テレビアンテナの受信レベルが低い!テレビアンテナのレベルの改善方法を解説!

目次

アンテナレベルが低くてテレビが視聴できない!?

楽しみにしていたテレビ番組。

おやつも用意し視聴する準備は万端。

「さあ、見るぜ!」

テレビ アンテナ レベル



( ゚д゚)



こんな経験はありませんか?

ロールプレイングゲームで勇者のレベルが低いと魔王に一蹴されてしまうように
テレビのアンテナのレベルが低いとエラーコードE202に
一蹴されてしまいます。

E202は魔王です。討伐して平和を取り戻すため、レベル上げをしましょう。

テレビのアンテナ受信レベルが0の場合とは

テレビのアンテナレベルが0の場合というのはどういう状況なのでしょう。

もうどうしようもありません。スライムにも勝てません。

というより旅立ちすらしていません。ベッドで寝ている状態です。

さて、例えはこのくらいにしておいて 。

テレビのアンテナ受信レベルが0ということはテレビにまったく信号がきていないということなので当然番組を視聴することが出来ません。

レベルを上げる為にまず原因を突き止めましょう。

テレビのアンテナ受信レベルが低い原因

テレビのアンテナ受信レベルが低い原因は大きく分けて2つ考えられます。それぞれ見ていきましょう。

テレビのアンテナ受信レベルが低い原因①

まず1つ目の原因として考えられるのは

アンテナ線が接続されていない

ということです。

テレビをセッティングしたばかりの人は接続を忘れているかもしれませんし、掃除をした際に抜けてしまったのかもしれません。
とにかくアンテナ線がテレビに接続されていないとアンテナ受信レベルは0のままです。

テレビのアンテナ受信レベルが低い原因②

アンテナ線はしっかりと接続されていてアンテナの受信レベルが0ではないが低い、という場合には

受信環境の影響

が考えられます。

これには天候だったり使用している機器の問題が含まれます。

1.外で強い雨や雪が降っている場合、その影響でアンテナの受信レベルが下がっている。

2.風などでアンテナの向きが変わってしまい、適切な方向を向いていない。

3.テレビ、アンテナ、アンテナ線などが劣化もしくは故障している

以上のようなケースが考えられます。

テレビのアンテナレベルの改善方法

原因を突き止めることが出来たら適切な対応をとりアンテナレベルを改善していきますが、その前にまずテレビの再起動を試してみましょう。

テレビの電源を切り、電源プラグを抜いた後にしばらく待ってから再度電源プラグを差し込み、電源を入れてください。

それでも直らない場合、他の改善方法を試してみましょう。

テレビのアンテナレベルの改善方法①

まず、テレビの裏を見てアンテナ線がしっかりと接続されているかを確認しましょう。

接続されていなかったり抜けかかっている場合はしっかりと接続してください。

テレビのアンテナレベルの改善方法②

外が大雨だったり、天候が原因の場合は仕方ないので大人しく天候が回復するのを待ちましょう。

風などの影響でアンテナの向いている方向が変わってしまっている場合には向きの調整が必要です。

ご自分でアンテナの調整が出来るという方はいいですが、アンテナ調整は高い場所にあって危険だったり、アンテナの角度の調整が難しかったりするので費用はかかりますが業者に頼んで調整してもらうのが確実で安心な方法です。

無理は絶対にしないでくださいね。

テレビのアンテナレベルの改善方法③

天気もいい、アンテナの向きは問題ない。

それでもテレビのアンテナレベルが低いときは使用しているケーブルやアンテナを別のものに替えたり「アンテナブースター」という電波を増幅する機器を使用することで改善される可能性があります。

テレビのアンテナレベルを確認する方法

今回は「地上デジタル放送」のアンテナレベルを確認する方法をメーカー別に見ていきましょう。

参考に私が今使っているテレビ(TOSHIBA REGZA)の手順も紹介します。

※以下の方法は一例です。同じメーカーでも機種によって操作の手順が異なる場合がありますので取扱説明書やメーカーのホームページ等でお使いの機種に合った手順を確認してください。

SHARP AQUOS(形名:AE5)の場合

1.リモコンにある「地上D/地上」を押してからアンテナレベルを確認したいチャンネルを選択します。

2.リモコンの「メニュー」を押し、メニュー画面を開きます。

3.メニュー画面から「本体設定」を選択します。

4.「アンテナ設定」を選択します。

5.「電源・受信強度表示」を選択するとアンテナレベルを確認できます。

参考元:SHARP公式サイト

SONY BRAVIA(Android TV 機能搭載ブラビア)の場合

1.リモコンの「ホーム」ボタンを押し、「設定」 を選択します。

2.テレビの「放送受信設定」を選択します。

3.「アンテナ設定]」を選択します。

4.「地上デジタル:アンテナレベル」を選択するとアンテナレベルを確認できます。

参考元:SONY公式サイト

筆者使用のTOSHIBA REGZA(形名B3)の場合

アンテナ設定 REGZA テレビ

1.アンテナレベルを確認したいチャンネルに合わせます。

2.リモコンにある「クイックメニュー」を押し、メニューを開きます。

3.「設定」を選択します。

4.「初期設定」を選択します。

5.「アンテナ設定」を選択します。

6.「地上デジタルアンテナレベル」を選択します。

アンテナ設定 REGZA テレビ

7.アンテナレベルが表示されます。(撮影時はアンテナ線を抜いてあるためアンテナレベルは0)

Panasonic VIERAの場合

1.地上デジタル放送視聴中に[サブメニュー]ボタンを押します。
(「サブメニュー」ボタンがない機種は、「便利機能」ボタンで表示します。)

2.「視聴オプション」を選び、[決定]ボタンを押します。

3.「アンテナレベル」を選び、[決定]ボタンを押します。
参考元:Panasonic公式サイト

HITACHI Woooの場合

1.リモコンの「メニュー」ボタンを押す。

2.「各種設定」を選択します。

3.「初期設定」を選択します。
を押す。

4.「受信設定」を選択します。

5.「受信設定(地上デジタル)」を選択します。

6.「CH合わせ(地域名)」を選択します。

7.「受信レベル」にアンテナレベルが表示されます。

参考元:HITACHI公式サイト

MITSUBISHI REALの場合

1.リモコンの「メニュー」ボタンを押します。

2.「設定」を選択します。

3.「初期設定」を選択します。

4.「アンテナ設定」を選択するとアンテナレベルが確認できます。

参考元:MITSUBISHI公式サイト

テレビのアンテナレベルは低くてもどれくらい必要か

これについても各メーカーで基準があり基準を下回ると視聴できなかったりノイズが出たりします。

各メーカーの基準を見ていきましょう。

SHARP AQUOSの場合

SHARP AQUOSの場合

受信強度が60以上のとき:受信強度は十分ある

受信強度が60未満のとき:受信強度が不足している

受信強度が0のとき:受信強度がまったくない

とされています。

SONY BRAVIAの場合

SONY BRAVIAの場合はアンテナレベルが数字ではなく

緑:受信状態が良い

黄色・赤;受信状態が悪い

と色で表されています。

TOSHIBA REGZAの場合

REGZAの場合、推奨値が43以上とされています。

Panasonic VIERAの場合

VIERAの場合、最低アンテナレベル44以上必要で

アンテナレベルが50以上あると安定して視聴できるとされています。

HITACHI Woooの場合

Woooの場合、受信レベルの目安は45以上とされています。

※ Wooo5000シリーズ/7000シリーズの受信レベルは60以上が目安となります。

MITSUBISHI REALの場合

受信レベルは、22以上(画面での表示)が目安とされています。

まとめ

テレビのアンテナレベルが低い原因とその改善方法を紹介してきました。
まとめると

  • 原因は意外と単純(アンテナ線が抜けている、アンテナの向きが悪い、機器の故障など)。

  • アンテナレベルの確認方法やアンテナレベルの基準値はメーカーや機種によって違う。

  • どうしてもアンテナレベルが改善されない場合や、高所でのアンテナ調整をする時は危険を伴う恐れもあるので無理せず業者を頼りましょう。

といったところでしょうか。

さあ勇者アンテナのレベルを上げ、無事に魔王(エラーコード:E202)を倒すことが出来ましたか?

皆さんのテレビに平和が訪れることを願っております。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
ゆきまる .
役に立つ情報を「わかりやすさ」を重視しながら書いていきます。
2018年から記事を書かせていただいております。 知りたい事が私の記事だけで解決するような満足度の高い記事を目指し それに加えて徐々に自分らしさを出した面白い記事を書いていけるように頑張ります。 まだまだ未熟ですが、皆様よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧