グーグルマップのナビで自転車ルートの時間を知りたい!その方法を解説します!

この記事を執筆するにあたって

グーグルマップにはさまざまな機能があります。たとえば車のナビゲーションや、徒歩の経路などはとても有名で便利なので多くの人が活用しているのではないでしょうか。しかし、実はグーグルマップを使えば、タクシーを呼んだり、実は自転車の経路を検索することも出来ます。しかし、この自転車の機能は日本ではまだ使うことが出来ません。また、自転車を運転しながらスマホを使う場合は、音が聞こえるようにイヤホンを方耳だけにしたり、スマホホルダーなどを利用して両手でハンドルを握れるようにするなど、安全への配慮が必要になってきます。

Written By アテ ワン

目次

グーグルマップを自転車にも活用したい

グーグルマップの機能には徒歩の経路や車のナビシステムがあるのは有名です。しかしそれ以外にもさまざまな機能があります。じつは自転車の経路を検索する機能もあるようです。今回はそんな自転車の経路検索がどのような機能なのかということについて解説をしていきたいと思います。

グーグルマップで自転車ルートの時間を知る方法を紹介します

グーグルマップに自転車ルート機能があるって本当?

皆さんはグーグルマップに自転車の機能があるのをご存知でしょうか?多くの人は使ったことのない機能かも知れません。自転車ルートを検索するのはとても簡単で以下の方法で行うことができます。

  • グーグルマップのトップ画面で目的地を検索
  • グーグルマップのルート検索を選択する
  • 表示された空欄に出発地点を入力
  • ルートが検索される

いかがでしょうか。なんてことはない、ほかのルート検索と同じで便利です。
実際に地図では以下のようになります。

グーグル マップ 自転車 時間

しかし、どうしてこんなに便利なツールがあまり知られていないのでしょうか?

グーグルマップの自転車ルート機能は日本では未対応!

実はこの機能、日本では使用できない機能となっています。
ではどのようにして、自転車の経路を検索したかをご紹介しましょう。
実は自転車の経路機能が使えないのは日本の地図だけです。ですので、日本からのアクセスでも海外の地図を使用すれば検索することができます。正確には日本の地図では使えない、ということになります。
日本の地図で自転車ルートを選択して検索するとどうなるかというと以下のような画面になります。

グーグル マップ 自転車 時間

「このルートは現在のところ、自転車ルート検索の対象圏外のようです。」
と表示され、うまく表示することができません。
実はこの機能は自転車専用の通路を検索して使うツールのようで、海外では自転車用の道路が整っているのですが
日本ではまだその整備ができていないので利用できないとのことです。
とても残念ですがあきらめるしかないでしょう。

グーグルマップ自転車ルートナビで自転車ルートの時間を知るには?

日本では自転車のルート検索が出来ないとすると、どうやって自転車経路の到着時間を知ればよいでしょうか。その方法を解説いたします。

徒歩機能を使う

日本では当然、自転車機能を使うことはできないのですが、徒歩機能を使うことで代用することができます。なぜ徒歩機能を使うかといえば、実に簡単で車機能を使うと車道に誘導されます。車道にはさまざまな種類がありますが、右折レーンや、高速道路など結構面倒な場合がありスムーズではありません。ですので徒歩ルートを使うことをおすすめします。というか、事故を起こさないためには必須でしょう。

グーグルマップの徒歩機能でナビをする手順

手順は、普通の手順と同じです。念のため以下の手順を示しますので参考にしてみてください。

  • 行き先を検索する
  • 次に現在地を入れる
  • ルートが示されるのでナビをはじめる

これでナビをすることができますが、実際に使ってみると危険極まりないです。ナビ機能を使うときには後述するグッズを利用することをおすすめします。くれぐれも片手運転をするのはよしましょう。

時間は徒歩機能から推計するしかない

また、繰り返しになりますが日本のグーグル環境には残念ながら自転車の機能がありません。ですので、到着時間はある程度推測で行うしかありません。

たとえばフランスのパリ観光案内所から徒歩で凱旋門まで歩くとグーグルマップでは1時間と数分と表示されました。

グーグル マップ 自転車 時間

それに対し、自転車で見ると33分、24分、29分のルートが示されます。33分は遠回りのコースなので間をとって29分としますが、大雑把に徒歩は自転車の3倍の時間がかかるといえそうです。

日本の場合、人ごみや信号が多くてもしかすると海外とは環境が違うかも知れませんし、個人によっても速度は違います。もっといえば自転車にも電動自転車や、ロードバイクなどさまざまなものがあるので一概にはいえませんが、感覚として、日本で使うときには自転車は1/2程度の時間で到着すると考えるとよいかもしれません。

グーグルマップで自転車ルートナビを日本でするときの注意点

日本では自転車専用の道路というのはまだ整備がほとんど進んでいません。車道を走らなければならない自転車ですが、グーグルマップを利用するときはどんな点に注意が必要でしょうか。

自転車に乗りながらスマホをいじるのは違法?

基本的に自転車でスマホをいじるのは違法だと知っている人もおおいと思います。道路交通法第71条では傘でも、スマホでもなんでも持ちながら運転することが違法となり罰金刑に科される可能性があります。
さらに、ほとんどの市区町村でも条例で禁止しているので、スマホでナビをしながらというのは禁止になります。

また、イヤホンの禁止の話もあります。これは結構微妙なところで2015年6月1日に改正された道路交通法では新たに自転車の安全のための危険行為を14設けたのですが、そのなかにはイヤホンの装着は入っていません。ですのでナビをつけっぱなしにして耳で聞くという方法もなくはないです。

しかしながら法律のややこしいところは、市区町村の条例によっては、これを禁止しているところもあり一般市民は困惑します。
基準は道路交通法71条に記載された「安全運転に必要な音や声が聞こえない状態」に該当するかどうかで、東京都ではほとんど禁止のようですが、ほかの地域では片方の耳ならOKとするところもあるようです。
基準はあいまいで、いってしまえばおまわりさん次第のところもあるようです。できればイヤホンも使わないほうがよいでしょう。

参考:panasonic

グーグルマップナビを使っているときに電話がきたら

グーグルマップナビを使っているときに電話が来てしまったら、いちいちナビがとまってしまい面倒だ、というひとのために、グーグルマップナビの音声を電話しながら聴く事のできる方法を解説いたしますy。

ナビと電話音声を同時に流す

グーグルマップナビを使っている最中に電話が来ても大丈夫なように、電話とナビの音声を同時に流す方法があります。以下の手順で設定を行っていきましょう。

  • グーグルマップの左上にあるメニューを開く
  • メニューから設定を選ぶ
  • 設定のなかのナビの設定を選ぶ
  • 通話中もナビ音声を流すを選択

これで電話がかかってきても大丈夫です。さらに、下にいくと経路の選択や、メディア再生コントロールというボタンもあります。

経路の選択をすることで高速道路を回避したり有料道路を使わないなどの設定が出来ます。
さらにメディア再生は音楽や動画をかけながらグーグルマップナビを使うことが出来るのでとても便利です。

自転車でグーグルマップを使うときにおすすめの商品

自転車でグーグルマップをどうしても使わなければならないような場合に使えるアイテムをご紹介いたします。

自転車に乗りながら使えるbluetoothイヤホン

自転車でナビを使うときには、どうしても手がふさがってしまいます。片手で持ちながら運転をするというのは実に危険なのでこのようなbluetoothの無線で聴くタイプのイヤホンを使いましょう。

この手のイヤホンのメリットは三つあります。
ひとつは有線ではないので絡まらないというメリットです。コードが邪魔になるとやはり運転には不便です。また、無線のイヤホンはコードに簡易なリモコン機能が付いている場合が多いので、わざわざデバイスを取り出す必要がないというメリットもあります。そして最後が、落っこちたりしないというメリットです。耳にはめるだけのタイプもありますが、それですと、仮に落っこちたときに見つけるのが大変です。この製品のように両方がつながっている方がよいでしょう。

自転車に乗りながら使えるスマホホルダー

最近では自転車に取り付けることの出来るスマホホルダーというのが打っています。

価格は多くの場合1000円台前後で安価な上、上部なのが特徴です。取り付けも簡単なので初心者でも使いやすいです。基本的にスマホをいじりながら運転することは出来ませんし、運転中にスマホをみるのも危険ですが、ナビを使うのであれば大変有効ですので参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はグーグルマップナビの自転車機能について解説をしてきました。最後にもう一度自転車の機能のポイントをまとめておきましょう。

  • グーグルナビには自転車の経路を知ることができる機能がある
  • 日本では自転車用の道路が整備されていないためまだつかえない
  • グーグルマップナビでは海外の地図では自転車機能が使える
  • 海外の地図から推測するに自転車は徒歩の1/2の時間と考えられる
  • 日本で使う場合は徒歩でナビを使い2倍するとよい
  • 日本ではスマホなどを操作しながら自転車に乗るのは罰則になる可能性があるので注意

今回のポイントは以上のようになるでしょう。グーグルマップのナビゲーションは実に便利な機能ですが、使いながら自転車に乗るのは危険なので、くれぐれも注意しましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧