ハイセンスのテレビの評価は?ハイセンスのテレビが故障した場合の対処法が知りたい!

この記事を執筆するにあたって

筆者は家電量販店に勤めております。ハイセンスのテレビが故障してしまった場合の対処法と、ハイセンスのテレビの評価について解説を行っていきます。

Written By ブレンディ 0120

目次

ハイセンスのテレビが故障する原因と対処法について解説を行います

皆さんはハイセンスというテレビメーカーをご存じでしょうか?

ハイセンスはテレビの他にもエアコン、冷蔵庫、洗濯機など主に白物家電を多く展開し、世界的にも名の通るメーカーの一つです。

近年、インターネット通販でハイセンスの名前を見る家電製品はテレビが多く、低価格と映像美で評価を得ており人気があります。

安く買えて綺麗な映像が見れるハイセンスのテレビですが、国内メーカーと比べて作りは簡素で、故障しやすいという噂もネット上では散見されます。

実際にハイセンスのテレビがある時、突然故障しまったらどのように修理を出せば良いのでしょうか?

今回は、ハイセンスのテレビがどの位の評価されているのか?

また、ハイセンスのテレビが故障する原因と対処法について、詳しく解説を行っていきます。

ハイセンス テレビ 故障 ハイセンス 液晶 テレビ ハイセンス テレビ 評価 ハイセンス テレビ 口コミ ハイセンス テレビ 評判

ハイセンスのテレビは有名なのか

ハイセンスは、中国に本拠地を置く家電メーカーです。

歴史は古く、ブラウン管テレビの製造を昔から行っており、液晶テレビになった今の時代でもテレビを中心に展開をしています。

ハイセンスの傘下企業には、東芝映像ソリューションもあり、国内テレビの映像における技術をハイセンスのテレビでも同様に映し出せる実力を持っており、ユーザー評価が高いことで有名です。

これもあって、主にアジアを中心に世界各地でハイセンスのテレビは流通し、ハイセンスのシェアは、世界で第4位を誇ることから海外では評価が高いメーカーであると言えます。

近年、日本国内の家電量販店でも液晶テレビのラインナップの中にハイセンスが並ぶことが多くなってきており、低価格で映像が綺麗なこともあり、評価が高い商品でもあります。

では、そんなハイセンスのテレビがもし故障してしまったら、どうすれば良いのでしょうか?

また、故障する原因と故障をした際の対処法はどのようにすれば良いのでしょうか?

ハイセンス テレビ 故障 ハイセンス 液晶 テレビ ハイセンス テレビ 評価 ハイセンス テレビ 口コミ ハイセンス テレビ 評判

ハイセンスのテレビが故障した場合

ハイセンスのテレビが故障した場合の対処法①サポートセンター

ハイセンスのテレビが故障した場合は、日本語対応のサポートセンターに故障した旨を伝えましょう。

サポートセンターの営業時間は「午前9:00~18:00」の間で営業しており、土日祝日と休業日は休業となっています。

サポートセンターに故障した旨を電話をすることで、ハイセンスのテレビが故障しているのか、設定上の問題なのかの判別が行えます。

仮に故障修理になった場合も、こちらのサポートセンターから故障修理の受付が可能です。

ハイセンスのテレビが故障した場合の対処法②購入したお店に持ち込む

もし、ハイセンスのテレビを店頭で購入している場合は、故障したテレビを購入したお店に持ち込む方法もあります。

この場合は、故障修理依頼を出す形となりますので、故障した旨をスタッフに伝えましょう。

家電量販店などで設定している配送料や故障修理代金などが別途かかる可能性もありますので、ご購入したお店に問い合わせてください。

ハイセンス テレビ 故障 ハイセンス 液晶 テレビ ハイセンス テレビ 評価 ハイセンス テレビ 口コミ ハイセンス テレビ 評判

ハイセンスのテレビに対する評判

ハイセンスのテレビに対する評判①価格が従来のテレビに比べて安い

ハイセンスのテレビは何と言っても価格が安いところが評価が高い理由です。

国内メーカーの液晶テレビは相場が決まっており、例えば国内メーカーで43インチの液晶テレビを購入しようとすると相場は9万円~という価格が一般的ですが、ハイセンスのテレビは6万台で購入することが出来るので評価が高い傾向にあります。

国内メーカーと比較して「3~5割安い価格である」という部分が評価が高いようです。

価格が安いといって故障するという訳ではなく、ひと昔前にあった「価格が安い=故障が多い」という構図は今の時代にはあまり見られません。

故障を不安視している方がいらっしゃっても、故障する事を視野に置いて商品選びをする心配はありません。

使用しているユーザー評価も高いメーカーですし、実際に使用している方の中で故障の問い合わせは多くない所が実際の評価です。

ハイセンス テレビ 故障 ハイセンス 液晶 テレビ ハイセンス テレビ 評価 ハイセンス テレビ 口コミ ハイセンス テレビ 評判

ハイセンスのテレビに対する評判②シンプルデザインとインターネット対応機能

ハイセンスのテレビはデザインがシンプルなところが特徴で評価が高いポイントです。

基本的にシルバーなどの単色で作られており、フレーム部分も限りなく細いフレームレスに近い作りが評価が高いようです。

近年、シンプルデザインの家電製品は評価が高く、テレビの映像に集中できますし、周りの家具や内装に合わせやすいというメリットもあります。

近年、国内メーカーのテレビも薄型化・軽量化が進められ海外製品のデザインに寄ってきている所をみるとハイセンスのテレビはテレビデザインで評価を受ける一つの要因のようです。

機種によっては、ネット対応機能付きでテレビ画面からYoutubeやAbemaTVなどの映像コンテンツを楽しむこともでき、こちらも評価されています。

ご自宅でインターネット環境があり、Wi-Fi接続ができる状態であればご自宅で無料の映像コンテンツも楽しむことができ、生活をより充実させることができます。

ハイセンス テレビ 故障 ハイセンス 液晶 テレビ ハイセンス テレビ 評価 ハイセンス テレビ 口コミ ハイセンス テレビ 評判

ハイセンスのテレビに対する評価

ハイセンスのテレビに対する評価①コスパがよい

ハイセンスのテレビは価格が安いため、コストパフォーマンスが良いと評価されています。

国内メーカーの半額程度で購入出来るとあれば、テレビがお求めくなりますし映像もそこそこ綺麗なのでユーザー評価で満足度が高いようです。

シンプルに地上デジタル放送だけを視聴したいという方には、映像に評価のあるハイセンスのテレビがおすすめです。

50A6800」4K対応テレビには、東芝映像ソリューションが傘下に入っている事もあり、国内メーカーのテレビで東芝のレグザに搭載されている「レグザエンジン NEO」が搭載されており、かなり綺麗な映像が視聴でき、評価されています。

また、新4KCS・BSアンテナ内蔵型の4Kテレビである同機は、東芝の技術を惜しみなく応用し作られた製品で、同クラスの国内メーカーのテレビよりも5万円以上安いというコストパフォーマンスが目立っており、故障しにくいという点も魅力です。

ハイセンス テレビ 故障 ハイセンス 液晶 テレビ ハイセンス テレビ 評価 ハイセンス テレビ 口コミ ハイセンス テレビ 評判

ハイセンスのテレビに対する評価②音質が魅力

ハイセンスのテレビは低価格でありながらも音質は評価の高いものが多くあります。

シンプルでありながら奥行きのある音質が楽しめるとあって人気なようです。

ハイセンスのテレビの音質を知りたい場合は家電量販店などの実機で実際に試してみると良いでしょう。

テレビのスピーカーが故障しやすい部分の一つでもありますが、ハイセンスのテレビではスピーカー故障はとても少ないようです。

先述した「50A6800」であれば、DOLBY AUDIOに対応しており音質は国内メーカーの液晶テレビのスピーカーに劣らない性能を発揮しており、高評価が多い商品です。

ハイセンスの液晶テレビは音質が評価されているメーカーですので、国内メーカーのテレビから買い替えをする方でも満足する高評価が多いようです。

ハイセンス テレビ 故障 ハイセンス 液晶 テレビ ハイセンス テレビ 評価 ハイセンス テレビ 口コミ ハイセンス テレビ 評判

ハイセンスのテレビに対する口コミはどんなものがあるか

ハイセンスのテレビの口コミ①映像美にこだわらなければ満足

ハイセンスのテレビで安い小型の液晶テレビは国内メーカーのテレビと比較すると若干映像美は落ちてしまいます。

フレームレートが落ちて残像感が残ったり、色彩の表現も国内メーカーのテレビよりも劣ることがあります。

しかし、一般的に流れている地上デジタル放送を視聴する上では気になる部分は見当たらず、今後放送されてくる4K映像などに対応し、より綺麗な映像でテレビを楽しみたいという映像にこだわりがある方には不向きなようです。

ディスプレイが比較的安価なパーツで作られているものの、故障が多いという訳ではありません。

地上デジタル放送を外付けHDDに保存できれば良いやという方には、ハイセンスのテレビはおすすめです。

ハイセンス テレビ 故障 ハイセンス 液晶 テレビ ハイセンス テレビ 評価 ハイセンス テレビ 口コミ ハイセンス テレビ 評判

ハイセンスのテレビの口コミ②付加価値が少ない点がある

国内メーカーのテレビがなぜ高いのか?という点に話を戻すと生産コストが高くつく理由のほかに、ディスプレイやスピーカー、メーカー独自の付加価値が重なって機能性が充実している為に価格は高くなりがちです。

例えば、4K対応テレビには4Kに対応する為のディスプレイと色彩を細かく表現する為のバックライトなど、LED照明を採用したりと細かな技術が詰め込まれています。

実は国内メーカーの液晶テレビは繊細に作られている一方で、故障する部分がその分多くなる為、国内外のメーカーどちらが壊れやすいのか?という点では大きな差はありません。

国内メーカーの液晶テレビは録画が多く、後で視聴することが多い日本人の生活スタイルに合わせてW録や裏撮り、複数予約など、チューナー数も多く内蔵されています。

一方、ハイセンスのテレビはリアルタイムで流れているテレビを視聴したり録画をする事については変わりありませんが、メーカー独自の付加価値があまりない部分がユーザー評価で目立ちます。

シンプルに作っているからこそ、機能性はそこまで重視せず価格で還元しているようです。

ネット通販サイトで選ぶ際も、このように多機能性を重視した評価を選ぶのか?価格重視の評価を選ぶのかという点に的を絞って商品選びを行うと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ハイセンスのテレビの評判と口コミを交えて解説を行っていきました。

ハイセンスのテレビは中国メーカーである点を除けば国内メーカーのテレビとあまり大きな差はありません。故障頻度も国内メーカーと比べると大きな差はなく、サポートも充実しています。

ハイセンスのテレビは壊れやすいというイメージは昔のイメージで今の時代では故障は滅多に起きません。

故障の頻度については、国内メーカーにも故障する時は故障しますし、ハイセンスだから故障するといった噂は、イメージでしかありません。

もし、ネット通販などでハイセンスのテレビの評価に興味があり、これから購入を検討されている方がいらっしゃれば、これを期に評価が高いハイセンスのテレビを試してみても良いかも知れません。

故障を不安視されている方も、この記事を見て安心した購入に繋がれば幸いです。

この記事を読んでご不明や疑問点があった場合は当サイトのお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

可能な限り対応させていただきます。

Ad sumaho sabusuku

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
ブレンディ 0120
家電量販店勤務の家電マニア!よろしくお願いします。
家電量販店勤務経験のある家電マニアです。 家電の記事の執筆を行っていきます、よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧