することがあるので、ぜひ試して見てくだいさい。補足ですが、Gmailの設定に関しては、スマホ版のサイトやアプリからは変更ができませんでした。なので、PCをお持ちの方はPCやタブレットから。スマホしか持っていない方は見にくさはありますが、スマホブラウザからPC版サイトへアクセスをして変更を行いましょう。

Gmail 設定

まとめ

Gmailのゴミ箱を空にする方法はわかりましたか?使用する方法によって一長一短があります。ここまでも紹介しましたが、ゴミ箱の一括削除はできても、選択でできないこともありますし、逆もあります。PCブラウザで使うのが全ての機能を使うことはできますが、メールを開くだけなのに、わざわざPCを開くのもなといった人も多いと思います。ご自身の生活に合わせてメールを見る手段を見直していただければと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 8ba31ddb 7474 47a8 a7d5 0f63c5071fc9
Written By
ニジシタ ソウ
ライフスタイルにマッチした紹介をモットーにしています
買う人それぞれのライフスタイルに合った記事をかける様心がけています。少しでも皆さまの生活向上の参考になれば幸いです。よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧