土鍋は電子レンジで使っても大丈夫?電子レンジ対応のおすすめ土鍋をご紹介!

目次

土鍋は電子レンジで使えるのか解説します

一人暮らしからファミリーまで、寒くなると大活躍するのが土鍋です。

土鍋で作った料理が冷めてしまった時、火にかけて温め直しをするのって面倒なんですよね。

でも、土鍋って電子レンジで使えるのでしょうか?

今回の記事では、土鍋は電子レンジで使っても大丈夫なのかについて解説したいと思います。

また、一人暮らし用とファミリー用の電子レンジ対応のおすすめの土鍋についてもご紹介します。

土鍋って何?土鍋を使うメリットとは?

土鍋電子レンジ

土鍋の特徴

土鍋とは、粘土をこねて焼き、釉薬を塗って仕上げられた調理用の鍋のことです。

土鍋の最大の特徴とは、遠赤外線効果料理が冷めにくい点です。

土鍋は火にかけると土が膨張と伸縮を繰り返します。最初に土が温まり、その後ゆっくりと内部が温まっていきます。この遠赤外線効果により食材の旨味を引き出しています。

また、一度温まった土は冷めにくい性質から保温性にも富んでいるのです。

土鍋を使うメリット

最近、身近な調理器具として人気が高まっている土鍋。

鍋料理のイメージが強いのですが、実はとても万能な調理器具です。

煮る、蒸す、焼く、炊くといった用途があり、寒い季節の鍋料理以外でも一年中使えるので重宝します。

土鍋を電子レンジで使っても大丈夫?

電子レンジに対応した土鍋がある

土鍋と聞くと、陶器のイメージがあるので直火での使用をイメージする方が多いかと思います。

電子レンジ未対応の土鍋の場合、土鍋の釉薬の種類によっては電子レンジを使用すると本体が脆くなり割れやすくなります。

例えば、ヒビの入った焼き上がりの釉薬の場合や、土鍋本体にヒビが入っていると割れる恐れがあるのでご注意ください。

最近は各メーカーから電子レンジに対応した土鍋が登場しており、手軽で使い勝手が良くなっています。

直火での調理はもちろん電子レンジにも対応しているので、ちょっとした料理の温め直しができるので便利です。

また、直火よりも時短で調理が可能であり、製品によっては電子レンジ調理のレシピも付いているため調理の幅が広がるのでおすすめです。

土鍋を使って電子レンジ炊飯をしよう!

土鍋電子レンジ

【炊飯土鍋】電子レンジでご飯を炊いてみよう

炊飯器の代わりにご飯を炊くことができるのが土鍋の魅力。

土鍋でご飯を炊くと、遠赤外線効果によりお米の芯までふっくらと炊き上がります。

様々な調理器具を世に送り出しているメーカー、和平フレイズの電子レンジ対応の炊飯土鍋「おもてなし和食」は、電子レンジで直火炊きのご飯と同じように美味しくご飯を炊くことができます。

土鍋を使った直火の炊飯だとコンロから目が離せませんが、これなら電子レンジにお任せして、他のことに時間が使えて便利ですよね!

炊飯土鍋「おもてなし和食」は、上蓋は陶器製で、中蓋は耐熱陶器を使用しています。

本体の内面はマイクロ波で熱を発生させる特殊素材を配合しているため、熱のあたりが柔らかくて蓄熱性が高く、レンジでの加熱が終わっても余熱で調理が進む仕組みです。

上蓋と中蓋の二重蓋による圧力効果で美味しくご飯を炊き上げます。

また、白米のほか赤飯や玄米ご飯や炊き込みご飯、さらにお粥なども炊くことが出来ます。

【炊飯土鍋「おもてなし和食」での白米ご飯の炊き方】

■水の量

1合(180ml)に対し、水210ml

2合(360ml)に対し、水420ml

■炊飯手順

1:白米を洗って水気を切る

2:ボールに洗った白米と分量の水を入れて30分以上浸す(気温や水温の低い季節は1時間以上浸す)

3:炊飯土鍋本体に2を入れ、中蓋と上蓋をして電子レンジで加熱

■白米1合炊きの場合

500Wで10分程度加熱+蒸らし15分

■白米2合炊きの場合

500Wで13分程度加熱+蒸らし15分

※600Wで加熱する場合、加熱時間を約9割で調整

ところで、筆者は土鍋で炊飯をしています。

直火での土鍋炊飯の場合、最初に強火で約10分炊いてから火加減を弱めて約15〜17分ほど炊いて、その間に吹きこぼれがないか常に見守るのでガスコンロにつきっきりです。

さらに、弱火で炊いた後は一度ご飯全体をほぐしてから約10分ほど蒸らします。

結果、火にかけてから炊飯完了まで40分ほどかかっているんですよね…。

電子レンジで土鍋炊飯できたら時短で便利だなと思いました。正直、欲しくなっています(笑)

【電子レンジ対応】一人暮らし向けにおすすめの土鍋

和平フレイズ 土鍋 ご飯鍋 1合 ガス火 電子レンジ 陶器 おもてなし和食 OR-7108

ガスコンロと電子レンジ対応の1号炊きの炊飯土鍋です。お米を包むように熱を伝えるので備蓄熱にすぐれているのが特徴。初めてでも失敗しないレシピブック付き。

土鍋に取手がついているのでレンジの出し入れも簡単で、上蓋はお茶碗として使用できるので一人暮らしにはピッタリです。

Amazonのレビューでは、「手軽で片付けも簡単なので炊飯器よりもいい」、「電子レンジで吹きこぼれなく美味しく炊ける」、「一人暮らしだと炊き込みご飯などは炊飯器とかでは作りにくいが、これだと気軽に炊けて使い勝手がいい」といったコメントが見られました。

イシガキ産業 魔法の炊飯鍋 2合炊き 3854

白米炊飯のほか、炊き込みご飯やリゾット、おかゆまで作れる2号炊きの炊飯土鍋です。

1号では物足りない方や、毎日炊飯をするのが面倒な方には2号炊きがおすすめです。

Amazonnのレビューでは、「吹きこぼれはないし、炊き上がりはいい」、「冷えた後はほとんどくっつかずにご飯がすくえるので洗うのが楽」といったコメントのほか、炊飯方法で「説明書に書いてあるお水の量より少し多めの方がふっくら炊き上がる」といった意見がありましたので参考にされてください。

【電子レンジ対応】ファミリー向けにおすすめの土鍋

和平フレイズ 土鍋 ご飯鍋 3合 ガス火 電子レンジ 陶器 おもてなし和食 OR-7110

ガスコンロと電子レンジ対応の3号炊きの炊飯土鍋です。

二重蓋による適度な圧力でごはんを美味しく炊き上げます。失敗しないレシピブック付き。両手鍋でレンジの出し入れも簡単で、3合(540ml)まで炊けるのでファミリー用におすすめです。

なお、白米3号の場合は500Wで16分加熱後、蒸らし15分で炊飯ができます。

Amazonのレビューでは「失敗しない」、「炊飯器で炊くよりも美味しい」、「炊飯も簡単でそのまま食卓に置いてもお洒落」といったコメントが見られました。そのまま食卓に出せるのはありがたいですね。

メイダイ 電子レンジも直火もOK 「おひつ」にもなる 美味しく炊ける「釜戸炊飯器」 1合~3合 ブラック

ガスコンロと電子レンジ対応で1号から3号までのご飯炊きと、おひつ機能が1台に揃っている土鍋炊飯です。

残ったご飯は土鍋に入れたままおひつとして冷蔵庫で保存でき、フタ付きでラップも不要です。

陶器が水分を調整するため、1~2日保存しても電子レンジで温め直せば炊きたてのふっくらご飯がまた食べられるのも魅力。

Amazonのレビューでは、「ご飯はそのままレンジで4〜5分チンすると、美味しいご飯が食べらる。炊飯器で半日保温するよりずっと美味しい」といったコメントの他に、「吹きこぼれしやすい」といった使い勝手でマイナスな意見もありましたので参考にされてください。

まとめ

土鍋とは、煮る、蒸す、焼く、炊くといった調理用途に対応した一年中使える万能調理器具です。

また、遠赤外線効果により食材の旨味を引き出し、料理が冷めにくいのが特徴です。

一般的な土鍋は表面に釉薬が塗られており、種類によっては電子レンジを使用すると本体が脆くなります。また土鍋本体にヒビが入っていると割れやすくなるので注意が必要です。

各メーカーから直火と電子レンジ両方に対応している土鍋が登場していますので、電子レンジで土鍋の使用を考えている方は検討されることをおすすめします。

電子レンジ対応の土鍋であれば、電子レンジでの炊飯はもちろん冷めた料理の温め直しも簡単にできるので重宝します。

土鍋を電子レンジで使えるのか知りたい方にとって、この記事が参考になればと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7284f282 5557 453e be91 d08202c80236
Written By
dosukoi s
モータースポーツと海外旅行が好き。
家電製品の魅力はもちろん、読者の皆様が疑問に感じることをわかりやすくお伝えできるような記事執筆を心がけて参ります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧