グーグルマップのピンはどんな使い方をしたらいいの?ピンの使用方法を教えて!

この記事を執筆するにあたって

グーグルマップのピン機能を使って、現在地の共有などを分かりやすく行っています。

Written By 藤田 光

目次

グーグルマップのピン機能

グーグルマップは現代人になくてはならないものでしょう。PCでもスマホでも利用することができ、詳細な地図表示が可能なのはもちろん、経路検索なども気軽に行うことができるほか、地図の埋め込み機能を使って場所の共有なども簡単に行うことができます。さらに、航空写真やストリートビュー機能を使えば、実際に現地に行かなくても、その場所の様子をかなり具体的に知ることができます。
そんなグーグルマップには「ピン」を立てることができる機能があります。これによって、地図を共有する場合に場所を具体的に示して相手に伝えることができます。私も、ピンを使って場所を共有することにより、主にプライベートでの場所の共有などを効率的に行っています。旅行先などについて言葉で説明することもできますが、特に他人に紹介したい場合は、実際に特定の位置を地図上で示すことにより、間違いなく場所を伝えることができます。これによって、認識している場所が実は違っていた、というような問題も解消できるほか、実際にその場所に行ってもらうこともより簡単になると言えます。
また、以上のようなプライベートで行ったおいしい飲食店から、旅行先はもちろんのこと、さらには営業先など仕事関連の情報に至るまで、グーグルマップのピン機能は使える幅が非常に広いといえます。この記事では、そんなピン機能について、具体的に使う手順を示しながらご紹介していきます。

グーグルマップのピンは好きなところに立てる事ができるのか

まず、グーグルマップのピン機能について、それを好きなところに立てることができるのか、という疑問にお答えすることから始めましょう。そもそもピン機能とはなんなのでしょうか。これは、特定の場所を示すために、地図上の特定の地点にピンを立てることができる機能で、立てたピンは自分で後で確認したり、他所と共有するのに使うことができます。
そんなピン機能ですが、ピン機能が使われた地図を企業サイトなどで目にされたことはあっても、自分でピン機能を使って場所の共有をしたことがある、という方は実は多くないのではないでしょうか。
そこで疑問に思うのが、ピンを自由に好きな場所にたてることができるのか、という問題です。一見したところ、グーグルマップの画面には「ピンを立てる」と書かれたアイコンなどはないようですので、簡単にはピンを立てることはできないのではないか、などとも考えられるかと思います。ですが、答えはシンプルにできる、というものなのです。次の節以降で具体的にどうすればピンを立てることができるか説明していますので、確認していきましょう。

グーグルマップで好きなところにピンを立てる方法

グーグルマップで好きなところにピンを立てる方法①経緯度から指定する

グーグルマップ 経緯度

まず、グーグルマップで一つだけピンを立てる際にはシンプルな操作で実現できます。まず、ピンを立てたいエリアをグーグルマップで表示します。表示出来たら、共有したい場所をマウスでクリックします。
すると、画面下部のボックスに住所と経緯度が表示されます。これができたら、経緯度をクリックします。この操作で、ピンを立てることができます。
共有も簡単で、表示されたURLをコピーすることにより、ピンが立った状態のマップを共有することができます。一か所の場所のみを共有したい場合は、この方法が簡単だと言えるでしょう。

グーグルマップで好きなところにピンを立てる方法②マイマップを作成する

グーグルマップ マイマップ

次に、複数の場所にピンを立てる、やや応用的な方法についてご紹介します。これはグーグルマップの「マイマップ」機能を使うものです。順に使い方の手順をご説明します。
まずは、グーグルマップをPCで表示したら、画面右上にメニューボタンが表示されていますので、これをクリックします。そのうえで、表示されたメニューから「マイプレイス」を選択し、さらに「マイマップ」の項目を選択します。
ここまで進むと、実際にマイマップを作成することができます。つまり、「マイマップ」項目中、下に表示されている「地図を作成」をクリックすればよいのです。これによって新しくマイマップを作成することができます。
マイマップを作成すると、すぐに地図の編集画面が表示されますので、ここで検索バーの下にあるアイコン(「マーカーを追加」)からピンを追加することができます。やや手順が複雑ではありますが、この操作を行うことにより、複数のピンを自在に立てることができるようになります。

グーグルマップのマイマップのピン色を変更する手順

グーグルマップ ピン色変更

次に、マイマップで立てた複数のピンの色を変更する手順について確認しましょう。これにより、種類別にピンの色を分けたりすることができるようになり、より分かりやすく場所の共有などを行うことができるようになります。
手順は比較的簡単です。まず、先ほど作成したマイマップを開きましょう。開いたら、自分が立てたピンを選択します。そうすると画像のようなダイアログが表示されますので、そのダイアログにある「スタイル」アイコンをクリックしましょう。これにより、ピンの色を好きなものに変更することができるようになります。
使える色の範囲はかなり広くなっていますので、多くの色分けをすることも可能です。必要に応じて適切な色分けをすることにより、見やすいマイマップを作成しましょう。

グーグルマップに複数のピンを挿してルートを検索する手順

グーグルマップに複数のピンを挿してルートを検索する手順①複数のピンを立てる

ここでは、グーグルマップに複数のピンを立ててルートを検索する手順についてご説明します。まず、マイマップを開き、上で説明した手順に従ってピンを立てます。この際、あとでルートを検索する際の手間なども考え、ルートを示すうえで重要だと思われる場所を適切に選び、ピンを立てる必要があるでしょう。
また、あとでルート検索をする際に、ピンを立てる場所によってはやや変なルートが表示されてしまうことがありますので、鉄道駅などの場合は、ずれた位置にピンが立っているような事態を避け、鉄道駅そのものにピンが立っているかどうかなどを予め確認しておきましょう。

グーグルマップに複数のピンを挿してルートを検索する手順②ルート検索

グーグルマップ 複数ピンでのルート検索

複数のピンを立てたら、ルート検索に移ります。まずは、ルート検索を行う上で、2つめの経由地になるピンをクリックします。そうすると「ここまでのルートを表示」アイコンがありますので、これをクリックします。
この操作を行うと、1つ目のピンから2つ目のピンへのルートが表示されます。ここまでできたら、このルートに目的地を順次追加していきます。具体的には、この操作を行うことにより、画面右のメニューにルートに関するダイアログボックスが作成されていますので、ここの「目的地を追加」をクリックして3つ目以降のピンを追加していくことになります。この操作を繰り返して行っていくことにより、3つ以上の複数のピンを経由するルートを検索することができます。

グーグルマップのピンに画像を追加するには

グーグルマップ ピンへの画像追加

そのほかにも、グーグルマップのピンには画像を追加することができます。この機能を使うことにより、具体的な建物の写真を追加しておいたり、関連するメモ画像を追加することなどができ、実際に現地でマップを使う際にはかなり役に立つ機能だと言えます。
この機能の使い方も比較的簡単で、マイマップから、画像を追加したいピンを選択し、表示されたボックスの中の「画像または動画を追加」アイコンをクリックします。
そうするとダイアログが表示されますので、画像をアップロードして追加したり、「グーグルフォト」にアップしておいた画像を追加したりすることなどもできます。特に「グーグルフォト」の画像を利用できるのは、過去に撮影した膨大な画像から共有する画像を簡単に選択することができるようになっており、便利に利用できると言えるでしょう。

まとめ

以上、本記事ではグーグルマップにおけるピン機能について、その基本的な使い方から、複数のピンを立てる方法や、ルート検索の方法、画像追加の方法など、様々な操作方法を具体的にご説明してきました。
プライベートだけではなく、営業先の一覧などに使うことにより、仕事でもこのピン機能は活躍することが間違いないと思われます。マイマップの作成など、やや複雑な手順も含まれていますが、慣れれば非常に便利に場所を共有することなどができるようになります。
本記事での具体的な手順の説明を参考に、実際にグーグルマップを使って操作をしてみることにより、このピン機能に慣れ、効果的にグーグルマップを利用してみましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small f3e9dd66 46f2 452e 8306 02ffc535c2a8
Written By
藤田 光
読みやすく、役に立つ記事の執筆をモットーに、日々頑張っています。
2018年10月より参加させていただいております。スマホ、タブレット、PCなどのガジェットが好きで、新商品、新技術関連のものなど常に様々な情報をチェックするほか、自ら多くのガジェットを保有しています。このような自分の持ち味を活かした記事の執筆を行っていきたいと考えておりますので、皆様、何卒よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧