Gmailのログイン履歴の削除は必要?内容が覗かれる危険性あり!

この記事を執筆するにあたって

ログイン履歴が残っているとメールの内容が残ってしまうというのは、Gmail最大のデメリットだと思います。逆に使いやすいメリットの大きいGmailですから、しっかりと対策したいですよね。

Written By 猫俣 ミクスレート

目次

Gmailのログイン履歴

PCやスマホを使っている時、とにかく怖いのが不正アクセスですよね。PCやスマホを乗っ取られるだけでなく、登録しているクレジットカードを勝手に使われたり、ネットバンキングから預金を不正に送金されたりしたら、もう目も当てられません。

Gmailも不正アクセスを受ける可能性はじゅうぶんにあり得ます。まだGoogleアカウントと紐づいているため、単にメールの問題だけでは終わらない危険性を持っているのです。

セキュリティ対策はしっかりしているGmailですが、それも普段からきちんと対策を取っていればこそ。ユーザーが隙を見せれば、不正アクセスは容赦なくあなたに襲い掛かってくるでしょう。

そこで今回は、Gmailの不正アクセスを防ぐための重要な「ログイン履歴の削除」や、不正アクセスされた時の対処法などについてお伝えしていきます。

Gmailはログイン後にログイン履歴を残さないようにしよう

履歴削除

なぜ、ログイン履歴を残したままにしておくとマズいのでしょうか。

ネットカフェや他人のPCから Gmailにログインした場合は履歴に注意!

Gmailはオンライン上でメールを保存したり管理したりするシステムとなっています。ですからメールを確認するにも削除するにも、まずはログインしなければいけないですよね。

そしてオンライン上にあるということは、常に何者かによる不正アクセスの危険にさらされているということを意味します。Gmailは比較的セキュリティ対策がしっかりしていますから、普通に使っているぶんには、さほど不正アクセスに神経質になる必要もないでしょう。

注意しなければならないのは「他人によってGmailにアクセスされてしまう」こと。

自分のPCであれば他人に使われることはまずないかもしれません。しかし職場などPCを共有している環境や、ネットカフェなどの不特定多数の人間が使用するPCの場合はどうでしょうか。

うっかりGmailのログアウトを忘れてしまった場合、後から使う人間にアクセスされてしまう可能性は大いにありますよね。もしその人間に悪意があれば、その後何をされてしまうかわかったものではありません。

では、そういう人間はどこからGmailにアクセスしてくるのでしょうか。それは前に使っていたユーザーのログイン履歴をたどってくる方法がもっとも簡単な方法なのです。

【pc】 Gmailのログイン履歴を残さない方法

悪質な人間がログイン履歴から不正アクセスをしてくるのであれば、そもそもログイン履歴を残しておかなければいいということですよね。

  • Gmailを使用した後、ログイン履歴を消す
  • あらかじめログイン履歴を残さないように設定しておく

という2つの方法が考えられます。それぞれについて手順を説明していきましょう。

ログイン履歴を削除する

PCでGoogleの「マイクティビティ」を検索して
アクセスし、ログインします。

  • 右上の「その他」アイコンをクリックする
  • 「アクティビティを削除する基準」の中から「日付で削除」の中にある「全期間」を選択する
  • 「削除」を選択する

これでログイン履歴はすべて削除されます。

ログイン履歴を残さない設定にする

同様に「マイアクティビティ」にアクセスし、ログインします。

  • 右上の「アクティビティ管理」をクリックする
  • 表示された全項目をオフにする

これで今後、ログイン履歴はPC上に残らないようになります。

Gmailのログイン履歴を残してしまったかも!スマホからもログアウトできます

ログアウト

うっかりGmailのログイン履歴を残してきてしまった、Gmailをログアウトし忘れてしまった、でも今は外出中でPCにアクセスできない。そんな状況の時はスマホからGmailをログアウトしてしまいましょう。

Gmailの履歴を残したくない!スマホからログアウトする方法

手元にスマホしかない場合は

  • ブラウザでGmailにアクセスする
  • 左上のメニューアイコン(三本の横線)をタップする
  • 画面右下の「デスクトップ」をタップする
  • PC版Gmailの画面が表示される
  • 画面右下の「アカウントアクティビティの詳細」をタップする
  • 「最近のアクティビティ」をタップする
  • 「他のすべてのWebセッションからログアウト」をタップする

これでGmailから強制的にログアウトすることができます。

Gmailのログイン履歴を残してしまい不正にアクセスされてしまったら??対策法とは?

不正アクセス

もしもGmailのログイン履歴を残してしまったために不正アクセスをされてしまったらどうなるのでしょうか。また不正アクセスをされてしまった場合はどう対処したらよいのでしょうか。

Gmailに不正にアクセスされるとどうなる?

GmailはGoogleアカウントと紐づいているため、不正アクセスをされるととんでもない被害にあう可能性があります。

メールの内容をのぞかれる

Gmailで保管されているメールの内容は、不正アクセスした人間に筒抜けとなるでしょう。友人とのとりとめのないメールならまだしも、仕事上の重要なメールまで見られてしまうかもしれません。

もし業務上の重要な機密事項が暴露されてしまったら、その損害は責任問題にまで発展する可能性も出てくるでしょう。もちろんその責任はメールを管理していたユーザー。多額の損害賠償を請求されるという最悪のケースだって起こらないとは限りません。

また芸能人のスキャンダル報道でも、最近は情報源がずさんな管理によるメールの流出というケースが多くなっているようです。ちょっとの油断がとんでもない被害を生んでしまうわけですね。

Googleアカウントを乗っ取られる

Gmailに不正アクセスされたということは、Googleアカウントに侵入されたということでもあります。すなわちGoogleアカウントそのものを乗っ取られる危険性もあるということ。

もしスマホやPCのGoogleに履歴が多数残されていれば、乗っ取った人間はまさにやりたい放題です。元のユーザーに干渉されないよう、IDやパスワードを変更してしまうかもしれません。そうなったら、Googleアカウントにログインできなくなってしまいますね。

そうなってしまったら、対処が遅れるほどに被害は拡大していく一方となってしまいます。

クレジットカードやネットバンクの不正利用など

アカウントを乗っ取られてしまったら、あとは不正アクセスした人間のなすがままです。あらゆるパスワードが筒抜けですから、クレジットカードを不正利用されたり、ネットバンクの預金を不正に送金されたりといった被害は十分に想定されます。

またさらに最悪な状況は、不正アクセスを受けたPCやスマホを犯罪に利用されることでしょう。実際にPCを乗っ取られて、そのPCからハッキング行為を行ったという容疑で乗っ取られたPCの持ち主が逮捕されるという事件もありました。

Gmailに不正アクセスされるということは、単にメールをのぞかれるというだけでなく、とんでもない事態につながるおそれがあるのです。

不正アクセスがあったかどうか確認する方法

Gmailから実際に不正アクセスがあったかどうかを確認する方法があります。

  • Gmailを開く
  • 右下の「アカウントアクティビティの詳細」をクリックする

すると「最近のアクティビティ」として様々な情報が表示されます。

  • アクセスタイプ:Gmailにアクセスした媒体(ブラウザ、モバイルなど)や端末など
  • ロケーション(IPアドレス):GmailにアクセスしたIPアドレスや国名
  • 日時:Gmailにアクセスした日時

中でもわかりやすいのは「ロケーション」欄に表示される国名でしょう。よほど心当たりがあるという場合でもなければ、外国からアクセスがあった時点で不正アクセスを受けていると思って間違いないでしょう。

不正アクセスがあったとわかれば、被害状況を確認したりパスワードを変更するなど、いち早く対処することができますよね。

不正にアクセスされた場合のためにアラートの設定をしよう

「アカウントアクティビティの詳細」から不正アクセスがあったかどうかを確認できますが、こまめにチェックするのは面倒ですし、かなり無駄な手間といえるでしょう。

不正アクセスと思われる不審なアクセスがあった時だけ知らせてくれる機能があれば、その時だけ調べればいいですから便利ですよね。

「最近のアクティビティ」のいちばん下に「アラート設定」が表示されています。この設定が

  • 不正な操作に対してアラートを表示する

という設定になっていれば、不審なアクセスがあった時に通知が来るようになります。いちいち毎日不正アクセスがあったかどうかを調べなくても、アラートが来た時だけ詳細を調べて、パスワード変更などの対処をすればいいわけですね。

不正アラートの注意点:アラートは1週間で無効になる

あまりおすすめはしませんが、アラート機能は無効にすることも。

ただしアラートが無効になるまでに約1週間かかります。不正アクセスをした第三者ではなく、本来のユーザがアラートを無効にしたことを確認するというのがその理由です。

Gmailでログイン履歴を定期的に見直し不正アクセスを防ごう!

アラート

GmailはGoogleアカウントと紐づいているため、不正アクセスを受けると多大な被害を受ける可能性があります。しかしログイン履歴を削除する、きちんとログアウトするなど、きちんと注意することで不正アクセスは防ぐことができます

また不正アクセスを受けたとしても、アラートを設定していち早く不正アクセスを感知し、即座にパスワードを変更するなどの対処をすれば被害を最小限にすることも可能です。

Gmailは多彩な機能をほぼ無料で使うことができる、とても便利なメールソフト。ログイン履歴をきちんと管理して、安全にGmailを利用したいですよね。

まとめ

さて、Gmailのログイン履歴を削除する方法や、不正アクセスされた時の対処法などについてお伝えしてきました。

  • 特に職場のPCやネットカフェなど不特定多数が使う環境では、Gmailのログイン履歴を残しておくと不正アクセスの危険性が高まる
  • 「マイアクティビティ」からログイン履歴を削除したり、またログイン履歴を残さないよう設定しておくことができる
  • Gmailはスマホからでもログアウトすることができる
  • Gmailが不正アクセスを受けるとメールの被害だけでなく、Googleアカウントを乗っ取られる危険性がある
  • アラート機能を使って不正アクセスを感知し、いち早く対処すれば不正アクセスも怖くない

多彩な機能を無料で使える、とても便利なGmail。ログイン履歴の削除やこまめなログアウトをきちんと行って、安全にGmailを利用していきましょう。

参考元:
Google公式

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 5bee9065 e2c3 445d be72 4492401c6b94
Written By
猫俣 ミクスレート
見ていただける方のニーズにこたえられるよう、魅力的な情報をお伝えしていきます。
猫俣ミクスレートです。2018年9月より参加させていただいております。見ていただける方の「こんな情報を知りたい」「どの商品を購入しようか迷っている」といったニーズにおこたえしたいです。愛猫「ショートケーキ2号」とともに頑張ります♪

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧