グーグルマップで標高を調べる事はできる?標高の調べ方について解説!

目次

グーグルマップで標高を調べたい!!調べる方法はあるの?

現在地を知ることはもちろん、渋滞の状況を調べたり、施設の混み具合を調べたりと何かと便利なグーグルマップですが、標高を調べることはできるのでしょうか。
登る山の標高を知りたい!という場合や、防災の為に標高を知っておきたい、という場合も、スマホやパソコンのグーグルマップで標高を調べることができればとても便利ですよね。
そこで、グーグルマップで標高を調べることはできるのか、また、調べる方法をご紹介していきたいと思います。

グーグルマップで標高を調べる手順

外出する時に欠かせないスマホで調べる方法や、自宅などで事前に調べておきたい場合のパソコンでの調べ方をご紹介します。
スマホであれば登山やハイキングの最中に確認することもできるので便利ですね。

グーグルマップで標高を調べる手順(iphone編)

  • グーグルマップのアプリアイコンをタップします。
  • 現在地、または調べたい場所の名前、住所などで検索をし、地図を表示させます。
  • 画面右上のレイヤーアイコンをタップします。

グーグルマップ 標高

  • 地形をタップし、メニュー画面を×で閉じます。

グーグルマップ 標高

  • マップが地形表示に変わり、標高が表示されます。

グーグル マップ 標高

ipadも操作方法は全く同じになります。

グーグルマップで標高を調べる手順(Android編)

  • グーグルマップのアプリアイコンをタップします。
  • 現在地、または調べたい場所の名前、住所などで検索をします。
  • 画面右上のレイヤーアイコンをタップします。
  • 地形をタップし、メニュー画面以外の場所をタップします。
  • マップが地形表示に変わり、標高が表示されます。

グーグルマップで標高を調べる手順(パソコン編)

  • グーグルマップを開きます。
  • 現在地、または調べたい場所の名前、住所などで検索をします。

グーグルマップ 標高

  • 画面左上の≡メニューをクリックします。
  • 表示されたメニューの中から地形を選択します。

グーグルマップ 標高

  • 画面上の地形 地形と標高を表示します。ONになっているか確認します。
  • 地図上に標高が表示されます。

グーグルマップ 標高

ここまで、グーグルマップで標高を調べる方法をご紹介してきましたが、現時点(2018年11月時点)でグーグルマップだけでは、ピンポイントでより詳しい標高を調べることができません。大まかに数字を知りたい場合や、参考程度に知っておきたい場合などは便利なのではないでしょうか。
また、現段階ではピンポイントで標高を調べることのできないグーグルマップですが、どんどん進化し続けているので、これからピンポイントに、より詳しく調べられるようになるかもしれません。

グーグルマップで標高が表示されない場合

では、標高が表示されない場合はどうすれば良いのでしょうか。確認したいポイントなどをご紹介していきます。

グーグルマップで標高が表示されない場合①

マップが地形表示になっているか確認してみましょう。通常の地図や航空写真では確認することができません。

グーグルマップで標高が表示されない場合②

地形 地形と標高を表示します、のチェック項目がONになっているかを確認します。こちらがOFFになっていると、マップで地形を選択しても標高は表示されません。

グーグルマップで標高が表示されない場合③

スマホの場合は、使用しているアプリが最新の状態かを確認してください。以前Androidのスマホでグーグルマップを確認したところ、マップを地形にしても標高が表示されず、首をかしげてしまいました。案の定アプリ自体が最新の状態ではなく、アップデートすることで無事表示されたことがあります。
マップを地形に変更しても標高が表示されない場合は、アプリが最新の状態になっているか確認してみましょう。

グーグルマップ以外でも標高を調べる事は可能か

では、グーグルマップ以外でも標高を調べることはできるのでしょうか。また、もっと詳しく、ピンポイントで調べたい場合はどうすれば良いのでしょうか。
そちらについてご紹介していきます。

グーグルアースで調べる

グーグルアースを使用すると、標高を知りたい場所にカーソルを合わせるだけで標高を知ることができます。

  • グーグルアースを開きます。
  • 検索バーで知りたい場所を検索し、画面上に表示させます。
  • 地図が表示されたら、知りたい場所にカーソルを合わせると、右下に標高が表示されます。 グーグルアースで調べる場合は、パソコンでもスマホでも同じ操作方法になります。画像はパソコンとiphoneになります。

グーグルマップ 標高

国土交通省のホームページで調べる

言わずと知れた国土交通省ですが、国土交通省のホームページでも標高を知ることができます。
国土交通省は、国土を有効利用する方法を考えたり、災害に備えて対策を考えたりするところですが、その中に特別な機関として国土地理院という地図を作るところがあります。

  • 国土地理院のページを開き、地理院地図というバナーをクリックします。
  • 日本地図が表示されるので、調べたい場所を検索、または表示させ、地図の真ん中にある十字のところに地図を移動させ知りたい場所を合わせます。
  • 画面下に標高が表示されます。

グーグルマップ 標高

マピオンで調べる(パソコン編)

マピオンでも、同じように調べることができます。

  • マピオンを開きます。
  • 調べたい場所を検索、または日本地図から選択します。
  • 地図が表示されたら、調べたい場所にカーソルを合わせて右クリックします。
  • この地点の標高、海抜が表示されます。

他にも、標高を調べられるウェブサイトやアプリもあるので、自分で使いやすく、調べやすいところを選んでも良いかもしれません。

グーグルマップのPlatformで標高を調べる場合

グーグルマップのPlatformとは?そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。実際私がそうでした。見かけたことはあるけれど、ハッキリ何かはわかっていませんでした。
グーグルマップのPlatformとは、少し前までグーグルマップAPIという名称でした。もしかすると、こちらの方なら知っているという方もいるかもしれません。
グーグルマップのPlatformとは、グーグル社が、グーグルマップをいろいろなサービスで使えるようにしたもので、グーグルマップをカスタムしてサイト上にアップしたりスマホに表示したりできるサービスです。
世界中の地図データが集約されているグーグルマップをカスタムできるので、自分の知りたい標高も、もちろん調べられるようになります。
しかし、グーグルマップAPIでマップをカスタムするには、APIキーの取得やHTML関数の定義など、慣れていない方には少し難しく感じるかもしれませんが、簡単にご紹介します。

  • Google Maps Platformを開きます。
  • APIキーを取得します。
  • overview(概要)が表示されます。ソースコードの中にYOURAPIKEYと記載されているので、そちらに取得したAPIキーを入力します。 HTMLで保存し、地図が表示できれば一旦地図の作成は完了です。 地図が完成したら、標高を調べるためのカスタムをして完了となります。 しかし、Google Maps Platformの使用は、選択したプランやリクエスト回数によって有料になる場合があるので注意が必要です。

参考元:Google Maps Platform

自分専用のマップを作ることができるのは魅力的ですが、なかなかそこまでは、という方は、グーグルマップPlatformを使用した、アプリやウェブサイトなどがあるので、そちらを利用してみても良いかもしれません。

参考元:Google Maps Platform

まとめ

ここまで、グーグルマップを利用しての標高の調べ方や、グーグルマップ以外での標高の調べ方をご紹介してきました。
私自身、防災の為に調べたことがあるのですが、安全な場所を知っておくことで、いざという時に役に立つのではないかと思います。
また、防災だけではなく趣味で登山やハイキングをされている方も、自分が登ろうと思っている山や、ハイキングをしようと思っている場所の標高を事前に知っておけば、準備もスムーズにできるのではないでしょうか。
登山やハイキングには無縁の私ですが、標高を調べてみると、新しい発見もあり楽しかったです。
防災の為または趣味の為、もちろんそれ以外の為にも調べてみることをオススメします。新しい発見があるかもしれません。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small a72a5d14 4287 4bff 9541 845205d20b02
Written By
imai a
自分の経験を交えつつ、少しでも参考になるような記事を書いていきたいと思います。
「こんなのが欲しかった」そんな気持ちの手助けができるような、家電を購入する際の参考になるような記事を書いていきたいと思います。よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧