Gmailの日付検索方法!あらゆるパターンでご紹介いたします。

この記事を執筆するにあたって

Gmailは無料なうえに、15GBもの大量のメールをオンライン上に保存しておくことができるんですよね。私のようなものぐさな人間は、必要なメールとそうでないメールをこまめに仕分けておくなんて作業はまずしないわけです。そして「こないだ送ったメールに書いといたから」と言われて、必死になって探すという……。とはいえラクに探す方法はありますから、同じような経験をした方はぜひ参考にしてくださいませ。

Written By 猫俣 ミクスレート

目次

Gmailの日付検索方法

Gmailは無料で、なおかつ15GBという大量のメールをオンライン上に保存しておくことができる、とても便利なメールソフトです。しかしそれは同時に、大量のメールを放ったらかしにしてしまい、どこにどんなメールがあるのかわからなくなってしまうという可能性もあるといえますよね。

大事な友人などから送られてきた、絶対に消したくないメール。あるいは仕事で必要となる重要な添付ファイルが付いているメール……すでにどこにあるのかわからないけど、なんとか見つけておきたいメールがあった時、どうすればラクに探すことができるでしょうか。

その方法のひとつが、メールが送られてきた日付を検索して探す方法。

そこで今回は、Gmailで日付検索をする方法や、不要な検索履歴を削除する方法についてお伝えしていきましょう。大量のメールをためこんでしまった、という方はぜひとも参考にしてくださいね。

検索ボックスを使って日付検索する

まずは、検索ボックスを使って日付検索する方法をお伝えしていきましょう。

検索ボックス①

Gmailを開き、画面上部の検索窓の右側にある「▼」をクリックします。

検索ボックス②

すると検索ボックスが出てきます。さまざまな条件を設定できますが、ここでは「検索する前後期間」という項目を使うことにします。右側にある「▼」をクリックします。

検索ボックス③

どれだけさかのぼって検索するか選ぶことができます。ここでは「1か月」を選んでみました。「検索」をクリックすると、過去1か月間のメールをすべて表示することになります。

演算子を使って、期間を指定して日付検索する

画面上部の検索窓に「before」や「after」といった演算子を使った命令を打ち込むことで、期間を指定して日付検索することができます。

指定した日付以前のメールを検索

以前以後①

  • before:西暦/月/日

この演算子を使うことで、設定した日付よりも前に受信したメールだけを表示することができます。

画像では「2018年10月31日よりも前」に受信したメールだけを表示するわけですね。

以前以後②

日付の部分は省略することも可能です。この場合は「2018年10月よりも前」に受信したメールを表示します。

指定した日付以降のメールを検索

以前以後③

  • after:西暦/月/日

この演算子を使うことで、設定した日付よりも後に受信したメールだけを表示することができます。

画像の場合は「2018年10月1日よりも後」に受信したメールだけを表示するのです。

指定した期間のメールを検索

「after」と「before」を組み合わせることで、「○○から○○まで」というように期間を指定して日付検索を行うことが可能です。

以前以後④

  • after:西暦/月/日␣before:西暦/月/日」(␣は半角スペース)

画像の場合は「2018年10月1日から2018年10月31日」までの期間に受信したメールだけを表示します。

以前以後⑤

もちろん、こちらも日付を省略することができます。画像の場合は「2018年1月から2018年10月まで」の期間に受信したメールだけを表示するわけですね。

○○よりも前の期間のメールを検索

検索した日からさかのぼって「○○か月より前」「○○年より前」といった日付検索も可能です。

以前以後⑥

  • older␣than:○○」(日:d 月:m 年:y)

画像の場合は、今日から1か月前よりも前に受信したメールをすべて表示します。

○○よりも後の期間のメールを検索

同様に、検索した日から「○○か月より後」「○○年より後」という日付検索もできます。

以前以後⑦

  • newer␣than:○○」(日:d 月:m 年:y)

画像の場合、今日から7日前(1週間前)よりも後に受信したメールをすべて表示するわけですね。

演算子を応用して、さらに日付検索の精度を高める

演算子は日付に関するものだけではありません。キーワードやラベルなどといったカテゴリーから検索することもできますが、これを利用して日付検索の精度をさらに高めることができます。

特定の送信者からのメールだけを表示する

演算子①

  • from:送信者の名前

送信者を指定してメールを検索することができます。画像では「ショートケーキ2号」という送信者から送られてきたメールだけが表示されることになりますね。

特定の受信者に送られてきたメールだけを表示する

演算子②

  • to:受信者の名前

こちらは受信者を指定してメールを検索します。画像では「ガトーショコラ・プロトタイプ」という受信者に送られてきたメールだけが表示されます。

意味があるのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。たとえば「仕事用」「大事な友人用」「それなりの友人用」といったようにメールアドレスを分けることも可能ですから、「仕事用」のメールアドレスに届いたメールだけを検索したいといった時に役立つわけです。

指定したキーワードが含まれているメールだけを表示する

演算子③

  • subject:キーワード

メールのタイトルや中身に特定のキーワードが含まれているメールだけを表示します。画像では「だらしない」というキーワードが含まれているメールだけが表示されるわけですね。

日付検索と、他の検索を組み合わせてみよう

演算子④

  • ○○␣or␣○○

日付検索と受信者検索を組み合わせてみました。日付検索の方は「2018年1月以降に受信したメール」、受信者検索の方は「ショートケーキ2号から受信したメール」ですね。

この2つを「or」でつなぐと、日付検索と受信者検索のどちらか、もしくは両方の条件を満たしているメールという条件にすることができます。つまり「2018年1月以降に受信したメールか、もしくはそれ以前でもショートケーキ2号から受信したメールであれば表示する」という検索ができるというわけです。

演算子⑤

  • ○○␣and␣○○

こちらは「2018年10月よりも前に受信したメール」と、「ガトーショコラ・プロトタイプに送られてきたメール」を「and」で組み合わせてみました。

この場合は、2つの条件の両方を満たしているメールのみ表示することになります。つまり「2018年10月よりも前に受信したメールで、なおかつガトーショコラ・プロトタイプに送られてきたメールだけを表示する」という検索ができるわけですね。

演算子⑥

  • キーワード-キーワード

さらに応用させてみましょう。

「and」の左右に日付検索とキーワード検索がありますね。左側は「2018年1月から10月までの期間に送られてきたメール」という日付検索です。しかし右側はキーワード2つを半角ハイフンでつなげています。この場合は「2つのキーワードが両方とも含まれていない」という検索条件。

この2つを「and」でつなげたので、画像の検索条件は「2018年1月から10月までの期間に送られてきたメールで、なおかつだらしない、図々しいの2つのキーワードを両方とも含んでいないメールのみ表示する」となります。

検索条件をいくつもつなげることで、どんどん検索の幅を狭めていくことができるわけですね。

演算子⑦

  • label:○○

少しややこしくなってきましたので、単純な例に戻しましょう。

「and」の左側は先ほどと同じく「2018年1月から10月までの期間」です。右側は「ラベルに入っているメール」。つまりこの場合は「2018年1月から10月までの期間に送られてきたメールで、なおかつ猫のラベルに入っているメールのみ表示する」となります。

演算子⑧

  • has:attachment

こちらも「and」の左側は「2018年1月から10月までの期間」ですが、右側はイメージがわきにくい演算子になっていますね。これは「添付ファイルを含むメール」検索するための演算子。つまりこの場合は「2018年1月から10月までの期間に送られたきたメールで、なおかつ添付ファイルを含むメールのみ表示する」というわけですね。

Gmailの検索履歴は削除も可能!削除する方法

Gmailにはオートコンプリート機能というものがあり、検索を繰り返すうちに検索履歴がたまっていきます。

次回の入力で手間が省けるのはいいのですが、他人のメールアドレスがいつまでも残ることになりますから、特にPCを共有する環境では検索履歴は残しておかずに消しておきたいですよね。

ここではGmailに残った検索履歴を削除する手順をお伝えしていきましょう。

Gmailの検索履歴を削除する手順

簡単なのは、表示された検索履歴をひとつひとつ消していく方法です。

履歴削除⑧

検索窓をクリックすると、検索履歴が一覧表示されますから、消したいメールアドレスに合わせて、右側の「×」をクリックすれば、その検索履歴は削除されます。

これを繰り返して、どんどん消していけばいいわけですね。

もちろん、検索履歴を一度にまとめて消してしまう方法もあります。

履歴削除①

まず、画面右上の「Googleアプリ」を開きます。

履歴削除②

アプリの一覧が表示されたら、「連絡帳」をクリックしましょう。

履歴削除③

左側にある「その他の連絡先」には、検索履歴にたまったメールアドレスも表示されます。

履歴削除④

表示されたメールアドレスにカーソルを合わせて、左側のチェックを有効にしていきます。これを消したいメールアドレスすべてに対して行っていきましょう。最後に右上のメニューボタンから「削除」をクリックすれば、チェックを入れたメールアドレスはすべて削除されます。

またいちいち削除するのが面倒な方は、最初から検索履歴を残さないよう設定することもできますよ。

履歴削除⑤

画面右上の設定ボタン(歯車のマーク)から、「設定」をクリックします。

履歴削除⑥

設定項目がズラッと並んでいますので、すこし下にスクロールさせましょう。「連絡先を作成してオートコンプリートを利用する」という項目がありますので、下側の「手動で連絡先を設定する」にチェックを入れます。

履歴削除⑦

いちばん下までスクロールさせ、「変更を保存」をクリックすれば、これからオートコンプリート機能でメールアドレスが検索履歴として残ることがなくなります。

まとめ

さて、Gmailの日付検索のしかたや、たまった検索履歴の削除方法についてお伝えしてきました。

  • 検索ボックスを使えば、手軽に日付検索を行うことができる
  • 検索窓に演算子を打ち込むことで、細かく期間を指定して日付検索ができる
  • 日付検索に受信者検索やキーワード検索を組み合わせることで、さらに高い精度で絞り込んだ日付検索が可能
  • たまったメールアドレスの検索履歴は、検索窓や連絡先から削除することができる

大量にためてしまったメールの中から、必要なメールを探し出すのはなかなか骨の折れる作業ですよね。ひとつひとつ探していくのは大変ですから、今回紹介した検索ボックスや演算子を使って、効率よく日付検索を行っていきましょう。

参考元:Google公式

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 5bee9065 e2c3 445d be72 4492401c6b94
Written By
猫俣 ミクスレート
見ていただける方のニーズにこたえられるよう、魅力的な情報をお伝えしていきます。
猫俣ミクスレートです。2018年9月より参加させていただいております。見ていただける方の「こんな情報を知りたい」「どの商品を購入しようか迷っている」といったニーズにおこたえしたいです。愛猫「ショートケーキ2号」とともに頑張ります♪

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧