Apple IDはキャリアメールではなくGmailで設定した方がいい?

この記事を執筆するにあたって

私自身はAppleユーザーではないのですが、職場の同僚や友人のAppleユーザーの間では、キャリアメールを使っている人はほとんどいないようでした。なんでだろうと思っていたのですが、理由を聞いてみるとなるほどなぁ、と思ってしまいます。デメリットがなにげに大きいですから、私がAppleユーザーだったとしてもキャリアメールは使わないでしょう。

Written By 猫俣 ミクスレート

目次

Apple IDにはGmailがいい?

iphoneやiPadを使っていれば、かならずApple IDを取得します。そして特に何も考えていなければ、携帯電話会社のキャリアメールのメールアドレスを、そのままApple IDとして取得しているでしょう。

ところがApple IDをキャリアメールのメールアドレスで登録すると、のちのち困った事態になってしまう可能性があるのです。

そこで今回はApple IDをGmailで登録するメリットや登録方法、また登録ができない場合の対処法などについてお伝えしていきましょう。

Apple ID には Gmailを利用しよう

Gmailがいい

なぜApple IDにGmailのメールアドレスを登録しておくとよいのでしょうか。

オンライン上でデータを管理している

Gmailはメールをオンライン上で管理している、クラウドサービスのひとつ。メールの内容だけでなく、メールアドレスや連絡帳などもオンラインで管理しています

スマホなどには大きすぎる容量のデータも、オンライン上なら大丈夫。Gmailの場合は約10GBもの大量のデータを無償で保管しておくことができるのです。

またブラウザ上でメールの送受信ができるため、スピーディーにメールのやりとりを行うことができます。

過去のメールやアカウントが残っている

Gmailのアカウントは一度作成してしまえば、こちらからアクセスしない限り変更されることはありません。

そのため機種変更をしたとしても、新しい端末でGmailにログインすればアカウント情報も、過去のメールもすべて残っているのです。

Apple IDをキャリアメールにしない方が良い理由とは?

やめといた方がいい

なぜApple IDを、携帯電話のキャリアメールにしない方がよいのでしょうか。

キャリアを変更した場合メールアドレスが変わる

Gmailのメールアドレスは機種を変えても、携帯電話会社を変えても、変更されることはありません。

しかし携帯電話会社のキャリアメールの場合、別の携帯電話会社に変えるとメールアドレスが変わってしまいます。たとえばこれまで「~@docomo.jp」だったメールアドレスが「~@softbank.jp」に変わってしまうという具合ですね。

したがって携帯電話会社を変えた場合、それまでのメールアドレスに届いたメールは見ることができなくなってしまいます

iTunesやApple Storeで購入したものが無効になる恐れがある

Apple ID自体は携帯電話会社を変えてメールアドレスが変わったとしても、これまでどおり使うことは可能です。

しかしApple IDに登録していたメールアドレスに届いたメールを受信できなくなってしまうため、パスワードのリセットなどが行えなくなってしまうのです。

またiTunesやApple StoreなどのサービスはApple IDと紐づいていますから、Apple IDに登録されたメールアドレスが変わってしまうと、これまで購入した音楽やアプリが使えなくなってしまう恐れもあります。

Gmail以外にApple IDのおすすめは?

@icloud.com

携帯電話会社が変わってもメールアドレスが変わらないメールソフトは、Gmailだけではありません。

iCloudメールとは

Apple IDを取得するともれなく利用できるようになるのが、Appleが提供する「iCloudメール」です。

Gmailと同様にオンラインでデータを管理しているのが特徴で、他のオンラインサービスも含めてですが、5GBまでのデータをオンライン上に保管しておくことが可能。

もちろん、携帯電話会社を変えてもメールアドレスが変わることはありません。

iCloudメールのメリット・デメリット

Gmailに比べて、iCloudメールはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メールアドレス

こちらはGmailもiCloudも違いはありません。しいて言うならiCloudの方が利用者数が若干少なめなので、希望したアカウント(メールアドレス)名をちょっとだけ取得しやすいことくらいでしょうか。

受信方法

  • iCloudメール:プッシュ通信
  • Gmail:フェッチ通信

プッシュ通信とは、サーバがメールを受信すると通知を送り、通知を受け取るとメールの内容をダウンロードするという通信方法。

ほぼリアルタイムでメールを受け取れる反面、常にメール受信の通知を受け取れる状態にしておかなければならないため、iphoneのバッテリー消費が激しくなります。

一方フェッチ通信とは、一定時間ごとにサーバに対して新着メールがあるかどうかを問い合わせ、それからメールを受信するという通信方法。

急ぎのメールを受け取るには向いていないかもしれませんが、サーバにアクセスするのは一定時間ごとなので、バッテリー消費を抑えることが可能なのです。

こちらは用途に応じて使い分けがききそうな特徴ですよね。Gmailのフェッチ通信はサーバに対する問い合わせの間隔を短くすることも可能。しかし短い間隔にするほどバッテリー消費が激しくなります。

保管できるデータの大きさ

  • iCloudメール:他のオンラインサービスすべてを含めて5GB
  • Gmail:Gmailだけで10GB

こちらは一目瞭然ですね。とはいえ、よほど大量のメールを保管したり、容量の大きな画像つきデータを次々と足していったりしない限りは、5GBでも困ることはないかもしれません。

Apple ID を Gmailに変更する方法とは??

変更する手順
画像の引用元:O-DAN

これまでApple IDをキャリアメールのメールアドレスにしていた方は、Gmailのメールアドレスに変更してしまいましょう。ただし変更時はちょっと注意しないと、新しいApple IDでサインインできなかったりなど、思わぬ面倒に巻き込まれてしまう可能性があります。

事前に準備しておこう

Apple IDを変更する時は、「Apple IDでサインインしているすべてのAppleのサービスやデバイスからサインアウトする」必要があります。

最新のOSにアップデートしておく

まだOSがアップデートされていない場合は、あらかじめアップデート作業をしておきましょう。

消したくないデータのバックアップ

スマホ内に残っている画像データなど、消えて困るものはバックアップを取っておきましょう。SDカードでもいいですが、PC上にバックアップデータを残しておくと、いざという時に安心ですよね。

iCloudからサインアウトする

  • 「設定」アプリを開く
  • 「iCloud」をタップする
  • 「サインアウト」を選択する

「iphoneを探す」をオフにする

  • 「設定」アプリを開く
  • 「iCloud」をタップする
  • 「iphoneを探す」をタップし、「iphoneを探す」をオフにする

iTunes・Apple Storeからサインアウトする

  • 「設定」アプリを開く
  • 「iTunesとApple Store」をタップする
  • 「Apple ID」をタップする
  • 「サインアウト」を選択する

「Face Time」からサインアウトする

  • 「設定」アプリを開く
  • 「Face Time」をタップする
  • 「Apple ID」をタップする
  • 「サインアウト」を選択する

「iMessage」からサインアウトする

  • 「設定」アプリを開く
  • 「メッセージ」をタップする
  • 「送受信」をタップする
  • 「Apple ID」をタップする
  • 「サインアウト」を選択する

普段から使っているアプリは、すべてサインアウトしておきましょう。

Apple IDをGmailアドレスに変更する

  • Apple IDのアカウントページにログインする
  • 「アカウント」の右にある「編集」をタップする
  • 「Apple IDの変更」をタップし、Apple IDをGmailのアドレスに変更する
  • 設定したメールアドレスに確認メールが届く
  • 確認メールに記載されている確認コードを、所定の欄に入力する

これでApple IDをGmailアドレスに変更することができます。念のためスマホなどを再起動し、その後iTunesやApple Storeなどにサインインしましょう。

Apple IDを忘れてしまい変更が出来ない場合は?

Apple IDを忘れてしまい、アカウントページにログインできなかった場合は、以下の方法でApple IDを調べてみましょう。

他のメールアドレスを手当たりしだいに入力してみる

Apple IDのアカウントページで、可能性のあるメールアドレスをいろいろと入力してみましょう。ひょっとしたらApple IDに登録していたメールアドレスに当たるかもしれませんよ。

どこかでApple IDでサインインしているかも

iTunesやApple Storeなど、Apple IDでサインインしているサービスやアプリがあるかもしれません。もしサインインしていれば、それぞれの「設定」からApple IDを調べることができるかも。
またiTunes Storeの購入履歴からApple IDを参照することも可能です。

Apple IDを Gmailで登録したが【無効】になる場合の対処法とは?

対処法

Apple IDをGmailのメールアドレスで登録したものの、「ご利用のApple IDは無効になっています」という表示が出るというケースがあります。

Apple IDが無効になる理由

ログイン時に「無効」となる原因は、パスワードや秘密の質問などの情報を何度も間違えて入力した場合です。

セキュリティ対策のためですが、やっかいなのは自分だけでなく、不正アクセスをしようとしている他人が間違えた情報を入力することでも、Apple IDを「無効」にされてしまうこと。

なんとも迷惑な話ですが、Apple IDの「無効」状態を解除してから、Apple IDを変更するのがいいでしょう。

パスワードの再設定

Apple IDの「無効」状態を解除する手っ取り早い方法は、パスワードを再設定することです。

  • ホーム画面から「Safari」を開く
  • 「検索/Webサイト名入力」をタップする
  • 「iforgot」を検索する
  • 検索結果が表示されたら「My Apple ID-iForgot」を選択する
  • 「Apple ID」と画像内の文字(セキュリティ用)を入力し、「続ける」をタップする
  • 「パスワードをリセット」にチェックを付けて、「続ける」をタップする

ここで2通りの方法を選択できます。

  • 「メールを受け取る」にチェックを付けて「続ける」をタップし、届いたメールに記載された「確認コード」を入力して「続ける」をタップする
  • または「セキュリティ質問に答える」にチェックを付けて「続ける」をタップし、「生年月日」「質問に対する回答」を答えていく

どちらでもよいので進めていくと、新しいパスワードを設定する画面となります。

  • 新しいパスワードを入力し、「パスワードをリセット」をタップする

これでパスワードの変更が完了し、Apple IDの「無効」状態が解除されます。

サポートに問い合わせる

Apple IDを忘れてしまってログインすることができなかったり、パスワードの再設定をしても「無効」状態が解除されなかった場合は、Appleのサポートに問い合わせてみましょう。

電話番号やメールアドレス、セキュリティ質問など、思い出せる範囲で用意しておくと手続きがスムーズに運んで便利です。

まとめ

さて、Apple IDをGmailのメールアドレスに設定するメリットや設定方法、またApple IDが「無効」状態になった時の対処法についてお伝えしてきました。

  • Apple IDにキャリアメールのメールアドレスを設定すると、携帯電話会社を変更した時にメールアドレスが変わってしまい、困ることになる
  • Apple IDにGmailのメールアドレスを設定しておけば、携帯電話会社を変えてもメールアドレス が変わって困ることはない
  • Apple IDを変更する時は、iTunesやApple Storeなどからサインアウトしておく必要がある
  • Apple IDが「無効」状態になったら、パスワードの再設定をするか、サポートに問い合わせる

Gmailのメールアドレスは、どの携帯電話会社に変更しても共通で変わることはありません。機種変更した後で困ってしまう前に、Apple IDはGmailのメールアドレスに変えてしまいましょう。

参考元:Apple公式

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 5bee9065 e2c3 445d be72 4492401c6b94
Written By
猫俣 ミクスレート
見ていただける方のニーズにこたえられるよう、魅力的な情報をお伝えしていきます。
猫俣ミクスレートです。2018年9月より参加させていただいております。見ていただける方の「こんな情報を知りたい」「どの商品を購入しようか迷っている」といったニーズにおこたえしたいです。愛猫「ショートケーキ2号」とともに頑張ります♪

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧